サイトウ歯科(西宮市門戸厄神駅前) 院長ブログ

お口の健康,インプラント、矯正、審美については公式ホームページ saitodental.jp へどうぞ!

掌蹠膿疱症が歯科と関係があるってご存知ですか?2

2022-09-11 17:16:41 | 歯科

前回に引き続き掌蹠膿疱症のお話です

ハンドブックからの引用ですが治療法としては悪化因子の除去が必要です

扁桃炎、歯周炎、副鼻腔炎、上喉頭炎などの治療、禁煙、金属の歯の詰め物の除去が必要になってきます

当院でも重症の掌蹠膿疱症の患者さんで炎症のあった扁桃腺の手術をしても改善しなかったのが

歯科金属を全てチタンにして歯周病の治療をしたところその後25年間、掌蹠膿疱症の再発がない患者さんが

通院されています

必ずしも歯科金属を取り除いたり歯周病の治療をすれば掌蹠膿疱症や金属アレルギーが改善するとは限りませんが

いずれにしろ歯周病の歯科金属も体に悪い影響を与える可能性ありますから

治療をお勧めします

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

掌蹠膿疱症が歯科と関係があるってご存知ですか?

2022-09-09 17:01:54 | 歯科

「掌蹠膿疱症ハンドブック」が当院と連携をとっている兵庫医大から送られてきました

掌蹠膿疱症ってご存知でしょうか?

手のひらや足の裏に膿をもった水ぶくれが繰り返しできる病気で日本にも13万人以上の患者さんがおられ重症化すると関節炎や糖尿病や高血圧などの合併症を引き起こすことがあります

そんな恐ろしい掌蹠膿疱症の原因が歯周病や歯の詰め物の金属アレルギーであることも分かってきています

お口の中に炎症があるとそれは全身に影響を及ぼし、掌蹠膿疱症だけでなく他の病気の引き起こす可能性があります

歯周病や歯の根の先が化膿している、あるいは金属アレルギーの原因となる詰め物がある方は一度歯科でご相談することをお勧めします

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

健康な歯を抜かずに矯正治療します?

2022-09-01 16:23:05 | 歯列矯正

健康な歯を抜かずに歯を並べれることもあります

しかし、健康な歯を抜かないと歯を並べれないほと歯の大きさと顎のサイズのバランスが悪い時があります

そんな時歯を抜かずに治療する方法は大きく4つあります

1)奥歯を親知らずの位置まで移動させて行って前歯が並ぶようにする

この場合は奥歯が歯肉に埋まってしまい歯茎が腫れてきます 実際どこかで矯正してそうなって来院された方がいました

2)歯を削って細くして並べる

この場合はあまり削ると歯の形が細長くなってしまったり、歯が滲みたりするようになります

3)歯並びのアーチを大きくして側方に広げて歯を並べる

上記のレントゲンのように歯の外側の骨が薄くなってしまい将来歯周病のリスクが高くなります

4)顎の手術をして並べる

これが理想ですが大掛かりな手術を口腔外科にて行う必要があります

歯を抜かないで歯が並んでも歯周病や虫歯のリスクが高まったら結局歯を抜かないといけなくなります

歯を抜いて矯正する目的は将来、患者さんの歯を抜かなくて良いようにするためなのです

ただ、誤解がないように言っておくと

歯を抜かなくても良い人もいますし、少し歯を削れば歯が並ぶ人もいます、顎が大きくて横に歯を広げても大丈夫な人もいます

当たり前ですがしっかり検査してその人にあった矯正方法を見つけることが大切ということです


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

後悔しない歯科治療とは?

2022-08-30 15:41:10 | 歯科

今月の週刊ダイアモンドで歯科治療の特集していたので読んでみました

よく週刊誌で悪徳歯科医を叩く記事はよく見るのですが、今回読んでみると患者さんの安易な歯科選びに警鐘を鳴らす内容となっていて

いつも僕が患者さんやブログで書いている内容に近くて面白い内容でした

「歯を残す信仰が不幸をもたらす」、、、、悪い歯を残して将来問題が大きくなって困るのは当たり前です

「抜かない歯医者がいい歯医者ーでは絶対にない」、、、、口腔外科医は命を救うために歯を毎日抜いています 

「できますよ よりも良心的な一言は それはできません」、、、、抜歯せずに全ての歯並びを治せますなんてことは口が裂けても言えません

「でっ歯が治った! 矯正前後の写真に惑われない」、、、、インターネットの写真やクチコミは半分はヤラセです

などなど、、、なかなか良いところをついていると思います

ではどうしたら安心してインプラント治療や矯正治療を受けることができるのでしょう?

今週も私は名古屋のスタディーグループでしっかり勉強して患者さんに安心して治療を受けてもらえるように頑張っている

学会の専門医を目指す先生の指導に行ってきます、、、


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

矯正治療中も素敵な笑顔で

2022-08-16 17:04:46 | 歯列矯正

日本臨床矯正歯科医会で「第18回ブレーススマイルコンテスト」が開催されています

矯正治療中の素敵な笑顔を写真に撮って応募しましょう

最優秀賞は10万円、優秀賞5万円、大会賞3万円、入賞者にはQUOカードが!

ブレーススマイルコンテストなのでマウスピース矯正の方は応募できません

応募は日本臨床矯正歯科医会のホームページ

https://www.jpao.jp/smile/ 

からできます 締切は2022年8月31日(水)まで 急いで!

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

なぜ歯の根の治療は上手くいかないのか?

2022-08-02 08:36:45 | 歯科

先週は母校の愛知学院大学歯学部のセミナーにwebで参加していました

今回は歯内治療学講座の諸富先生が演者で歯内治療の新材料の開発のお話でした

まず最初に歯内治療とは何かですが、歯が痛くなって歯医者に行くと「歯の神経を取りますね」と言われます

あるいは神経をとった歯がしばらくして痛くなったり腫れてきて歯医者に行くと「歯の根の先が膿んでますね」と言われます

これらの治療を歯内治療と呼びます

ところがこれがなかなか上手くいかないのです

そのわけは諸富先生曰く「近年、生物学的 研究の進展やコーンビーム CT、歯科用マイクロスコープ、そして Ni-Ti ファイル等 の機器・器材の発展と普及により、根管治療の確実性と効率化が向上しつつある と言われます。しかし、今でもなお根管治療は高頻度歯科治療の中でも特に再発 率の高い疾患であるとされ、本邦では抜髄根管の 1/2 以上が再治療の対象となっ ていることが報告されています。」とのこと

そしてその原因は「多くの根管は側枝や根尖分岐、イス マス、フィンなど複雑な解剖学的形態を有しており、根管形成用器具を用いた機械 的な形成が可能な範囲は根管系の 60〜80%程度とされています。また、狭くて 暗く、多様な微生物が多数存在する口腔内で、ほぼ直視不可能な根管内を適切に 処置することは容易なことではありません。」
とのこと

要約すると歯の神経の入っている管は複雑な形をしているので完全に取り除くことは難しくどうしても治療しても悪くなることが避けられないことが多いということです

なのでダメになった神経を取り除いた後、もう一度神経を再生させる薬を現在開発中とのことです

歯の根の治療がうまくいかず最終的に歯を抜かないといけないケースが結構あり、歯医者としては敗北感を感じます

なのでこの薬ができると患者さんの歯の寿命は一気に伸びるので、ぜひ開発がうまく行くことを切に願います


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

歯周外科ってご存知ですか?

2022-07-20 16:41:55 | 歯科

インプラント治療の新しい材料の紹介をしてきましたが今度は歯周病治療のお話です

歯肉炎と歯周病は何が違うかというと歯の周囲の骨がなくなってしまうのが歯周病です

なので歯肉炎なら歯みがきや歯石を取るだけで治ってしまうのですが骨がなくなってしまうと

歯周外科手術によって歯周病の進行を止めたり、失われた歯の周囲の組織を再生する手術が必要になります

それを歯周外科といい健康保険内と自費治療があり、自費の場合は骨を再生するタンパク質を使用し

より歯の周囲の骨を再生することができるようになってきています

グラグラになって抜歯するしかなくなる前に歯周病治療が可能な時代になってきています




  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

待望の国内初認定!骨を作る為の膜

2022-07-19 15:17:05 | インプラント治療

前回に引き続きインプラント治療のための新材料のお話です

基本的に皆さん歯を抜きたくないですよね

特に痛みや症状がなければなおさらですよね

歯周病でグラグラになって患者さんが諦める時には歯の周囲の骨はほぼなくなってきています

そして入れ歯やブリッジは避けたいとの思いでインプラントを希望されるのですが

インプラントを入れるためにはしっかりした骨が必要です

その骨を作る手術を骨再生誘導手術、通称GBR法と言います

顎の骨の上に人工の骨や骨を移植するのですが、そのままだと歯ぐきなどの組織が入り込んできて骨になりません

骨の方が再生スピードが遅いので骨ができるまで他の組織が入り込まないように膜で遮断する必要があります

この膜のことをメンブレンと呼びかなりの種類がありますが厚労省の認可のインプラント治療の膜はありませんでした

今年になってとうとう登場しました!上記の写真のハニカムメンブレン です

メンブレンにはレーザーで開けた極小の穴が開いており他の組織は入り込めませんが

骨の再生に必要な栄養素は通過できるようになっています

しかもチタン製なのでアレルギーや感染のリスクが少なく今までの膜の欠点を改良したものになります

30年待ってやっとこれで認可済みのインプラント製品のラインナップがやっと揃いました






  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新しくインプラント治療に認可された人工骨

2022-07-17 11:29:59 | インプラント治療

新しいインプラント治療用の人工骨が厚生省の認可され販売されました

今までの人工骨は粉末状だったので骨が凹んでいる部分に詰めるのには問題ないのですが

立体的に骨を作る場合はバラバラと崩れるためとても苦労しました

今回の骨はコラーゲン繊維でスポンジのような形態をしているため高さや骨の幅が欲しい場合

かなり扱いやすいとのこと、、

手間が減ることにより手術時間を短くできますし母校の口腔外科でもすでに使用されており

臨床成績も良いとの情報を得たので早速当院でも使用していきます


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

食材も情報も産地と鮮度が大切!

2022-07-16 08:42:03 | インプラント学会

母校である愛知学院大学歯学部インプラント科の村上教授が大阪に学会で来られていたので会食してきました

以前よりインプラント治療に関する貴重なアドバイスをいただきお世話になっておりますが

今回もインプラント最新モデル、新しい人工骨、最近のトレンドなどを忖度なしに教えていただきました

インプラントに限らず新しい医療材料は基礎実験を経て大学病院で患者さんの同意を得てまず試験的に臨床に使用します

その結果が良ければ厚生省の認可がおりて製品化されてやっと購入可能になります

なので大学病院では開業医よりも新しい材料の情報が豊富に蓄積されています

インターネットや書籍だけではわからない実際の使用感や効果や予後を

忖度なしに教えていただけることはとても有益です

それに明石沖の太刀魚と淡路島産の玉ねぎはとても美味しかったです

食材も情報も産地と鮮度が大切だとあたらめて思います











  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする