ぽれぽれ日記

大泉学園にあるアロマテラピー・サロン
「POLEPOLE」のセラピストによる、
ゆるーい日記(たまーに更新)

「薬膳salon の料理教室・薬膳的☆胃腸力up!」

2017-05-25 | 薬膳
昨日は「薬膳salon の料理教室・薬膳的☆胃腸力up!」に行ってきました。

胃腸力は、健康に、若々しさや美しさを保つためには必須

中医学的には、胃腸力=脾胃

は、飲食物から+心肺の働きを受けて、気血を作り、全身に巡らせてくれる。
は、飲食物を消化して、不要な物を小腸→大腸に送ってくれる。

元気に活動出来て、排出出来る事が健康の証ですよね

そして、胃腸(脾)とストレスは密接。

強いストレスを受けると、胃腸の調子が悪くなるタイプ。

 (下痢、便秘を繰り返す、イライラ、怒りっぽい、すぐに落ち込む
  不眠、食欲不振)

 気の流れを良くして、肝機能を高め、ストレス発散を。


元々胃腸の弱い人が、ちょっとしたストレスで症状が出るタイプ。

 (食欲不振、お腹が張る、腹痛、腹鳴、下痢、便秘)

 胃腸の働きを助け、血を補って、肝機能を元気にしてあげる。

薬膳のポイントは

を養ってくれる甘みのある食材(人参、かぼちゃ、かぶ、キャベツなど)を摂る。
 気血を補い、潤し、心と身体を緩めてくれます。

 *胃腸が弱っている時は、シンプルな調理法で。消化に負担をかけないように

気の巡りをよくしてくれる香味野菜(しそ、しょうが、香菜、三つ葉など)を摂る。
 ストレス解消に繋がります。


ということで、今日のメニューは




●甘い野菜のサラダ〜しそソース添え〜(写真上)

 彩りも鮮やかで目にも美味しい
 シソの爽やかな風味が、野菜の甘さを引き立ててくれます。

●葛きりの中華和え物(写真下)

 余分な熱を冷まし、口の乾きを潤し、胃腸を整えてくれる
 ツルッとした食感、ザーサイや香菜の風味が美味しい



●鯛の道明寺包み ショウガあんかけ

 気を補い、余分な水分を出し、胃腸を元気にしてくれる
 身体を温め、胃腸を丈夫にしてくれる道明寺粉(原料はもち米)

 道明寺の中から現れる鯛は、サプライズ感も会って嬉しい
 おぼろこんぶとショウガあんの風味が、ほっこり優しい味

 道明寺粉の桜餅は大好きなのですが、こんな風にお料理に使うのもいいですね



●ゆで豚と白インゲン豆のスープ〜たっぷりきのこ添え

 気血を補い、潤いを与えてくれる
 胃腸の働きを高め、水分代謝を促す白インゲン豆
 気を補ってくれるきのこ類

 豚肉から出たスープがシンプルに美味しい。




●ミニ鶏飯

 気血を補い、お腹を温め、水分代謝を促してくれる鶏肉
 
 鶏のスープもしっかり出ていて、ご飯もサラッといけちゃいます



●かぼちゃのお汁粉〜松の実風味〜

 身体を温め、胃腸を元気にして、余分な水分代謝を促してくれるかぼちゃ
 お米が原料の上新粉…粉末なので消化しやすく、胃腸が弱っているときにはおすすめ。
 身体を温め、潤いを与えてくれる松の実

 上新粉のとろみで、かぼちゃとハチミツの優しい甘味が、染み入ります

間もなく梅雨入り。
これから、夏までジメジメの季節になりますね
胃腸を痛めやすい時期でもあります。

食事で胃腸力をupして、
身体も適度に動かしストレスもためないように、元気に過ごしたいですね

香りでリラックスして、身体も緩みますように

ご予約もお待ちしております

●●● アロマテラピー&リフレクソロジーサロン  POLE POLE ●●●
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ちょこっと模様替え」 | トップ | 「新緑の御嶽へ…」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

薬膳」カテゴリの最新記事