とくおかレディースクリニック~ブログ~

日々、徒然なるままに、書き込んで参ります。
どうか宜しくお付き合い下さい。

子宝メッセージ 平成29年1月19日

2017年01月19日 | 不妊


当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。

今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。


Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?

   体外受精にチャレンジしたが、なかなか良い結果が出なかった事。
   結果が出ない中で、通院する事。
   仕事と治療のスケジュールを調整する事が大変だった。

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?
   
   不妊治療をライフワークと考え(笑)、
   あれこれと深く考え過ぎず、淡々と通院した。
   上司に不妊治療を行っている事を伝えた。  

Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   漢方薬。
   鍼灸。
   疲れたら、少しだけ治療をお休みする。 
        
Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   好きなアーティストのコンサートへ行く。
   美味しい物を食べる。
   少しだけ治療をお休みする。   
      
Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   子供が授かれた事。
   治療のマニュアルがしっかりしていると感じた点。
   採血を担当して下さるスタッフさんが、とても上手だった事。
   (よそでは、いつも失敗されるので、こちらではストレスが減りました) 

Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   自分と先生をはじめスタッフの皆さんを信じて、頑張って下さい。


Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   子供は6か月になりました。
   大変な事も多いですが、とても可愛いです。
   治療を続けて良かったと思っています。
   クリニックの皆様、本当にありがとうございました。
      

                   
(いただいた原文、そのまま掲載しております)

励ましメッセージ、まことに有難うございました




ーby事務長ー


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月のラボ便り

2017年01月18日 | ラボ便り


1月のラボ便り


皆様、こんにちは。

大寒波の到来でとても寒い日が続いていますが、
皆様どのようにお過ごしでしょうか?

今回のラボ便りは、「精子の良し悪し」についてお話します。

受精の為には、“良い卵子”はもちろんですが、“良い精子”が必要です。

では、“良い精子”は一体どのようなものなのでしょうか?

“良い精子”の特徴として、以下の様なものがあります。
・しっかりと運動している
・頭部の形が整っている
・頭部に空胞(穴の様なもの)や凹みがない
・頭部が大きすぎない

頭部には精子にとって一番大切なDNAが入っています。
頭部の形がおかしい精子や、大き過ぎる精子、空胞がある精子は、
DNAが壊れていたり、異常を持っている可能性があります。

そのような精子が卵子に入ると、
受精しなかったり、受精しても卵の成長が途中で止まってしまったり、
妊娠されたとしても、途中で流産となってしまいます。

また、頭部だけでなく、尾部(しっぽ)の部分も大切です。

尾部が途中で折れていたりする様な、
尾部異常がある精子は妊娠率が低いと言われています。

尾部には、精子の運動に大切な役割を持つミトコンドリアが存在します。

卵子まで泳ぎ、受精をする為には、
卵子の殻(透明帯)を通り抜け、卵子の中に入らなければいけません。
尾部に異常がある精子は、その為の力が足りない事があるのです。

ご不明な点等ございましたら、スタッフまでお声掛け下さい。


とくおかLCラボスタッフより



スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

考察「アリとキリギリス」あなたはどっち派?

2017年01月18日 | Weblog


『「アリとキリギリス」あなたはどっち派
多くの方々から、とても面白かった!!とご感想を頂きました。
有難うございます

『「アリとキリギリス」あなたはどっち派』は、
有名なイソップ童話だから興味を持って読んで下さったというより、
様々な価値観があるのね  的な面白さだったようです。

昨日書かせて頂きました内容ですが、
「アリとキリギリス」
 
ご参考までに、どうぞ、まずこちらをお読み下さいませ。
「A」「B」「C」を頭にお入れになられてから、
こちらを読まれると分かりやすいと思います。

スタッフ達のアンケート結果、
私は、
当然、
「アリ派」が多数をしめるものだと思っておりました。
意外や意外、、、「キリギリス派」も多いのだなぁと思いました。

その違いは、読んだ時期のテーマの違いなのだと思います。

私達の年代が「アリとキリギリス」を初めて読んだ頃は、
まさに「A」版のみでした。
ですので、子供心に、言い知れぬ恐怖感を味わい、
「キリギリスになってはいけない。
食べ物が無くなって飢え死にするような生き方をしてはならない。」と思ったものです。

「A」のテーマは、
「怠けていたら大変な事になりますよ。先々に痛い目に合いますよ。
痛い目に合わないように、後から嘆かないように、働けるうちは一生懸命に働いていきましょう。」

ですが、その後改定され「B」となります。
「B」のテーマは、
「困っている人がいたら助けてあげましょう。
困っている人を助けてあげる優しさこそが大切なのです。そうです、優しさです。」

それからまた改定され「C」となります。
「C」のテーマは、
「価値観は人それぞれです。ですから、それぞれの価値観を大切にし合って、
お互いに補っていきましょう。それこそが、素晴らしい『Win-Win』なのです。」

