Fut.com
FC東京を中心にサッカーの試合観戦blog。
サイト移転しましたhttp://futcom.blogspot.com/
 



J1の中断前最後の試合。開幕から見続けている人にとってはやれやれという感じなんだろうけど、5月半ばから本格復帰した僕にとってはあっという間で少々物足りない。とはいえ、この間のガンバ戦の後半みたいなのは、もう見たくない。
鹿島の観客は相当に減ってるなと感じるのと、意外に今日は寒い。ぴゅーぴゅー風が通るスタジアムだという事をそんなところから思い出す。
にしても、あれだけ完膚なきまで叩きのめされて、メンバーをどうするのかと思ったらほぼ一緒。モニはそんなに使えない状況なのか?
前半、土肥の好守を何度か見るものの、あえなく失点してしまう。が、今日のFC東京は後半から違う。まずはルーカス。U-20W杯でいない内田のサイドからの得点で鹿島のDFが混乱。これが後半始まってすぐ。流れは一気にFC東京へ。
そして、やってきました規郎のゴール。左足で地を這うような鋭いシュートがゴールネットに突き刺さる。
「規郎~!規郎~!俺達の規郎~!左で~ 決めろよ~ 俺達の規郎~!」
「規郎~!規郎~!俺達の規郎~!左で~ 決めろよ~ 俺達の規郎~!」
新チャント炸裂。鹿島を圧倒。最後の最後でこっちからは不可解なPKでぶち壊されたか?と思ったが、野沢の強烈なシュートは激しくバーを叩いてゴールの外へ。
アウェイ鹿島戦のリーグ戦初勝利!いい形で中断前の試合を締め括る。
早く新宿帰って、飲むぞ!

今年の観戦記録:合計49(J1 8、J2 1、天皇杯1、ナビスコカップ3、UEFA12、Bundesliga9、2.Bundesliga2、DFB-Pokal2、SerieA1、各国代表戦4、ユース1、親善試合5)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日は京都→大阪→京都と動いて、今シーズンの初J2を見る。西京極に来るのは何年ぶりだろう?
だが、そんな感傷に浸っている余裕がない程、雨が激しく降ってきて大変な状況。まるで滝に打たれる修行僧のよう。
寒暖差が激しく風邪ひきそう。時折、弱くなったりするんだけど、またザーザー降ってくる。
東京サポでこんな試合を見に来るのは僕ら位だろうと思い気や、他にも発見。みんな修行好きだなぁ。

今年の観戦記録:合計48(J1 7、J2 1、天皇杯1、ナビスコカップ3、UEFA12、Bundesliga9、2.Bundesliga2、DFB-Pokal2、SerieA1、各国代表戦4、ユース1、親善試合5)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日は本格的に雨が降ってきて、非常に憂鬱な気分に。こんな時は、抹茶アイス食べて元気にならねば。お昼頃にいつもの中村藤吉本店へ。満足したけど、身体が冷えたので、大阪に戻り、今度はお好み焼きを食す。
お昼に宇治きん冷やしぜんざいでデザートがお好み焼きとなり、ちょっとあべこべだけど、全然ありだと思うよ。
さて、このお好み焼きはどこの店のものでしょう?
1.やき然
2.千房
3.美津の
4.風月
5.949

<追記>
12@TWさんご回答ありがとうございます。
正解は...

法善寺横丁にあるやき然でした。だから、答えは「1」です。
ちょっと難しかったかな!?

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




久々のアウェイらしいアウェイへの遠征。雨を覚悟していたけど、絶好の日和。というか暑い。
モノレールから降りると、前には恐ろしい行列が。昔の状況を知っているだけに隔世の感がある。
試合の方はいい意味で期待を裏切ってくれ、前半始めからFC東京が畳み掛ける。相手の選手のマークのズレをうまくつき一気に2点を奪う。だが、こっちも同じようにマークがズレたところを二川に針の穴を通す感じで決められてしまい。1点差のリードで折り返す。
ここで試合終了だったら非常に楽しい日になったが、後半、恐怖の惨殺ショーが幕開ける。計ったかのように、素早くボールを前に出し、中盤での攻防を避けて常にDFとの対決。その勝負でほぼことごとく負け、次々にゴールを奪われる。仮に勝っても、悲しいかなFC東京はスローで前線にすらボールを持って来れない。
悲惨&無惨。チームの再構築が必要。まずは茂庭がきっちりCBに戻ること。そして、今野はボランチで頑張ってもらわないと!

