日々の心の記録

私の日々の心のつぶやきを気の向くままに綴っていきます。

時々思いつめる

2017-04-23 16:21:57 | Weblog
 東京に住んでいたころは母とずっと離れてさびしい生活だった。その頃にもどったような感じだ。母がいてくれて楽しかった、今の関西での10年以上、さびしさにもだいぶ慣れてきた。母がいてくれた間は本当に充実して、幸せだったなと思う。
 特別なことは何もしてない。一緒にスーパーやモールをうろうろしたり、家でご飯を食べたり。でも、本当にかけがえのない時間だったなと、今思い返して思う。
 家族3人で出かけたときは、いつも今が一番幸せなんだろうなと思っていた。それは間違いなかった。

 母がいなくなって、妹と会う時間もほとんどなくなった。

 連休は人に会う予定ができた。

 その次の週は故郷の友達とランチする、ちょっとだけ楽しいこともある。頑張ろう。

 この前は、友達が地域限定のお菓子を送ってくれた。

コメント

進撃の巨人

2017-04-23 02:38:17 | Weblog
 寝付けないので、進撃の巨人をリアルタイム視聴した。続きが気になりすぎて眠れない。30分で1話は短すぎる。気になる展開でいつも終わるようにできている。
 season1は一気にまとめてレンタルで見たので、こういう欲求不満はなかったのだが。漫画よりアニメで見たい。ウィキペディアで続きがどうなるか見てみたので、ちょっとおさまった。
コメント

懐かしい

2017-04-22 23:14:13 | Weblog
 アラフォーになってから、昔の歌がすごく懐かしく思えるようになった。日によってマイブームが起こる。きのうは渡辺典子さんの少年ケニヤがききたくなり、YouTubeで視聴していると、原田知世さんの天国にいちばん近い島のアイコンがあらわれ聞いてみた。本当にいい歌だなと思った。お母さんと一緒に生きてきた中で、一緒に共有した記憶の中にある曲はどれも懐かしく思える。ベスト盤買おうかなと思って、Amazonで検索してみたけど、オリジナルバージョンが収録されているCDは販売が終わっていて、すごい高値で取引されていて無理だった。

 友達から、宝塚歌劇に誘われたけど、興味ない演目だったので断った。
 それで、検索しているときに見つけたのが、王家の紋章の公演。子ども時代に読んでいた漫画の舞台化だ。どうしても見たくなり、チケットを購入した。エジプトが大好きなので、今から楽しみだ。

コメント

いろいろなところで

2017-04-16 22:40:38 | Weblog
きょうは、風邪を押して美容室に行ってきた。昼間寝ていて、最終の5時半からの予約だった。丁寧にしてくれたので、よかったと思う。
お気に入りの店だけど、スタッフがやめたみたいで、一人で対応しているから、一人ずつしか担当できないようだった。

二人きりということもあり、何げなく母が去年亡くなった話をしたら、スタイリストさんも高校生の時にお母さんを亡くした話をしてくれた。これから、結婚、出産と彼女は経験していく中で、お母さんがいないというのは気の毒に思ったので、伝えたら、そうなんですよと実感のこもった口ぶりで言っていた。

まだ、若いかたなので、本当にお気の毒だった。

ことしは通勤途中以外桜を見なかった。去年の今頃はお母さんとお花見に行った。
とてもしんどそうだった母。でも、わたしと一緒で幸せそうだった。また、来年も行こねと言ったけど、実現できなかった。

本当にさびしい。母が亡くなるとき、お母さんの一大事と思って頑張った。ただ、自分を守る防衛本能から、ここを乗り越えたらまたお母さんに会えるっていうわけのわからないバリアを自分の心に張ってた。でも、乗り越えたらまた会えるんじゃなくて、もう人生では二度と会えないんだということを仕方なく受け入れながら生きて行っている。

お母さんに会いたいなと思って、きょうも葬儀会館でもらった肖像画に話しかける。

体調もすぐれないから。
早めに休もう。



コメント

苦しい

2017-04-14 23:14:36 | Weblog
いまだにのどが腫れて気管が狭まっている感覚がある。
抗生物質飲んだけど、よくならない。
ベンザブロックを飲み、何とか会社に行って普通に働いた。
今週末で絶対に治さないとならない。
2日も会社休んだので、もう休めない。3日目行った時も、上司が怒っていた。まあ、この上司は、職場にわたしが入ってから、一度も休んだことがない人なので、怒るのも無理はないと思うのだが。でも、わたしがせきこむ姿を見て、声をかけてくれた。全然大丈夫じゃなかったけど、大丈夫ですと答えた。あんまり休んでばかりいると職場に居場所がなくなる。
とにかくよくしなきゃ。
明日は朝イチ病院だ。
コメント

発熱

2017-04-05 22:57:56 | Weblog
風邪ひきで38度熱が出ている。
お母さんが闘病中よくそれくらいの熱を出して苦しんでいた。
あのときのお母さんの痛みを1000分の1でも背負ってあげたかった。
普通に熱がでるだけでなく、動けないぐらいの負荷が体にかかっていたのだから、よほど苦しかったに違いない。

いなくなって、お母さんがどれほどわたしを愛してくれていたか、すごく感じる。
本当に甘えるばかりでお返ししてなかった。
お母さんに会いたいとか、あの時に戻って病院に連れて行ってあげたらとすごく思うが、過去に戻ることはできない。

病院の不手際が重なってお母さんは死に至った。
本当にかわいそうな死に姿だった。
今はお墓に行って供養するぐらいしかできない。
コメント