日々の心の記録

私の日々の心のつぶやきを気の向くままに綴っていきます。

案の定

2017-10-16 01:35:27 | Weblog
とあるコミュニティのトピックで天涯孤独な人集まれってのがあった。
そんなの天涯孤独だったとしても、集まるわけないじゃないか。そんなことを大っぴらにしたらとても危険だ。ありえない。案の定だれもレスをつけない。当たり前だと思う。
コメント

怒りで眠れない

2017-10-16 01:25:15 | Weblog
妹と連絡を取ったら、お母さんの遺産の預金を差し上げますと上から目線で言ってきた。
でも、よくよく考えると母の預金はほかにもある。わたしと縁を切ると言って連絡を絶った3カ月の間に、その別の預金を使い込んでいるのではないかと思い当たった。
絶縁のきっかけはマンションを買うという話が発端だったし、これですべてが腑に落ちる。自分が使い込んでおいて、当然わたしが受け取るべきお金をさもめぐんであげてる的な言い方をする。さすがだなと思う。

やっぱりあの子にはついていけないわ。お金に汚いってこともわかった。

そのほかの預金のことを明らかにしてといったら、あたふたしたようだったし。

なんてがめついんだ。

コメント

まただ

2017-10-15 11:16:48 | Weblog
韓国がお金だけ受け取って、また、慰安婦像を建てた。
いつものやりくちだ。ひどすぎる。
事実かどうかもわからない、慰安婦問題でいつも日本からお金をとり、反省が足りないと言ってたかった後、約束をやぶる。どうしようもない国だな。

コメント

むかむかする

2017-10-11 00:58:26 | Weblog
お母さん亡くなって、今まで妹に合わせてたけど、6月末にそれまでの不満が爆発して文句行ったけど、聞く耳を持たなかった。妹は自分が聞きたくないことは聞かない。
電話をしててもぶちっと切ったりするような人だ。
いつも自分の思い通りにことが運ばないと切れるから、いやいや合わせてきた。
でも、お母さんに関することで、どうしても許せないことがある。
緊急手術のときに、連絡してこなかった。
延命治療をやめて麻薬の痛み止めを使うため、口をきけなくなるのに、知らせてこなかった。
お母さんが死ぬ間際自分が寝たいからという理由で追い払われた。
死後5日でお母さんの荷物を全部捨てた。
これだけの仕打ちをしておいて、絶対に謝罪しない。
わたしのほうは許せない、初めて妹に自己中、自分勝手と言ってやったが、気は晴れない。
普通なら謝ってくるのが筋だが、それどころか、向こうから絶縁を言い渡された。
逆だろうって思う。
きょう連絡するようにというメール送ったけど返信はない。ああ、やっぱりな~って思う。
本当に自己中だ。
たったひとりの身内だけど付き合わないほうがいいのかもしれない。

コメント

3連休

2017-10-09 20:39:20 | Weblog
3連休楽しみにしてたけど、あっという間に終わった。
そして、医療費にお金が消えていくので、どこにも出かけられなかった。
といっても、AmazonでDVDや漫画を買って無駄遣いしているせいなのだけど。
スーパーナチュラルシーズン10を見ている途中だし、去年放映された香取慎吾君のドラマで初めて存在を知った名作漫画「ポーの一族」を読んだりしていた。
スパナチュはもうずっと見ていて、途中で見るのあきらめた時期もあったけど、やっぱり時々見てみると、世界観にはまれるので見てしまう。ポーの一族はわたしが生まれたころにかかれた作品みたいだけど、今読んでも全然古くなく、すごいなと思う。萩尾先生は幾つでこの漫画を描いたのだろうとすごいなと。

お母さんのいない時間、全部自分の好きに使える。でも、お母さんがいて、用事もないのにうちに会いに来てくれた日々のほうがどれだけ幸せだったか。お母さん、いないのはこたえる。休日もいつも会ったり、電話を毎日していたので、それがなくなって本当にさみしいなと思う。

お正月は、前に買ったザ・ホワイトハウスを観賞し終わらせると決めている。ずっとひとりで過ごすから時間ある。

クリスマスは仕事だろうし、スパナチュの消化や読書できる本がたんまりある。

ひとりが気楽でいいと思っていたけど、お母さんが存在してくれていたからだ。
今はむなしい。
コメント

雨の中

2017-10-08 00:34:25 | Weblog
先日、母の命日で雨の中お墓参りに行った。
すごく冷えたのだと思うけど、お花を変えてお墓を拭いただけで、10分その後、母に10分ぐらい語りかけて屋内に入った。
かなり体は冷えたようで、体調を崩した。
母が亡くなった日のこと、瞬間、いろいろ思い出し、つらい日々が少し蘇った。今も母が帰ってきてくれないかと思ってしまう。
お母さんを焼いて骨を拾ったから、この世にいないことはわかるけど、やはり会いたい。日本にはハグの習慣がないから、亡くなる1年ぐらい前から、母に抱きつきたいと思っていたけどかかなわないまま亡くなってしまった。
お母さんと呼んでみるときもあるけど、答えはない。
お母さんの強さ、優しさ、愛情を思い出して、泣きたくなるけど、今は服薬しててつらさを抑えているので、涙も出ない。でも、ひとりでいるとやっぱり落ちる。

お母さん会いたい。
コメント