Fut.com
FC東京を中心にサッカーの試合観戦blog。
サイト移転しましたhttp://futcom.blogspot.com/
 



あいにくの雨に加え、気温もだいぶ下がってしまった。何気にフクアリでFC東京の試合を見るのは初めて。一昨年のU-18の清水戦以来。やはり非常に見易くて良いスタジアム。4連勝同士ということもあるのかausverkauft。でも、結構席空いてるように見えるんだけど、特に真ん中の高そうな席が...。
前半、立ち上がりからいい感じで攻めたんだけど、一瞬の隙を疲れジェフに先制を許す。そして、2点目も献上。どちらも見てる目の前で決められ、ちょいとカチン。さらに危ない場面もあったが、からくも凌いだ。
後半、PKを献上して3点差となって、相手功労者の新居が交代。これでようやく攻めれるようになり、今野のゴール。そして福西が倒されて、もらったPKをルーカスがきっちり決め1点差。しかし、反撃はここまで。
スーツずぶ濡れで、風邪ひきそう。
にしても、東京ダンサーズとかは出来ないのかな?

今年の観戦記録:合計70(J1 17、J2 2、天皇杯1、ナビスコカップ5、UEFA12、ACL1、Bundesliga9、2.Bundesliga2、DFB-Pokal2、SerieA1、各国代表戦6、JFL1、ユース1、親善試合7、サテライト1、練習試合2)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




今日はACLの準々決勝を見に等々力へ。思えば、1999年に共にJ2を戦い、J1へ。以来J1に残留し続けるFC東京と、1年で逆戻りした川崎フロンターレ。でも、今や相手はアジアの舞台。しかも、この試合のためにJ1の前節をほぼ棒にふる形での準備。相当、差をつけられた印象。
平日のゲームだけど、結構観客が詰め掛けている。驚くべきは、セパハンのサポーターが多数来ていること。両チームのサポーターがお互いにアウェイを訪ね出すと、将来はもっと面白いACLが見れそう。
では、肝心のゲームはどうか?FIFAアンセムが流れる中、選手入場。季節がいよいよ秋に差し掛かっているのか、肌寒い中でのkick off。川崎が何度か決定的なチャンスを迎えるものの相手GKもよく反応し、得点を奪えない。セパハンはアウェイということもあり、守備的に試合を進め、遠目からロングシュートを何度か撃っている。
後半、ジュニーニョが何度も抜け出しシュートするが、枠を捉えられない。結局、相手ディフェンスを割ることは出来ず延長へ。
延長前半を終えて、スコアは動かず。延長後半を終えてもスコアは動かず。2試合210分では得点が入らず、PKへ。
4人目の谷口が失敗し、対するセパハンはきっちり5人成功。
真面目に川崎を応援してしまった...。緊迫感のあるいいゲーム。これが国際試合の厳しさか。ますます川崎は強くなりそう。

今年の観戦記録:合計69(J1 16、J2 2、天皇杯1、ナビスコカップ5、UEFA12、ACL1、Bundesliga9、2.Bundesliga2、DFB-Pokal2、SerieA1、各国代表戦6、JFL1、ユース1、親善試合7、サテライト1、練習試合2)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )




久しぶりの味スタ開催。いや~待ち遠しかった!というのが、普通の心境でなければならないのだけど、これまでを見て来ているサポーターにそんな余裕はない。でも、久々のアマラオ&奥原の登場で和む。
前半、まさにこの間の練習どおり緩慢なプレーがしばらく続きピンチを招く。相手のシュートが枠を逸れたり、塩田のセーブにより、辛くも失点を免れる。すると、右サイドで石川が絶妙なトラップをして、すぐさま中央へクロス→走りこんできた、清水の選手がピタリと合わせFC東京先制!
ゴールをすると流れが一気にFC東京に傾き、直ぐさま福西の突破から赤嶺がこぼれてきたボールに左足で合わせて追加点。
後半は、塩田を中心にひたすら守って終了。にしても、平山は使えん。練習にも出れないような選手を使うか普通。
ともかく3ヶ月ぶりの味スタでの勝利。やれやれ、アマラオのお陰かな!?

