奈良のむし探検

奈良に引っ越しました。これまでの「廊下のむし探検」に倣って「奈良のむし探検」としましたが、動物・植物なんでも調べます。

大和民俗公園~三の矢塚

2021-10-12 20:34:19 | 奈良散策
奈良散策 第246弾


10月3日の午前中にまた大和民俗公園~三の矢塚~矢田坐久志玉比古神社のコースを歩いてみました。このコース、のんびりとした古き良き時代の田園風景を思い出させてくれるので、歩いていて気持ちがよい道です。



最初は公園で見つけたハチです。「日本産有剣ハチ類図鑑」の図版と比べてみると、オオシロフクモバチのようです。



これはシオン





それにミゾソバ



そのミゾソバにカナヘビがいました。





これは公園にあった木で、名札が付いていました。ウメモドキ



これはナツアカネ♀。



そして、また、ミゾソバです。





アキノタムラソウだろうと思って写したのですが、花の形がちょっと違いました。おそらく、ヒメジソではないかと思います。



そのヒメジソについていたハムシです。これまで見たことがありません。たぶん、ウリハムシモドキだろうと思います。



最近、外来種が多くみられますが、これは在来のアミガサハゴロモです。





暗くてちょっとぶれてしまったのですが、ミドリヒョウモン



それにアゲハです。





キシュウスズメノヒエだと思って写したのですが、何となくごついので、アメリカスズメノヒエの方かもしれません。



こちらでも稲刈りをしていまいました。



そして、オオシオカラトンボ





最後は公園に植えられていた木です。「栗の花に似た」で検索してそれらしい種にぶつかりました。マテバシイです。「樹に咲く花」によると、2枚目の写真でぼこぼこしたのは2年目の堅果で、これからぐんぐん成長するとのことです。1個だけ育った堅果が見えています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

朝の散歩 下ツ道を辿る

2021-10-12 17:50:42 | 奈良散策
奈良散策 第245弾


10月3日の朝の散歩は佐保川土手を歩いて高瀬川まで行ってみました。特に目的があったわけではないのですが、帰りは下ツ道を歩いてみました。下ツ道は平城京の朱雀大路の端にある羅城門からまっすぐ南に進み、藤原京まで続く道です。



佐保川の左岸にある土手を歩いていて途中で見つけたイチモンジセセリです。朝陽を浴びて、葉が輝いています。





アレチウリの花に来ていたスズメバチです。だいぶ迷ったのですが、コガタスズメバチではないかと思いました。





モズが電線に止まっていました。





対岸にある大きな木はセンダンのようです。





しばらく歩くと量川(はかりがわ)との合流点に着きました。





この辺りからカモが見え始めました。これはコガモでしょう。



対岸にカワセミが止まったので、撮ったのですが、ちょっと遠かったです。



そして、井筒橋に着きました。県道25号線を越えると川が見えました。これが高瀬川だろうと思ったのですが、後で地図を見ると、ちょっと手前にある川のようでした。



しばらく25号線沿いを歩いていたら、下ツ道横田町という道標が出てきました。そこで、ここから下ツ道を北上することにしました。





途中で稲刈りをしているところに出会えました。こういう機械をコンバインというようですね。稲刈りと脱穀を一緒に行い、前に伸びた腕の先端から脱穀した米を外に取り出すことができるようです。



そして、下ツ道稗田町の道標までたどり着きました。ここから道がはっきりしなくなるので、佐保川の方に行くことにしました。



途中で見たクコの実です。この日は6kmほどの距離を1時間半かかって歩きました。朝の散歩としてはこの辺が限界ですね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする