奈良のむし探検

奈良に引っ越しました。これまでの「廊下のむし探検」に倣って「奈良のむし探検」としましたが、動物・植物なんでも調べます。

植物を調べる イヌホタルイ

2021-08-15 17:14:49 | 植物を調べる
この間から気になっていた植物を調べてみました。マンションのすぐ近くに小さな湿地があり、ガマやイなどが生えているのですが、その中に群がって生えている植物があります。残念ながら、柵があって中に入れないので、採取ができないのですが、この間、休耕田の横を歩いていたらそこにも生えていました。早速、採取して調べてみました。





マンションの近くの湿地に生えていた植物です。図鑑で見ると、ホタルイとか、イヌホタルイあたりが似ているのですが、柱頭が2分岐なのか3分岐なのかという点で見分けないといけません。それで、何とか採取して調べてみたいと思っていたら、別の場所の休耕田に生えていました。

今回、調べるときに用いた図鑑は、星野卓二、正木智美著、「日本カヤツリグサ科植物図譜」(平凡社、2011)です。非常に丁寧な線画で描かれていて、検索表も載っているので、大変使いやすそうな本です。残念ながら、まだ、検索表を追いかけていくほどよく分かっていないので、今回は参考程度に見ていきたいと思っています。

①痩果の鱗片は2枚以下
②少なくともいくつかの花は両性花
③小穂は多花で常に両性花
④花被片がある
⑤花被片は刺状か糸状
⑥小穂は通常多数
⑦花被片は4~6個以下で刺状
⑧鱗片は無毛または縁に繊毛がある
⑨茎は中実で、まれに節がある ホタルイ属
⑩有花茎は円柱形または不明瞭な稜がある
⑪有花茎の高さは1m以下、分花序に柄がない
⑫叢生し、匍匐根茎はない
⑬痩果の長さは約2mm
 ⑭a 小穂は狭楕円形で先が尖り、刺針状花被片の長さは痩果の約2倍 タイワンヤマイ
 ⑭b 小穂は広倒卵形、刺針状花被片の長さは痩果より長いか短い
  ⑮a 柱頭は常に3岐、痩果の断面は3稜形 ホタルイ
  ⑮b 柱頭は2岐、まれに3岐、痩果の断面はレンズ形
   ⑯a 有花茎の横断面は不明瞭な5ー6稜があり、柱頭は2岐、まれに3岐 イヌホタルイ
   ⑯b 有花茎の断面は4-5稜があり、柱頭は2ー3岐 シカクホタルイ

検索表ではこのような手順で検索を進めていきます。だいたいは分かるので、次回は検索表に沿って見ていこうと思うのですが、今回は最後の⑭~⑯のあたりを見て、似た種を区別していこうとも思います。



これは小穂の写真です。小穂は10 mmほどで、鱗片から顔を出している柱頭を見ると2岐になっていそうです。2岐か3岐かは痩果に2稜あるか3稜あるかで確かめることができます。そこで、後で痩果を見ることにします。



鱗片をはがすと中には黒っぽい痩果が入っています。



これは鱗片の拡大図です。鱗片には特に毛のようなものが生えていません。これは検索⑧の確認です。



これは痩果を横から見たものです。長い針状のものが花被片です。この長さが痩果の長さとほぼ同じところから、タイワンヤマイを除外することができます。痩果の先端には本来花柱がついているはずなのですが、取れて無くなっています。いくつか見たのですが、どれもついていませんでした。



これは痩果を上から見たところです。いわゆるレンズ形で、2稜しかないことが分かります。これで、ホタルイを除外することができます。



最後は茎の断面です。シカクホタルイはかなりはっきりした四角形をしているので、シカクホタルイも除外できます。ということで、イヌホタルイだけが残りました。



ついでに撮った写真です。これは小穂の中ほどにある鱗片をはがしたものです。まだ、雄蕊が入っていました。その間に花被片があることが分かります。



これは別の痩果です。花被片の長さを確認するために撮っておきました。

カヤツリグサ科の検索を初めて試みてみたのですが、何とかできそうな感じです。痩果がはっきりしていて、これを見るとある程度のところまで分かります。でも、カヤツリグサ科には最大の難関であるスゲ類が含まれているので、まだまだこれから先が大変です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

植物を調べる コツブキンエノコロ?

