浦島太郎釣り日記ーⅢ 浦島太郎クラブの仲間とぼくの日々

浦島太郎釣クラブと自身の出来事などなど

17日  穏やかな晴れ

2018-11-17 10:21:56 | 日記
おはようございます。

昨日、金曜日だけは料理づくりで磯がしい一日だった。

毎度のことですが、

孫たちを剣道場に送りとどけると、ナフコで金具を買い、

冬に育てるエンドウ豆の苗を買い、

それから、大分で釣ったクロをほぼ全部届けた近くの居酒

屋に行き、隣り合わせた常連さんと、釣りの話をして・・

「平戸でヒラス、カンパチが釣れている」という情報

「舟からですか?」

「そう、舟、舟は早福から出て・・・」

そういう話で飲みました。その方は気分がすぐれないと言っ

ておられたが、ぼくと釣りの話で、すっかり気分が良くなっ

たといい、一緒に仲良く連れだって帰りました。


いま、日本は北方領土、経済、政治で、まるで大潮のように

激流の中、波たかし、ですが

日本の世間は

今日は、風もなく、穏やかで、晴れ、気温も福岡で20度ま

で上がりそうで絶好の行楽日和となりました。

紅葉狩りで、さぞかし観光地は賑わうことでしょう。


ぼくは、来週、クロ釣り大会(五島)が今年の最後の離島の

釣りになりそうです。

一応、ですが、紅葉も釣り仲間と久住でみたし、一人でも

近場にいきましたし、これで見納めでいいかな、と。

小春日和の陽をさんさんと受ける部屋で、地味に仕掛け作り

にいそしみます。


  『 この前に体験した高原の光景 』

瀬高高原は霧の中、突然対向車が出現します。

 

 

そこを抜けると、黄色に包まれる山の光景

 

 

では、みなみなさま、よい週末を!

 

コメント

11月16日  くもり

2018-11-16 10:09:37 | 日記
おはようございます。


だんだん寒くなってきました。当たり前のことですが。夜空のお月さま

までも青く冷たく感じる季節になりました。(寒空)


昨日、福岡市の水ガメである室見川のダム下の景勝地(さほどでは・・)

のモミジ鑑賞に足を延ばした。数組10名ほどが紅葉をめでて、お弁当

を開く、お茶を楽しむ人たちが、しつらえたベンチにおられました。

用心深いぼくは、万一ダムが決壊したら、すぐあそこに逃げようとか、

そこにモミジ狩りの心、風情はあらじ・・

チョロチョロと流れる川に魚はいないか、ジロジロ・・紅葉より川!

 では御覧あそばせ

 

 

 

 

逆光モミジがきれいでした。

 

こちらは、室見川中流にハヤの姿は(いるんでしょうが・・)見えません。

 

(もろもろ・・割愛します)


今朝、郵便受けをみると、来ました=今年も喪中ハガキの便り。

釣りクラブのあの会員数がうなぎ上りのころの30年前に入会の方、早

すぎる67才で他界、一度も同じ磯に立つことはついぞありませんでし

たが、思い出しては心が悲しみに暮れる。


年賀状不要論、というか終活にむけて、年賀状来年よりご辞退します、と

いった考えが拡大しつつあるようです。それはぼくも昔から思うことでし

た。メールでおめでとう!でいいんじゃないかと。

しかし・・・お正月の年賀ハガキを心待ちしている、友達もいない、少な

い人、(受け取る側)のことを思うと、スパッ!と全員をなくすというの

もできません。まあ、時代とともに、生きてあと数年、流れに任せます。

最後の一枚まで、ぼくはやっぱり続けようと、思う今日この頃です。

年賀状に大物の写真を挿入して、自慢もしたいし・・


昨日は、また「卯の花」約8キロつくりました。

白菜も買ってかえったので、スキヤキ、肉豆腐煮、などがメニューに加わ

ることになります。

コタツでスキヤキ、熱かん、観るテレビは「リーガルV」・・いいね!

こたつのなか、足を伸ばせば女性のふとももに接触!

   アッ!

     (夢から目が覚めました)

      (もう一度寝て夢のつづきを・・)

これって、セクハラじゃ、ないですよね

 
コメント

11月15日  木

2018-11-14 23:49:43 | 日記
おはようございます。

11月も半ばに差し掛かり、寒さもそれなりに・・・

しかし、今日は穏やかで、あたたかい、晴れの日になりそうです。

こたつもデビューしています。もうどっぷりつかりネコのよう。


昨日は、もう一つ行事が入り、予定は未定、中止としました。

年相応で薬も服用していますが、昨日でそれが終わってしまった

のです。あっ!いかん!というわけで・・かかりつけ医の元へ。

そして某薬局では、釣り好きな薬剤師さんがおられます。

ぼくは、壱岐や大分の話をして、ところで先生の使っているウキ

は?と聞くと

「私は、宮川ウキです、大きくて、20g・・浮力ゼロで・・・」

宮川さんといえば、シマノ。ぼくと同じ時代のスタートメンバー

でもあります。

「あ、そう、じゃ、ぼくのウキはいらないですね」というと

「ああ、いえいえ、欲しいです」と・・(笑)

”浦島円錐” ”浦島円錐「極」” ぼくのオリジナル。


昨日の予定のコースあらためて再出発です。

道の駅みたいなところもあるし、今日は、「さつま揚げ」も作る

予定です。湧水、オカラ、紅葉、温泉、野菜・・・

佐賀県堺の三ツ瀬峠は7月豪雨による崖崩れで現在通行止め、有

料トンネルを通ります。


退屈しない一日になりそうです。

            (深夜:ウイスキーをお伴に書く)
コメント

11月14日  雨あがり

2018-11-14 08:24:33 | 日記
おはようございます。

夜に降ったのでしょう、道路が濡れていますが、空は晴れて

きました。雨もあがりました。


昨日は、新しく買った「フロートライン」をリールに巻き替

えました。風さえなければ、フロートがいい、風がでたら、サ

スペンド、わかってはいるんだが、釣り場では時間がもったい

なくて、なかなか・・交換ができないもんだ。

ついでに、サスペンドのラインも買ったので新しく撒き替える。

こんな、大したこともない作業でさえ、釣り人には楽しい時間

なのです。


今日は、なにしようか、毎朝、コーヒー飲みながら一日の計

をたてます。

毎日ボーーーとしていたら、チコちゃんにしかられますから。

”ボーーと生きてんじゃないよ!”

そりゃ、他人には言えない、書けないことも、いろいろありま

すけど、書いていいこととはーー


毎朝、コーヒーを淹れる湧水がなくなった、同時にオカラで作

る「卯の花」もなくなった。

湧水をもらい、近くの曲渕水源のモミジの森をみて、ついでに

自宅から約35キロの佐賀県の温泉にでもいって、気分を緩め

てこようかな・・・


これがひとつ


昨日は、郵便局の若者が保険を勧めにやってきた。

パンフだけもらえばいいんだが、若者は帰る気がないのか、あれ?

いつまでもつっ立っている。「まだなにか?」聞く・・・

玄関の外に置いてある100Lをはじめ約10ケのクーラー群をみ

て「釣りされるんですか?ぼくは大分佐伯出身で・・・」というも

のだから、(佐伯といえば、つい先日行ったばかりだ)。

「えっ?」とぼくは反応した。

(ああ・・そうか・・・局をでて、一軒一軒セールスしてすこし

 お疲れなのかな?・・・)そう優しいぼくは思った。

「コーヒーでも飲んで行く?」

「えっ?いいですか?」

ぼくは若者を「佐伯」という「検索ワード」で家に受け入れた

よくよく話を聞くと、佐伯とはいったが、米水津の先、鶴見の出身

だとわかる。さあああ・・釣りの話が盛り上がりました。

ぼくは、郵便局に提出しなくてはならない難しい書類がある、なか

なかはかどらないでいる。午前中はそれにふりむけよう。

これが2つ目

結局、薬局、郵便局、昨日の郵便局の若者「ぼくの家では収穫なし」

に終わりました。ごめん。


午後に紅葉と温泉にGOだ。

湧水は無料、オカラも無料、紅葉見物も無料、温泉は350円です。
コメント

11月13日 はれ

2018-11-13 14:38:13 | 日記
こんにちわ!

