りおんの本棚 Shoji Rion

庄司利音の作品集 詩とイラストと朗読ライブ

おおきな森がありました

2020-01-05 14:26:28 | 短編や物語



その森に生えている樹々には、命がみなぎっていました。

深い大地の底から深呼吸をする音が聞こえてきます。

低い音が聞こえてきます。

コントラバスで奏でるドミソの和音のようです。

太い根っこと太い幹と長い枝と、そしてたくさんの葉っぱには、命が大河のように流れています。

そうして、森の樹々は、みんなで力を合わせて、森に丸天井を作っていました。

緑の屋根です。

樹々たちは、あちこちでぶつかっては離れ、ごしゃごしゃに、ぐるぐるに、びゅんんびゅんに伸びています。


空の上から見下ろすと、この森は、命がくるくる踊る万華鏡の世界です。


小鳥たちが一緒になってくるくる飛んでいます。

この森で暮らす生きものたちの家が、この森なのです。


木々の葉は、一枚一枚が妖精たちが鱗粉を塗って念入りに磨き上げました。

花たちは、思い思いにおしゃべりをしています。

蕾は、ハミングしながら揺れています。


土の中では、小さな虫たちが、誰にも気付いてもらえなくても、一生懸命生きています。

そして、のしのし歩く大きな熊は、のしのし強そうに生きていました。

この森では、あらゆる命が、走り、遊び、眠り、戦い、生み、育て、生きるために生きる命をぜんぶ使って生きているのです。

この大きな宇宙が一回転すると、この森の命もまた、大観覧車のようにぐるりと巡っているのでした。



お日さまの光が、折り重なる木々の隙間から、細いストローのようになって、何本の何本も差し込んでいます。

ピアノのトリルを奏でるように、小刻みにちらちらと輝いています。


ディガディディガ、ディディンガ、ディガラン

神様の睫毛のように柔らかな金色で、なんだか、甘いミルクの香りがする音がしています。


けれど、森の奥深くでは、その心地よい音は一音も聞こえなくなります。

沢山の樹々が幾重にも折り重なって、お日様の光をさえぎってしまうからでした。

暗く、どんどん暗くなって、少し怖いくらいです。

暗い灰緑色の空気が、じっと動かないまま、森の地面に敷き詰められていました。

ここでは、時間がとまっているかのようでした。

それは、この森が生まれたときの最初の空気が、じっとそのまま、ここに残っているからなのでした。


地面に耳をあてると、かすかに森の心臓の音が聞こえてきます。

深い深い、遠い遠いところから聞こえてくる音です。

ふわぁふわぁっと、近づいたり遠のいたりしていきます。

その音は、森の体温の音、そういう音なのです。


おやおや、子猿たちが、その音を聞きに遊びにやってきましたよ。

みんなで腹ばいになって地面に耳をあてています。

両腕を広げて、眼を閉じました。

森の心臓の音は地面の奥底からやってくるのです。

その音を聴くと、とても気持ちが安らいで、いつもならキャッキャッとはしゃいでい子猿たちが、とても静かになってしまいます。

この森の大地を抱っこしているのです。



今度は、くるりと寝返りをうって、仰向けになりました。

上を見ると、地面とお空がぐるりんとでんぐり返しをしてくれます。

子猿たちのお腹の上には、森と空とそして、その上の上のもっと上の世界が何層にも重なってのっかっているのです。

きっと、この瞬間、星や、お月様や、もっともっと遠くの誰かも、この子猿たちの小さなお腹の上に乗っかっているのです。


小猿たちはそのことが面白くてしかたありません。

みんなでお腹をさすりながらクスクスわらってしまうのです。

とても楽しそうです。

友達が笑っている顔を見合わせて、そしてみんなで笑っています。



よおく見ると、空と森の境い目あたりの高いところには、ちょうど、クリスマスツリーの飾り玉のような、

水銀色の空気の玉がいくつも浮いているのをみつけます。

ほらほら、あれとか、あれです。

小さいのや、大きいのや、いろいろです。

葉の影に隠れているものもあります。


玉の表面は鏡のようにすべすべで、凸レンズのようになって、森の景色を写しながら、ちゅるちゅる小刻みに振動しています。

これらの玉は、樹が吐いた息が、まあるく玉になったものです。


そうして、樹の吐く息は、長い時間をかけて、少しずつ空に上り、空の天井に届きます。

空の天井に到着すると、だんだんと小さくなって、水の粒に変わります。

そして、雨となって戻ってきます。


さわさわと

さわさわと、

降り注ぎます。



みんな、新しく生まれる命となるためです。



雨の香りが、樹の香りと似ているのは、雨粒が樹々の根っこに吸い上げられて樹々の体を通り抜けていくからなのです。


雨粒は、いつかまたお空へ上り、そして雨粒となってふたたび降り落ちるのです。

雨粒の小さな命たちは、全部の命とつながります。

みんなそれぞれ、たった一回きりの一生を生きていきます。

そうして、また、たくさんの命につながっていくのです。



あなたたちも、やってきて、

あなたも、

あなたも、

まわる観覧車の一度きりの乗客なのです。



もう、ずっと、ずっと繰り返されて、繰り返されて・・・・。


これからも、ずっとずっと、続きますように・・・。






思い出の繭玉

2019-11-15 14:01:02 | 短編や物語


夏も終わり、秋も深まったある日の夜のことです。
その夜は、月も星もありませんでした。
夜空は、長いトンネルのようにどこまでも真っ暗です。

なにやら夜空の途中に、白い帯のようなものが、たなびいて見えます。
白い帯は、波のように高くなったり低くなったりしながらこちらへ近づいてきます。

よおくみると、帯のように見えていたものは、一つ一つが小さな白い玉のようです。
たくさんの玉が寄り添い合って、帯をつくり夜空を移動しているのでした。

その玉は、小さな子供がたどたどしい手つきで、くるくると巻いた糸玉ように、ふわふわの糸が何十にも巻き付いているようにみえます。
そうして、その中心がほんのり透けてみえるのです。

その玉の中で、なにかが動いているのでした。

玉がくるりと回転すると、万華鏡のように中身が変化しているようなのです。
桜の花びらのように、薄紅色をしている玉もあります。
金平糖が入っているような、淡い色がいっぱい見える玉もあります。
白黒の写真のように、色の無い玉もあります。

ときどき、その中心から透明なガラスをはじいたときのような、キーンとした高い音が聞こえてきます。
おしゃべりをしているような、眠っているような、笑っているような、泣いているような声も聞こえてきます。

どの玉の内側も、とても温かそうでした。
そして、どこか寂しげです。

そうなのです。
夜空を移動しているのは、だれかの思い出の繭玉なのでした。

思い出の繭玉は、みんなが寝静まる真夜中に、夜空の途中あたりに、ふぅっと吐いた息が凍ったように白く浮いて現れます。

誰にでも、大切な思い出があるでしょう。

繭玉のひとつひとつが、昔、誰かの大切な思い出だったのです。
誰かの心の中で生まれ、大切にされていたものです
誰にも思い出されることがなくなってしまった思い出が、繭玉の中にしまわれて、あてどなく、さまよっているのです。


これほどたくさんの思い出が、もう誰にも思い出されることがないのです。


繭玉たちはゆっくりと通り過ぎて行きました。

どこへ行くのでしょう。
繭玉たちは、いつか、どこかへたどり着くのでしょうか・・・。

繭玉たちは、だんだん、小さく遠くなっていきました。

一匹のカエルが、池のほとりで夜空を見上げています。
カエルは、もうすぐ、冬ごもりのために土のなかで眠ります。
カエルは、遠ざかる繭玉を見送りながら、藍色の夜空を、その大きな瞳で見つめていました。

「おいらが、思い出すよ。思い出の繭玉さんたちのことを、今夜のことを、おいらはきっと思い出すよ。」

カエルは、心の中で思いました。


思い出すことが、思い出を心の中に留めるのです。

そして今夜のカエルの、この思い出も、いつか、繭玉となって夜空に昇るのでしょう。


どこかで星が生まれたのです

2019-10-22 13:44:11 | 短編や物語
ちょうどそのころ、はるか遠い銀河の果てで、小さな星が一つ、生まれました。

生まれたての星は、とても優しい星でした。
「とくん」と一回、鼓動を打つと、星のどこかで、だれかが呼吸をはじめました。
ふうぅっ、ふうぅっ、すうぅっ
たった一個の小さな星の、初めての時間が動き出しました。

ザブンザブン、サヤサヤサヤ
ザブンザブン、サヤサヤサヤ
波がおしゃべりをしています。
なにか楽しいことがあったのでしょうか?



ここは小さな島です。
真っ白い砂浜に、たった一人になった大きな木が立っています。
その木の上を、風と雲が通り過ぎて、何度も朝と夜が巡りました。

ザブンザブン、サヤサヤサヤ
ザブンザブン、サヤサヤサヤ
木だけが聞いている音です。

星たちが、レース編みのショールのように夜空を覆っています。
一つの星が呼吸をすると、その呼吸の暖かさを喜んで、周りの星たちが小刻みにちりちりと瞬いて揺れました。
まるで星と星が呼び合うように、次第にその瞬きは遠くの星へ星へと伝わっていきました。

いつもこうして 命の細胞が編みあげられていくのでした。

空には、湖のように大きくて まあるいお月さまが浮かんでいます。
鏡のようにすべすべに輝いています。
お月さまの光に照らされた木の影は、島の端っこまで伸びて、そこから先は海の波へ沈んでいきました。
絵の具が溶けていくようです。
お月さまが作り出す影は、この世界で、この木の影だけになりました。

しばらくすると 反対側からお日さまも のぼってきました。
お日さまは、朝焼けの蜂蜜色の空を従えています。
お日さまの日射しは、お月さまが作る影とは反対の方角へ、木の影を作り出しました。
その影は島の端っこまで伸びて、その先は、やはり 海の波へ沈んでいきました。
誰かがとろとろと眼を閉じていくようです。
お日さまが作り出す影も、この世界では、この木の影だけなのです。

たった二つの影が、この世界で、最後の命の影なのでした。

空は、半分が夜で、半分が朝の空でした。
どこからともなく夜になり、どこからともなく朝になって、遠い記憶の音が行ったり来たり漂う世界です。

お月様とお日さまに見つめられて、木は今、なにを考えているでしょう。
木には、どんな思い出があったのでしょう・・・。

一枚の葉から、雫が一滴すべり落ちました。
テゥルルルリン
雫はゆっくり、ゆっくり落ちていきます。
固まりかけのゼリーの中を通りぬけていくように、名残惜しそうに ゆっくりと落ちていきます。

小さな一粒の雫は、お月さまとお日さまから放たれる二つの光を反射して輝きます。

両手を力いっぱい伸ばして、クルクルまわる妖精のようです。
その妖精の両手の先から、放射状にまっすぐに光が反射していくようです。

そして半分が夜と、半分が朝の大空に、木の思い出の映像を映し出しました。

ちょうど映写機がコマ送りで映し出す絵のように、過ぎ去った果てしない時間を映し出していきます。
命が生まれ、育まれ、そして全うしていく時間でした。

それは雫が砂浜に落ちるまでの一瞬のことでした。
ほんのわずかな一瞬に、永遠があるのでしょう。
雫はすぐに砂にしみ込んでいきます。

ぽたん・・・しゅうぅぅぅ

すると、辺りの光景も、砂にしみ込み始めました。
ジグソーパズルのピースが、一つ一つ無くなっていように、ホロホロと欠けていき、砂にしみ込んでいってしまいました。
そうして、とうとう木が立っている小さな島も砂浜も、すべてが消えてしまいました。