2021-08-10 18:03:58 | 植物を調べる
最近、よく見かけるエノコロがあります。何となく黄色っぽいので、キンエノコロかなと思っていたのですが、キンエノコロであれば直立しているのに対し、これはやや垂れ下がります。それで、採取して調べてみました。





調べたのはこんなエノコロです。ぱっと見、キンエノコロかなと思ったり、垂れ下がるのでアキノエノコロに色がついているのかなと思ったりしたのですが、アキノエノコロではありませんでした。



これは穂を撮ったものです。長さは12cmくらい、幅は5mmちょっとありました。



拡大して見ると、こんな風につぶつぶがいっぱいです。これが小穂という花です。それに長い毛がいっぱい出ています。



一つの小穂を撮ってみました。長い毛は小穂の根元から出ていて、刺毛あるいは剛毛と呼ばれています。この写真の場合は8本出ていました。刺毛の基部は白いのですが、先端は褐色になっています。これが遠くから見たときに黄色っぽく見える理由のようです。それで、いつものように、「日本産イネ科植物図譜」で調べてみました。エノコロは分かっているので、群の検索をするまでもないのですが、一応、見てみると次のようになります。

①花序は頂生、特異な総包葉はない
②円錐花序をもつ
③円錐花序の枝はごく短く、小穂は多数密集して、全体が円錐形や円筒形のかたまりになる
④密集円錐花序は長い刺毛、ときには長い絹毛におおわれる。小穂は長い芒をもつか、または小穂の柄上に長い刺毛や絹毛がある 第7群

円錐花序というのが引っかかったのですが、絵にはエノコロみたいなものも円錐花序に入れられていたので、そうなのでしょう。いずれにしも第7群になりました。ここからは絵と説明から属を探さないといけないのですが、これもエノコロなので、簡単でした。

⑤小穂はみかけ上1小花、ほぼ楕円形で前後から扁平、両性小花の頴は厚くて光沢がある。芒はないが、小穂の下から長い刺状毛が出て花序をおおう エノコログサ属 Setaria

ここからは種を一つずつ見ないといけないのですが、近くにありそうなエノコログサやアキノエノコロなどを見ると、刺毛の数と包頴の大きさで見分けることができます。アキノエノコロは刺毛が2本前後と少なく、エノコログサは第2包頴が小穂と同じくらいの大きさなので、パッと見て違いが分かります。結局、キンエノコロとコツブキンエノコロの2種が残りました。

⑥a 小穂は帯白色、広卵形で長さ2.8~3mm、小穂下の刺毛は黄金色で、円錐花序は刺毛を除いて幅7~9mm。分布は日本全土。 キンエノコロ
⑥b 小穂はキンエノコロに比べわずかに淡緑色を帯、長楕円形、長さ2.2~2.8mm、小穂下の刺毛はふつう紫色を帯びた汚褐色で、黄金色のものはほとんどない。円錐花序は刺毛を除いて幅5~6mm コツブキンエノコロ

これを写真で調べてみたいと思います。







これは小穂の写真ですが、第1包頴はやや短く、第2包頴は小穂の半分以上の長さを持っていました。第1小花は不稔でその護頴だけが見えています。第2小花は稔性で、その表面には横しわがたくさんありました。





これは小穂を表側からと裏側から撮ったものです。これらの写真と上の説明を比べてみると、小穂の形と小穂の下の刺毛の色がコツブキンエノコロの説明とよく合い、また、円錐花序の幅もコツブキンエノコロの範疇に入っています。それで、おそらく、コツブキンエノコロであろうという結論に達しました。





これはついでに撮った第2小花の護頴と刺毛の拡大写真です。護頴のしわにはこんな形をしていました。また、刺毛には細かい刺がありました。





これは葉の基部の写真と葉身の縁の拡大です。葉舌は細かい毛の列になっています。また、葉の縁にも細かい鋸歯がありました。

これで終わろうと思ったのですが、実はいろいろと迷うような記述がほかの図鑑類に載っていました。

日本草本植物総検索誌 II 単子葉篇
①花序は全体が密生して円柱形となり、枝の判らぬもの
②小穂の基部に刺針又は剛毛のあるもの
③小穂は棘針を残して落ちる エノコログサ属 Setaria
④花序は密生
⑤花序は直生、まったく枝なく密生
⑥剛毛5~8本。黄又黄褐色。葉鞘の辺に辺毛がない
 ⑦a 小穂2~2.8mm。剛毛は褐黄色。花序は通常短い。幹脚は少し横臥 コツブキンエノコロ
 ⑦b 小穂2.8~3mm。剛毛は黄金色。花序は長い。幹脚は横にはわない キンエノコロ

これは最近いつも見ている「日本草本植物総検索誌」の記述です。小穂の大きさがちょうど中間位で、剛毛の色はよいのですが、花序は短いというのが気になります。今回の植物はむしろキンエノコロよりは長いようです。

日本産イネ科植物図譜」、桑原義晴
①a 多年草。根茎はこぶ状。茎は直立円形。小穂は2.5~3mm、黄色~紫色 フシネキンエノコロ(分布は大東島→「日本帰化植物写真図鑑第2巻」によると、静岡、兵庫などで帰化)
①b 1年草~越年草。茎はそう生、やや扁平。小穂は2.2~2.8mm、淡黄褐色から黄金色~紫褐色 コツブキンエノコロ(葉身基部に長毛)
①c 1年草~越年草。茎は直立、楕円状でほとんど枝分かれしない。小穂は2.5~3mm、黄褐色 アフリカキンエノコロ(分布は沖縄)
①d 1年草。茎は直立やや扁平。小穂は3~3.5mm、黄金色 キンエノコロ(葉身基部に長毛)

これは桑原義晴氏の「日本産イネ科植物図譜」に載っている記述です。実はキンエノコロには4種もありました。ただ、アフリカキンエノコロの分布は沖縄ですが、フシネキンエノコロは「日本帰化植物写真図鑑第2巻」によると本州に帰化しているようです。ただ、写真で見る限り、穂がほっそりして如何にも違う感じです。ここで、気になるのはコツブキンエノコロもキンエノコロも共に葉身基部(葉舌の上方)にかなり長い毛があるとの記述です。写真で見る限り、長毛は見られません。

日本の野生植物 I
①a 小穂は長さ約3mm。第4頴はあらい横じわがあり、ボート形で、背面の上方は多少竜骨状になる。芒は黄金色 キンエノコロ
①b 小穂は長さ2~2.8mm。第4頴は細かい横じわがあり、背面の上方は竜骨状にならない。芒は帯黄褐色 コツブキンエノコロ

次は「日本の野生植物」旧版の検索表です。第4頴は第2小花の護頴のことで、背面上方には竜骨状のものはないのでよいのですが、「芒」ではなく、「刺毛」ではないかと思います。

帰化&外来植物 950種
①刺毛が黄金色
 ②a 刺毛は淡い黄金色。花穂の刺毛を除くと4mm以下である。第1包頴は1/2ほどまで伸びて第2包頴も同じ程度。両者が同じ長さというのも特徴。株元付近にある茎の節から根を下ろす(最大の特徴) フシネキンエノコロ
 ②b 刺毛は黄金色からくすんだ黄土色。花穂の幅は5mm以上。第1包頴は1/2くらい。第2包頴は2/3まで伸びる。小穂全体がほかの仲間より寸詰まりで丸っこい点も特徴 キンエノコロ
 ②c 刺毛は金色。全体に暗い赤紫がかったり、先端部が赤紫に染まっていることもある。第1包頴は1/2ほど。第2包頴も1/2ほど コツブキンエノコロ

これは最近お世話になっている「帰化&外来植物 950種」の記述です。キンエノコロの第1包頴は1/2、第2包頴は2/3、コツブキンエノコロの1/2と1/2と比較すると、キンエノコロの方が今回の植物と似ているようです。ただ、小穂の形がキンエノコロは丸っこく、コツブキンエノコロは縦長で、慣れればこれだけで見分けがつくとのことで、その意味ではコツブキンエノコロの方が似ている感じです。

ただ、「帰化&外来植物 950種」に書かれているように、コツブキンエノコロの花穂の長さが短いと一般に言われているが、多様であてにならない。中間的で悩ましい個体も非常に多いので、結論がすぐに出るとは限らないという言葉が真実味のあるように感じました。イネ科、なかなか難しいです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

植物を調べる キシュウスズメノヒエ

2021-08-09 16:39:03 | 植物を調べる
今回は7月5日にガマの生えている池のそばで見つけたイネ科の植物を調べてみました。





こんな二股になっているので、おそらく、キシュウスズメノヒエだろうなと思ったのですが、アメリカスズメノヒエも二股になっていたので、違いがよく分かりませんでした。見る限りはすべての花序が2個の総(穂状花序と総状花序を合わせて、[1] 長田氏の「日本産イネ科植物図譜」に倣って書いておきます)からなります。アメリカスズメノヒエの場合は3総もあるので、たぶん、キシュウスズメノヒエで間違いないだろうと思うのですが、一応、細部を調べてみることにしました。

「日本産イネ科植物図譜」に載っている群の検索表を使えば次のようになります。

①花序は頂生、特異な総包葉はない
②穂状花序または総状花序、あるいはそれらの花序が2個~多数集まってできた花序を持つ
③花軸は明らかに小穂より幅が狭い
④総は2個~多数、稈頂またはその近くにほぼ手のひら状または放射状に集まり、まれに枝を分けるものもある 第4群

ここまではまず間違いないのですが、「日本産イネ科植物図譜」では、ここからは絵と説明からどの属か判断しないといけません。

⑤a 小穂は披針形~長楕円形で、1小花のように見え、第1包頴は微小、外側の頴を取り除くと、厚い護頴が内頴を抱いた小花が出てくる。ほとんどの種類が農耕地や都市の空き地にはえる メヒシバ属 Digitaria
⑤b小穂は円形、楕円形、細い卵形で、1小花のように見え、第1包頴はふつうない。外側の頴を除くと、厚い護頴が内頴を抱いた小花が出てくる スズメノヒエ属 Paspalum

可能性がありそうなのはメヒシバ属とスズメノヒエ属なのですが、説明を読むと小穂の形だけの違いです。そこで、小穂を実体顕微鏡で調べてみました。





最初は総の拡大です。小穂は片側についていて、表側が平、裏側(花軸側)が湾曲しています。







小穂を拡大して見てみました。全体の形としては楕円形で先端が尖っています。表側にある小さな鱗片状のものが第1包頴です。裏側は有毛で、これが第2包頴です。ここまでは良かったのですが、表側にある膜と第2包頴をはがして出てきた膜が何なのかで迷ってしまいました。キシュウスズメノヒエの解剖図は、上記の本のほか、[2] 桑原義晴著の「日本産イネ科植物図譜」、[3] 長田武正著の「日本帰化植物圖鑑」にも載っていました。この記述から、表側にある鱗片状の第1包頴の内側にあるのが不稔の第1小花の護頴、裏側にある第2包頴の内側にあるのが稔性の第2小花の護頴のようです。

[4] 杉本順一著の「日本草本植物総検索誌 単子葉編」には種までの検索表が載っています。

①花序の枝は片側の実に小穂をつける
②花序枝2本は接しない
③小穂は前後に平たい
 ④a 護頴の辺はうすくて内へ巻かない メヒシバ属 Digitaria
 ④b 護頴の辺は厚くて、内へ巻く スズメノヒエ属 Paspalum
  ⑤小穂は長楕円形、鋭頭 2.5~4mm。幅の2倍より長い。花序は2枝だけ
  ⑥小穂は有毛、2.5~3mm キシュウスズメノヒエ

これによると、メヒシバ属とスズメノヒエ属の違いは護頴の辺が内へ巻くかどうかで見分けています。上の写真を見ると、内側に巻いているので、これはスズメノヒエ属ということになります。次は小穂の大きさと形状です。



それで、小穂の形を測定してみました。小穂の長さは3.1 mm、幅は1.5 mm。なかなか微妙な数字なのですが、一応、キシュウスズメノヒエの範疇には入っているようです。アメリカスズメノヒエの小穂は卵状楕円形で、無毛で光沢があるというので、これとは違うようです。







ついでに撮った写真も載せておきます。

それにしても、いろいろ図鑑を見ると、少しずつ書いてあることが異なり、意外に迷いました。例えば、第1包頴に関しては、[1]では「ないか、または退化して鱗片状」、[2]では「長さ0.6~1mm」、[3]では「消失」となっています。実際には小穂によって鱗片状のものがあるものとないものが混じっていました。これまでイネ科植物をいくつか調べてきたのですが、まだまだ分からないことが山ほどあります。これからも頑張って調べていきたいと思います。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

植物を調べる アゼガヤ

2021-08-06 17:52:11 | 植物を調べる
7月24日に若槻環濠集落に行く途中でイネ科の植物を見つけました。最近、長田武正著、「日本産イネ科植物図譜」を購入したので、勉強のつもりでイネ科を中心に調べています。





今回調べたのはこんな地味なイネ科の植物です。高さは50cmくらいだったかなぁ。





とりあえず、採取してきて、小穂を見てみました。1小穂に6小花がついています。細い花軸の片側に小穂が付いています。「日本産イネ科植物図譜」ではイネ科を大まかに12群に分けています。

①花序は頂生、特異な総包葉はない
②穂状花序または総状花序、あるいはそれらの花序が2個~多数集まってできた花序を持つ
③花軸は明らかに小穂より幅が狭い
④総は数個~多数、稈上に羽状につくか、または稈をめぐって半輪生状について多くの段となる 第5群
⑤総は細々として、小さな小穂が規則正しく列を作って並ぶ。小穂は(2)3個~数個の小花からなり、しばしば紅紫色にそまる。湿地生 アゼガヤ属 Leptochloa

今回の植物について当てはめてみると、①~④の検索過程を経て、第5群になることが分かりました。ここからは絵合わせで決めていかなければいけないのですが、⑤の特徴とよく合っているので、おそらくアゼガヤ属でよいのではと思いました。本州産のアゼガヤ属はアゼガヤLeptochloa chinensisだけなので、たぶん、アゼガヤでよいのだろうと思いました。一応、各部の特徴も顕微鏡写真で撮っておきました。



「日本産イネ科植物図譜」の説明によると、第1包頴には1脈、第2包頴には太い中央脈のほかに細い2脈があるとのことですが、2脈というのがはっきりしませんでした。



これは第1包頴を拡大したものですが、中央脈の背面にはとげとげがあります。



小穂の長さは3.2 mmでしたが、説明では2.5-3 mmになっていました。



最後は葉舌です。これは図とよく似ているのではと思いました。

ついでに、先日購入した杉本順一著、「日本草本植物総検索誌 II 単子葉編」でも検索をしてみました。

族属の検索表
①全部または花序中一部の小穂は両性
②小穂は1~多小花、2小花のときは下位のものは両性登実生で、上方小花は登実生または退化花
③包頴は最下護頴より短いかまたは欠く。もし等長なるときは護頴は5脈以上ありてその芒は真直
④護頴は1又3脈あるか又は無脈
⑤小穂は有柄
⑥護頴は膜質で中肋のみ明らかで、他は無毛。果は小形で先は凸出しない。熟しても頴に包まれる
⑦小穂に長い基毛がない オヒゲシバ族
⑧花序は総状または円錐状に分岐する。まれに線柱状に密花
⑨包頴は著しい舟形でない
⑩花序の枝は扁平で片面に小穂を密生する。小穂は2~多数の登実小花よりなる
⑪花枝序の基部に褐色毛がない
⑫護頴は無芒で先端全辺 アゼガヤ属
⑬稈は丈夫、30~70 cm、葉鞘は無毛、小穂は5~7小花、2.5~3mm アゼガヤ

①~⑦の検索過程でオヒゲシバ族になり、⑧~⑫の過程でアゼガヤ属に到達します。さらに、⑬の種の検索により、アゼガヤに到達します。



だいたいは追いかけることができますが、③の第1包頴と第1護頴の長さだけ比べてみました。第1包頴の方がほんのわずか短くなりそうです。この本には花序の外形による検索表というのも載っていて、それによると次のようになります。

花序の外形による検索表
①花序の枝は片側に小穂をつける
②花序は掌状に分岐しない
③小穂は左右より扁平
④各頴は深い舟形ではない、小穂は2以上の小花より成る
⑤護頴の先は全辺で芒がない アゼガヤ属

こちらは簡単なのですが、③の「小穂は左右より扁平」という項目が意味不明です。これに対抗する項目は「小穂は前後に扁平」なので、おそらく、前者は小穂が柄に沿うようについていることを示し、後者では小穂が柄から離れてつくことを意味しているのではと思いました。

まだ、慣れていないので、はっきりしないところも多いのですが、少しずつ慣れていこうと思っています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

植物を調べる コスズメガヤ

2021-08-01 15:03:36 | 植物を調べる
7月12日に近くの草地でイネ科の植物を採集してきました。名前を調べ、顕微鏡写真を撮ったままになっていたので、まとめて出しておきます。





調べたのはこんな植物です。7月12日の朝、近くにハナハマセンブリの花が咲いているので、撮影に行ったのですが、そのとき、近くに生えていたイネ科の植物です。最近、長田武正氏の「日本イネ科植物図譜」を購入したので、今まで分からなかったイネ科植物を調べ始めました。





小さな花(小花)の集まったものを小穂といいますが、幅はわずか1.1 mmしかありませんでした。小穂全体は包頴(ほうえい)という膜で覆われ、小花一つずつは護頴(ごえい)という膜で包まれています。それぞれ外側から第1、第2という風に番号付けされています。「日本イネ科植物図譜」の中ではイネ科全体を12群に分けて、調べていくことになっています。この植物の場合、次の特徴で区別されていきます。

①花序は頂生、特異な総包葉はない
②円錐花序をもつ
③円錐花序の枝ははっきりしていて全体が円錐花序であることがよくわかる
④小穂は3個~多数の小花からなり、包頴は最下小花と同長またはより短いので、小花の数は外から見てよくわかる
⑤小穂は無芒 第11群
⑥小穂はふつう多くの小花が2列に並び、護頴は3脈、果実は熟せば頴から抜け出して落ち、内頴だけが小軸上に残る スズメガヤ属 Eragrostis

①~⑤は群の検索表によるもので、上の写真からほぼ見て取れます。この植物の場合、第11群に入れられることが分かります。そこから先は絵を見ながら、似た植物を探していかなければいけないのですが、この植物の場合、⑥のように多くの小花が2列に並び、護頴は3脈というところから、スズメガヤ属Eragrostisであることが分かります。スズメガヤ属はこの図譜の中でも10種載っているので、調べるのが大変そうですが、この植物には特徴的な性質があります。









それはこの写真のように、包頴と護頴の竜骨上には円盤状の腺と呼ばれる構造があることです。さらに、小穂の柄には環状の腺があります。このような構造をもつものは、スズメガヤとコスズメガヤに限られます。さらに、スズメガヤは小穂の幅が2.5~3 mmもあり、幅が1.5~2 mmのコスズメガヤと大きさで区別できます。さらに、スズメガヤは小花の数も10~30個もあり、コスズメガヤの4~12個とはっきり区別されます。外見上もスズメガヤは小穂が密に分布している感じがしますが、コスズメガヤは上の写真のようにまばらに分布しています。ということで、今回調べた種はコスズメガヤE. minorだろうと思われます。これらの腺は悪臭を出すとのことですが、その理由はよくわからないようです。また、悪臭はスズメガヤの方が顕著とのことです。



倍率を上げて円盤状の腺を拡大してみました。



小穂を少し分解して、透過照明で撮ってみました。護頴に3脈があること、また、内頴のあることが分かります。中心にあるのは、まだ、育っていない子房だろうと思います。

というわけで、道端に生えているイネ科を調べてみました。今回は腺という特徴的な構造があるので、比較的に簡単に種まで到達できました。この属にはカゼクサやニワホコリなどよく見る種が含まれるので、今度見つけたら調べてみたいと思います。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする