新「廊下のむし探検」

大阪北部のマンションの廊下で見つけた虫の名前を調べています

宝塚で植物観察会3

2019-08-21 20:32:14 | ちょっと足を伸ばして
昨日の続きで8月18日に宝塚市で見た植物です。この日は34-5度の炎天下の行軍だったのですが、目的地が小さな湿地で、そこには華麗なサギソウが咲いていました。このサギソウが見れただけで十分に満足でした。そのサギソウを見てから、近くの日陰で昼食をとりました。







そんな日陰でリーダーが小さな植物を見つけました。固いからキノコの仲間かなと言われたのですが、一応、写真を撮って家で調べてみました。大きさは3cmくらい。調べてみると、ヒナノシャクジョウ科のヒナノシャクジョウ Burmannia championiiに似ています。腐生植物で葉は退化し、茎についた鱗片状のものがそれみたいです。関東以西から屋久島、沖縄に産するようです。これは蕾でもう少しすると花が咲くかもしれません。「植物分類表」によると、ヒナノシャクジョウ科はノギラン、ヤマノイモなどと同じヤマノイモ目に入っていました。





昼食が終わって、そのまま日陰を歩いていくとこんな花がありました。キガンピだそうで、アオイ目ジンチョウゲ科に入っていました。



これはシラヤマギク





道が行き止まりになっていたので、引き返して再び湿地のところで撮影しました。この花はその場で名前を聞いたのですが、メモを忘れていて分からなくなってしまいました。それで図鑑で探しました。たぶん、ヌマトラノオではないかと思います。ツツジ目サクラソウ科に入っていました。





最後は湿地の中で咲いていたホザキノミミカキグサです。シソ目タヌキモ科だそうです。
コメント

宝塚で植物観察会2

2019-08-20 20:47:18 | ちょっと足を伸ばして
一昨日、宝塚市の西谷の森公園の北側で植物観察会が行われたのですが、その時に見た植物の続きです。送られてきたプリントには目的地が西谷の森公園と丸山湿原となっていたのですが、そこからかなり離れたところでバスから降り、どこに向かうか分からず、ただひたすら炎天下を歩きました。





田んぼの横を歩いていたら、少し民家のある住宅地風のところに着きました。道の脇でガガイモの花が咲いていました。





余りの暑さに日陰でちょっと休んでから進みました。その日陰の出口にある溝の中で小さな花が咲いているのを見つけました。つる性なので、〇〇ムグラかなとリーダーに聞いたら、スズメウリかなんかなので、実を探したらと言われました。探してみると、確かにスズメウリの実が見つかりました。





次は畑の脇に咲いていたニラ



住宅地の道を歩いていたのですが、突然、林の中の細い道に入り込みました。







その途中で長細い植物が咲いていました。行きに名前を聞くのを忘れたので、帰りに聞いてみました。ノギランだそうです。そういえば、2年前にも松尾湿原の近くで見たことがありました。すっかり忘れていました。



やっと目的地に到着しました。こんな小さな湿地でした。白く点々と咲いているのが実にサギソウでした。





こんなところでひっそりと咲いているサギソウは本当に可憐ですね。それにしても、よくこんな場所を見つけられましたね。









ひたすらサギソウの花を写しました。そういえば、以前に近くにある松尾湿原でサギソウを撮ったことがありました。この時は束になった雄蕊を見つけて、ついでにサギソウについて調べたことがありました。もう一度、その時の文章を読み直したのですが、すっかり忘れていたので、「日本の野生植物I」に載っている図を参考にして、もう一度各部に名称をつけてみました。





よくよく見ると、実に変わった構造をしていますね。続きは次回に。
コメント

宝塚で植物観察会

2019-08-19 21:29:36 | ちょっと足を伸ばして
昨日、宝塚市で植物観察会が行われました。目的地は西谷の森公園と丸山湿原となっていたのですが、昨年はちょっと遅れてしまったので、車で先回りをして西谷の森公園で観察会の集団を待つことにしました。でも、待てど暮らせどさっぱりやってきません。結局、諦めて丸山湿原と松尾湿原に行ったことがありました。あのときいったいどこに行ったのかと不思議でしかたがなかったので、今年こそはと思って最初から参加してみました。そうしたら、バスは西谷の森公園をとっくに過ぎたところで、降りてまったく逆方向に歩き始めました。いったいどこに向かっているのやら。いつもこんな感じの観察会なんです。

