Fut.com
FC東京を中心にサッカーの試合観戦blog。
サイト移転しましたhttp://futcom.blogspot.com/
 



Bundesliga und DFB-Pokal sind fertig in dieses Jahr.
Der Ligameister ist VfB Stuttgart. Der Pokalmeister ist 1.FC Nürnberg.
Wir sind Überraschung für dieses Jahr.
①FC Bayern München ist normalweise am besten in Deutschland. Aber FCB hatte nicht nur keine Meister, sondern auch keine nächste Champions League.
②Werder Bremen und FC Schalke04 sind schade.
③Andere Mannschaft sind gleich starker, weil alle Fußballfans bis letzte nicht wissen, welche Mannschaft gewonnen ist.
④Zuschauer sind voll im Stadion. Alle Fußballfans haben genossen.
⑤Der deutsche Fußball ist nicht starker als Italien und Spanien.
......
Ich möchte im Stadion in Deutschland wieder Fußball sehen.

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




絶好の観戦日和。しかも、本日はNo1ソシオさんのご好意で何とペアシートでの観戦。メイン側での観戦はいつぞやの味スタでの開幕前練習試合の時以来。いつもと違う光景でアマの顔弾幕があんなところにあるんだ!とか新鮮な驚き。とはいえ、この間がほぼ1年ぶりの味スタ観戦。この日が2度目になるので、まだまだ全体的に新鮮さが自分の中では漂うが....。
しかし、試合の方はお寒い内容。ルーカスのシュートが2本バーに嫌われたのが運のつき。走らないと勝てないよ!両チーム連戦の疲れからか精彩がなくグダグダな展開。規郎がマークにつききれないところで、うちの左サイドを突破され中央へ。今野が引っ張り出され、ヨンセンにフジが付いて行けず決勝ゴールを許す。
中断期間に入り、うまくチームを立て直せるかが鍵。やはり今野が前目で使えないと決定的な仕事はルーカス一辺倒。茂庭の復調がやはり重要。

今年の観戦記録:合計40(J1 3、天皇杯1、ナビスコカップ3、UEFA12、Bundesliga9、2.Bundesliga2、DFB-Pokal2、SerieA1、各国代表戦2、親善試合5)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ナビスコカップ予選グループの最終戦。しかし、この5日間で3度目の横浜。家(東京)からは近そうで意外に遠い。それでも電車で寝てるからあっという間に着いてしまうが。
試合の方は、引き気味に構える横浜FCに対して攻めあぐねるFC東京の構図。そして、平本のうまいボールコントロールからアドリアーノへ。そして平本に戻ってきた所で土肥が引っかけPK献上。まんまと横浜FCの術中にはまる。
が今のFC東京はここからが違う。すぐに石川の速いクロスから赤嶺が詰めて同点。そして後半完全に押せ押せになったところでルーカス・梶山を投入。そしてルーカスが競り合いからボールをコントロールし赤嶺へ。落ち着いてシュートをゴールへ。逆転してそのままゲーム終了。そして、大分が負け、何とこちらも逆転でナビスコカップの決勝トーナメントへ。
東京のユニフォーム案はどれがお気に入りですか?僕はズバリ「横縞」の奴がいいと思いました。

今年の観戦記録:合計39(J1 2、天皇杯1、ナビスコカップ3、UEFA12、Bundesliga9、2.Bundesliga2、DFB-Pokal2、SerieA1、各国代表戦2、親善試合5)


コメント ( 1 ) | Trackback ( 1 )




昨日に引き続き、今日も横浜。泊まればよかったとも思うが、一旦家に帰り再び遠征。いやそれだけで疲れた。しかも、アウェイ側に日が強烈に照り付け容赦なく体力を奪う。
前節と同じメンバーでスタート。梶山のディフェンスがいつになく素晴らしい。出足・チェック・パスカット。そして伊野波もへんてこりんなシュートはあったものの、いいディフェンス。
得点は何と福西。ルーカスとの交代という思い切った采配から、おそらく彼のファーストプレーがゴール!結果的にはこれが決勝点。他にもいい形がいくつも。いやー実に楽しい。

今年の観戦記録:合計38(J1 2、天皇杯1、ナビスコカップ2、UEFA12、Bundesliga9、2.Bundesliga2、DFB-Pokal2、SerieA1、各国代表戦2、親善試合5)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




写真だけ見て場所がわかった人はプチ凄い。そう横浜Fマリノスの練習グラウンドです。このせいで今シーズン前に何人もの選手がチームを出ることとなったわけですが、素晴らしい施設。長い目で見れば正解かもしれません。
さて、おそらく東京のサポーターとしてはそんな事は関心がなく、どんな練習をやっていたか?という事だと思われますが、着いた時には既に全体練習は終わっていました。わざわざ土砂降りの中を横浜に向かう事は面倒だったので。というわけで、明日は普通に勝つ事だけを考えましょう。
東京も練習設備についても、いつかは考えないと。味スタ横oder奥にあるのがベストなんだろうけど。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




土曜日の試合終了後のこと。快勝の余韻と久々の味スタでの観戦に感慨にふけりながら、みなが集まるいつものTreffpunktへダラダラと向かう。
みなと再会、そして拳を軽くぶつけ合いながら、改めて勝利を分かち合う。と、ここでblogを書いてないことを思い出しおもむろに携帯でパチパチと打ち出す。何書こうかなと顔を上げた瞬間、んっ!
事件発生!何か大急ぎで食べてる。まぎれもない中村藤吉本店の抹茶ゼリィだ!GAVA氏がどうやら持ってきてくれたらしい。
当然、俺にも食べさせろ!と奪い取りに行こうとするが、まるで犯人のように取り押さえられてしまう。あ~抹茶ゼリィが...怒鳴りたいところだったが、久々に声を出していたので既に思うように声が出ない。無くなっていく~無くなった。ガックリ。
というわけで、あまりにも悔しいので、本日一路宇治へ移動。京都の葵祭&若冲展を見つつ、念願の宇治きん冷やしぜんざいを食す。あ~美味しい。大満足。やっぱり、ここだね。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




およそ1年ぶりの味スタ。しかし、感慨にふけっている場合ではない。リーグ16位。
で原監督が練りに練ったメンバーが、土肥・徳永・藤山・今野・規郎・伊野波・梶山・川口・ルーカス・ワンチョペ・リチェーリの11人。DFが大混乱してるので、わかりやすい位攻撃的にということか。思い切った采配。
それがピタリと当たる。特にリチェーリ。出足・動き出しが素晴らしい。信男も同様。 何が悪かったのかが疑われる位。前回水曜日の試合では、何するにも1拍置いてから行動するというダラダラした内容だったのが、今日はササッと気持ちよく動く。
いい流れから、そのままチャンス、そしてゴール、という理想的な形。ルーカスのbeautiful goalで先制すると押し気味にゲームを進めつつ前半を終了。そして圧巻の後半。
何と「秒殺」リチェーリがいい出足からボールを掻っ攫うと、フリーで突っ立つワンチョペへ。豪快にシュートを決めて難無く追加点。続いてリチェーリのブロックシュート!キーパーがキックしたシュートを身体でぶつけて、そのままボールはゴールへ。4点目はオウンゴール。信男のクロスから中島が素晴らしいオウンゴールを叩き込んでくれて4点目。
大フィーバー!1点は取られたけど、非常に楽しい試合。やっぱ東京だよね。

今年の観戦記録:合計37(J1 1、天皇杯1、ナビスコカップ2、UEFA12、Bundesliga9、2.Bundesliga2、DFB-Pokal2、SerieA1、各国代表戦2、親善試合5)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ラグビーの親善試合が秩父宮ラグビー場で。オールブラックスとは言っても、こちらはオールブラックス・クラシック。ちょっと前のスーパースターが勢揃い。それでも凄い。ハカを生で見れるのはやはり嬉しい。
前半は6-10で折り返し、まずまずかなと思いきや、後半は一方的なオールブラックスペース。結局6-36で終了。あまりの一方的な展開+温かい陽気で非常に眠かった。9月のW杯での大量失点の悪夢がよぎってしまう。ガンバレ日本代表!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




東京離れている間に、またもFC東京の調子が上がっていない。というのを帰ってきてみてわかった。何をやるにしても時間が足りな過ぎるし、待ってもくれない。
今期2度目の観戦はまたしても国立でのナビスコカップ。
が、酷い。なんだ、なんだ!?何をしたいんだ?いいとこなく横浜FC相手に0-1。う~ん。

今年の観戦記録:合計36(天皇杯1、ナビスコカップ2、UEFA12、Bundesliga9、2.Bundesliga2、DFB-Pokal2、SerieA1、各国代表戦2、親善試合5)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




結局、一晩ミラノ中央駅で野宿して、ミラノからフランクフルト経由でセビリアへ。しかし、またしてもアリタリアがフライトキャンセル。どうなってるんだまったく。無事にセビリアに着いてるから、今となればどうでもいいけど。
エスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスフアンでのUEFA Cupの2leg。連覇のかかるセビリア。レバークーゼンに圧勝して1legも先勝しているオサスナ。
36分ルイス・ファビアーノがペナルティエリア内でボールを上手くコントロールして、DFとGKの間に擦り込みボールを流し込んで先制!後半7分、レナトが決めトータルスコアで逆転。カヌーテがもうひとつなんだけど、その周りが大活躍。1点取られれば再逆転という状態なんだけど危なげなく逃げ切って決勝へ。
その瞬間、観客がピッチに多数乱入し収拾がつかなくなる。場内のライトが消えたので、何かのイベントでもあるのかと思ったけど、このピッチ乱入の混乱を鎮めたかったみたい。
その間セビリアの応援歌を歌い、オサスナサポーターへのエール!

今年の観戦記録:合計35(天皇杯1、ナビスコカップ1、UEFA12、Bundesliga9、2.Bundesliga2、DFB-Pokal2、SerieA1、各国代表戦2、親善試合5)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




スタートが最悪な1日。何とアリタリアのミラノ行きが突如キャンセルに。しばらく、annulliertという意味がわからず右往左往。ルフトハンザにふりかえるも、ミラノ中央駅到着は18:30。結局、宿をとることも出来ず急いでサンシーロへ。すごいドタバタ。
そんな、ちょっと大変な思いをしているミラノでの2leg。決勝でリバプールと対戦するのはどちらなのか?1legの結果から、勝ったチームがほぼ進出で、引き分けだとユナイテッドが決勝へという構図。イスタンブールのリベンジoder再現が見たいのでミランの応援。
開始30分前位から雷鳴をともなう激しい雨。ドシャ降りの中、試合が始まる。当たり前だがミランが積極的に攻め、最初から超優勢。12分頃だと思うけど、カカが右からの低いクロスoderパスに左足を合わせて強烈な先制パンチ!続いて、ユナイテッドの左DFがすっころんで奪ったボールからクロスへ。その跳ね返されたボールを中央にいたセードルフがうまく拾い、うまくコントロールして右足の豪快なシュート!バイエルン戦を思い出す。一方のユナイテッドはCロナウド頼み。ギグスのパスミスが目立つ。
後半、少しはユナイテッドが良くなるもののギグスのところでストップ。そして、インザーギに代わって入ったジラルディーノが叩き込んでユナイテッドの息の根を止める。役者が揃い踏み。ガットゥーゾが観客の応援を呼び込む仕草を常に心掛けているのが驚いた。サポーターと一体感を持っての快勝。試合終了後は遠路はるばるやってきたユナイテッドサポーターへ拍手。大人だ!
雨もいつの間にかあがりいい感じ。宿探すの面倒だし、どっかで飲み明かすか、今日は!

今年の観戦記録:合計34(天皇杯1、ナビスコカップ1、UEFA11、Bundesliga9、2.Bundesliga2、DFB-Pokal2、SerieA1、各国代表戦2、親善試合5)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




お~!!ついにドイツに来るか?
しかもFC東京から権田・椋原が選ばれている。よし行ってみるか!と思い立ったが、何だこのスタジアムは?
05/12 U-18ドイツ代表 VS U-18日本代表(Langenstein-stadion,Tiengarten)
※FC Tiengen08のホームスタジアムで10,000人収容のスタジアム。
05/14 U-18ルーマニア代表 VS U-18日本代表(Waldstadion,Laufenburg)
※SV08Laufenburgのホームスタジアムで4,000人収容のスタジアム。
Baden-Württembergのどっかではちょっとなぁ。調べている時間がないよ。

今日のCLも凄かった。ほぼ予想どおりの展開ではあるけれどね。Anfieldに行けば良かったと、プチ後悔。



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )