旅の途中

にいがた単身赴任時代に綴り始めた旅の備忘録。街道を歩いたり、酒肴をもとめてローカル線に乗ったり、時には単車に跨って。

旅するどんぶり 鰺ヶ沢「ヒラメのヅケ丼」

2020-10-15 | 旅のアクセント

 鰺ヶ沢は "ヒラメのヅケ丼" で売り出している。
鰺ヶ沢で水揚した新鮮なヒラメをヅケにし、たっぷりと丼にのせた贅沢なご当地丼だ。
でもちょっとだけ色彩が地味だから、本マグロとイクラも盛って三色丼にしてもらった。
青森の地酒 "田酒" をなみなみ注いでもらって、"ヒラメのヅケ" をアテに愉しむ。美味い。 

漁協近くの「地魚屋食堂たきわ」は納得できる食材が水揚げされないと営業しない。
だからお出かけの際は要注意、Webで営業予定をチェックすることをお奨めする。

店の目と鼻の先は漁港、なるほど新鮮な魚がここに揚がってくる訳だ。
そうそう、訪問したときも大将が豪快にマグロのカマを焼いていた。

お腹が満ち足りた後は鰺ヶ沢の町を漫ろ歩きする。
町はずれの尾崎酒造を訪ねて "安東水軍 辛口本醸造" の300mlを仕込む。
これから波打ち寄せる奇岩を五能線の車窓に眺めながら、この辛口の酒を愉しもう。


file-038

元気です / 吉田拓郎 1980


コメント   この記事についてブログを書く
« 旅するどんぶり 津島「味噌... | トップ | 海辺の露天風呂と青池と安東... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旅のアクセント」カテゴリの最新記事