この日見た植物の写真を少しだけ撮りました。でも、とにかく暑くて暑くて。日陰があるとすぐにそこに入るので、なかなかゆっくりとは写真が撮れません。







最初はこんな変わった実のなった植物です。これが田んぼの畔にいっぱい生えていました。観察会ではセンナリホオズキという説明でした。「日本帰化植物写真図鑑第2巻」を見ると、ヒメセンナリホオズキの項に載っていました。従来、センナリホオズキ Physalis angulataとされてきた種はヒロハフウリンホオズキ P. angulataと初島で記載されたヒメセンナリホオズキ P. pubescensに整理されたとのことでした。この両種とも各地で普通に見られるということですが、写真の植物は葉に重鋸歯があるので、たぶん、ヒロハフウリンホオズキの方ではないかと思います。





中を開けてみるとこんな大きな実が入っていました。







これはセンニンソウ。この日はあちこちに咲いていました。





これも田んぼの畔に咲いていました。ミゾカクシです。





これはコナギの花だと思います。







観察会ではサジオモダカだという説明だったのですが、図鑑を見ると、普通のオモダカみたいです。もう少しじっくりと写したかったのですが、とにかく暑かったのと、集団がどんどん先に進むので、落ち着いて写真が写せませんでした。続きはまた次回に回します。
コメント

廊下のむし探検 ハリアリほか

2019-08-17 20:47:18 | 廊下のむし探検
廊下のむし探検 第70弾


夕方、ネタ探しにマンションの廊下を歩いてみたのですが、気温はまだ34度も。虫なんかどこを探しても見つかりません。





でも、じっくりと探してみるとこんな♂アリが見つかりました。普通の♂アリと違い、触角の柄節が長くありません。何だろうと思って、Fire 7に入れてある「手作り図鑑」を見ていたら、似ている♂アリが載っていました。ハリアリ亜科のケブカハリアリです。これについては以前少しだけ調べたことがありました。でも、名前については結局教えていただいたのですが・・・。



これはたぶんキベリトガリメイガ



これはギンバネヒメシャクかなぁ。



そして、キオビベニヒメシャク



それから、ウスベニトガリメイガ。こんな小さなアリと蛾ばっかり、



と思ったら、こんな大きなショウリョウバッタが壁に止まっていました。
コメント

廊下のむし探検 画像リスト植物編

2019-08-16 21:08:37 | 日記
今日も撮影に行かなかったので、手元にネタがありません。それで、これまでgooブログに出してきた植物の画像リストを作ろうと思って頑張ってみました。植物のリストを作ろうとするときに一番困るのは分類体系が最近急速に変わっているところです。以前、大場秀章著、「植物分類表」(アボック社、2011)を買って、その変化を調べてみたことがあったのですが、あまりに違うので、いったい何を信じてよいか分からなくなり、そのままになっていました。

でも、とにかく、画像リストの分類を今までの分類にするか、最近のAPG体系を用いるかを決めないと進めません。それで、迷いに迷った末にこの「植物分類表」に従ってみようと思いました。この本ではAPG II(Angiosperm Phylogeny Group II, 2003)を基本としているのですが、現在ではAPG IV(2016)まで出ています。ただ、どこがどう変わったのかいちいち調べていくのは相当に大変なので、とりあえず、本としてまとまっている「植物分類表」に従ってみることにしました。これまでgooブログに出した写真をいつもの画像リストの形式にしてみたのが、こちらです。

APG IIについては次の論文に載っています。

The Angiosperm Phylogeny Group, "An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG II", Bot. J. Linn. Soc. 141, 399 (2003). (ここからpdfが直接ダウンロードできます)

この論文の中にFigure 1として系統樹が載っていますが、分岐が初期に行われたと思われる一群をここでは「基底群」としています。また、nom. cons.(保留名)とされたものが多く残されているので、それを「保留」として書いておきました。こんな感じでYahoo!ブログに出してきた画像もまとめていくと、たぶん、数百種は越えると思うのですが、どこまでやれるかなぁ。(追記2019/08/17:分類をAPG IVにしてみました。こちらから入って見てください

コメント