りおんの本棚 Shoji Rion

庄司利音の作品集 詩とイラストと朗読ライブ

詩  「千年の月」

2016-01-29 13:21:14 | 
「 千 年 の 月 」





千 年 前 の 三 日 月 と

夕 べ 浮 か ん だ 満 月 が

か ら こ ろ  か ら こ ろ

闇 の 端 っ こ、二 人 並 ん で 転 が っ て い く


銀 ぎ つ ね の 目 玉 が ま わ る よ

て ん て ん、こ っ つ ん、

風 は た よ た よ、 お い で お い で の 月 遊 び



千 年 前 の 三 日 月 と

夕 べ 浮 か ん だ 満 月 は

か ら こ ろ  か ら こ ろ

夜 の 端 っ こ、二 人 仲 良 く 落 ち て い く


時 々 一 等 星 に ぶ つ か れ ば、

泣 け な い 人 の 代 わ り に 泣 い て

金 色 涙 の 一 粒 が 水 飴 と ろ と ろ と ろ り と 溶 け て

無 邪 気 に ま わ る 糸 巻 き 風 車

涙 の 糸 を 絡 め 捕 る



地 面 に 突 き 立 つ サ ボ テ ン の 刺

二 つ の 月 は そ ろ り そ ろ そ ろ

下 界 の 砂 漠 に 引 き 摺 り 降ろ さ れ

シ ャボ ン の よ う に 頼 り な く

逆 ら う こ と も で き な い ま ま に

千 年 さ ら さ ら 過 ぎ ゆ く 命 を

た だ た だ 諦 め 成 す が ま ま



人 の 命 は 紙 切 れ の 束

ひ と ひ ら 舞 い 散 り ど れ が 誰 の 命 や ら・・・

軽 い よ う な、重 た い よ う な

ほ ん の 一 瞬、無 数 の 瞬 き

月 よ り 先 に 落 ち て い く

千 年 飛 ん で 落 ち て い く



こ の 世 界 が 始 ま っ て、こ の 世 界 が や っ と 終 わ る

今 は い な い よ、 見 え な い よ

ひ と っ こ 一 人、い な い い な い ば ぁ

初 め て 生 ま れ る 安 ら ぎ の 夜

初 め て 聞 こ え る 静 寂 の 音

さ ん ざ め く は、聞 こ え な か っ た あ の 音 と 音


千 年 前 の 三 日 月 と

夕 べ 浮 か ん だ 満 月 は

か ら こ ろ  か ら こ ろ

闇 の 端 っ こ、ふ た り い っ し ょ に 縫 っ て い く


破 れ か け た こ の 世 の 覆 い

繕 い 繕 い 縫 っ て い く


「 夕 べ お 前 は 何 を 見 た・・・」


千 年 前 の 三 日 月 が 問 う




「 夕 べ 私 が 見 た も の は・・・ 人 の 怒 り と 人 の 憎 し み、果 て し の 無 い 暗 闇 の 底  」


夕 べ の 満 月 が そ っ と 答 え る




「 千 年 前 も そ う だ っ た・・・千 年 先 も そ う な の だ ろ う か・・・ 」




千 年 先 は・・・


千 年 先 は ・・・・



ま っ く ら 夜 空 に 千 年 の 月


銀 の 玉 留 め、命 を か が り、 想 い をか が り

千 年 先 の 月 を信 じ て 千 年 先 に 願 い を か け る



今 は 見 え な い 千 年 先 の 夜 の 月


お 前 は い っ た い 何 を 見 る・・・

お 前 は い っ た い 何 を 見る・・・



千 年 先 の こ の 世 の す べ て

す べ て を 許 し て 千 年 先 も 輝 く よ う に



今 は 見 え な い 千 年 先 の 夜 の 月



か ら こ ろ  か ら こ ろ

二 つ の 月 は 落 ち て い く


千 年 願 い  落 ち て い く



人 の 命 は 軽 い よ う な

重 た い よ う な