りおんの本棚 Shoji Rion

庄司利音の作品集 詩とイラストと朗読ライブ

詩 「 シルクハットは伏せておけ! 」

2016-02-02 14:30:11 | 
         「シルクハットは伏せておけ!」


びろろろろ~ん

びっくり箱の頭が笑う
赤い唇、ぎーらぎら

手品師は どこ行ったぁ?

舞台に残った 白い手袋
東と西を指さして でたらめ並べて しらばっくれる

シルクハットは伏せておけ!
ペテン師、手品師、呼び戻せ!

夢見て眠る観客たち
何も見えない眼(まなこ)を開けて
今がしあわせ
ほんとの怖い怖いは
なかったことにしましょうや

あの顔、この顔、なのなのな
合わせ鏡に挟まれて 
あっちもこっちも 顔のトンネル づるるるる

みんな仲良し
いつまで一緒にお手々繋いで
どこ行くのやら

忘れないよ、
忘れやしないよぉ
口から出まかせ積み上げて
積み木の塔は
必ずおじゃんになるんだよ


さぁさぁ皆さま、
何もかもを喰らいつくし、何もかもを失う今宵
心地の良い ゆりかごの夜

見えないものを見せてあげるよ

びろろろろ~ん
びっくり箱の頭が笑う

舞台の真ん中
スポットライトに照らされて
シルクハットが呼んでるよ

おいで おいで 
こっちへおいで
わたしを冠ってごらんあれ
たちどころにあなたの夢を叶えよう

シルクハットは伏せておけ!
ペテン師、手品師、呼び戻せ!

すでに手遅れ!
バイバイバイ
白い手袋 バイバイバーイ

誰もかれもが おんなじように優しそう・・・
誰もかれもが いい人ばかり
誰が誰にも バイバイバーイ


さぁさぁ、あなた
あなたのそれと引き替えに
それよ、それそれ
あなたの大事な、それ、それだ!

びろろろろ~ん

こっちへおくれ
こっちへおくれ
いい子だ、いい子だ、哀れないい子だ

おまえのそれを、

さぁ、よこせ!

この記事についてブログを書く
« 詩  「千年の月」 | トップ | 詩 「 脱出ロケットに乗り... »
最新の画像もっと見る

」カテゴリの最新記事