江南の塾【ネクサス】勉強のやり方専門塾:小中高一貫の少人数個別指導塾

間違い直しとふり返り(勉強のやり方指導)で本気で成績・実力を上げる塾!江南、一宮南、丹羽レベルの受験生・高校生に対応

お問い合わせいただきありがとうございます

2021年09月17日 | お知らせ

お問い合わせいただいた件につきましては、授業、出張等がありますので、48時間以内にはご返信するようにしております。あらかじめご了承下さい。

2021.09.16高校生に関するお問い合わせをいただきました。

2012.9.13勉強会に関するお問い合わせをいただきました。

2021.9.4中学生に関するお問い合わせをいただきました。

2021.8.4中学生に関するお問い合わせをいただきました。

2021.7.14中学生に関するお問い合わせをいただきました。

2021.6.14中学生に関するお問い合わせをいただきました。

2021.6.7小学生に関するお問い合わせをいただきました。

2021.6.5勉強会に関するお問い合わせをいただきました。

2021.5.27中学生に関するお問い合わせをいただきました。

2021.3.18中学生に関するお問い合わせをいただきました。

2021.3.8中学生に関するお問い合わせをいただきました。

2021.3.7小学生に関するお問い合わせをいただきました。

2021.3.2中学生に関するお問い合わせをいただきました。

2021.2.22中学生に関するお問い合わせをいただきました。

2021.1.30中学生に関するお問い合わせをいただきました。

2021.1.27小学生に関するお問い合わせをいただきました。

以下、略


江南市勉強のやり方専門塾(ネクサス)では、随時、個別の説明会、無料体験授業を行っております。個別の説明会、体験授業をご希望の方は、お電話かメール(フォーム)より、ご連絡下さい。

■お問い合わせ
【入塾までの流れ】
1.お電話・フォームにてお申込み
   ↓
2.個別の説明会or体験授業 ※通知表やテストをお持ち下さい
   ↓
3.入塾へ

【住所】
483-8226江南市赤童子町大間97-1(柴垣事務所2F)
【メールフォーム】
生徒氏名(ふりがな)、学校名、学年、連絡先、お問い合わせ内容を明記して下さい
問い合わせをする(ここをクリック)
(※携帯電話から送信する場合は「転送~」をクリック、送信確認画面まで進んで下さい)
【TEL】
090-4268-4939(10時~22時、伊藤まで)
【アクセス】
場所の詳細はこちらをクリック
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【2023年度(中2生)】愛知の公立高校の合否判定方法が変わります

2021年09月16日 | ニュース・記事
ネクサス(江南市の勉強のやり方専門塾)の塾長です。

愛知県の全日制課程における新しい入学者選抜制度について発表がありました。

■一般選抜における校内順位の決定方式について
まず、今回の変更は2023年度入試(現中2生)から適用されるということに注意してください。中3生は現行通りです。

これまで調査書の評定得点(内申点)と学力検査合計得点(当日点)による「A」「B」の区分がありましたが、今後このような区分がなくなります。

細かい話は割愛しますが、これからは単純に「内申点+当日点=合計点」で合否が決まります。

Ⅰ(評定得点90点)+(学力検査合計得点110点)
Ⅱ{ 評定得点90点)×1.5 }+(学力検査合計得点110点)
Ⅲ(評定得点90点)+{ 学力検査合計得点110点)×1.5 }
Ⅳ*{ 評定得点90点)×2 }+(学力検査合計得点110点)NEW
Ⅴ*(評定得点90点)+{ 学力検査合計得点110点)×2 }NEW

*は仮の分類です

そして、これまでのⅠ~Ⅲ型に加え、クイズダービーのように内申点さらに倍のⅣ型(仮)と、当日点さらに倍のⅤ型(仮)が登場します。

コツコツ勉強して内申点を稼いで受験という荒波を乗り切りたい「アリさんタイプ」にはⅣ型がおすすめで、内申点なんかお構いなしの中学生活をエンジョイして試験当日に無双したい「キリギリスタイプ」にはⅤ型がおすすめです。

各高校がどのパターンなのかは後ほど発表があるでしょう。

■推薦選抜は実施時期が変更、特色選抜が新設される
また、一般選抜以外では、大きな変更点があります。それは一般選抜と同日に行っていた(←意味のよくわからんシステムですよね)推薦選抜が、以前の通り一般選抜に先立って2月に行われるようになった点と、新たに特色選抜が設けられた点です。

特色選抜はどの高校でもあるというわけではなく、次の3つにあてはまる高校(学科)で実施されるようです。

ア 農業、工業、商業、水産、家庭、看護及び福祉に関する学科
イ 理数、体育、外国語、国際教養に関する学科及び総合学科並びにコースを設置する若しくは特色ある教育課程を有する普通科
ウ 地域に根差し、地域貢献を特色とする高等学校

この辺りだと、古知野高校や岩倉総合高校、尾北高校の国際教養学科があてはまりそうです。

この特色選抜の定員は、推薦選抜とは別で募集人員の20%程度までを上限としている点も大きな特徴ですね。

入学検査は、面接を必須とし、これに加え、各高等学校・学科の実情に応じて、作文、基礎学力検査、プレゼンテーション、実技検査から一つを当該高等学校長が選択して実施する。さらに、「志望理由書」の提出が必要になるようです。


ネクサスは、主に江南高校、一宮南高校の高校生と、そこを目指す小中学生が通っています。江南市では、西部中、布袋中、古知野中、古知野西小、古知野南小、布袋小、布袋北小、一宮市では千秋中、西成中、一宮南部中、大口町では大口中の生徒が通っています。


【入塾までの流れ】
1.お電話・フォームにてお申込み
   ↓
2.個別の説明会or体験授業 ※通知表やテストをお持ち下さい
   ↓
3.入塾へ

■空席状況
・学年ごとの曜日・空席状況がチェックできます
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小6の2人に1人が三角形の面積が求められない?!(全国学テからわかる学力格差)

2021年09月12日 | ニュース・記事
ネクサスの伊藤です。

先日、2021年度の全国学力テストの結果が返ってきました。

新聞発表もそこそこでしたが、実は結果をよく見てみると、意外な学力格差が明らかになっています。

それが次のような三角形の面積を求める問題の正答率です。

■小6の2人に1人が三角形の面積が求められない

<2021年全国学力テスト小6の問題2(1)「直角三角形の問題を求める問題」>

おどろいたことに、全国平均は55.1%しかありませんでした。実に、2人に1人が三角形の面積が求められなかったのです。

愛知の小6の正答率は6割ちょっとです。全国的にはまずまずですが、これは裏を返せば3人に1人が三角形の面積すら満足に求められないということ。

そういう子は中学校に進学したら確実につまずきます。

底辺と高さ以外の数字が書かれた問題になるととたんに面積が求められなくなる子が多くなることは、ずっと前からわかっていました。

どれが底辺でどれが高さかわかっていないからです。

教科書の例題だと、どれが底辺でどれが高さかわからなくても、書いてある数字を掛けて2で割れば面積が求められます。

つまり、図に書いてある数字を掛けて2でわれば答えが出せてしまうのです。

三角形の面積の公式をよく理解せずに過ごしてきた子は、このような問題で「わかっていない」ということが発覚します。

そして、こうしたつまずきが自治体間での学力格差となって現れていることが、今回の調査で明らかになりました。



横軸に三角形の問題の正答率、縦軸に学力テストの算数の平均点を取ってみると、見事の正の相関のある分布になります。

これは三角形の面積を求める問題の正答率が高い自治体ほど学力テストの算数の平均点が高いことを意味しています。

それもそのはず。底辺とか高さ、三角形の面積の公式、そして、どれが底辺でどれが高さかといったことまで、丁寧に教えている自治体は学力が高いのは当たり前です。

逆に、「どれが底辺でどれが高さか」といったきわめて基本的なことを教師が教えず、「○○スタンダード」とか「○○スタイル」といった子ども中心の活動や発表型の授業をやっている自治体ほど学力が低いのです。

基本的な問題を丁寧に教えてくれる自治体は学力が高い。

今回の学力テストでは、このような自治体の学力格差がより鮮明になったと言えます。

6年生で学力テストの結果を受け取った人はこの問題が合っていたかどうかを確認してみてください。

ネクサスは、主に江南高校、一宮南高校の高校生と、そこを目指す小中学生が通っています。江南市では、西部中、布袋中、古知野中、古知野西小、古知野南小、布袋小、布袋北小、一宮市では千秋中、西成中、一宮南部中、大口町では大口中の生徒が通っています。


【入塾までの流れ】
1.お電話・フォームにてお申込み
   ↓
2.個別の説明会or体験授業 ※通知表やテストをお持ち下さい
   ↓
3.入塾へ

■空席状況
・学年ごとの曜日・空席状況がチェックできます
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【2021年度版】江南ネクサス周辺の主な高校の大学合格実績

2021年09月04日 | 偏差値・内申点の目安
2021年の江南ネクサス周辺(西尾張地区)の主な高校の大学合格実績を一覧にしてみました。



昨年、名大の合格者数で江南(24名)が西春(16名)を上回りましたが、今年は江南12名に対して西春26名とダブルスコアで逆転されています。

その他の国公立大でも、西春がこの地区では軒並みトップの合格者を出していて、底力を感じさせられました。

さて、その他で目立ったのが南山大の合格者が一番多い高校が、再び西春(217名)となったこと。

ここ数年、受験生を翻弄した定員厳格化も少し落ち着いてきたようです。

あと、なぜか中京大は西春の生徒には人気がないようです。理系に定評がある名城大の方が人気なのは、西春の理系の強さの現れかも知れません。

とはいえ、中京大は推薦での入学者数が約3分の2と、有名私大の中でワースト5位に入るほどの推薦入学率が高く、一般選抜のボーダーラインほど大学のレベルが維持できているのかは疑問です。

一宮南は名大がまさかの0名。さかのぼってみたところ、2016年以来ということがわかりました。一宮南も南中名愛の合格者が減り、愛学やSSKへシフトしていて、ちょっと元気がないのが気になります。

丹羽高校も2年連続定員割れの影響が出始めているのか気になるところ。

<2020年版>


<2019年版>


<2018年版>


<2017年版>



江南市の勉強のやり方専門塾(ネクサス)は、主に一宮高校、江南高校、一宮南高校、丹羽高校、大成高校を目指す中学生が通っています。江南市では、西部中、布袋中、古知野中、宮田中、北部中、一宮市では、西成中、西成東部中などの生徒が通っています。

【入塾までの流れ】
1.お電話・フォームにてお申込み
   ↓
2.個別の説明会or体験授業 ※通知表やテストをお持ち下さい
   ↓
3.入塾へ

■お問い合わせ
個別説明会、体験授業をご希望の方、詳しく知りたいという方、お気軽にお問い合わせ下さい。
・まずは、空席状況を→チェック
【注意】必ず件名、保護者氏名、生徒学年、連絡先を明記して下さい
・簡単1分申込みフォーム
(※携帯電話から送信する場合は「転送~」をクリック、送信確認画面まで進んで下さい)
→▼ここをクリック
・電話 → 090-4268-4939(10時~22時)

アクセス
場所の詳細はこちらをクリック
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【江南ネクサス】9/18土~10/16土「テスト勉強体験会」の参加者を募集しています!

2021年09月04日 | お知らせ
江南市の勉強のやり方専門塾(ネクサス)です。

9月18日(土)~10月10日(日)、中学生・高校生の中間テスト(考査)対策の勉強会を行います。

定員に空きがありますので、塾外生のテスト対策勉強会の体験希望者(無料)を募集しています。

<江南ネクサス無料テスト勉強体験会>
【対象】テスト週間の中学生・高校生(他の生徒に迷惑をかけずに勉強できる方)
【内容】テスト勉強のやり方(参考書・問題集)とわからないところの質問を受け付けます
【日程】
・9/18土:午後の部(14:30~17:30)
・9/19日:午前の部(9:15~11:50)、午後の部(14:30~17:30)
・9/25土:午後の部(14:30~17:30)
・9/25日:午前の部(9:15~11:50)、午後の部(14:30~17:30)
・10/3日:午前の部(9:15~11:50)
・10/9土:午後の部(14:30~17:30)
・10/10日:午前の部(9:15~11:50)、午後の部(14:30~17:30)
・10/16土:午前の部(9:15~11:50)
【持ち物】テスト範囲表、テスト勉強の用意 
【費用】無料
【申込み方法】下記フォームかLINEよりお申し込み下さい。
※体験勉強会を含め、しつこい入塾勧誘を行うことはありませんのでご安心下さい(過去に参加された方も参加可能です)。

<6/26土の勉強会の様子>



<10/4日の勉強会の様子>


<7/12日の勉強会の様子>


テスト対策勉強会は、テスト週間の中高生は全員参加です。

日頃の授業や自主勉ではできないこと、

・数学、英語等、わからないところの質問
・各教科、勉強のやり方、復習のポイント
・おすすめ教材、参考書の紹介

などを行っています。

入塾希望、他塾からの転塾相談、勉強のやり方を知りたい!という方は無料の個別相談会を行っておりますので、お電話か下記フォームからお申し込み下さい。

江南市のネクサス(勉強のやり方専門塾)は、主に一宮高校、江南高校、一宮南高校、丹羽高校を目指す中学生が通っています。江南市では、西部中、布袋中、古知野中、宮田中、北部中、一宮市では、西成中など、大口町では大口中の生徒が通っています。

【入塾までの流れ】
1.お電話・フォームにてお申込み
   ↓
2.個別の説明会or体験授業 ※通知表やテストをお持ち下さい
   ↓
3.入塾へ

■お問い合わせ
【LINE】
【住所】483-8226江南市赤童子町大間97-1(柴垣事務所2F)
【メールフォーム】必ず件名、保護者氏名、生徒学年、連絡先を明記して下さい
・簡単1分申込みフォーム
(※携帯電話から送信する場合は「転送~」をクリック、送信確認画面まで進んで下さい)
→▼ここをクリック
【TEL】090-4268-4939(10時~22時、伊藤まで)
【アクセス】→場所の詳細←こちらをクリック
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする