笑顔がいっぱい

家族と私・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

突然の高熱

2007-01-25 22:38:25 | 育児
月曜の夜中、息子の首元に手を当てるととても熱く、苦しそうにしていた。
体がほてり、39°ほどあったので、起きて暫くお布団の上で抱っこしていた。
しかし、次第にうなるように息子も声をあげ、目を覚ました。

翌朝になっても熱は下がる様子もなく、病院に連れて行ったが、「風邪」との診断で、薬をもらい、帰って来たけれど、ぐったりした息子は薬を飲むのをとても嫌がった。
無理やり飲ませたけれど、すぐに吐いてしまい、熱が下がる気配がない。

体温は40°を超えてしまっていた。
時々熱は出すけれど、40°を超えることは、昨年罹ったインフルエンザ以外なかった。

「どうしよう…。薬は飲んでも吐いてしまうし。」
午後になって、病院へ電話をし、再度診察を受ける事にした。

40°の熱って、子供ならよくあることなのかもしれない。
でも、私にとってはとても心配だった。
体が震えている子供を見ると、とても切ない。

近所の児童館に遊びに連れて行っていた頃に知り合った女の子が、高熱を出しその後原因不明のまま亡くなった。
とてもショックな出来事だった。
なので、もし何かあったら…と余計なことまで考えてしまい、熱が下がらない理由が知りたかった。
しかし、午後(その日2回目)の診察の時に看護婦さんや先生には「心配しすぎ!」と遠まわしに言われ、「お子さんは1人ですか?」と聞かれた。
子供が何人いようと、心配はすると思う。
実際になくなった子を知っているので、余計に心配するなと言われても、心配する、私なら…。

熱さましを頂いて飲ませたけれど、なかなか効かなかった。
インフルエンザの予防接種もしていたけれど、もしもの為に検査もした。
結果はマイナスだった。

2回目の診察でも風邪との診断で、経過を診るように言われた。

そして、昨日の朝方になってやっと平熱に近いくらいに体温が下がり、心配が消えた。
これって、心配しすぎ?