とくおかレディースクリニック~ブログ~

日々、徒然なるままに、書き込んで参ります。
どうか宜しくお付き合い下さい。

子宝メッセージ 平成29年3月26日

2017年03月26日 | Weblog


当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。


今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。


Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?

   仕事との両立(採卵手術が近くなると、急に「明日病院に来て下さい」と言われる)。
   注射の多さ、痛み。   

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?
   
   職場に協力を求める。
   全力で仕事をする事はあきらめる。
   痛みはひたすら耐える。

Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   体を冷やさないようにする。
   なるべく常温のものを飲む。
   「陽」のものを食べる。
   ホットヨガに通う。    

Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   ちょっとした高級レストランに行く。
   
Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   テキパキしていた。
   治療に無駄がなく、最短距離で妊娠に辿り着いたと思う。
   病院内がきれい。  

Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   頑張ったら必ず成果が出るとは言えないが、先生を信じて前を向いて進めば、
   後悔ない治療生活が送れると思います。 

Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   毎日てんてこまいですが、一歩一歩、母子共に成長していけてると思います。
   不妊治療も、母になるための準備期間だったと思えています。 

 
  
                   
(いただいた原文、そのまま掲載しております)

励ましメッセージ、まことに有難うございました




ーby事務長ー


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペットロスについて その1

2017年03月26日 | Weblog


「ペットロス」「ペットロス症候群」という言葉を聞いた事があります。

その頃は、
ペットはあくまでもペットだから、、、などと軽く思っておりました。

ですが、今は痛いほどよく分かる単語となりました。

17年生きたパピヨン犬が、2017年3月22日水曜日に天国に召されました。
4日前の事です。

名前は「ポロン」と言います。
子供達がピアノをポロンポロンと奏でていた頃に我が家にやってきましたので「ポロン」。

通称「ポロンちゃん」。
人懐こくて、とてもとても可愛い子でした。

ポロンが天国に召されて実感した事は、
まさに「心の友」であったという事です。
なくてはならない「心の友」=「まさに家族の一員」であったという事。

ポロンがいたゲージを見ては泣き、
ポロンが使っていた品物を見ては泣き、
ポロンの話をする度に泣き、
ポロンの骨壺を見ては泣き、
まだまだ朝に晩に泣いております。
一昨日などは、スーパー帰りで両手にレジ袋を持って歩きながら、
ポロンがいつも待ってくれていた自宅に近付くにつれ、
大粒の涙が次から次へと流れ落ちて、泣きながら歩いてしまいました。
知らない人が見掛けたら、とても不気味なおばさんと映った事でしょう。

ポロンといた17年は、本当に貴重で有難く深く柔らかく温かい年月でした。

ペットは、自分自身の力で生きていく事は出来ません。
飼い主に委ねられた人生を送る事となります。
その子が幸せだったと思える人生を与えてあげないといけません。

12年前に開業してからというもの、
ポロンはおうちで一人で留守番する時間が増えました。

「お留守番の時間が長くて可哀想な事をしたなぁ。」
「もっともっと可愛がってあげれば良かったなぁ。」
「もっともっと構ってあげれば良かったなぁ。」
「認知症になってからの介護も、もっともっと優しくしてあげれば良かったなぁ。」
などなど、
してきた事よりも、し足りない事にばかり思いが飛んでいきます。

そして、
「もっともっと近くに居続けて欲しかったなぁ。。。」と。

大きな喪失感ですね、、、。

時間という薬で抜け出していかなくては・・・と思います。


 -追伸ー 以前、「老犬介護」のお話も書かせて頂きました。
        ご興味がおありの方は、どうぞクリックして飛んで下さいませ。








元気に穏やかに生活していた頃のお写真です。



ーby事務長ー


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成27年「命の言葉」その2

2017年03月25日 | Weblog



神社に置いてございます東京都神社庁の「命の言葉」、
その続きを書かせて頂きます。

 クリックすると飛びます 




平成27年4月
  人を信じよ。
  しかし、その百倍も自らを信じよ。
                 手塚治虫

時によっては信じ切っていた人々に裏切られることもある。
そんなとき、自分自身が強い盾であり、味方であることが、
絶望を克服できる唯一の道なのだ。



平成27年5月
  是非の初心を忘るべからず
  時々の初心を忘るべからず
  老後の初心を忘るべからず
                  世阿弥

物事をはじめた未熟なころの初心を忘れてはいけない。
それぞれの成長段階における初心を忘れてはいけない。
老境に入った時の初心を忘れてはいけない。
人生は常に新しい初心との遭遇で、
これら初心の積み重ねが無限の可能性につながるのである。



平成27年7月
  今日用うるところの材木は即ち前人の植うる所。
  然らば則ち安ぞ後人のために之を植えざるを得ん。
                    二宮尊徳  

今日用いている材木は我々のご先祖様が植えてくださったもの。
そうであるならばどうして我々が未来の子孫のために
材木を植えないことがあろうか。
何かを残さなくてはいけない。



次回また、その続きを書かせて頂きます。
3月も残すところ、1週間となりました。
早いものですね。。。




ーby事務長ー


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月のラボ便り

2017年03月24日 | ラボ便り


3月のラボ便り


皆様、こんにちは。

今回のラボ便りは、
「インキュベーター」についてお話し致します。

「インキュベーター」とは、
卵子や精子、受精卵をしまっておく培養器の事です。
様々な種類や大きさのものがあります。

当院で使用しております一部をご紹介致します。
その一部を掲載致しますね。

右側の冷蔵庫の様な形のものは、
前面の扉を開けて中の大きいお部屋に卵をしまいます。

左側の方は、小さなお部屋がたくさん横に並んであります。
そのお部屋ひとつひとつに卵をしまっています。

本来、卵子・精子・受精卵は、体の中にあり、
光が当たらず、また、酸素が少ない環境におかれています。

卵子・精子・受精卵はそのような環境においてあげないと、
ストレスを受けてしまいます。

そこで、インキュベーター内は、
酸素5.0%、二酸化炭素6.0%、窒素89.0%、温度37.0℃という、
母体に近い環境に保たれています。

(私達が過ごしている大気中の環境は、
酸素21.0%、二酸化炭素0.05%、窒素78.0%、
プラスその他の気体です。
ずいぶんと違いますよね)

どのインキュベーターも精密な機械で、
常に正常な環境に保たれるよう制御されております。

当院では、
必ず毎日インキュベーターの表示モニターの確認を行い、
また、定期的にインキュベーター内の温度やガスの量を、
専用の測定機器で測定・調整するように徹底しております。

この度、当院では新しいインキュベーターを追加致しました。
これからも受精卵にとってより良い環境で培養出来る様に、
勤めて参ります。

何かご不明な点がありましたら、スタッフまでお声がけ下さい。


とくおかLCラボスタッフより


とくおかLC看護部・検査部スタッフより


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不妊教えてねっと ーあなたの妊活・不妊治療を応援ー

2017年03月23日 | 不妊



「不妊教えてねっと」が、また更新されました。
是非共ご覧になられて下さいませ。

とくおかレディースクリニックの不妊カウンセラーが、
「不妊教えてねっと ーあなたの妊活・不妊治療を応援ー」の監修を担当させて頂いております。

体外受精・顕微授精Q&Aに関しては、
とくおかレディースクリニックの体外受精コーディネーターの力を、
受付関係Q&Aに関しては、
とくおかレディースクリニックの受付・医療事務の力も借りております。

クリニックで聞きそびれた事や相談したかった事など、
「ご相談」のページもございますので、
どうぞご活用なさって下さいませ。

当院にお掛かりでない方でもご相談可能です。

お一人でも多くの方に『子宝』という福音をもたらす事が出来ますよう願ってやみません。


「不妊教えてねっと -あなたの妊活・不妊治療を応援ー」
 ↑ クリックすると飛びます 


ーby事務長ー


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加