浦島太郎釣り日記ーⅢ 浦島太郎クラブの仲間とぼくの日々

浦島太郎釣クラブと自身の出来事などなど

4月28日 未明

2017-04-28 01:45:53 | 日記
おはようございます。

とうとう、明日から今年のGWにはいりますねえ

中には、9連休もある方もおられるようで、

休める人、休めない人、こんなとき、いろいろ人生考えさせられます。

ぼくの場合、働き盛りには、流通業だったので、「人が休みのときは

働く」当然のことのように、その代休がもらえたので、平日に釣りに

行けるだけで、とても幸せでした。

今は、時代の波の外にいまして、毎日がGWです。

でも、実生活は決してゴールデンというわけにはまいりません。

節約、節約・・


さて、とうとうやってきました鹿児島の釣り(4/29~30)

わくわくしています

その分、荷物も多くなりました。

ぼくの車は、ブタの子一匹はいりこむ余地(空間)もありません。

今日は、午後7時まで「孫の剣道教室への送り迎え」がおじいちゃんの

仕事としてあり、午後7時半には、釣りに向けて出発です

今日は、エサの手配(中原釣具)もあり、おおわらわです。


では、このブログでは、もう来月ということになりますが、

しばらくお目にかかれません、

会社のパソコンでみているかたには、5月8日までお会いできません

ねえ、お元気でおすごしください。

では、来月!

そうそう、アオリイカも1キロ、2キロ級が釣れるといので、聞き捨て

なりません。その道具一式も加わえることにしました。


では。

次は、5月1日UPします。
コメント

4月27日  はれ

2017-04-27 09:47:59 | 日記
おはようございます。

今日は、昨日とは打ってかわったいいお天気になりました。

今日は、これといってお話することはありませんが、茶飲み話程度に

筆を(指を)滑らせていきますね

 

季節がすっかり入れ替わって、ぼくが毎日小鳥にエサをやっていた

くだんの場所が寂しくなりました。

メジロ、ヒヨドリ、ヒヨドリ似の色違い種、スズメたち

強者のヒヨドリが冬の間独占していて、スズメはすっかり、来なく

なりました。

そして今は、小憎いカラスがやってきます。


 

こちらは、大根葉、すっかり大人になり、開花させて、若い菜の

時期を過ぎ、食用とはなりません。もう、引っこ抜いて、廃棄の

時期なのですが、モンシロチョウが卵を産みつけている光景を目撃

したばっかりに、無事に卵が蝶になるまで見守ってやることになり

ました。



夜に明かりをつけてまで、釣りの準備をする気にはなりません。

昼は、釣りの準備、ちょいと出かけて、魚売り場をみてまわる。

おっ!KKBさんが、サザエの有効性を熱く語ってくれた矢先

です。なんと1ケ50円でありました。即買い!です。


そして、今日も(昨日のことです)晩酌の夜がやってまいりました。

テレビみながら・・ぐい、ぐい・・・

   ・  
 
   ・

気がつけば、深夜;おっと、またほんの少しのアルコールで熟睡。

               (60ccの焼酎にお湯)

深夜、第二部の晩酌がはじまります。

ウイスキーにお湯、サラミ、タケノコ煮つけ・・

見た録画は、これ

 

吉田類の酒場放浪記

今回は、東京の下町

さらに、これ

 

六角精児の「呑み鉄」NHK

お酒と鉄道をたのしみながら、めぐる地方のグルメとお酒

今回は、島原鉄道の旅でした。

九州だし、行こうと思えばいける、湧水の町、おいしい酒蔵もあります。

ついつい、主人公にあわせて、酒をとりだし・・六角精児と旅をしてい

る気にさえなるのです。


        ・・・・・・そろそろ寝ますか(深夜3;00)



そして、今日を迎えたというわけです(目が覚めて、ああ、生きていた!)

今日も部屋いっぱり散らかった釣り具、準備の大半(時間)は探しもの

です 💦

コメント

午後の部

2017-04-26 14:24:43 | 日記
 尾瀬の観光地にて

みなさま

 

 



こちらが水芭蕉で有名な

尾瀬湿原でございまーーす。
 


 

 みなさま

 

こちらがこの度2回目の

今村失言でございまーーす


 

 


失言つながりでした。
コメント

4月26日 雨

2017-04-26 05:48:26 | 日記
おはようございます。

甑島の里の磯に心は飛んでいます。

イシダイを釣るワイヤも38番から37番にあげて作成しています。

イシダイはいつも悩むのがエサ、クロとかチヌはいつも決まったエサ

でいいけれど、イシダイはその時期とか、釣り場とかで、あれもこれも

と、ついつい増えてしまいます。

今回は、赤貝、ガンガゼ、まき餌はカラス貝ですが、これにバフンウニ

も、必要なのかな?と。

(大昔、ぼくが初めて口永良部に行くことになったときは、イセエビ

 だった、イセエビを踏んづけてまき餌、付けエサは白い身を針に糸

 で巻きつけて・・・)


 


庭にあるゆずの木から、ぼたぼたと時期的に落果する

もう、季節がおわったなと、全部実を回収して、ジャムにすることに

した。

仮に30グラムあったとしても、100ケ以上になると、約3キロ

3キロあると、砂糖は1.5キロ

ゆずの種を取り出し、ミキサーにかけて、大きな鍋で煮ていく

水飴と、ブランデーをいれて、さらに煮ていく

焦げるので、鍋を2回ほど移し替えた

さらに、弱火でぐつぐつ・・すぐ焦げるので、常にかき回しながら

ぐつぐつ・・・

釣りの準備もあるのに、・・ああ、気が散る

 

一日かけて、ぐつぐつ・・

だいぶ、とろみもできて、量もまとまってきた。

味見、んんんん!えぐい、苦い! なんで?

とても各子供の家に送ることはできない、苦いと胃にも悪そう

そこで、ネットで調べてみた

はじめに、皮を剥いて、その皮を2度、3度ほど煮こぼして苦みを

とってから、ジヤムにするためにコトコトと煮ていく・・

だそうな

苦みをとってから、煮る

もう、ここまでくると、手の打ちようがない

まる一日の苦労と材料と、実ったゆずさんに申し訳ない

「廃棄」

という結果になりました。来年こそはおいしいゆずジャムにして

みせる。

そんな一日を送った昨日のあれこれでした。

今日は、どんな一日になりますか? やっぱ釣りの準備ですね。

 

西崎の防波堤

 

双子のハナレ

左の小粒な岩、これがぼくにはNO!

2回のったけれど、イシダイを釣るには至っていない(名礁なのに)

もし、乗れれば、叶うならここに乗りたい

 

黒神はグーグルでははっきりしない。

上物では抜群、一回いったけどクロがよく釣れた記憶がある(30年前)

今朝からコーヒー、お茶、コーヒーと、磯がしい



  *  *  *  *  *  *


Yさん、お花の名前、いつもありがとうございます。

魚とちがって、花の名前って図鑑で、これだ!って探すの大変ですよね

まず、「探す」そのとっかかる、なにから手をつける?わかりませーーん。

魚なら、「海の魚」「川の魚」みたいに・・

「花」は・・・????

女性にバラをあげるくらい、その時だけ(下心)・・((笑)

でも、ですね、家に(庭)花がるっいうことは、心が安らぎますねえ。



コメント

4月25日 くもり

2017-04-25 11:10:53 | 日記
おはようございます。

昨日は、釣れたコアジの面倒な処理過程を経て、アジのにぎりに挑戦しました。

まず、ご飯を炊いて、できたご飯をすこしさまして、「寿司酢」をまぜます。

 

漫画「おいしんぼ」によると、にぎる米は180粒、空気を含むぐらいに

さっと、にぎり・・それがなかなか・・

ご飯が左手にくっつき、寿司が思うように握れない。

まあ、自分で食べるものだし、こんなんでいいか!と一応写真のために、

並べてみました。大きさ不揃いの10ケのにぎり、味はまずまず、でした。

コアジの握りもそうですが、刺身がおいしいですね。

次回も釣れたら小アジは絶対キープです。

 


昨日は、甑島直前ミーテイングが行われました。

場所は西新、地下鉄、早良街道、大濠近辺など、交通アクセスに都合のいい

人達、(ぼくは歩いていけます)が、甑島釣行参加者8名なのに、来た人は、

それを越す10人、まあ、楽しくのみました。生ビールなら一人で15杯は

ぺロリというつわものもおられます。

ぼくは、もっぱら、熱かん(日本酒)で応戦。

割り勘なので注文に躊躇なし!という意識で、注文もどんどん、お酒も滝の

ように、胃の府(滝つぼ)へと落とし込んでいきます。

6;30~~~11;00まで、もうふらふらです。

       

胃がでんぐりかえって、苦しんだ記憶がありますが・・時間が経過して・・

おかげ様で、今日は、目が覚めたのは午前10時、胃もすっかり回復いたし

ました。(決め事はあえて割愛しますね。)

カメラを忘れたので、写真はありません、いつもののんべええのどや顔です。


明日から、いや今日の夜から雨だそうです。

庭の草木も雨を待ち焦がれています。

カラーが咲きました

 

つつじも満開、赤と白があったのですが、離婚とともに赤のつつじだけ枯れた。

 

大根葉は、もう野菜というより、雑草の感あり、モンシロチョウが卵を産み

つけています。となると、卵がサナギになり、白い羽を広げて飛び立つまで

みとどけないと、いけませんねえ。写真を4分割、右・上にモンシロチョウのお母さんが。

 

ほかにもこんな花が満開!

 

地面に這いつくばるように・・小さな群集

 

これは、Y村さんに教えていただいた「ライラック」背景はお隣さんです。

ライラックといえば、ぼくが高校生のとき、バイクでチエーンのない(シャフトで

後輪に動力を伝える)のがお目見え、当時は陸王、とかメグロとか、・・・懐かしいなあ

 

最後になります。リンゴの花です。去年は小粒=直径3CMが一個実を結びました。

 



今日から、甑への準備にとりかかります。

一日目はイシダイのみ

一日目の夜は、マダイ、イサキ、アラ

二日目は、未定です

里の磯は、魅力が尽きない。さて石原船長にお会いするのもひさしぶり、期待の

一泊2日です。

 

 

 

コメント (1)

4月24日  はれ

2017-04-24 14:15:13 | 日記
登山の帰りに、100ちゃんにぼくんちに寄ってもらいました。

パソコンで、車で走行すること65キロ圏内の釣り場を2人で、

探した。

ここはどうだ、こちらもいいねえ、などと話しながら明日行く

安近短の釣り場を探しまくる。

そして、

車で約40キロの佐賀県唐津市、高島の西波止に決めました。

西波止はボーズ知らずのいいポイントである

はじめて連れていったわがクラブ最年長さんのHさん(エッチ

なのではなく、すこしHだけど、**さんのイニシャル頭文字

です)ええっと、なんの話だったかな、あ、そう、そのHさん

見事に46cmのチヌを釣られています。



そして、ついに4月23日を迎えました。

午前7時でも気温は8度C、寒いは寒い、しかし、気温はグン

グンあがるはずであった。

  

車を置き、(P=400円)観光地唐津城の橋を渡り、島との

足、連絡船に乗りこみます。乗船券210円、手荷物160円

エサは、1180円で調合した。

 

 

あっ!船に乗りこむと、海に流れるウキ発見!じわじわと潮が

船に近寄ってくる。でもウキが拾えるほど近くに接近する前に

船は出港する(ああ、もったいない)

船には、宗教の一団体さん、観光客、大勢が乗りこんだ。

船は一路、高島へ

すると、目指す西波止場には、3人の釣り人がすでに陣取って

いるではないか!ガクッ

ならばとすでに、想定内なので、第二ポイントへ急ぎます。

そして、釣り開始

 

ところが、まき餌には、想定していなかった「アジ」の群れが

ドオオーー、どこに撒いても、アジはドドオオと群れます。

釣り雑誌には、まき餌を、分断して、きっちり遠方と足もとと

切り離して・・釣りますと、書かれていますが、なかなか・・

数が多く、遠方もいれば、近場もいます。


そうですね・・

あ、有名寺院での節分の豆まき行事がありますね

手前も、100m遠方まで人がいるじゃありませんか、あんな

様子で、アジ、アジ、アジ・・

「その内、潮がかわるよ」と期待して、打ち返します。

午前9時、風が強くなり、寒くなります、次第に寒さがまし

ぼくは、ガタガタしてきた。ときおり帽子を吹き飛ばす勢い

11時になり、ガタガタしながら、もうたまらん!凍てつく

100ちゃんが、上下のウインドブレーカーを上を脱いで、

ぼくに貸してくれたのです。友情とでもいいますか・・

これで、温まったぼくは、ビシッ!と、チヌをかけたのです。

 

(あ、やられた!)と思ったにちがいありません。

恩を仇で返した格好になりました。

余りの寒さに、NO1釣り場の西波止場には、すでに退避して

釣りびとの姿もなくなりました。

 

が、風がすこし治まって、お昼すぎに戻ってきました。

それほど、寒い、体感温度0度(ぼくの感じ)の寒風は強かった。

釣りのポイントを変えて、とうとう100ちゃんにグイとチヌ

のアタリです(よかった!)

ぼくは、すぐにカメラで動画を映しました。(フエイスブック公開)

上げてみたら、メイタクラスでしたが、よかった、よかった、2人

して、大喜びです。

 

 

午後1時20分の連絡船で帰ることになりました。

(日曜日は、渋滞に遭遇するので、早めの納竿としたのです。

  *たら×れば=アジさえいなければ、チヌ6匹のはず

        アジはアジでも30CMあったらば本命になるけど


まとめ;釣りはやっぱり、楽しいいいいいいい!

さて、総決算、片道40キロガソリン970円÷2=約500円

       エサ1180円、駐車場400円÷2=200円

       都市交、使わず、手弁当、連絡船210×2

                   手荷物160×2

       合計2.620円   安近短なり



今週末と迫った、鹿児島甑島の釣りには、都合8名になりました。

こちらは、渡船、エサ、食費、交通費、ざっと見積もって33,000円程度

となります。

本日、細部にわたる打ち合わせが行われることになっています。6;30~

コメント

4月23日(日) はれ

2017-04-23 18:46:45 | 日記

4月22日(土)は、いただきもののダブルラッキーな日でした。

朝、100ちゃんが、熊本の知人から段ボールいっぱいの「阿蘇のタカナ漬け」を

いただいたので、いまから持って行くという電話でした。

山に行くので、ついでだからということでした。

(ぼくは、考えた)・・・・・・

(行きませんか?ということかな)

(誘うと断られる、「山に行く」「タカナを届ける」この2つを重ねると・・)

彼が来た。

「楽な山で、小一時間かな、雷山に一人山行なんだ・・」

「ぼくも行っていいかな?」と、つい

「ええっ!そりゃもう、大歓迎!」と”キター”と魚が食いついてきた喜び!を

垣間見せる100ちゃん

(あらかじめ、準備を整えていたぼく)

行きますか!

車は、佐賀県の三ツ瀬峠を超えて、くねくねと、登山道の途中で見つけました。

 

可憐な背の低い「リンドウ」の花

 

これは「林道」?ダジャレです。

取りつきの登山道へ入ります。坂がだんだんこう配をつけてくる

思い付きの参加、久しぶりなので、足が(引き攣る)気になります。

ヘビはいないけど、マムシ模様の不気味な肌色の植物が・・

 

しかも、その植物は、まるでコブラが鎌首をもちあげたような、襲って来そう

 

登山道を進みます

白い花をつけている木

 

林道?、杉木立が深くなり、空気がおいしい

 

 

 

これを抜けると、ミツマタツツジ群生があって、もうすぐ開花時期を迎える

らしい。

えっ?三つ又ツツジ、ですか>芸能界じゃあるまいし、こんな山奥で「三つ又」

とは、やるねええ・・

いやいや、ミツバツツジ、です「三つ葉」

あ!そう

 

だんだん、きつくなりました。

でも、おしゃべりが続いて、放送用語禁止会話も・・

山に登りながら、釣りの話も半分あったり・・

そこへ突然!

 

あと、10分!なんと親切な案内があって”ほっ”

そして、突然眺望が開けて「バンザーーーイ」

 

 

直射日光を避けて木陰でおいしい(温かい)コーヒーと、おにぎりを

ほおばったのであります。

「ねえ、ねええ100ちゃん、明日さあ、今度は海に行かない?」

今度は、ぼくが誘うと

「実はチヌ釣りに行きたいなあ」と思っていたんだと100ちゃん

またひとつ楽しみができた山行でした。

足が攣ることもなく、楽しめました。



山から帰ると、もう一人の友達松ちゃんから、ぐつぐつとゆでたての

タケノコと自作のこんにゃくをいただきにあがりました。

大きな釜(直系60~70cm)の釜にたき火をガンガン!ぐつぐつ

煮え滾るタケノコ、スゴイ!

なんでもやる方だ💦(感心して帰りました)

 

 

 

 

コメント (2)

4月22日  土曜はれ

2017-04-22 18:38:01 | 日記
ぼくは、やっぱり釣りがすきなんだなあ

と思うこと

普通には、「広く浅く」とか「狭く深く」とかいうけれど、

ぼくは、「広く深く」なのか、海の釣りも超離島へ

奄美だって、北のトンバラ岩から、加計呂麻与路島の平瀬まで

甑島だって、北の黒神から南黄金瀬まで、

種ケ島、屋久島、竹島、硫黄、黒島、全島でアラ釣ってますよ

行った離島の岩を数えると、きりがない

川の釣りも、地域を超えて、四国へ、本州へ足をのばす

その実、今度の別府の旅も

きょろきょろと、川の中の魚たちが気になって仕方がない

 

筑後川把木ちかく、夏になると、ハヤがギラギラギンにさりげなく♪

 

湯布院左に近隣湖からの湧水の川がながれる、ハヤ、コイ、テラピア

 

筑後川天ケ瀬、すでにハヤ釣りの夫婦がいます

 

こちらも天ケ瀬、本格的な「ハヤ師」が30匹ほど釣果

 

ぼくも竿をだして挑戦!釣れたハヤは数が出なかったので放流

 

大山川、四国の沈下橋風な車道がいい釣り場ですが常識的に禁止でしょう。

 

大山川、釣り人が川にはいりこんで竿をふる、好きな人はいます

 

エサは、練りえだそうです

 

佐田川もいいポイントがあります、川をさかのぼると寺内ダム

 

車を乗り入れて、釣り場のポイントを作られています

 

甘木をながれる、小石原川、さかのぼると江川ダム、良くいきました。

いかがですか?川の釣りも奥が深いのです。

ぼくには、川が(車を止めて)、いちいち気になるのです。

 
コメント

4月21日 金曜日

2017-04-21 15:15:04 | 日記
長い間、ご無沙汰していました。

大分別府の温泉で、湯治すれば肩も治るかなという一縷の望みをもって

約1週間逗留していました。

が、結果は、返って悪くなったような気がします。

正直なところ、なにも変わらなかったのが期待に背いているだけかも。

 

 

 

至るところから温泉噴出!

温泉県、湧出量日本一!

 

自動シャッターを操作していたら、「写してあげますよ」という若い

女性。

「地元のおじさん風に写してね」といったら

「あれ、地元のおじさんではないんですか?」というもんですから話が

続いて、25歳くらいの娘さんが話してくれました。

「私は、この別府の鉄輪が気にいって、ここに住もうといま、住まいを

 探しているんです」という

「でも、仕事は?」

「住んでから、探します」と

 

 

町には、100円温泉が約150軒あるといわれています。

アパートも「温泉付き」というのを良くみかけます。

ここに、(この町に)ひたすら温泉を満喫してきました。

人生に幕を下ろすその前にしたいことがある「そのひとつ」を体験し

ました。

いつも普通に温泉がある生活も慣れると、浸かって「うおおお!」と

いうありがたさもあまり感じなくなりました。

することもない、

しなきゃならないこともない

毎日同じことのくりかえし

一週間で満足してきました。

クロ釣りのまき餌、遠投はまだ無理みたいです

ゆっくり気長に治していきますか。
コメント

4月14日  はれ

2017-04-14 10:45:16 | 日記
おはようございます。

今日は、春の穏やかな一日になりそうですね

窓から桜をながめながらパーカー万年筆を取りだし、和紙の便せんに

「お元気ですか・・・」と手紙などをしたためてみたい季節です。


         
 

本分にはいる前にーーー

今日のニュースから「リンちゃん事件の殺人容疑者逮捕」40歳代の現役

PTA会長というではありませんか

日本の警察の力ってスゴイですね

それにしても・・ベトナムの父の元へ 

      ・・・まあ、あまり過激発言はやめときましょ

でも、逮捕で、すこしは留飲を下げる、そんな気持にはなりました。


        


 

長崎県伊万里湾にある福島でチヌ釣りが人気です。

(写真はイメージです)

渡船待合所に到着すると、人・人・人・・・うわああ!

「なに?なに?なんでこんなに釣り人が多いの?木曜日なのに・・」

かといって、メーカー大会がある訳でもない

結局、ぼくたちは、2便で釣り場に向かいます(3便まであり)

ぼくら4人の乗る磯はリーダーYさんに「おまかせ」です。

Yさんは予約が取れなかったので、船長さんにその場「おまかせ」

です。

今日は、大潮でその落差は1.6M、低い岩が多い、この一帯は

どこでもというわけにはいきません。

船長は、2組に分かれる岩に僕たちを降ろしてくれました。

仮にぼくの岩はAとする、ポイントにまき餌をして、潮がどんど

ん満ちてきて、そろそろ「チヌ」がというころから、突風が正面

から吹きつけてくる、寒い、冷たい風、震える、当方「薄着」

まったく、釣りになりません。

午前8時、予報にない強い風、正面、いらだちはつのり、釣り放棄!

Aさんは、食事「あれ?A先生も釣りやめたの?」と聞くと

「薬をのむために、なんか食べないと・・」なるほどねえ


風裏をさがし、A先生は後方へ大きな棒ウキを投げています

ところが、A先生の60CMはあろうかと思われるウキがズボッ

を沈んだのです。

釣れたのはいい型の「キビレ」というチヌの種類

「おお!来ましたね!」となんか、ひとこと「褒めておいて」

岩にのぼり、木が邪魔になるが、横風の釣りずらいポイントだが

横にたどり着く、ここにきてなにもしないわけにはいかないのだ。

竿を立てると木に当たる、竿を横にしても木、まき餌シャクも木に

当たるやっかいだ。加えてぼくは、いま肩を痛めて遠投は不可。

きびしい状況下で、Aさんの竿が曲がる。再び「同型キビレ」である



それにしても、Aさんが2匹、ぼくは0匹

なんとかしないと・・・焦りは募るばかりだ

サッカーでも0:3 では・・💦

ぼくは、(肩痛)遠投撒き餌をあきらめて、近くに集中した。

まき餌で、海がそこだけ濁くらいに撒く。

そしてノーガン(ガンダマなし)で、ピンポイントに針を落とす。

すると、ポン・ポン・ポンと、3匹のチヌをとらえることができ

たのです。さらに4匹目を追加。

今度は、Aさん、これは大きい!と横走りするチヌを一人では無理

と判断して、ぼくが木をかき分け、玉網の助っ人にでた。Get!

釣れたのは43CM(推測)のお腹ふっくらの見事なチヌにAさん

大喜び!

(その後チヌを釣りあげ、合計4匹となった模様)

ぼくは、いつしか夢をみていた

  ”はっ”

こっくり、ゴロンときたら、岩から真っ逆さまにドボン!

いかん、いかん、しっかり目を開けないと

 ”はっ”

いかん、いかん、しっかり・・と思いながら、夢をみていた

 ”はっ”

運転中の睡魔に似て、睡眠(ゼロ)不足は極限に差し掛かっていた。

と感じながらまた、竿を持ったまま、また寝てしまっている。

危険を感じて、チヌ4枚で釣りをやめました。


 


一方、釣りはタイムアップとなり、気になる仲間の戦果はというと

Hさんが5匹、Yさんは3匹、ポイント違えど、まずまずのボーズなし!

ぼくの、Aさんも、まずまずの中庸をいく

そして、


ぼくたちの共通の楽しみは「道の駅:」への立ち寄り

まず、「活きカキ」(焼く)、ヒジキ(煮る)、タケノコ(旬)

ツワ(煮る)、大根、デコポン、・・・イリコなど、それぞれですが

お買い物です。

そして、またの再会、再釣を約して唐津でのお別れでした。


      

うろこが飛ぶので、外で処理しました。

あれ?2件

 ①チヌなのに、よこのひれがない?

  退化したのかな・・進化したのかな

 

 

 (真ん中がヒレのない魚)

 ②おなかの中は、ムギがびっしり!コーンもかなり入ってます

  次回の参考にします

4匹のチヌは、針を取り除き、エラ、ウロコ、内臓をとりきれいに

して、行きつけのいつも大喜びする「魚大好き」理髪店にプレゼント

しました。


  釣りって、楽しい・・


お知らせ;

肩を治すために、4月15日から4月21日まで、湯治にまいります。

したがいまして、その間、ブログもお休みさせていただきます。


 

コメント

4月13日 はれ

2017-04-13 01:43:48 | 日記
おはようございます。

午前2時半、外に出てみました。

風もなく、お月様が真上の輝いています。

いいお天気のようで”ほっ”

今日は、福島のチヌ釣りにいってきます。

さて吉とでるか?はたまた?
コメント

4月12日  はれ

2017-04-12 02:12:31 | 日記
おはようございます。

長い雨がつづきましたねえ。

しかし、今朝は雨?くもり?いや、見事な晴れになりました。

咲き誇るサクラも雨に負けてはいませんが、マインドの上では

今年は、花見はおわったな、また来年生きていたら、会おうぜ!

  みたいな・・・

昨夜久しぶりに、雲のない済んだ空をみあげた

東の空から大きなオレンジ色のまん丸のお月さんが堂々と顔を

覗かせていました。

おお!(十五夜か?)みたいな大きなお月様

満月、大潮、マダイ狙いの夜釣りにいいんでしょうね

(ぼくは、満月派ではありません、マダイも闇夜派です)


ところで、長崎県福島に行きたいという、先輩がおられまして、

その約束が13日ときまりました。

最近、よく(といっても2回ですが)ぼくをエスコートして

くれているYさんが、今回も渡船屋さんとの交渉に当たって

くれています。

人気no1のB瀬とその横のH瀬は、すでに(平日なのに)

ご予約で満席だそうです。

「行列のできるお店」なら待てばいいが、磯釣りの瀬はそう

いうわけにはまいりません。

ごく普通の瀬、どこでもいいでよ」とエゴシエーターのYさ

んに伝えてあります。メンバーは4人。

釣り=直近の楽しみです。


  *午前2時半、新潟酒をグビッ!そしてそろそろ寝ます。
コメント

4月11日  あめ

2017-04-11 05:47:21 | 日記
おはようございます。

今日まで雨、なんかちょうど桜の時期に狙いを定めたような、嫌味な雨でしたね

この雨は、釣り人にも、桜とお酒を愛する日本人にも、いやな雨になりました。

来年は、いいお天気のもと、桜でいっぱい、といきましょう。




きょうもこれといって、書きたいことはありませんが、

友人から、なべさんお酒好きだから、これ観たらどう?

というので、

昨夜の「吉田類の酒場放浪記」を興味深くみた

なるほど、

お酒すきなぼくには、まさに持ってこいの番組でした

観ると、ついつい、そのものが欲しくなり

酒を飲み、焼酎のみ、ビールのみ、

画面に出てくるものが欲しくなる性分だ

飲みすぎてもいけない、こちとら、テレビ出演料がもらえるわけではないし、

ほどほどで・・・

 



毎日、世界で、日本で、きな臭いニュースは尽きない

ひと時の平和をゆっくり、お酒でもたしなみながら、ニッポンに生まれたこと

に感謝しつつ、今日もまた、よい一日でありますように・・


コメント

4月10日  月

2017-04-09 23:09:33 | 日記
おはようございます。

にっぽんの桜もヒラヒラと舞い始めましたねえ。

折角の浦島太郎のチヌ釣り大会も雨

夜桜を楽しもうとした人たちの金、土も雨

そして、週のはじまり、今日もまた雨

ま、

天気は仕方ないなあ、こちらの都合にあわせてはくれない

でも、無事に楽しく終わってよかった

今日、お世話になった、景品まで提供していただいた三平丸

船長にお礼の電話をした。

船長にもいたく感謝されて、嬉しかった。

中原釣具さんにも、ほかにもご協賛をいただき(景品を提供)

嬉しい限りです。

大会がおわると、会員の釣るちゃんからの、アツアツの豚汁

やおにぎりをほおばり、「まいう~~」な大会となりました。

優勝は、五郎丸副会長のチヌ50CMオーバー!

やりました!ね。

山口副会長は、わざわざ熊本から駆けつけ参加して皆から

”おお、遠くから良く来てくれたね”

ハグハグ!です

友、遠方から来たる

 

(副会長のご両人、左:優勝の五郎丸さん、右;山口副会長)

 

(豚汁、おにぎり、タマゴ焼き、空腹にうれしい差し入れ)

 

(うまいうまい、おかわり!阿部さん)

 

(うおっほほ!いいね!お酒がほしいと、山ちゃん)

思い出しても楽しいチヌ大会でした。おわり。


今週は、釣りは未定ですが、4/15~~21湯治の旅(別府)

しっかり、肩の痛みをなおして、甑島へ挑戦するつもりです。

  *今回の湯治、貸間旅館、素泊まり3~4,000円で

   自炊する、150ケ所あるといわれるの温泉(100円)

   や、旅館の湯を楽しみながらの温泉療法。

   近くにあるスーパーから食材を調達、または惣菜、夜は

   居酒屋とか・・も、可能。


  本日のブログ、これにて終了です。

今日一日が、良い日でありますようにーーーー

 

 
コメント

4月9日  はれ

2017-04-09 05:48:32 | 日記
おはようございます。

楽しみにしていた「春のチヌ釣り大会」は雨で大変でした。

抽選で、ぼくは佐世保沖のガニ瀬の一番という岩に倉*さんと上礁

潮位が高い上に、低い岩、渡船からとび降りて乗った。

折しも満潮で、張り根があり、なかなか釣りづらい

西を向いて、ボラをかける

南を向いて、午前9時半やっと、一匹のチヌを釣る

さあ、本番!と勇んだがあとがつづきません


倉*さんが、チヌをかけた。ほぼ同型サイズだ

ボラがまき餌に大群がよる

掛けた、ボラだった、なかなか走る、なかなか切れない

本名ではないので、竿が曲がっても、「・・・・」これじゃねえ

ボラ、ベラ、バリ・・・「バ」行の外道がつづく

午後10時半、チヌがやっと続いた、が、あとがない

雨は、あいかわらず降り続く・

霧がたちこめる

低い磯がならびます

ガニ瀬本島、2番、3番、べた・・・かっこいい風景だ

午後2時、納竿時間がきた

検量の結果、ぼくは10位、

同礁の倉*さんは11位となりました。

 

 

 

 
コメント