りおんの本棚 Shoji Rion

庄司利音の作品集 詩とイラストと朗読ライブ

詩 「樹になった人(新緑の思い)」

2018-05-25 13:59:23 | 

ぜかぜかと歩きつづけ

いつから歩きつづけてきたのかも わからない

しかし 私は突然に

私の留まる場所を見出した



ここだ

私はここに立ち止まり

私はここに立ち続ける

ここなのだ



硬くなった両足の裏から 太い根が生えて

地中に向かって ずんずん進んでいく

がっしりと自分を支える根本

安堵感



両腕は枝となり 天へ向かって伸びていく

やがて小鳥が巣をつくる

太い胴からは 甲虫が蜜を吸う

命が 私のまわりで華やかに生きている



生きろ

命をリレーしつづけろ


あぁ、

どこまでも 空が ある

どこまでも この世界がある



思いをゆだねる

満ち足りる

すべての理を受け入れる


風が 吹き渡る