けれど、あの木だけが浮いています。
空っぽに浮いています。
天も地も、どこにも存在しないのです。

けれど、木は立っています。
何も言わず、ただただ、立っています。

果てしのない時間は、あっという間に過ぎていきます。
長い時が流れて行きます。

海が海になるずっと前から、空が空になるずっと前から、遙かなしじまをやってきた時間の足跡が、丁寧に折りたたまれて、そして静かに、その先へ続いていきます。

雪が舞い降りはじめました。

純白の雪です。


最初の一粒が、木のてっぺんの一枚の葉に降り立ちました。
その着地は、まるで存在しないかのように、そして、子供が眠る呼吸のように、最も安らかな静かな「時」が舞い降りた瞬間なのでした。

走っても、走っても、時間は追い超すことはできません。
そして、願っても、願っても、立ち止まってはくれないのでした。

けれど、私たちは時間に触ることができます。感じることができます
木は、この流れ行く時間に全身を触れながら、すべての調和の中にぽっかりと浮かんでいるのでした。

粉雪のベールが何枚も何枚も舞い降りていきます。

すべてが純白に覆われていきます。

木は真っ白になって、もう、どこにいるのか、わかりません。
木は、この世界の小さな小さな素粒子にもどったのです。


見渡す限りの果てのない純白は、美しくそして、孤独です。



耳をすまして・・・。

ほら、聞こえます。

とくん・・・


ふうぅっ、ふうぅっ、すうぅっ


どこかで星が、生まれたのです。



シンバルのサル

2019-09-11 14:24:47 | 


さっきまでの音

生きていた音

今はもう失われた音たち・・・


降り積もった巨大な静寂

シンバル

シンバル

シンバルの音が 抵抗している

シンバルのサルが 抵抗している


失速する十字架

投げ落とされた 鉛色の夜の塊

あの一瞬に 殺された街

ねじ切られた セロファンの花束たち・・・


さっきまでの音

生きていた音

今はもう失われた音たち・・・


シンバルのサルよ、シンバルを打ち鳴らせ!

押しつぶされた数億の鼓動

押しつぶされた数億の未来

彼ら一人一人に成り代わり、

シンバルのサルよ、シンバルを打ち鳴らせ!


音が無い、声が無い、耳を持たない静寂に抵抗し

シンバルのサルよ、シンバルを打ち鳴らせ!


二重螺旋の回廊に咲く、次の世代の花束たちへ、

果てることなく注がれるはずだった、やわらかな愛情たちよ・・・


笑うように笑い

詩うように歌い

生きるように生きていた

彼ら一人一人に成り代わり


シンバルのサルよ

シンバルを打ち鳴らせ!


張り詰めたおまえの鼓膜には、彼らの呼吸が 今も 脈打っているはずだから

閉じないおまえの両目には、あの静寂の正体が 見えているはずだから


だから


シンバルのサルよ、

シンバルを打ち鳴らせ!


おまえの打ち鳴らすシンバルが

唯一、彼らの墓標だから


おまえの打ち鳴らすシンバルが

残された者の心に届くから


いつかきっと、

数億の鼓動と、数億の未来と、数億の愛情たちが

再び、ミツバチのように飛び交って

羽音を奏でる 穏やかな春が 来るのだから


いつかきっと、

おまえが 打ち鳴らすシンバルのその音にも

安息のときが 訪れるはずだから


だから

シンバルのサルよ、そのときまで

シンバル・・・

シンバル・・・

シンバルを

詩 「 放浪の蝶」

2018-06-24 17:54:06 | 

空に向かって

蝶は 飛んでいるのだ

窓の向こうの空へ行こうと

飛んでいるのだ

空を信じて

飛んでいるのだ

指紋のついた空を 空と想う蝶よ・・・


死にかけの太陽から剥がれ落ちた 網膜のように

はめ殺しの水晶体に

カラカラ 影を飛翔させる蝶よ


花びらの炸裂(さくれつ)を飛びわたり

求める思いを 蘂(しべ)の柱へ向けて 発信し

ねじれて行く風の道筋に

おまえの符号の明滅を残し


おまえの心は必ず、

冬を突き抜ける!

さぁ、今、

亜熱帯の海を渡れ!


そこにはギザギザの大空が

おまえを待ちうけて

どこまでも どこまでも

黙ったままで

浮いている