旅の途中

にいがた単身赴任時代に綴り始めた旅の備忘録。街道を歩いたり、酒肴をもとめてローカル線に乗ったり、時には単車に跨って。

旅するどんぶり 津島「味噌煮込み」

2020-10-13 | 旅のアクセント

 昼の営業終了直前に「松屋うどん店」の暖簾を潜る、津島では人気の店らしい。
メニューは味噌煮込み一本、カウンターに座るや "天ぷら玉子味噌煮込み" を注文する。
大将の手際に見入りながらキリンラガーを呷ると、着丼を待つ時間もなんだか楽しい。 
土鍋がぐつぐつ音をたてて、最後に落とした玉子が次第に固まっていく。
天ぷらは、海老、ナス、かき揚がのる。汁を吸う前にサクサクと味わってしまおう。
暑い中、ハフハフとうどんを食べる。濃いめの味噌が美味いね。
ボク的には、汁をたっぷり吸った揚げが好きだな。って「名古屋めし」堪能の津島の町。

2019/10


file-037


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 渓流の露天風呂と制服と比内... | トップ | 旅するどんぶり 鰺ヶ沢「ヒ... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (popra)
2020-10-13 20:25:15
着丼という言葉が簡潔ですね!
Re:popra様 (吞み人)
2020-10-14 00:10:33
popra様
メッセージありがとうございます。
あまり知的な表現では無いでしょうけど
すわりがよいので気に入ってます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旅のアクセント」カテゴリの最新記事