浦島太郎釣り日記ーⅢ 浦島太郎クラブの仲間とぼくの日々

浦島太郎釣クラブと自身の出来事などなど

10月31日  はれ

2016-10-31 07:48:06 | 日記
おはようございます。

10月もいよいよ今日まで、五島も行ったし、壱岐も行ったし、平戸も行ったし

近場も行ったし、昨日はアラ釣りにもいきました。

しかし、

土曜日のあの強い風は何ですか?と言いたい

アラをつるために夜を徹して釣り場で過ごさなくてはならない

では、ということで張ったテントが4つのうち、2つが強風で押しつぶされると

いう、悲惨な目にあう。あまりに寒いので、ビュンビュン吹き付ける寒い強い風

ぼくは、ぺちゃんこのテントにとにかく風を避けるためにもぐりこんだ。

寒い、寒い、布とおぼしきものがすべて体に巻き付けて寒さをしのいだのです。


アラを釣るために、まずまき餌でアジを釣り、それを餌になるわけですが、

アジが釣れるとも限らないので買ってきたアジ、カマス、冷凍サバでまず投げる。

なかなか、本名のアラのあたりがありません。

というのも、僕らが釣りの準備をしているとき、舟がやってきて、ぐるりと定置

アミを張りめぐらしていったのです。

これには一同、がっかりです。

そして、夜、アラのサオには、ググッと50cmぐらい竿を引いたアタリは1人

に一回ぐらいあったかな?程度。たぶん小物のエサ取り、黒アナゴなどではない

かと思われます。

アタリがないなら、まずは、懇親会をしてから・・

アラの餌としてではなく、本命としてねらった「アジ、サバ」これが結構食って

狙った2人には、相当の釣果に恵まれました。

朝まで、アラのアタリはないまま、竿はそのままの状態でした。


「どうしても持って帰って!」と世界一なんにいただいたアジ2匹、サバ3匹

サバはその夜に「ゴマサバ」にしていただきました。

ありがとうございました。


では、次は、といいますと、

明日の夜出発の五島列島のどこかに、今度はクロつりに行ってきます。

正確には11月2日の釣りです。

どこにでも、だれにでも、気さくにお付き合いしてくださる世界一さんと一緒です。

クンクン、ピカピカ、スーーとハイブリッドの新車に乗せていただき、恐縮で嬉し

い釣りの、小さな旅です。


10月もいよいよ、今日まで「最後の一日をたのしむ」気でいます。

世界一さんと合意したのは「PPK」でいきましょうね!そうですね!はい!

  P・・ピン

  P::ピン

  K・・コロリ

         (ピンピンしていきなりコロリであの世への旅たち)
コメント

10月29日  土曜日

2016-10-29 01:55:41 | 日記
おはようございます。

明日の日曜日、昼頃までに福岡に帰ってくるという条件で、

みなさんと、釣りに行ってきます。

つりの釣果の方は期待薄です

おなじポイントに6本の大砲のような竿が並ぶのですから。


なんでも、釣れた魚をナベの具にするんだといいます。

高いので白菜も、春菊もなし、釣れた魚とトーフだけ、味

は、味噌味だそうです。ダシもなし、釣れた魚のだしが出る

からそれでいいとーー。んんんん・・・・。

みんなの夜食は、そのナベだけ。

したがって、釣れなかったらナベは底がみえるほどナシ!

では行ってきます。

翌朝、6人はどんな顔で朝をむかえるのでしょうか、興味津々。

                      (しんしん)

次は月曜日にお会いしましょう。
コメント

午後の部

2016-10-28 12:16:47 | 日記
釣りが雨の予報で、土日に日延べになった。

ああ、いいよといとも簡単に了解したが、

日曜日には、孫の七五三の祝いをするのだと、朝から大事な約束が

あったのを思い出した。

ああ、六名の方に実に申し訳ない。

ほかに、美*さんからも、土日で壱岐にいきませんかと、お誘いを

うけていたが、この七五三祝いがあるからとお断りしていたのに。

確かな「ボケ」の兆候がここにある。

でも、日曜日の朝まで帰ってくればいいのだからと、策をねってい

るのだが、船の時間にまったく間にあわない。

折角の闇夜です。

どこかにはいきたい。

けど、11月2日には、五島(アジカ渡船)の釣りがあるし、あまり

動けない。

11月6日はチヌ釣りがあります。
コメント

10月28日  雨のち晴れ

2016-10-28 10:56:08 | 日記
おはようございます。

本格的な雨、というふれこみでしたが、な~~~んだ、お昼には上がるんだ!

みたいな、朝でさえ降っていないありさまです。

なら、金~土、で釣りにいけたのに・・惑わされた天気予報でした。

一日伸びただけで、問題はありませんが、土日となると、先客に場所を取られ

るリスクが高くなります。そこんとこだけです。



昨日も、日本シリーズ、見応えありましたねえ。

最後の最後に、あんなドラマがあるとはねえ

試合から目が離せない、息を殺し、瞬きもできず、脈もとめて(ん、なことない!)

ほんとに、すごいドラマだった。

今日は金曜日、世の飲食業に配慮して「サラリーマン方々、今日は試合のTV

ありませんから、ゆっくり街で飲んでください」的な。

ちがいます。

あと2日。2回を土日にもっていくと、入場者も視聴率も高く、コマーシャル

料がとれるからです。



いよいよ明日に迫った、釣り、今日はきちんとまとめなきゃなりません。

さっと、もってでれるほどに。



昨日も、ハゼの姿をみたくて、樋井川の河口に近いところをジイイーーと目を

凝らしてみていますが、一匹も発見できませんでした。

 

去年のあのハゼの群れ、まるでクモの子を散らしたような、活発に動き回る

ハゼの群れはいったいなんだったのか!

自然界に果実も「当たり年」「裏年」があるように、魚の世界も毎年の違い

があるのでしょうか?

しかし、柿の木と、魚は同じではないなあ

今年は、遡上するサケの魚も、洋上で捕獲するサケの魚も少ないそうです。

イコール高値!

その道の人達に聞くと(漁師だったり、学者さんだったり・・)

水温、洪水が多かった、イルカが増殖してサケをかたっぱしから食ってしま

った、帰ってきて登る川が発見できなかった・・・などなど

「はは~~ん」と、ぼくがきくと、単にそれは「推測」の域をでていない。

サケの稚魚の放流が河口すぎる、もっと上流であたかもそこで(川)孵化した

かのように、川のにおいを覚えるほど慣れ親しむ期間がすくないからだと思う。



釣り友だちから電話があった。

釣りクラブをつくったという「ほう!それはおめでとうございます」

五島の白瀬で11キロのアラをあげたという「うわ、それはおめでとう」

   ・・・・割愛・・・

そろそろ、今度は、ぼくが「おめでとう」といわれる番なのだか・・

なかなか・・・です

メーター超えの釣り応えのある奴を釣りた~~い!
コメント

午後の部

2016-10-27 15:09:38 | 日記
普通にごはん食べて、ボーーと、テレビをみて、過ごしています。

「ピコ太郎」なるわけのわからことをしゃべりながらおどる光景

なにが面白いんだか?

しかも世界で人気だとかいうんですねえ、ふしぎな時代だ


まるで、ドロボーが入ったような、物が散乱している部屋

しかし、このまるでガラクタ、に見えるかもしれない一つ、一つ

が、何一つとして無駄なものはない。

ガラクタもどきに囲まれて、釣りの準備にかかる貴重な時間が

ぼくの「宝」に値する流れゆく時間なのです。

 

庭の大根葉、育っています。もう少しでぼくに食べられるとも知らず

 

オリンピックの候補地として、たびたびご登場の県知事さん

わがクラブの吉*さんに酷似してません?

 

 
コメント

10月27日  快晴

2016-10-26 18:09:42 | 日記
おはようございます。

今日は、福岡は爽快な秋晴れです。青い空が広がっています。気温も秋。

そして、

日ハムやってくれました!

つい!うおおおおおお!と歓喜の大声を発した。

ソフトバンクがいない今、広島がにくいわけじゃないけど、ソフトバンク

に勝って、パシフイックの代表に決まった日ハムに応援しているぼく。

昨日の試合は、息を抜けない時間の緊張の何時間かでしたねえ。

国歌斉唱からはじまり、ぼくは正座してスタートを迎えます。

国歌を口ずさんでいたのは広島の「丸」だけでした。偉い!

偉い!のだけど、一応、敵としてみなさないと、試合にならない。

その丸が空振りに倒れたとき、ひとりバンザーイ!と叫んでしまった。

日本に独居老人が600万人いるといわれる人々にも野球は「活気」を

与えたに相違ない。

ほんとに、面白くなってきました。

  しかし

そもそも、「クライマックス」なるシリーズなんで要らない、と思い

ません?

それぞれの、リーグを一年間真剣に戦って、勝ち取った王座、なにの

いまさら、なぜ3位のものが、あらためて(テレビ広告収入のために)

二度めの王座をかけて戦う必要などないと、おもいます。

こういう点は、多国の様式に追随する義理はいらないと・・


いやあ、日本シリーズ、見せて(魅せて)くれますねえ

セントラルの王座に輝いた広島

片や、パシフイックの王座に輝いた日ハム

両者、互角になりました。

客商売をやめたいま雑念なしに日本シリーズを楽しんでいます。


   

今日は快晴ながら(昼から曇り)、明日は本格的な雷雨が予想されて

います。

なので、ハヤの会のアラ釣り1泊2日の釣りは土日に延期となりました。

コメント

午後の部

2016-10-26 15:37:59 | 日記
今日は、セメント工事を始めて、午後3時まで「左官さん」でした。

野良犬がはいりこみ、折角の苗が荒らされたのでは、立腹する

では、日曜大工の好きさをいかして、開き戸を作ろうかと考えた。

ます、立木を取り除く、セメントを塗りこむ部分に、基礎石を敷く。

水を吹きつけて、セメントとなじませるように・

次に型板をはめる、

よいしょ、よいしよ!とセメントを練り、セメントを塗る。

乾くまで養生の期間をおく

乾いたらレンガをならべて出来上がり、植樹をする、完成は週末。

 

たったこれだけで6時間(左官さんに昼食1時間休憩あり)時給0円。


少し、腰にきたので、今日も整骨院にてマッサージとアイッテッテテ!



唐沢寿明が宣伝している「鶏の手羽元ポンズ甘辛煮」を作りました。

酢は体にいいし、骨からのエキスもコラーゲンではないかと・・

さらに、外出したついでに、アジの刺身を買い求めたパック298円

そして、いつも常備の「ポテサラ」たっぷり・・・

冷蔵庫には、牛乳もヨーグルトもあるけれど、よくよく賞味期限を見る

と、9月の中ばにとっくに切れている。

カルシュムをと、買えば安心して、飲んでいない(困!ったもんだ)



日本シリーズは今日が第4戦、テレビは6;15からだそうです。

日ハム派ですか?

広島派ですか?

ぼくは、どちらにも勝たせてあげたい。

広島には、止められない「勢い」がある

日ハムには、消沈気味の雰囲気が漂っている

広島には黒田に華を持たせたい、黒田には敵味方とも拍手がある。

                 (最後の舞台というのもある)

日ハムには、大谷がいる。大谷はひいき目にみてもみんなが応援したい。

             (日本の宝だ。愛くるしい可愛さがある)

んんんん・・どっちもやっぱり勝ってほしい。

どうするんだ!

はい、どちらかに決めろ。といわれれば

ソフトバンクが負かされてしまった「日ハム」に応援します。

日ハムのやさしそうな監督さんに人生の華を持たせてあげたい。

(広島フアンさん、すみません)


   では、また明日!

 
コメント

10月26日 ヤフーのスゴイーミス!

2016-10-26 04:38:54 | 日記
おはようございます。

朝、目がさめて「ヤフーニュースを」をみて!

なにこれ?!



これでは、気付きませんでしたが・・



この画面でも、気付きま・・んん、なんだこれ!と?



広島とソフトバンクが戦ったことになっています。



最近、野球に詳しくなって、この投手名は日ハムだよな・・なんで

ソフトバンクとなってんだ?

おそらく、午前9時頃には「訂正」されるでしょうが、貴重なミス

の画面をとらえてしまった。

ソフトバンクフアンの方が、記事にしたのかな?


最近、天気が不安定で、今週中にアユ釣りを検討していたのですが、

今年のアユは、あきらめました。


昨日は、壱岐で釣れた小型のクロを煮付けて酒の肴になりました。

五島のイシダイの餌に確保した「ジンガサ」も肴にしておつまみに

したが、なにしろ「堅い」歯をいたわり、食すのはほどほどにした。


不規則な時間に目がさめたが、(午前5時)

昨日お酒(晩酌=焼酎60cc)から11時間経過した、朝酒を

すこしだけいただいて、また寝ます。


昨日は、買い物と散歩に2時間を費やし、軽い汗をかいた。

NHKためしてガッテン!が昨夜再放送あり、突然死には心臓を囲む

脂肪のかたまりが原因である、その脂肪をとるのに心拍数をすこし

あげる(普通が80とすると120ぐらいまで)運動が必要だと

結論づけた。そのちょうどよい運動になったようだ。


では、今日もよい一日でありますように・・

コメント

10月25日 くもり

2016-10-25 10:29:23 | 日記
おはようございます。

昨日、ブログにアクセスできなくなり、書き込みができなくなるというトラブルに

なってしまいました。

しかし、ほかのルートからバックアップがあり、開通することができました。

もし、お気に入りで開けなかったら、今一度「浦島太郎釣り日記Ⅲ」で開いてやり

なおしていただけると幸いです。

ご迷惑おかけしております。




昨夜は、ちょいと飲みにでかけて、カタウンタの隣の野球にくわしい方と詳しく

ないぼくと、野球談議して、深夜12時ごろかえりました。

今日は、第三戦の日本シリーズ(広島では視聴率63%を記録)見逃せません。



いま、台風のおかげで(せいで)野菜が暴騰しています。

我が家では、夏野菜を入れ替わりに、種からほうれん草としゅんぎく、葉大根を

植えていて、かわいらしい芽がでてきました。

ところが、野良犬(足あとで確信、逮捕状請求)の畑ひっかきまわしのあとが

あり、ちと、こまったな!という程度の被害をうけています。




今週末に、ハヤの会でアラつりに行く予定なのですが、雨が木、金、土、とマーク

がでています。夜の雨で釣りというのも、釣らいですね。

リーダーの判断待ちです。

ひとり一本の竿だしで、さあさあ、さあ勝負!勝負!だそうです。

もちろん、テント(タープ)のもとで、バーベキューも用意すろそうです。

ぼくは、雨でも構いませんが・・

  

  

  

みてもわかりませんねえ
コメント

10月24日 はれ

2016-10-24 17:56:20 | 日記
こんばんは、わけあって、こんな時間になりました。午後6時。



10月22日シマノSWFCの壱岐の大会は、雨、一日中雨、でも雨はクロ釣りに

とっては、好都合かとおもいましたが、ぼくに釣れるクロは、25~30cm位の

小型ばかりで・・期待だけが大きく、離島の魅力に触れることはできませんでした。

シマノの磯カタログにも掲載平和名人さんとも親しく談笑し、有意義な大会でした。


また、シマノさんからは、特別にSWFCに限り、新商品を実釣で試す貸し出しも

していただき、その細身、軽さ、粘り腰を体験することができて、感謝した。

また、この大会を運営実行していただいた、只松代表にもお礼を申し述べたい。

   


10月23日も雨、この日は、孫との釣りを約束していました。

「海は飽きた」という孫の意見で今度は、川の「ハヤ」釣りに行こうと決めていた。

ヘビのいない安全、安心の豊洲ではなく、佐賀県の公園の横の川をわざわざ下見に

いったほどの念のいれようだった。

ところが「雨」でしょう。

昨日の壱岐の釣りも雨で、ないもカニモがずぶぬれで、帰ってからの始末に時間が

かかり、夜になり、できることなら、連日は行きたくなかった。眠たいし。

そこで、メールを送る。

eーmail「雨だし、川は増水しているし、孫は危険だから、釣りは中止しようか」

即、息子から返信「行く気満々、モチベーション高揚、ならば、チヌ釣りに行きたい」

と申しています。とのこと。

そこまでいうのなら、平戸に連れて行こう。

釣りの準備も、糸結びもできない息子、孫4人とぼくの、チヌ釣り道具を取り揃え、

キャンプ如きの、野外ナベも用意して、その準備もして、早朝平戸につくには、もう、

まもなく出発しなきゃならない、眠たい。

5人で、平戸のとある防波堤に未明に到着しました。雨に敬遠されて、ぼくらで独占、

先端を確保することができました。

雨が「うざい」不降り方をしています。雨着は着ないといけない位です。

午前11時には雨はやみました。

しかし、風が突風となり、ないもカニモが吹き飛び、イライラの釣りになりました。

ぼくのシマノの帽子もとび、玉網ですくうこともできないくらい、遠くまでとび、

投げたウキをつかむこともできないくらいの台風、暴風、嵐ほどの強風!

めげない孫にとうとアタリがきた。


グワン、ググーー、耐える竿、孫、とうとう突っ込まれてラインがブチッ!(1,7号)

キター!グウウグウウーーー孫、耐える、持ち込まれるラインブチlン(1,7号)

しばらくアタリが途絶え、漁協の風をさえぎるところを見つけて鍋に火、グツグツの

鍋を囲み、作戦会議

午後、満潮を迎えて、孫の手にかかり、マダイ、メイタ、クロ、サヨリが釣れた。

そうしたら、また大きなアタリ、グイグイと持ち込む、チヌ・・・

もう、これ以上はバラスわけにはいきません。

「ちょっと、今度はおじいちゃんに任せて!」と、竿を取り上げる

「ええ?ぼくが釣りたい、ぼくが」というのを切り捨てて慎重に取ったチヌは45cm

バラシたチヌもこんな型に違いない。

今度、自分一人で、真剣に釣ってみたいと、本気で思う平戸の釣りでした。

チヌ45が本日の最大、メイタは何匹か釣れて、孫も満足の様子です。雨にも風にも

「ものおじ」しない、釣り好きは、ぼくのDNAか?!

 

 

 

 


今夜は、ちょっと一杯!

唐人町の駅前あたりにグイと飲みにでかけようかと、策略中。


  
コメント

10月22日 土曜日

2016-10-22 00:45:16 | 日記
おはようございます。

今日は、待ちに待った、長崎県壱岐での「クロ」釣りにいよいよ出発です。

午前00時40分、そとにでてみました。

予報は雨ですが、真っ暗な夜空を仰ぎ見ると、雨は小休止、うっすらと、

垣間見る雲は、あまり動かず、風もなく・・といったところです。

つまり、波2.5mから2mになるという予報ですが、大したことのない

静かな海ではないかと、いいほうに考えるのであった。


そして、いよいよ、日本シリーズ開幕

決勝戦に地元ソフトバンクがいないのが寂しいですねえ


まずは、壱岐の大きなクロ釣りに情熱を傾けよう。

約30名の大会ですから、むふふふ、やっぱり、優勝をねらわなくちゃ。

 

では、そろそろ迎えがきてくれる時間です。


ではまた・・


   
コメント (2)

10月21日  くもり

2016-10-21 07:41:21 | 日記
おはようございます。

昨日、丹精込めて作った「ポテトサラダ」はタッパーにつめて、一輪

の持って行きました。なかなかの人気で、ぐんぐんなくなり、またの

約束をしてしまった。

ソフトバンクが田中正義を引き当てるころ、ぼくは一輪で久しぶりの

お酒をのんでいました。

クジ運もいいなあ

日本一がグッと近づいた、というか、とったようなもの。

楽しみです。



いよいよ、明日になりました。

SHIMANOフアンのクラブ「SWFC」の釣り大会が行われます。

代表の只松さんに聞くと、30名くらい集まったそうで、なによりです。

長崎県壱岐を舞台に「クロ=グレ=メジナ」をターゲットにした大会。

もし、キロクラスが釣れたら、即日、東京、大阪息子家族に送るとしよう。



今日は、釣りの準備です。

しかし、クロ釣りのサオって進化してきました。

新製品のクロ用のBBX-SP1・5号、5,5mで230グラム

     〃  BASIS1・5号、5,0mは177グラムです

道具は軽く、釣る魚は太く重く長く・・




人を前にしておしゃべりする、そしてお酒をのむ、笑いながら飲む酒は

体にいい

はずですが、日本酒、焼酎、ビールと飲む過ぎると、昨夜は気分が悪く

なって、「ぼくにはたして明日がくるか?」そんな不安に駆られた長い

夜でした。

おかげをもちまして、命を長らえながら明日(つまり今日)がきました。

      感謝。

もう、年なんだから、すこし抑えて飲むことを覚えよう。

いつもの朝のコーヒーで今日も幕明けです。
コメント

午後の部   台所時間

2016-10-20 15:56:34 | 日記
熊本に赴任しているジャングル君に、災害支援の労をねぎらい、

球磨川の落ちアユの情報をきいてみたところ、親切な回答をい

ただいた。

But、落ちアユは、釣れてもオスは炭のように黒く、おいし

くもない。という地元釣り具屋さんの話も聞いた。

無理して行くことも、あまり価値がないような気もしてきた。


今日は、朝から台所にこもりっきりです。

昨日、釣ったハヤは、昨夜処理済である。

今日は、グワバの実も(時期がおわり)ジャムにしてみよう。

 

 

ゆでピーナツも作ろう

 

いつも常備の「ポテトサラダ」も作ります

 

ジャムは、弱火でことこと煮ます。ついていて絶えずまわして

いないと、すぐに焦げ付きます。なんと5時間もかかりっきり。

それでも、だんだん煮詰めていくと、ブツブツと吹きだして、

ちょっと、ほかにことに手をまわしたために、中心が焦げた。

大したことではないが、たいへんだった。


今日は、ぶらっと、一輪にでも顔だしてみようかなと、思って

います。

 *グワバとは

 相棒の杉下の元妻役、高樹沙耶が、降坂していまは、謎の男

 3人とともに、謎の南の島暮らしをしている。

 その沙耶が島の土地に、4つの苗木を植栽している、その中の

 一つが「グワバ」の木だそうです。

 グワバは熱帯性。グワバ、ストロベリーグワバ、テリハバンジロウ

 の種類があり、どうも、吾輩の木は最後のテリハ・・みたいである。


吾輩といえば、「夏目漱石の妻」NHKが終わり、楽しみがなくなり

ちと、さびしい思いである。

 
コメント

10月20日  (木)

2016-10-20 00:12:51 | 日記
おはようございます。

今日の一番のスポーツニュースは、ドラフトでしょうか?

我が家のニユースはなにもない予定です。

昨日は、ハヤ釣りにいってきました。

念には念をいれて、すいすいと行く予定でしたが、予定はあくまで予定

でしかありませんでした。

お迎えしていただいた釣るちやんと、乗った瞬間から、笑いが絶えません。

地図も印刷して、行程も頭に、念入りにインプットしているはずが・・・

大きく道を間違えて、1時間で着く予定(30キロ)がなんと、2時間も

かかってしまい、お目当てのポイントには、にんまりとした、微笑みの

地元のおじさんが、しっかり押さえている。やられたああ!!