その「C」の流れの延長で、
「困った時は人を頼って良いのです。頼ったのに優しくしてくれないのは、相手が悪いのです。
人生は、働きアリのごとく必死に働かなくても何とかなります。そうです、何とかなるのです。」
とも変化していきそうです。
ですが、このテーマを念頭においてはいけませんね。

私達の年代は、まさに「A」の教えでしたが、
今の若い方々は、「B」または「C」の教えできている違いがあるのでしょうね。

「真面目に地道に働いて、細く長く人生を生きましょう。」か、
「一度しかない人生だからこそ、毎日を楽しんで太く短く人生を生きましょう。」か。

毎日楽しんで、太く長く人生を生きられたら最高ですけど、
なかなか、、、現実はそうもいきませんね。

それぞれの価値観がありますが、『Win-Win』でいける事が最良ですね。

参照)『Win-Win』(ウィンウィン)
私も勝って、あなたも勝つ。
双方に得のある良好な関係。

しかも、限られたメンバーの『Win-Win』ではなく、
皆が総合的に良好な関係になれる『Total Win』が理想です。

という事で、
ようやく、「アリとキリギリス」の考察をお終いとさせて頂きます。
お付き合い下さり、まことに有難うございました。


ーby事務長ー


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

事務長、あれはバッタですよね!?

2017年01月17日 | Weblog


昨日、厳冬の中で「キリギリス」を見掛けたお話を書かせて頂きました。
そして、写真まで載せちゃいました。

お読み頂いた方から、
「事務長、あれはバッタではないですか?
あれはバッタですよね!?」とメールを頂きました。

えーーーあれはバッタ

教えて下さり、有難うございました m(__)m

あの後に、
「アリとキリギリス」やら、
「アリとキリギリス、あなたどっち派?」やら、
話を展開させてしまいました

今更、
「アリとバッタ」に直せませんし、
「アリとバッタ、あなたはどっち派?」にも直せません~

キリギリスとバッタの違い、一瞬で見分けるのは難しいかも、、、と思いましたが、
画像を出してみると、見分けは簡単でしたね。





上がキリギリス、下がバッタです。


参照)
「キリギリス」と「バッタ」は、どちらも直翅目(ちょくしもく)に分類される昆虫の1種。
直翅目とは別名‘バッタ目’とも呼ばれている。
「コオロギ」や「キリギリス」「バッタ」がこれに属し、見た目にも近しい仲間とされる。
主な見た目の違いは触角の長さ。「キリギリス」は長く、「バッタ」は短い。

という事です。

それにしても、「おんぶバッタ」はなぜおんぶしているのでしょうね
上に乗っているオスバッタは楽でしょうが、
常におんぶして移動しているメスバッタにとったら迷惑な話ですよね、、、。
「おんぶバッタ」に生まれ変わるのなら、絶対オスが良い!と思ってしまいますが、
おんぶしている間のオスは、何も食べないらしいです。
自分の行きたいところにも行けず、おんぶしてくれているメスに委ねる訳ですから、
それを考えるとメスの方が良いのかもしれませんね、、、。


ーby事務長ー


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子宝メッセージ 平成29年1月17日

2017年01月17日 | 不妊

当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。

今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。


Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?

   注射。
   生理が少し遅れた時の期待感が、実は駄目だった時のショックを大きくする事。

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?
   
   「何事にも前向きに明るく」を心掛けた。
   家族はもちろん、友人や職場の同僚、上司にも、
   治療の事を話してサポートしてもらった。  

Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   大好きだったお酒、コーヒーを断った。
   医学的には根拠はないとされる事もいろいろ試してみた。
   (逆立ち、パイナップルを食べる、、、など) 
        
Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   旅行!
   「二人での旅行もこれが最後かもね」と主人と話しながら。   
      
Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   どの時間もたくさんの患者さんがいるのに、待ち時間が少しでも短くなる様、
   スタッフの皆さんが一生懸命に働いていたところ。
   
   (事務長追記:現在は、予約枠数を減らしておりますので、昔ほど混み合っておりませんので、
    ご安心下さいませ)  

Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   私自身、辛い時は周囲の人に話を聞いてもらうだけで気が紛れました。
   赤ちゃんの顔を見たら、治療の辛さも、出産の痛みも全て吹き飛ぶので、
   どうか諦めずに頑張って下さい。


Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   もうすぐ5ヶ月になりますが、未だに夜中は2~3度授乳に起こされる毎日です。
   産まれてきた時は、こんなに愛おしい存在があるのかと感動しましたが、
   愛おしさは増すばかりで、睡眠不足も育児も大変だけど楽しいです。
   体外受精で出来たあの小さな受精卵が、1年ちょっとでこんなに大きくなるのですね。
   徳岡先生、スタッフの皆様、本当に有難うございました。
      

                   
(いただいた原文、そのまま掲載しております)

励ましメッセージ、まことに有難うございました




ーby事務長ー


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加