りおんの本棚 Shoji Rion

庄司利音の作品集 詩とイラストと朗読ライブ

詩 「 春 」

2018-02-02 14:11:48 | 

空から 雲のかけらが 舞い降りる


その着地は 存在しないかのように

笙の一音の 永遠のように


私の 手のひらの 春に

春よ

私の手のひらに

春よ



燕が空を削いでいく


あぁ

動けぬ山のごとく 覚悟して

さぁ

春を

迎えよう



舞い降りる 舞い降りる

白く 白く

産声のごとく 白く


私の手のひらの 春に

春よ

この記事についてブログを書く
« 詩 「 張り紙の店 」 | トップ | 詩 「 路地の陽だまり 」 »
最新の画像もっと見る

」カテゴリの最新記事