今日は、朝から用事で出かけていて、こんな時間になりました。

何回もクリックしていただいた方へは、申しわけございません。


さて、昨日、メジャーリーグの新人王に決まった大谷クン

本当におめでとう、と言いたい

私が言っても、砂丘の中の砂の一粒みたいなーーもんだけど。

かわいいし、マナーも上等、人柄もいい、仕事もキッチリ!

”全米から愛されるオオタニサーーーン”

んん、わかるわかる、〃、シーズン前のあの不調にはハラハ

ラ・・しましたからねえ

昨日最大のうれしいニユースでした。


昨日は、急に刺身、それも真イワシの刺身を食べたくなって

すこし遠いけど、必ずおいているイワシのあるスーパーまで

歩いていった。

しかし、あるにはあるが、小イワシばかり、欲しいのは大羽

イワシ(真イワシ)、無ければ仕方なくシメサバを買い、も

どる。でも諦切れなくて、方角違いのスーパーへ。

とうとう10,000歩を超えました。嬉しい!




散歩道には、桜の枯れ葉が芸術に近いみごとなまでの色彩を

だしています。

 

川は鴨が仲よく・・

 

今日ももしかして、行くかな万歩計?

 
コメント

11月12日  ☂

2018-11-12 09:56:40 | 日記
おはようございます。

今日が雨の予報だったので、昨日はセメント工事に取り掛かる。

あの福岡西方沖地震でも、なんともなかったブロック塀ですが

もし、あれ以上がきたとして、お隣さんに弊害を及ぼさないよ

うに、万が一の工事、熱がはいり、とうとう午前中を費やした。


福岡マラソンも終わっていたし、ではということで・・

渋柿を天気がいいうちに、干すことにしました。

干し柿のすだれとまではいきませんが、40ケが秋の陽をさん

さんと受けて、この渋さが甘い柿にかわります。

辛い、苦い、はまあ、食べものにより、許せるものもあります

が”渋い”というのはねえ・・

太陽と、極寒をうけて味が激変する柿の2ケ月をみまもります。

 


忘れていた、魚の血が飛び散ったクーラーがそのまま、だった。

魚は、何か所に新鮮なうちに配って喜ばれました。

発砲スチロールにドン!ドン!と撃ちまくり、違う、きれいに

並べて、上から砕氷を打ち、クロの姿がチラチラとみえるよう

に、まるで売り物のようにして、配達、喜ばれてしかり、です。

さて、そのクロ

わが家では、刺身、タイは塩焼きにして、息子の家に届けた。

一応写真に・・・大葉(青しそ)は高いので、飾っていません。

 

 

刺身を薄くきり、内からまるめて「バラ」もつくります。

この愛情と手間、わかってくれるかなあ?

 

マダイの子、塩焼きは、33cmありました。

今日は、特にすることもないので、なにして過ごそうかなあ

・・・

ヒマを持てあます。

 
コメント

11月11日  (日)

2018-11-11 02:30:12 | 日記
おはようございます。

今日は福岡マラソン、家から歩いて6~7分でルート202に出る

応援しようかな。毎日1万歩を目指して散歩したり、ジョギングし

たりしていますが、42キロも走り続けるなんでいう人間には尊敬

する。

さて、昨日の蒲江の続きです。

 

手前が千畳敷、奥の島が地黒瀬、その間に小さな沈みの岩がみえます。

これに、清水マリンから乗せてもらったことがあります。潮が下げに

なると、キロ以上のクロが入れ食いします。H坂本さんと、2人して

お互いに入れ食い、またたく間にクーラー満タン、思い出です。

今回の主役のもう一つが、なかなか予約が取れない戸高という米水津

にある海鮮民宿、ここは山ちゃんの紹介で数か月前に予約してあり、

食べきれないほどの量の刺身盛り、いろいろ・・・

 
手前が一人分の刺身、他につぎつぎと料理が出され・・マンプク

 

たばこが嫌、イビキが嫌、願いを叶えると、3つの部屋に分かれ、ぼく

もおかげ様で、ぐっすり・・お休みできました。

民宿を早めにでて、紅葉と道の駅4ケ所たちより、お買い物・・

 

 

まあ、思い出に土地、土地の農産物、ついつい買ってしまった。

 

帰りに車の中の後部座席では、ミニ口戦争が勃発しています。

「俺の方に寄りかかるな!」

 「カーブだから仕方がなかろうが!」

「倒れんように、どこかつかまっておれ!」

 「いちいちカーブでそうはいかん!」

「なんで!」

ぼくは助手席から、「まあ、まあ、みんな仲間、釣り仲間、仲良くして}

まるで、子供みたいな御仁がおられます。

こうして、無事に、福岡へ到着しました。走行550キロ。

また、楽しい思い出が一つ追加されました。

あ、そうそう、車のなかで「そば打ち」の話がでて、じゃあ「十割りそば」

を食べて帰ろうと、玖珠の慈恩の滝(2段滝)のほとりにある、そば屋さん

にたちより、おいしいおそばを食しました。

食べている間、だけ、仲良しさんです

 

これからも、よろしくね

 

 

 

   
コメント

11月10日 大分蒲江の磯

2018-11-10 10:48:27 | 日記
今回のリーダーは衛藤さん、蒲江西の浦から出る海月丸とは

長~~~い、ご縁だとかで、今回8名の浦島太郎釣りクラブ

をエスコートする。

11月8日は、たまたま、本当にたまたまですが、米水津の

瀬渡し舟が休みだという、ならばと、午前5時出港の舟は一

路沖黒瀬を目指します。一番目は他にいた常連客さんが東の

スベリに二人(ぼくは過去この瀬で大きなクロ入れ食い、針

を折られること、伸ばされること・・・いやあスゴイ磯です)


そして、われわれは、次の番で沖黒瀬の一角になります。次、

くじ引きで、ぼくは蓮尾さんと千畳敷に降りることになりま

した。ウオオオオ!この臭さ!鼻が曲がりそう。早速磯の洗

い流し、とうとう夜が明けました。

 

きれいな黄金色に空を染めて、11月8日の釣りのゴングが

なります。まず、船付き場で竿をだす。なかなかの海の様子。

待ち蒲江ていたのは、エサ取り軍団、黄色スズメダイが多い。


リーダーの衛藤さんが「蒲江は釣れていない」と幾度もいう。

なぜ「釣れていない蒲江に連れてきたの?」と問うと

「船長との長い付き合いがある」と。

「ああ、そうですか」で二の句はない。まあ、海には魚はい

ないはずはない、後は腕次第だ。

大潮なので、海は動く、潮はかわる、水位の変化も著しい。

「手」はあるはずだ

ポイントを移動した。足の裏(25cm前後)がつぎつぎと

釣れ始めた。近所の居酒屋さんが小さいクロでも欲しいとい

っていたので、極小は別だが、一応キープした。あまりに釣

れるので、船着場の蓮尾さんを呼ぶ「こちらに来ませんか」

御年78歳の蓮尾さんは、さすがにお元気、いや、いつまで

も、はつらつ、磯に立つお元気釣り師であってほしい。

蓮尾さんにもぽつぽつと釣れだして、ホッとする。

 

(この時は、なぎでした)

 

競技ではない、おれが、おれがの釣りでもない

願わくば、8匹と9匹みたいな、釣り仲間の楽しみが欲しい。

ポイントが2つになり、ぼくは、さらに自分に都合のよいポ

イントを作らねばならない。残す海域は沖だ。幸い沖に潮目

ができました。半誘導にして竿1,5本、スパッとウキが消

えた痛快なアタリである。ググググーーーーなかなかの引き

を味わう。一方蓮尾さんも来て、なんと惜しいハリス切れ!

手に負えない大物だったようです。さあ、楽しくなりました。


しかし、風がでて、太平洋からのうねりが磯をあらい始める。

でっぱり岩、低い張り出し、いっぱいに付着したフジツボ、カ

メノテ、カラスガイ・・竿がつん曲り、しかし、どうにもなら

ないハリス切れもある。

600gから、どんどんサイズアップ、800g、とうとう

キロ級、40cmと、おおお!いいねええ!楽しいねえ・・

波がどんどん上へと上がりだして、蓮尾さんはロックフイッ

シングを船付き場で始めたら、竿が曲がり、期待したが正体

はガックリのウツボでした。わっははは残念でしたね・・・

ご本人はアカハタを期待していたみたい。(世の中甘くない)(笑)

 

ぼくは、マダイの子、クロの子、立派なクロは3匹、600g

が1匹、まあ、そんなところで止めました。10匹でも釣れる、

そういうチャンスは残されています。釣ろうと思えば、2桁も

いける海がここには、ありました。

衛藤さんが「釣れない」というのは、実に謙遜、だと思った。

「釣れない」と言っておけば、釣れたときの喜びが一層大きい

からに外ならない、そう、良い方に解釈した蒲江の釣りでした。

 

おお、まずます・・・

 

しかし、40cmも出ます。



時間を間違えて、1時間も前に納竿した、まあ、いいか!

さあ、一同、もう一つの楽しみが控えし候、ネクストステージへ

いざ、GO!Iseebi!

(文中の名前は仮名としておきましょう)
コメント

11月10日記  大分から帰りました

2018-11-10 08:15:03 | 日記
おはようございます。


【11月7日 ~~~11月9日まで足掛け3日】


大分の釣りと、海鮮民宿2泊3日の大人な旅から無事帰還、

旅装を解いたのは午後3時半。ぼくは、孫の食事、午後5時

に剣道の道場に3人を連れていかねばならない、旅の余韻に

浸っている時間なんてない、急げ急げ!

道の駅大好きなわが釣り仲間、なんと、4ケ所の道の駅に立

ちより、草餅ぱくぱく、焼き芋ほぐほぐ・・・

やっぱり、楽しい旅でしたねえ


    🐡  🐡  🐡  🐡  🐡  🐡


本編は、午後に書き込みます。

 

磯、千畳敷から四国沖の島方向に上がる朝日

(千畳敷、四国沖の島も釣りに行ったことがあります。)
コメント

11月7日 水曜日

2018-11-07 01:44:34 | 日記
おはようございます。

また釣りの予定が入っております。

磯がしい一週間になりました。



昨日は、天気もよくて、お日様がたっぷり注いでいました。

先日の釣りで、はからずもバックラッシュしたリールの糸、

からんだ男と女の糸みたいに、暗闇の磯で解くには難解な

糸、それをほどいて、勝手に公道を利用して、歩いてライン

を引き出し、巻き直す作業でした。

海水にも浸かったので、洗って干して・・

昔から頑張ってくれているPENシーライン9/0です。

若い頃は、これに150号を巻いていたので、初めて南薩

湯瀬の夜釣りで、バン!と大物にもっていかれ、瞬時に軸

を曲げられたことが(一瞬廃棄)ありました。

懐かしい思い出が詰まったリールです。

 


久しぶりにKKBさんから電話がありました。まああ山ちゃん

を凌駕する話の長さは、47分の表示がでていた。(笑)



今日は、ですねえ

市が主催する「介護予防教室」という軽運動や、指導を含めた

男女10人の教室が9月12日から~~~やっと、本日で終了

します。お年寄りの方々ばかり・・ですが、バスで送迎して、

長きに亘り、お友達になり、終わるが寂しい気にもなります。

今日は、「終わりにあたって」といったような発表会もあり

そうな・・・



庭に目を移しますと・・ピーマンが盛んに成長して、実が鈴なり

10ケほどを収穫して、ご近所のおばさんちに差し上げ、ちぎり

たてのみずみずさに大変喜ばれました。

縦にきり、ベーコンを一緒に炒めて、タマゴをまぶしたら朝食に

さわやかな味がします。数えたら50ケほどがブランコ状態。

 

          (午前2時ごろ by ウイスキー)
 
コメント

11月6日  火 晴天

2018-11-06 11:05:56 | 日記
おはようございます。

今ごろ??はい💦、飲みすぎて、こんな時間になりました。


昨夜は、浦島今年最後の月例会でした。なんでも大会の翌日と

あって、さぞかし参加者多いだろうと察していたが、事実は大

違い、激少な!でもその分、お隣の人とよく話し、笑い、飲み

充実した時間を過ごせましたねええ(14~5名)

ぼくが会場に来たのは、3人目、蓮*さんと、西*さん、そし

てぼく。西*さんは、夢に登場した人物、熟睡していたはずだ

が夢の中では、爆笑の内容、あまりおかしくて目が覚めたくら

いなのだ。その人が今ここに・・また爆笑!(何かは秘密)

 

なんでも大会で優勝した吉*さんに、質問が矢のように飛ぶ。。

「エサは、むき身を三温糖につけたもの、蜂蜜につけたもので

・・・」

一同、「そこまでやる?」

得意の身振り手振り、”手がしゃべる”吉*さん、一方「口う

るさいこと」、「細かすぎること」も良く知られた御仁である。

その左横には「そうじゃない!」連発で「一筋ならない」御仁

も控えています。

「話が長すぎる山*ちゃんも発言を今か今かと待ち構えてます。

・・・・今日はどうなることやら、そう思えた懇親会です。

しかし、鳴門の渦か?いや、笑いの渦でした。

あっという間の時間、面白い時間は激流の如く早くながれます。


  

買いました。干し柿となる専用の「カキ」。また軒下にオレンジ

色の干し柿がぶらさがり、冬の風景(風物詩)をつくります。

去年はつぎつぎ買い求め、約100ケはあったはずです。4つの

息子家族におくり、なお、冷凍で30ケほど去年のものが残存し

ています。


もうすぐ、正午になり、やっと、二日酔いから立ち直りかけてい

る。今日は、することがいっぱい・・・

釣り道具のかたづけ、天日干し、次の釣りの準備もしなくては。

あああ、磯がしい。

クラブのち***立石さんのお誕生日です(FBからお知らせアリ)

お祝いの言葉をおくり、「クロ釣り大会」の4位を目指してほしい

と願っています。fix4!。



コメント

11月5日  はれ

2018-11-05 07:14:10 | 日記
おはようございます。

今日で、朝のジョギング4日目、ぼくにとってやって悪いことはない、

やらなくて悪いこともない、やるに越したことはない。3日坊主もクリ

ヤーしたので、明日以降割愛します。


土曜日、朝8時に家をでてから壱岐の釣り大会に行っておりました。

昨日は、午後2時ごろ帰ってきたのですが、蛇行運転しそうなまで、睡

眠不足でぼおおーーとなる。緊張の糸がプツン、家につくと即;寝た。


5時に起きると、無性に「肉」が食べたくなり、冷蔵庫にあった1キロ

の棒状の豚バラ塊を角切りにして、「豚の角煮」をつくり、レタスに包

んで、ほうばる。レタスがパリパリ、肉が栄養の塊。体力グングン回復。

肉の栄養は、下半身に活を入れた(朝なのでお話はここまで・・)


大会に望むことはただひとつ、「アラ」をだすことである。

その気合は、お金でわかります。

餌となるサバ3,000円、アジ3,000円

上物の餌3,000円、いかにアラにかけるウエイトが大きいか。

しかし、壱岐の瀬にあがると気合に応えてくれることはついぞなかった。

いま、

夜の時間がながい。6時に暗くなる、6時に夜があける。そう12時間も

アラに費やすことができるのです。が、つきっきりで餌の交換、様子見し

ても、チン!という鈴の音も、ケミホタルが海面に突きさることもありま

せんでした。

大体ですが、これで約6年、35回のアラが釣れていません。

  (中で4キロはありますが、アラの子は除外)

そこで感じました。アラはもう止めるか、アラ釣りは一人でいくか。アラ

への執念は岐路に差し掛かっていることを。


上物は、夕まず目のイサキ、クロが楽しませてくれました。

下イズミには、行ったとき「3人の先客がいて」

「早朝には、瀬に4人が同礁」してきました。

荷を下ろすのを手伝い、手伝われ、みなさんとても良い方でした。

ぼくのクロは、おかげ様で43cmありましたよ。

 

烏帽子岩をすぎて・・

 

上イズミが見えてきました。ぼくらの登礁はここから始まりました。

 

 

 

五郎ちゃんがかけました。口うるさいけど親切な吉*さんがタモを

差し出します。もうひといきだガンバレ!(ぼくは魚に応援、逃げろ!)

 

ぼくは、4匹(ウマズラ、イサキ、小グロ、大グロ)で3、6キロ7位

SHIMANOクーラーをいただきました。参加者のみなさま、会員の

みなさま(会費より)豪華景品ありがたく頂戴いたしました。

結果は、今日の月例会で発表されます。

釣り具のナカハラさまより、豪華景品を2点(一つはSHIMANO70

クーラーほか)ありがとうございました。 
コメント

11月5日   夢

2018-11-05 01:35:42 | 日記
壱岐の島、足元が凸凹の激しい岩、下イズミ瀬を歩いている。

両手には、重たい釣り具、餌、竿・・

突然足を滑らして、アッ!と体が空中を浮いてしまった。

空がクルクル廻る

アッ!大きな声を上げて、自分の声に起こされてしまった。

なんだ、夢かあ・・

ああ、よかったあ

頭の中は、まだ磯にあるみたいです。

時計は午前1時半です。

でもまあ、びっくりしたが夢でよかった。

すみません、それだけのことです。ですが、眠れなくなった。

ブログは、朝8;00頃にちゃんと、書き込みます。
コメント

11月3日 土曜日

2018-11-03 07:18:05 | 日記
おはようございます。

今朝も寒い朝でした。じわじわと冬に向かっているのを体感しています。

 

毎年のことですが、今年も渋柿が出回る候となりました。

さっそく、買い求めました。干し柿のはじまりです。

今日は、紅葉にも、ドライブにも、登山にも、そうそう釣りにも絶好の

お天気です。

大分久住の紅葉と温泉もスカッといいだろうなあ

(今年春の写真から)

 

硫黄泉というところがまた二重丸◎~~~

明日のブログは休みます。

月曜にお会いしましょう。

では、絶好すぎる週末を(事故などなきよう)お過ごしください。
 
コメント

11月2日 柳田快弾一発!

2018-11-02 09:17:26 | 日記
おはようございます。

今朝6時、まだ暗く、気温10℃、今日もジョギングから始まりました。

 

広島カラーではありません。浦島太郎釣りクラブのコスチュームです。

 

着心地がいいので、釣りと自宅で愛用、もう30年近くなるかなあ・・


昨日は、6時半から、酒の肴と和洋の晩ごはんを用意して、日本Sに臨ん

だ。---また今日も長くなるなあ・・・、柳田その前がピッチャーゴロ

だったし、ツウーツリーまでは粘るだろうと、お酒がなくなったのを機に

お代わりの(燗付け)に台所にたったとき、うわああーー!と歓声と拍手

がなりひびいた。「おおお!!!やったか!」

ちょっと、目を離したすきの出来事でした。

胸のすく快弾の一発が決めた。柳田いい男です。男でもほれるくらい・・

さあ、明日敵地広島です。



いま、果物ではカキがでまわっている。

柿が赤くなると医者が青ざめると、いわれるカキ。

柿が人に元気をあたえ、医者にいく人がいなくなり、収入減に青ざめると

昔の人がいったくらいの栄養の元なのかも・・

確かに

 

だからといって、この量はなんだ!??

いえいえ、ぼくはカキ大好きで、一日2ケは消費します。

 

信州では、干し柿「カキのすだれ」が風物詩となり、冬がきたなあーー

テレビで紹介されていました。

まもなく、ぼくの干し柿(狂ったような数)つくりがはじまります。

去年は100ケを超え、まだ、冷凍庫に30ケが眠っています。

今日は、金曜日、ぼくに取って磯がしい一日になりそうです。


では・・・

みなさまにも良い一日でありますように、週末はコスモス日和、海も

穏やかみたいです。平戸へ、五島へ、壱岐へ、多いんでしょうねえ。

では・・・
コメント