あちらはニコニコしているが、当方「ああ~~あ、このおじさんがいる

ばっかりに・・」と、腹のなかは、笑い、微笑みで返すのは困難である。

  

(ポイントを取られた!)

仕方なく、その下流に構えます。

が、また難問、グーグルに映っていない「藻」が茂っていて、棚がとれ

ません。根がかりばっかりーーーーコマッタ。

  

ぼくは、てくてくあるいて、方々を探りをいれて、新規開拓にでる。

ぼくは、ポイントを探す、歩く、また歩く、相当な時間をかけたが、お

目当てのハヤのツボはありません。


よしっ!移動しよう、ガッテン!

ただ、嘉瀬川を上流へ向かえばいいだけなのに、なんだか道が違う。

川上峡、R*園までは、上流にわずか3キロ程度のはぜなんですが・・

「ちょっと釣るちゃん、なんだか、道がちがうけど・・」

「ナベさん、なに言うと!?ぼくいはねえ、地元よ、ここが地元よ」

と、いうもんですから、頭をひねりながら、お任せすることに。

結局、わずか3キロのはずが、長崎県近くまで行ってしまう

また、ここで大きく時間のロス、3キロを1時間もかけて到着、しかし

川に魚の影がみえません、また、ポイント変えて、左岸に移動します。



うわああ!

「なに?どうした!ヘビね?」ぼくは問いかける

「ヘビ、ヘビ、がいる。動かん!逃げん!」釣るちゃんも固まったままだ。

ラグビー選手みたいな体格の人間と

それに、対峙しているヘビ、ヘビも怖いはずだ、


ヘビ鎌首を持ち上げるシャーー!・・爬虫類の代表

釣るちゃん、あっちへ行け!・・人類の代表

しばし、にらみ合いの長い時間が経過、投げる石もない、たたく棒もない

ぼくは、なにも救援できないでいる


長かった3分後、ヘビがビビりながら積み石の穴に逃げ込んだ。

一同”ほっ”


かなり離れたポイントで最後の釣り時間だと、気合を入れてかかる。

 

 

シロハヤが食いだして、がぜん面白くなり始める

シロハヤ、ヤマソハヤ、ウグイ、コイ

一方、ぼくには、ヤマソハヤばかり、今更、場所の変更なんで時間的に

できないし、午後3時に、釣りを終えることにしました。

甘露煮に、したのは30匹。

結果は大不漁

しかし、とても、楽しい、楽しすぎる時間をもてました。

最初のポイントさえ空いていたら、結果は、GOODだったと思います

が、釣りには、絶対がないことを、今回も知りました。

 

帰りの途中で、西区に東入部という地があります。

そこに「じょうもんさん市場」というJA市場に、生落花生が入荷した

ら取り置きをお願いしていたので、入手して、また「ゆでピーナツ」を

つくります。

今回も「旅のような釣り」を楽しみました。

甘露煮ができたら、次の例会で、釣るちゃんと、ぼくから、サービスで

提供するつもりです。(焦がさねければ・・んんんがんばります)


         19日(木)深夜午前0時58分 記

コメント

10月19日

2016-10-19 02:18:50 | 日記
おはようございます。

今日は、早朝、ハヤ釣りに、出発いたします。

今日、ほんとに便利だとおもったのは、行先をストリートビューで見れるし

川のどのあたりに、ウキを投げるかも見れるし、栗っクすると、家からの

距離も、ルートもでるんですねえ

いやはや、便利というより「魔法」ですね


  ありがたい

                  っク 

たかが「ハヤ」でも興奮して眠れません・・・

とうとう、朝まで録画をみたり、酒のんだりしても、・・・眠れなくて。

そして、出発というときに、眠たくなってきた(もう!)         
コメント