今年の観戦記録:合計47(J1 7、天皇杯1、ナビスコカップ3、UEFA12、Bundesliga9、2.Bundesliga2、DFB-Pokal2、SerieA1、各国代表戦4、ユース1、親善試合5)

コメント ( 1 ) | Trackback ( 1 )




ものすごく不愉快な思いを昨日させられたけど、サッカー&人生は待ってくれない。先へ先へ。
今日の相手はヴァンフォーレ甲府。FC東京にとって勝たねばならない試合には違いないが、同時に増嶋の成長を見る機会でもある。
前半、両チームがCKを取り合う展開。が決められずにジリジリする。そのほかにも信男のサイドから何度もいい形を作るものの、やっぱり決められない。あと一歩。いい加減そろそろ何とかしろっ!と思い始めた頃に規郎の左足が火を吹く。東京、先制!
後半、久々SEXYなパス回しから最後、信男がゴール!と思い気や、えぇ~。腰砕け。なぜ、どフリーでシュートすら打てない?
ちょいと嫌な感じになったけど、福西のシュートが弾かれたところをルーカスがつめて追加点。
普通なら大丈夫な展開なんだけど、信男をリチェーリに変えたあたりから雲行きが怪しくなり、シュミレーションから2枚目のGerbekarteをもらい退場。1点は献上したものの土肥ショーが始まり凌ぎきる。
相手も10人になっても流れは変わらず。ハラハラ原東京。心臓に悪い。
勝って良かった~

今年の観戦記録:合計46(J1 6、天皇杯1、ナビスコカップ3、UEFA12、Bundesliga9、2.Bundesliga2、DFB-Pokal2、SerieA1、各国代表戦4、ユース1、親善試合5)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




6/19付のオフィシャルにあるメッセージボード「浦和戦チケット販売枚数」「ゴール裏上層大型映像機の右側席」を読んだ。読んでいて腹が立って、腹が立って仕方がない。どうして、あのような回答が出来るのだろう?一体、何を考えているんだ!ものすごく好意的に読んだとしても、サポーター、ファン、その他関係者等々を愚弄しているようにしか思えない。
1人でも多くの人をスタジアムへ!というのが合言葉のようにされてきたが、何とFC東京の運営者自身がそれを拒否。ありえないでしょ。
①ホームの座席はアウェイが完売になったら、席は残っているにもかかわらず販売中止にして完売扱い(SA席・U席)。アウェイ側が売り切れになったから、ホーム側の販売を止めるなんていう話は聞いたことがない。というか頭がおかしい!!
②それで、余ったU席のところ(電光掲示板横)には、入らないのがわかっていたので、ホーム自由席の人を入れた。だが、全席完売だったら、当然U席のチケットを購入されたファンで埋まるはず。名古屋戦ではU席の前売りが多かったと説明してるけど、U席は売り切れではなく、それどころか全券種当日券が販売されています。
③ホーム側のチケットを浦和ファンが購入するはずだからその分を考慮して境界線を決めた。=ホーム席を削ってアウェイ席を販売してもいないのに大量に用意していた。
④③に関して、ホーム側の席でアウェイチームの応援をするのはダメ!としておきながら、当メッセージボードの発言は逆にOKって言ってることではないのか?運営者自身がルールを破ってくださいと言っているようなものでしょ。

そもそも販売可能席が48,562席あるとわかっていながら、何故それを全部売り切ろうと考えなかったのか?一人でも多くの方をスタジアムへ!という趣旨からまったく外れているだろう!!!弱気になったとか慎重になったとか適当な言葉が書いてあるけど、そもそも本当はスタジアムに呼ぶつもりがないんじゃないのか?
そんな考えで、多くのファンや関係者に一人でもスタジアムへ!って呼びかけているのが虚構に聞こえます。バカにするのもいい加減にしろ!
即刻、担当者はこの担当から外れていただきたい。運営者として失格です。許せません!




書いていて、本当に寂しくなってきた。プロのサッカークラブとしてチームを用意してスタジアムに人を呼んで見に来ていただくっていうのは根本中の根本。ドイツやイングランドのクラブはスタジアムに入りきらないファンが大量にいて、それでも何とか見てもらおうと、ついにはrestricted view ticket(見切り席)というのも販売していたりする。それでも、どうしようもない部分がありヒーヒー言ってる。そんなところで、今回みたいな話を起こしたらクビぐらいでは済まないと思うよ。

コメント ( 7 ) | Trackback ( 5 )




気温が上昇し暑い中、しかも満員でもっと暑くなっている味スタ。ただ風が結構通るので、気持ち良く観戦。A3で疲弊しきった浦和をガツンと叩こうとしているところなので好都合。
と思っていたら、浦和の方が動きが良いのでは?と思られる状態で、寝てる選手がいるんだよ、土肥~、徳永~。
ワシントンのシュートを土肥がほぼ正面に弾いてしまい、そのボールを田中達也に決められる。後半、押してる時間が長かったんだけど、セットプレーから徳永が何と自陣に決めてしまいTHE END。
何ともなぁ~、流れに乗れない。

今年の観戦記録:合計45(J1 5、天皇杯1、ナビスコカップ3、UEFA12、Bundesliga9、2.Bundesliga2、DFB-Pokal2、SerieA1、各国代表戦4、ユース1、親善試合5)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




大雨の中、東京を出発して清水へ。久々のバスツアーでの遠征。到着する頃には良すぎる天気で暑い!
久々の戸田が見れるかなと思い気やまだ怪我で鮮烈復帰出来ず。
前半、規郎の豪快な左足のシュートで先制!が終了直前に兵働の同じようなシュートを決められ同点に追い付かれる。感じとしては、嫌な流れなんだけど試合内容は東京ペースのままで、それほどヤラレタ!って感じではない。
後半、開始早々規郎が角度のないところから強引に撃って追加点!そして、途中交代で入った憂太が綺麗にミドルシュートをバーとキーパーに当てながらもねじ込み3点目。後は極端な危ない場面もなくそのまま逃げ切り。快勝です。
非常にいい気分♪♪

今年の観戦記録:合計44(J1 4、天皇杯1、ナビスコカップ3、UEFA12、Bundesliga9、2.Bundesliga2、DFB-Pokal2、SerieA1、各国代表戦4、ユース1、親善試合5)

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




昨日に引き続き、今日も代表戦。ただし今日は五輪2次予選。既に予選突破しているので、消化試合となっているが、もちろん長友を見に国立へ。
反町監督が期待に違わず先発起用してくれたおかげで、存分に楽しめた。
しかも、いつものメンバーではなく若干硬さの見えるチームの中でうまく動いて先制ゴールまであげてしまう離れ業。素晴らしい。追加点はシュート君の左足のシュート。非常に綺麗。前半はなんと大学生2人が大活躍する内容。
後半も長友。右サイドへ出たボールを前に進みながらコントロール。ペナルティエリア内でクロスを上げるところを倒されPK獲得。萬代が決めて3点目ただし、後がグダグダ。DFは不用意なパスをするし、決定的なチャンスを決めれないFW・MF。プロ選手はもっとがんばらないと!
長友、東京!長友、東京!
次回はFC東京の右サイドで出てくるのを見たいものだ。徳永が加地からポジションを奪ったように...。そうすれば、徳永も少しはやる気を取り戻すでしょう。

今年の観戦記録:合計43(J1 3、天皇杯1、ナビスコカップ3、UEFA12、Bundesliga9、2.Bundesliga2、DFB-Pokal2、SerieA1、各国代表戦4、ユース1、親善試合5)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




久々の埼スタへ。その途中SYUUTOと入った子供を発見。く~先を越された~。
サッカー日本代表の試合を生で見るのは、ドイツW杯以来。様変わりした選手でやはり戦い方も変わりどうなっているのか、個人的にはベールに包まれた状況。キリンカップの初戦で久しぶりにテレビ観戦して、あ~こんな感じでやってるのねという程度。やはり生で見ないと。
欧州クラブ所属選手の中村・高原・稲本・中田の4選手が同時に先発としてピッチへ。ただし、前半は彼らが機能したとは言えず、むしろ右サイドの駒野からチャンスを何度も作り出す展開。コロンビアもショートパスをきれいにつなぎ日本ゴールに迫る。阿部のミスパスが非常に気になるが、本職のDFはいないのか?前半はそのまま0-0で折り返す。
後半、稲本・中田を外して今野・羽生を投入。立ち上がりに畳み掛けるが得点できず。中1日でコロンビア代表の方は足が動かないんだけど、技術は確か。とうとう得点シーンを見られぬまま試合終了。
今のところはアジアカップで3連覇するっていう気迫は感じられないな。

今年の観戦記録:合計42(J1 3、天皇杯1、ナビスコカップ3、UEFA12、Bundesliga9、2.Bundesliga2、DFB-Pokal2、SerieA1、各国代表戦3、ユース1、親善試合5)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日は日本クラブユースサッカー選手権の東京都予選決勝を見に深川グラウンドへ。U-18がやる柏サッカー場も捨て難かったけど。こちらを選択。
一方的な展開を予想するも、なかなかいい試合。前半開始早々、幸先よく先制するも、その後攻めあぐね1点を追加するのみ。後半、一際デカイ12番の子がほぼ個人技で突破しゴール。大きな追加点となり、ほぼ勝利を決める。結局3-0で優勝!
ユースの子の試合を見ると、本当に心が洗われる~。トップも頑張れ!

今年の観戦記録:合計41(J1 3、天皇杯1、ナビスコカップ3、UEFA12、Bundesliga9、2.Bundesliga2、DFB-Pokal2、SerieA1、各国代表戦2、ユース1、親善試合5)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )