北海道おといねっぷ美術工芸高等学校(おと高)ブログ

北海道唯一の工芸科の高校「おと高」の ブログです。

2023.1.27卒業制作発表

2023-01-27 18:01:44 | 高大連携授業

本日は卒業制作発表でした。

3年生が1年かけて制作した、三年間の集大成の作品を発表します。

研究テーマに合わせて取り組んだことや苦労した点、自分の研究室結果について、後輩へ伝えました。

全学年が参加し、3年生が一人一人発表したあとに交流会をおこないます。

実際に作品に触らせてもらったり、発表よりも深く聞きたいことなどを直接聞ける大切な交流です。

1.2年生は自分たちの卒業制作をイメージしながら熱心に先輩に質問し、話を聞いていました。

最後に東海大学の教授の中尾先生から講評していただきました。

3年生はこの日のためにたくさん努力して、準備してきました。本当にお疲れ様でした。

↓個人発表の様子

↓交流会の様子


2022.12.13 高大連携授業

2022-12-14 14:29:37 | 高大連携授業

12月13日に東海大学の中尾先生に来校していただき高大連携授業をおこないました。

東日本大震災の日に生まれた新しい子供たちへ唯一無二の椅子を贈る「希望の君の椅子プロジェクト」にかかわった時のお話をききました。

椅子をデザインするとはどういうことか、どんなことを考えてデザインを決めるのか…その苦悩やデザイン決定までの流れなどを学びます。

実際に制作した模型も見せていただき、生徒たちは今後の制作にも生かせそうな、貴重な学びを得ました。

 

 


2022.11.07 高大連携授業

2022-11-07 14:45:00 | 高大連携授業
本日は、東海大学から笹川先生をお招きし、ポートフォリオやデザインについての貴重な講義をしていただきました。

デザインってなんだろう?デザインができることってなんだろ?
たくさんの考え方があり、相手を幸せにすることができるアイテムでもあります。

9月に行われたデザインスクールに引続き、とても貴重な体験をさせて頂きました。
ありがとうございました。







2022.09.06 デザインスクール 速報

2022-09-06 15:16:00 | 高大連携授業
本日から3日間、高大連携事情として行われているデザインスクールが3年ぶりに実施となりました。

2年生は朝早くから出発しました!


天気は曇りでしたが、初めての宿泊をしての見学ができるということで、とても楽しみにしていたようです。

本日は旭川のカンディハウス見学、札幌の近代美術館の見学になってます。

20220524高大連携授業(1年)

2022-05-25 18:14:11 | 高大連携授業

5月24日に高大連携授業がおこなわれました。

東海大学の先生をお招きして、おもちゃのデザインや仕組みについて、実際におもちゃに触れながら学びました。

何気なく使っているおもちゃにも多くの工夫がされていることに驚きながらも、楽しく学ぶことができました。


202103122年生デザインスクール

2021-03-14 13:32:02 | 高大連携授業

3月12日に今年度最後のデザインスクールが東海大学さんと行われました。

2月から行われていたこの授業。途中入試日程の変更などもあり東海大学さんには何度も何度もご考慮いただき感謝しています。

さて今回の課題

「パーティーで身に着けるためのカブリモノをパートナーのためにプレゼントする」

パートナーにインタビューをしアイデアスケッチをし、何を提供してあげられるか。

また、相手から求められているものだけではなくそこに自分なりの提案を盛り込んでプレゼンする力が身につきました。

 

授業の中で中尾先生は何度も「それは本当にその人の為ですか?」と問いかけていました。

私たち制作者はどうしても「自分は」「自分が」となりがちですが

社会とつながるデザインの仕事は「クライアントは」が主語になります。

いろいろ考える事が出来る楽しい授業でした。

 


202102082年生高大連携授業

2021-02-08 15:50:21 | 高大連携授業

2年生が図書室で5・6時間目に東海大学の中尾先生と連携授業を行いました。

今年度はコロナの影響で延期に延期を重ね、やっとできたWeb回線を通しての授業でした。

 

「君の椅子プロジェクト」についてはじめに学習しました。

東川町をはじめ近隣の町や東北大震災の日に生まれた子どもたちに贈る特別な椅子です。

実物も学校へ送っていただき実物を確かめながら作品説明を聞いていました。

中尾先生の授業は学校の先生としてだけではなく、

モノを生み出す作家やデザイナーとしての視点が加わっているのが魅力的でした。

 

最後に学級委員長より挨拶をし終わりとなりました。

お忙しい中遠隔授業をしていただきありがとうございました。

 


20210126令和2年度卒業制作発表会

2021-01-27 14:47:46 | 高大連携授業

3年生の登校日も後3日となりました。

昨日本校体育館で令和2年度卒業制作発表会が行われました。

3年生にとっては音威子府で学んだ3年間の集大成で記念するべき行事です。

 

本校の3学年全員が体育館に集合し3年生の発表を聞いていきます。

午前中はスライドを使い研究成果の発表を1人ずつ行いました。

 

この生徒は自転車のフレームやハンドル等をイタヤカエデの材で作りました。

硬い木材で技術が必要ですがしっかり削る事ができると、

滑らかな肌ざわりと光沢が出てきて美しい表面になり良い仕上がりに完成されていました。

本人曰く「金属のものを木で作るのは無謀でした」と話ていましたがよく頑張り向き合いました。

 

この生徒はウィンザーチェアーを作りました。

女性の体型に合わせた設計をしたと聞きました。

座面の高さ、背もたれの高さやホールド力が女性用の椅子としてしっくりと座り心地が良く感動しました。

 

 

午後から後半組の発表と、1・2年生が3年生と作品について交流できる交流会を行いました。

この作品は「時間の変容を」テーマにアクリルガッシュでパネルを2枚にわけ描きました。

人物の顔のつながりが左の絵から右の絵に流れ留まることなく流れ続けているようです。

そして丹念に塗りかせねられた色相が人物の存在感を深めていました。

 

1、2年生が真剣に先輩の話を聞き交流しているところです。

手前の椅子作品は技術的にも優れており

つなぎ目をなるべく感じさせない優しいデザインです。

アームや足等のフォルム曲線など、工芸を学ぶ後輩たちにとっては勉強になったと2年生が話してくれました。

 

おと高は、生徒の「やってみたい!」を叶えてあげるため基礎を磨き先生方も協力し卒業制作を作り上げます。

「やってみたい!」と思う気持と「やってみる!」と思うたくましい気持ち、

この3年間で得た成果ではないでしょうか。

 

高校から美術系各種学校へ進学しさらに表現を深める者がいる一方、

美術や工芸を高校でやめる者も3年生にはいます。

一人一人卒業制作は特別な思いで向き合ったはずです。

 

3年生の皆さん、おと高でもの作りを学んだことにやり残した後悔はありませんか。

一生懸命取り組めたと自信を持って言える作品に出会えましたか。

困っているときに助けてくれる友達や教職員に出会えましたか。

美術や工芸を通し誰かのことを思いやれるようになりましたか。

 

そんな経験が一つでもできていたら私たちも嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 


2020.06.11 高大連携授業

2020-06-23 14:28:37 | 高大連携授業

6月から授業が再開しましたが、生徒は元気に過ごしております。

6月11日には、1年生と3年生の高大連携授業がありました。本校は東海大学と高大連携を結んでおります。

1年生は、木製のおもちゃの良さ、日本と海外のおもちゃの違い、製作者の目線でおもちゃを見るなど、様々な視点でお話をしていただきました。

3年生は卒業制作に向けた、制作のプロセス、ポートフォリオなど、実際に椅子やエスキースなどを見ながらお話ししていただきました。

残り少ない時間ですが、卒業制作に向け頑張って取り組んでほしいと思います。


2019.11.28 高大連携授業2年

2019-12-02 12:06:10 | 高大連携授業

11月28日(木)に高大連携授業が実施されました。

東海大学から中尾先生を講師にお招きし、君の椅子プロジェクトや東川中学校の椅子と机についての高大連携授業が実施されました。

実際のお仕事の中で、生徒に知ってほしいこと、デザインとは何か、プロトタイプや縮尺模型、加工方法など様々な視点からお話をしていただきました。

実際に完成した椅子やそれまでのエスキースやプロトタイプを実際に手に取り、お話を聞かせていただきました!

君の椅子プロジェクトの内容を知っている生徒も多く、「実際のお仕事の内容を知ると、また違った考え方ができるようになりました!」と感想を反している生徒もいました。

 

来年は自らテーマやコンセプを考え、ゼロから制作をして作品を作ることになります。

高校生活も折り返し、あと少しで3年生です。時間いっぱい自分の制作に必要な知識や技術を磨いてほしいと思います。