奈良のむし探検

奈良に引っ越しました。これまでの「廊下のむし探検」に倣って「奈良のむし探検」としましたが、動物・植物なんでも調べます。

朝の散歩 養魚池周辺と佐保川土手

2021-10-28 20:23:49 | 奈良散策
奈良散策 第261弾


10月16日の朝は養魚池周辺を、18日朝は佐保川土手を歩きました。その時に撮った写真を載せておきます。



最初は16日の分で、出かけるときにマンションの壁に止まっていたチャバネアオカメムシです。



これはセイタカアワダチソウにいたテントウで、たぶん、ダンダラテントウだろうと思います。







草むらで何かが動くので、カメラを向けてみると、ヒバリのようです。





こちらは電線に止まっていたヒバリです。



そして、これはコノシメトンボ





こちらはモズ。これはうまく撮れました。





これはキセキレイ。ちょっと暗かったかな。



最後はウシガエルでしょうか。

次は18日朝の佐保川土手で撮った写真です。



最初はケイトウです。ネットで調べると、ヤリゲイトウという品種に似ています。







これは土手の下の方で咲いていたので、近寄れなかったのですが、葉が三角形なので、たぶん、シャクチリソバだろうと思いました。





最後は水門の下にいたダイサギの群れです。近づいたら、一羽が飛び立ちました。

雑談)今日は久しぶりに午後から散歩に出てみました。民家の横でジョウビタキを見ました。お濠にはたくさんのヒドリガモがやって来ていました。24日にはツグミを見ました。続々、冬鳥がやってきています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする