つれづれ さくら日和

充電しながら、のんびり更新しています。
いつも覗きに来てくださって、ありがとうございます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「青春の輝き」カーペンターズの番組を見て

2007-04-21 14:25:08 | TV・ ドラマ・映画・音楽

昨夜、NHKの「プレミアム10」という番組で、カーペンターズの特集をやっていました。
サブタイトルが「カーペンターズ・スーパースターの栄光と孤独」

ボーカルのカレンが、かつて拒食症で亡くなったのは、あまりにも有名な話です。
映画俳優にしてもそうですが、若くして亡くなるということは、残念なのと同時に、=伝説的存在になってしまう、という公式が成り立つような気がします。
カーペンターズの作品は今もなお老若男女から愛され続け、やはり伝説的存在と言えるのではないでしょうか。

身近で私が彼らの曲と接する機会としては、最近ほとんど見ていないので、今も使われているかどうか定かではありませんが、V6がメインの番組「学校へ行こう」でしょうか。
私の子供たちが、生の彼らを知らずとも、カーペンターズの曲が好きなのは、この番組がきっかけになっていると言うのは事実です。

学校の校舎の上から、思い切って告白して、結果が吉と出ようが凶と出ようが、それを行動にしたその生徒にとって、気持ちの上での結果は「吉」なんだろうな、きっとそうだろう、って、暖かい気持ちで見つめてしまう、そのコーナーのラストには、いつも「青春の輝き」が流れていました。

前に他の記事で、外国の曲を雰囲気だけで楽しんでいて、あまり詩の内容まで把握していないことが多い、と書いた事がありますが、実はこの曲の詞も、昨日の特集でカレンが歌っている下に訳詩が同時に紹介されていて、ちょっと切ない気持ちになってしまったのです。

その頃のカレンの気持ちと凄くリンクしているようで・・・。
作詞をされた方の名前を失念(申し訳ない)、ずっとカーペンターズと行動を共にしていた人です。
彼もこの番組に出演、自分とカレンは思いが凄く伝わる・・・直ぐに共感しあえる、というようなことを言っておられました。
だから自分の作った詩の歌を、自分の気持ちとして表現しながら歌える、僕の思いとカレンの思いは同じ、というように言っていたと思います。

そんな彼だから、その頃の彼女の気持ちをそっくりそのまま詩に出来た、ひょっとしたら彼女自身が意識していなかったことまで文字にしていたような気がしました。

「トップ オブ ザ ワールド」
という曲がが出来たきっかけは、移動で自家用飛行機に乗って空に向かって登っていく時、
「私たち、世界の頂点にいるみたいな気分ね!
と共感しあえたこと。
彼らの心が最も輝かしい時だったようです。

曲が売れて、人気が出て、その後はなんともあまりにもお決まりの顛末のような過ち。
でもそれが現在進行形の時には、本人たちも周りの人たちも、案外気付かないことなのかもしれません。

もっと上を目指しすぎて、多忙過ぎて、過去の曲ばかりを歌い、新しい曲の製作やレコーディングに費やす時間が無くなってしまい、自分らしさを失い、身体を壊し。

兄リチャードの方は、まだ自覚があったから良かった。
カレンは、自分の身体の異変に気付いていなかったという。

拒食症って、よく分りませんが、そういうものなんですね。
周りの方が気付いているのに、本人は大丈夫だと思っているらしい。
・・・多分、これは初期の話だと思うけど・・・詳しくないので断定したことは言えませんが。
そして、完璧主義者がなりやすいのだということ。
カレンはそれに該当していたようです。

そんな彼女を見ていて作られたような詩に思えてならなかった「青春の輝き」
勿論作詞を手掛けた彼自身も、同じ気持ちだったのだろう、と感じました。

昨日TVで見た訳詩と、PC検索して探し出した訳詩とは、ちょっとニュアンスが異なっていました。

「青春の輝き」訳詩 (クリックしてご覧になれます)

また別の所で見かけた訳詩は、TVでの詩と、これよりは似ていたかも。
こちらはリンク出来なさそうなので、抜粋。

「何の犠牲も払わずに済むことはないと気付くのに 時間が掛かった
 私には十分過ぎる代償
   それでも私は 恋をするべきね
   随分時間を無駄にしてしまったことは分っている
   あやふやな世界に完璧を求めてしまった
      お馬鹿さんでも それは分ることよね」

彼女のその後を知っているという事が、私の余計な感情を誘い出してしまっているのかもしれないけれど、このあたりのフレーズを歌っている彼女の表情がなんとも切なくて堪らなかったです。

リアルタイムで見る見ないに関わらず、録画しようかどうしようか、以前は見ながらも記録として残しておきたいからと、録画する事が多かったのですが、結局見ない事が多いので、最近、本当に見たいものは、その時無理をしてでも見る!という考えがあって、この番組は録画しませんでした。

今になって、後悔してますね。
思えば、カーペンターズの歌は何度も耳にしていても、動く映像として
「歌っている、演奏しているカーペンターズ」
ってひょっとして今まで見たことなかったかも?
と、後になってとても貴重な映像だったように思えて。

再放送ないですかね~・・・。
昨日やったばかりですが。 

今日は他の記事を予定していたのですが、どうしても彼らの事を書きたくなってしまって、予定変更しました。
それにしても、うちのカーペンターズのCDは、どこに行っちゃったのかしら・・・。


カーペンターズ関連記事 二人の写真が懐かしいです。 
 


  最近こちらにもこんな機能が付いたんで、面白がって貼り付けてます。
   色々見られて、自分でも楽しんでます。


Christmas Portrait
The Carpenters
Polydor

このアイテムの詳細を見る


青春の輝き~ベスト・オブ・カーペンターズ
カーペンターズ, ジョー・ラポーゾ
ユニバーサルインターナショナル

このアイテムの詳細を見る


From the Top
The Carpenters
A&M

このアイテムの詳細を見る


Interpretations: A 25th Anniversary Celebration
The Carpenters
A&M

このアイテムの詳細を見る


アンソロジー
カーペンターズ
ユニバーサルインターナショナル

このアイテムの詳細を見る


リメンバー・ザ・カーペンターズ

東芝EMI

このアイテムの詳細を見る




コメント (14)   この記事についてブログを書く
« 「Quilt Festival ... | トップ | 「風林火山」第16回 「運命の... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
風邪 (依田竹司)
2007-04-21 17:43:35
我が家の一番偉いカミサンが久しぶりの風邪。
寝るのも同じくらいに気を使い、今日は少し暇で「玉ねぎ2個」も入れたスープを作り、味気なくホレこれ旨いだろ!!と。
男はどうも優しい言葉がかけられず、昔人間ですわ。ヤット桜が満開になりました。
Unknown (kiriy)
2007-04-21 18:59:54
こんにちは。
近頃、番組欄をチェックする習慣がないので、見逃してしまいました。さくらこさんの記事を読んで、見逃したことが、とても悔しく感じました。同じく再放送をしてもらいたいと思いました。

子供の頃、友達が大人になることを拒んで拒食症になってしまいました。ただ最初、周りの人のほとんどは、親でさえ、根性座ったダイエットだと思っていました。もちろん、本人もです。だから、生理がとまり胸の膨らみがなくなって喜んでいる彼女の話はおかしいと気がついた時から、眼球が飛びだすほど痩せてしまうまではあっという間でした。その友達は、その後入院して復活しましたが・・・。
「初期」が分かり辛い病気なんですよね。

カレンの天使のような声、人々の心を癒し続けた彼女の歌。その、歌っているカレン自身の心の苦しみが自分自身を切り付けてしまったのですね。
でも、なんとなく彼女の歌が聞きたくなってしまいました。

懐かしいです。 (えん)
2007-04-21 19:24:57
さくらこさん
我が家で主人が偶然放送を見つけまして、えんにお声がかかりました。
さくらこさん同様にじっくり見たかったので再放送してほしいな~・・・なんて思っちゃいました。
やはり拒食症のことを口にしながらTVを見てしまいました。今考えても残念ですね。
お大事に~ (依田竹司さんへ・さくらこ)
2007-04-21 21:31:36
奥さん、大丈夫ですか?
少しは良くなられたでしょうか。
たまねぎたっぷり煮込んだスープは、甘い味がしそうですね。
言葉は味気なくても、その気持ちが十分伝わってるから、奥さんきっと喜ばれたと思いますよ。

桜が今満開なんですね。
やっぱりそちらはちょっとお寒いところのようですね。  
再放送希望! (kiriyさんへ・さくらこ)
2007-04-21 21:50:12
見たばかりなのに、再放送を希望してしまっています。
何故録画しなかったんでしょうね。
でも、見られただけラッキーだったんでしょうね。
「プレミアム10」って、今まで見たことない番組だったので。

新しく始まったドラマや、未だに長めの特別番組も多いこの記事、ざざっと番組欄に目を通して、目立ちにくい所にあったこの番組に、良く気付いたもんだなと思いました。

拒食症って、ただ単に痩せたいとか、そんな簡単な理由で起こるものではないんですね。
kiriyさんの身近では克服された方がいるんですね。
そんなに痩せてしまってから、よく回復されました。

やっぱり若い女の子の方がなりやすいんでしょうか。
娘も色々問題を起こすことのある子なので、注意深く見ていないと・・・。
見られていたんですね (えんさんへ・さくらこ)
2007-04-21 21:56:15
えんさん、よくご主人さま、この番組に気付かれましたね~。
見られてよかったですね。
見てもなお、録画しておけばって思ってしまいますね。
こんなに有名なアーティストの特集なので、そのうち再放送してくれるのではないかと、期待しているんですよ。

若くして亡くなられて残念、という気持ちと、そういう事がなかったら、今ほどカーペンターズの存在が特別なものになっていただろうか、と思う気持ちが入り混じっています。 
見ました♪ (めるめる)
2007-04-21 22:09:46
といっても少しだけですけどね~。
何気につけたTVで、あら?カーペンターズやん!と思って時間のある間だけ見てました。
やっぱり、人を引きつける魅力があるんでしょうね~。すんなり引き込まれました。
何処か、優しいメロディーと心地よい音、これはこの先もず~っと変わらないんでしょうね~。

拒食症と過食症は、隣り合わせらしいですね。
気をつけないとって思う自分が恥ずかしいわ。
Unknown (reiko)
2007-04-21 22:52:55
はじめまして~~
カーペンターズって・・・懐かしいですねーー
テレビは あまり見ないほうですが この番組☆☆ 見てみたかったです。

私の方も 色々と 遣りたい事が 多過ぎちゃって テレビやネットも ゆっくりと出来ないのが困りものなの
でも 遣りたい事があって 時間が足りないと思っているうちは 幸せかナーー
これからも 宜しくお願い致します。

さくらこさんの ブログ読んだら 急に カーペンターズ 聞いて見たくなっちゃった♪♪
確か 我が家にも どっかに CDあったはずなんだけどナ~~~
初めまして (鳴門舟)
2007-04-22 10:46:18
 初めまして
私は、子供三人の自営業の中年男です。
 
 カ-ペンタ-ズと同世代の人間なので、昨日の番組は録画して見ました。
 その時間にはもう寝ていますので。
 「青春の輝き」の歌詞を知りたいと思って、検索しているうちに、ここにたどり着きました。
 「輝き」ではなく、感傷的な内容なんですね。

 以前にも何回か、カ-ペンタ-ズの特集はありましたね。それらも録画してあります。

 家内は小学校の教員で、マ-チングバンドの指導などしていますが、「青春の輝き」は少し早いですかね。
過食に注意! (めるめるさんへ・さくらこ)
2007-04-22 17:42:02
あ、偶然見てたの?
真剣に食い入るようにって感じではなくて、軽い感じで見てたのかな?
独特の馴染みやすい心に残る曲が多いですよね。

ちょっとお腹の調子が悪い時でも、しばらくするとお腹が自然と空いてくるし、食事の時間がずれちゃって物凄く空腹だったり、何だか無性に食べたくなる時でも、ある程度食べたら自然と入らなくなるんだけど、この「自然と」って言う感覚が無くなってしまうのかな。
ダイエットとはまた別の性質のものなんだわね、きっと。
ところで野外BBQで、過食してない?

コメントを投稿

TV・ ドラマ・映画・音楽」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事