今年の観戦記録:合計68(J1 16、J2 2、天皇杯1、ナビスコカップ5、UEFA12、Bundesliga9、2.Bundesliga2、DFB-Pokal2、SerieA1、各国代表戦6、JFL1、ユース1、親善試合7、サテライト1、練習試合2)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




いよいよ鬼門のホームという名のアウェイ味スタでの開催が迫ってきた。最近の調子に浮かれていて、すっかり忘れていたが、それもそのはず8月18日のレイソル戦以来だから1ヶ月以上経つ。
そういう意味で、今日の味スタ練習は重要。しかも相手の清水エスパルスが19日のホンダFCとの練習試合を非公開。多分、戸田を先発か勝負所で使い、金沢の裏へ走らせてくるんじゃないかという懸念が拭い去れない。
今日は天気がよくメインスタンドの日蔭席に座っていると、そよ風も吹き、心地良い睡魔に襲われる。そんな中で一通りのupの後、紅白戦。何故か平山はupでダウン?し、テントの下でずっと休憩。監督の指示の輪にも入らない。やる気がないのか!(怒)
そんな奴はほっといて、紅白戦は途中、何度もプレーを止め適度に指示を挟みながら続いていく。
しかし、内容がひど過ぎる。メンバーがどうなっているのかは、ここでは控えるけど、始終主力組とおぼしきチームが押されっぱなし。まったくと言っていい程、攻撃の形を作れない。寄せが甘く、最終ラインあたりでようやく取れても、上がっていかないのでFWへの単調なロングボールのみ、みたいな展開。精度は低いし、動きも少ない。特に今野には期待してるだけに、大失望。キャプテンなんだから、もっとチームを叱咤して鼓舞してほしい。自分のプレーしか出来ないみたいだよ。
何の収穫もないままセットプレーの練習。まずはCKなんだけど、とろ過ぎる。マークの確認に何分かかってるんだ!試合中でそんな時間はないでしょ!しかも、攻撃側はまともにCKというチャンスを生かせず、あろうことかカウンターまでくらう始末。お前ら練習からか!!と驚愕。
FKから唯一今野が決めたけど、どうなんだろう?最後にコンビネーションからのシュート練習。ディフェンスいないから100発100中くらいで決めて欲しいんだけど、半分くらいじゃないか?そして練習は終了。
結論から言うと、これはプロの練習なのか?と疑いたくなる程、中身がない。プロならではの厳しさ(レギュラー争い等)や周りを唸らせるようなプレーが微塵もない。そんな状態にも関わらず監督・コーチが雷を落とすわけでもなく、ダラダラと。こんな風に普段もやってるんだとしたら、悲しいけど一生優勝できない。こりゃU-18にも負けるわけだ。
何のための味スタ練習なんだろう。明後日が非常に思いやられる。


コメント ( 1 ) | Trackback ( 1 )




14時からの練習試合。モタモタしてたら、渋滞にもつかまり遅刻。平日の真昼間にも関わらず結構観客がいるのに驚いた。一体みなさん何をしてる人なんだろう?
メンバーはGK塩田、DF徳永、DF藤山、DF茂庭、DF金沢、MF今野、MF福西、MF石川、MF栗澤、FW赤嶺、FWルーカス。
神大の寄せが甘くパスが楽に繋がる。石川のキレが良いが、シュートが相変わらず枠にいかない。他の選手も同様。前半終了間際に藤山に替わり伊野波を投入。続いて、石川に替わり平山の投入。が得点は入らず。遅れて見れなかった時に得点してるのかもしれないが、そういう気配はない。
後半、メンバーはGK土肥、DF小山、DFエバウド、DF八田、DF規郎、MF浅利、MF伊野波、MF川口、MF森村、MFリチェーリ、FW平山。平山がゴールエリアまで持ち込み→森村→川口と渡りようやくゴール。続いて、リチェーリのドリブル突破→平山→川口と綺麗に渡り追加点。キーパーのクリアがサイドラインを割り、リスタートのスローインを1人ペナルティエリア付近に残っていた森村へロングスロー→難無くループで3点目。
圧倒的なFC東京ペースの中で給水タイムを迎え、小山→吉本、浅利→池上、伊野波→鈴木健、平山→小澤に交代。これで攻撃の形が作れなくなり、相手の鋭いCKから、ドンピシャヘッドで1点返される。その後もFC東京に流れは来ず試合終了。3-1?だけど、もうちょっとキビキビやってほしい。
あと、梶山の松葉杖姿は少々痛々しい。来シーズンに向けてきっちり治して欲しい。

今年の観戦記録:合計67(J1 15、J2 2、天皇杯1、ナビスコカップ5、UEFA12、Bundesliga9、2.Bundesliga2、DFB-Pokal2、SerieA1、各国代表戦6、JFL1、ユース1、親善試合7、サテライト1、練習試合2)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Jリーグ再開。しかし、代表戦で梶山が負傷→今シーズン絶望というアクシデントでどうなるのかわからなくなってしまった。
国立競技場開催だけどアウェイ扱いという変則的な状況。観客も断トツに東京ファンが多い。普通ならFC東京有利だけど...
その通りに立ち上がりからゲームを支配する。何度も惜しいチャンスはくるけど、枠にシュートが飛ばない。が、ようやく福西の左足ボレーが綺麗に決まり先制!なのにゴール裏は赤嶺コールをして見事に間違える(笑)
後半に入っても流れは変わらず。だが、やはり決められない時間が続く。これで終わりかなと思った終了直前に、時間稼ぎ要員?で出て来た平山が力強く突進し、1人2人と引きはがす。最後はキーパーまでかわして難無くゴール!4人(→5人でした)抜き?ワールドクラスのプレーに度肝を抜かれた。2-0で圧勝!

今年の観戦記録:合計66(J1 15、J2 2、天皇杯1、ナビスコカップ5、UEFA12、Bundesliga9、2.Bundesliga2、DFB-Pokal2、SerieA1、各国代表戦6、JFL1、ユース1、親善試合7、サテライト1、練習試合1)

コメント ( 1 ) | Trackback ( 2 )




残念ながらフランス行きはpending状態。ラグビーW杯でのリヨンのスタジアムの満席の光景を目の当たりにし、手元のチケットを見ると残念な気分になるが、仕方がない。
とまあフランスの事も気になるけど、サッカーの方も慌ただしい。今朝早くテレビでやってた女子W杯でのなでしこジャパンの2発のFKと頑張りに感動。そして、スイス戦へと観戦は続くが、いつの間にやら寝てしまった。そして、今日の五輪最終予選。
雨があがり、気温も下がって、観戦するには良い感じ。しかし、ピッチでは熱い戦いをして勝利をもぎ取らねばならない重要な試合。先発は前回のメンバーから出場停止の本田に代えて柏木になっただけで大きな変化はない。
さすがにコンディションが良くなると、日本は強い。ボールをうまくコントロールして何度もチャンスを生み出す。待望の先制点は開始6分の梶山のヘッド!ヘッドでのゴールにも驚いたけど、あのポジションにいたのが、そもそもびっくり!アウェイ側の前の方で見てたので、目の前でゴールを決めた選手の背番号10を見た時、思わず力が入ってしまった。
後半に入り、梶山負傷退場で雲行きが怪しくなる。続いて、本田が2枚目のイエローカードで退場。ボランチ2人が代わらなければならなくなるという緊急事態。防戦一方のところを山本のスーパーセーブとかもあり、辛くも1-0で勝利。
久々に代表戦でおもしろいゲームが見れた。

今年の観戦記録:合計65(J1 14、J2 2、天皇杯1、ナビスコカップ5、UEFA12、Bundesliga9、2.Bundesliga2、DFB-Pokal2、SerieA1、各国代表戦6、JFL1、ユース1、親善試合7、サテライト1、練習試合1)

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




9月に入り、だいぶ涼しくなった。試合の方はそうであって欲しくはないが。
メンバーをどうするのか気になったけど、前節と変わらず。今野が入って中盤のバランスは取れるようになったけど、セットプレーからヘッドで決められ先制される。
FC東京もいい形を作るものの決定力がなく得点を奪えない。少々、眠くなって来た前半終了間際に梶山のCKから今野が会心のヘッドを決め同点。
後半、福西に代えてルーカスを投入。これがピタリと当たり2ゴール。赤嶺もゴールは決められなかったけど2アシスト。最後、平山が決めれば2戦連続のお祭りだったがモタモタして得点ならず。
3-1で勝利。約束どおり勝ち点3というお土産を持ってきた。

今年の観戦記録:合計64(J1 14、J2 2、天皇杯1、ナビスコカップ5、UEFA12、Bundesliga9、2.Bundesliga2、DFB-Pokal2、SerieA1、各国代表戦5、JFL1、ユース1、親善試合7、サテライト1、練習試合1)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 3 )