もじもじ猫日記

好きなこといっぱいと、ありふれない日常

「斬、」

2018-12-16 23:23:59 | 映画
2018.12.15

さて、刀は何の為に生み出されたのか
人を斬り殺す武器としてしか使えない刃物。

農村で田の仕事を手伝っている浪人、杢之進。
剣の腕前はかなりなものらしいが
穏やかな性格で争いを避けようとする。
そんな彼でさえ江戸へ出ようと考える『お国の一大事』とは、
国の為に働く武士の仕事とは何のだろう?

武士にあこがれてか杢之進に剣術を習う市助が
すでに理解出来ない。
本物の剣だったらすでに死んでいるほどの腕前の違いにも
怖さを感じず挑む姿は
狂気じみている。
その姉ゆうと杢之進の間の淡い心の通いも
後に悲劇へとつながる。

その出現が全てのバランスを壊した澤村という剣豪。
人を斬ることに躊躇がないどころか
それが当たり前であるという顔をしている。
しかし、
杢之進に「一人斬れば慣れる」と迫りだした辺りから狂気そのものに変わる。

澤村は本当はヒトではなかったのではないだろうか?
それでは何の為に現れ杢之進に人を斬らせようと執着したのか?
観終わって考えていたのはこのことだった。
塚本監督の頭の中には何があったか判らないが
深いものをのぞき込む体験をさせられた。

あ、中村達っつあんが自前の柄で
ならず者っぷりが板につき過ぎ。
コメント

「教誨師」

2018-12-09 21:43:34 | 映画
2018.12.4

プロテスタントの牧師、佐伯。

死刑囚の話を聞き
己の罪に向き合い悔い改めて
穏やかに死を迎え入れられるようにと
聖書の一節を説いたりしている。
その仕事は無償であり、純粋な信仰心に裏付けられる。

詳細は描かれないが
佐伯と向かいあい話す人々は全て殺人者だ。
饒舌に刑務官とのやりとりを話す女
歪んだ持論を滔々と披露する大量殺人の犯人
不運の人生の果てに罪を犯したホームレスの老人
ヤクザ根性が抜けないヤクザ
普通にしか見えない男
全く口を開かない男

大量殺人を行った青年の語る言葉は
現実にあった事件を思い起こさせるし
普通の男は
経済の歪みに足をとられヒトの心の歪みに追い打ちをかけられて殺人者となる。
遠いところの話ではないことの恐ろしさ。

佐伯が初めて立ち会う死刑の場面では
最小限で表現されているが
死刑制度が現場の者たちに負わせている恐ろしく重い責務を感じた。

文盲であったホームレスが佐伯から文字を習い
洗礼受けたいと話した矢先に脳疾患に襲われる。
そんな彼から手渡されたモノに私も愕然とした。


ホームレスの進藤さんは北海道弁かなぁ、と思いました。
役者さんがなんともいわれない上手さ。
烏丸せつこは怖い犯罪者の役が最近多いような
そして、大量殺人を犯した青年の役の人
目が離せなかった。


大杉連さん、本当にもういないの?
新しい映画をどこかで撮っているんじゃないの?
帰り道に思ってしまった。
コメント

「アース:アメイジング・デイ」

2018-12-08 23:25:34 | 映画
2018.12.7

日が昇ってから夜が更けるまでの一日。
世界中の海から砂漠までに棲む様々な生き物の生態が切り取られる。
美しい映像が沢山。
カゲロウの儚い舞い姿
北極海に棲む異形のイッカク
ハチドリの蜜を吸う羽ばたき

パンダかわいい、うっひゃ~
ペンギンのコロニー
エイって飛ぶのか、あの着水は腹打ち痛そう
なんて何も考えず観ようと思っていたら
ナレーションの内容が情緒的すぎてちょっとなー。

ガラパゴスのイグアナの日向ぼっこは
気持ち悪いが何故かちょっと和みました。


コメント

「日日是好日」

2018-11-23 22:29:48 | 映画
2018.11.13

黒木華、多部未華子、樹木希林
好きな女優さんばかりなのと予告編で観たいと思っていた。
あと、
大森立嗣監督が女性を撮るとどうなるのかと。

高校の茶道部の友人に「茶道って畳の目数えて物を置くんでしょ、面倒じゃん」
そう言ってたのですが
そこがとても大事なんですね、茶道。

樹木希林の茶道の先生っぷりが見事。

典子はねー、最初のはっきりしない感じは
友達になれないなって思って見てた。
美智子の華やかさと対比して描かれるから余計なのだろうけれど。

意味が解らなくても『形』を身体に覚え込ませると心がそこに沿ってくるという
武田先生の言葉通りに
お茶を続けることで行きつ戻りつしなからも変わってゆく典子の様子は
服装や電話の変わり具合で知る時の流れと共に心に染みる。

床の間の掛け軸と茶菓子だけで季節を表現したり
庭の景色の切り取りかたなど
大森監督繊細な表現も出来るんですね。
同じく女を撮れないと言われていた阪本順二監督が
「顔」という傑作を撮った後、
とても幅広い題材を描けるようになったのと同じことを期待します。

典子のお父さん、
海のシーンは無くてもいいのでは?
観ている時にはそう思いましたがどうかなぁ。
コメント

「ボヘミアン・ラプソディ」

2018-11-20 23:46:28 | 映画
クィーン世代って幾つぐらいなのかな。
お客さん平均年齢高かった。

まだ世間に”洋楽”という言葉があって
(今はあんま使わないでしょ?)
輸入盤なんて存在もしらないころ
日本版には訳詞がついていたころ
ラジオで知ったクイーンの曲。
ヴィジュアルは長髪王子様を雑誌で見たのが刷り込まれてたが
音楽はポップでロックで
英語が解らなくてもフレーズが印象に残る曲ばかり。

フレディの生い立ちなどは何も知らなかったので
興味深かった。
でも圧倒的にクイーンとしてのシーンが素晴らしかった。
レコーディングの様子
LIVEの様子。
レコーディングとツアーの繰り返しでバンドが澱んでゆくリアリティ。

フレディの孤独は彼の生い立ちや愛する相手のことだけではなく
バンドは家族といいながらボーカリストとしての孤独もあったのではないだろうか。

とか書いてるが
曲が知ってるのばっかりで楽しかった~。
そして”8ビートギャグ”って本人に似ていたんだなぁ
と思ったのでした。
コメント (4)

「ムタフカズ」

2018-11-01 23:57:21 | 映画
ちょっと甘くみててごめんなさい
という面白さ。

最初は画が気になって
アンジェリーノの異形は意味があるけど
ヴィンスの頭の火はなんじゃ?
ウィリーにいたってはコウモリ要素がどこに?
でしたが
画角やストーリーに
超クールじゃん!とのめり込みました。
バイオレンス要素が多いのですが
乾いた描き方なので恐怖はあまり感じなかった。
(暴力シーンは苦手)

設定が現実とリンクしてたり
ぶっとんでいたり。
久々に劇場でアニメを観ましたが
アニメの醍醐味炸裂。
剛くんはやっぱ芝居上手いわ。
コメント

「太陽の塔」

2018-10-21 23:11:57 | 映画
2018.10.18

詳しく調べないで観に行ったら
”太陽の塔”をつくった岡本太郎のエネルギーのベクトルはどこに向かっていたのか?
”太陽の塔”は曼荼羅ではないか
アートとしての”太陽の塔”と日本人の関わり方
他は全て取り壊された大阪万博の建築物の中で
唯一残された意味
街の景観に溶け込む壮大なる違和感
この21世紀において”太陽の塔”が放つメッセージ
などを
当時の設計担当者、美術評論家、研究者、アーティストのみならず
哲学者、ダンサー、チベット仏教の僧侶ら総勢29名へのインタビューで
解き明かしてゆく作品でした。

大変面白かった。
インタビューの大半が青山の”岡本太郎記念館で撮影されたように見受けましたが
それぞれの方の場との調和具合や
岡本太郎への愛などが本当に興味深い。

太陽の塔の内部、生命の樹が
アメーバを根元に配置し上に向かうにつれ進化を示しているが
一番高いところの人間はとても小さいのだ。

実は大阪には一度も行ったことが無くて
もちろん本物の太陽の塔も見ていないのだが
太郎の美術展や記念館には足を運んでるだけでは解らないものが絶対にあるんだな、と感じ
行ってみたいぞ大阪、と初めて思いましたね。
コメント

「食べる女」

2018-10-12 22:57:02 | 映画
久し振りに映画館へ。

出てくる食べ物がおいしそう
というかおいしいに違いない!というものばかり。

トン子の家に集まって食事をし酒を飲みお喋りする4人の女。
年齢、職業はバラバラ。
あけすけに語られる彼女たちの生活や内面に
笑ったりうなづいたり。

作家で古本屋も営むトン子の家がすごい好みで
細かく見てしまった。
様々なものを手元に引き寄せるのに器用に使われる布団叩き。

暗渠、井戸、見えない水。


世界規模の風来坊を母親に持つゆかりは料理上手の小学生、
友達のミドリの母親はパーツモデル。

料理をしなくていいと言われて結婚し
自分で作った料理を食べることも夫に食べさせることもしない女に
ふいに吹いた嵐。

「古着屋みたいな部屋だなぁ」と見ていたら古着屋に務めていたのは笑ったし
気風のいいママがいるバーの雰囲気は行きたくなった。
なにもかもが私の好みにぴったり。

でも
観て良かったのは、ひとりでもおいしく食べることの大切さと孤独
自分のための料理の楽しさ。
誰かに作る料理、作ってもらう料理の、違うけれど幸せな感じ。
そういうことに涙が出たんだろうな。

小泉さんはちゃんとおばさんでスクリーンに映っていた。
潔い。


もうさー、
観ようかと思ってたけどネットでの評判がなぁ
とか思っちゃった人は観てみて!
4回泣けないけどいい映画だから。
おっさんとおじいさんが一割位いたのは、エロいかも、と思ってたのか?
コメント

「検察側の罪人」

2018-09-24 23:40:49 | 映画
予告編などでみていた
最上が机を叩いて「検事でいる意味が無い!」と沖野を指さす場面
あの言葉を吐き出すまでの最上の行動を知ると
恐ろしいシーンだ。
”正義”の峰を転がり落ちながら
たどり着く谷底に己の”正義”があると信じる最上。

尊敬する先輩である最上に、そしてその背後の権力に
異を唱える沖野を支える”正義”

色々考える作品でした。


登場人物では
「諏訪部はあなたのポチになります」というセリフと深いお辞儀が印象深い松重豊。
そうそう、昔は悪役多かったですね。
設定としてはリアリティに欠けそうな闇の何でも屋を
本当にいるのではないか、と思わせた。

何より松倉役の酒向さん気味悪すぎ。
身体の動かし方とかも異質で、何か欠けているか過剰か
不均衡な人物の表現として巧み。

あと、クソやくざの音尾くんが怖くて
道産子は心の中で『音尾くんもすっかりいい役者になったな』と
身内目線がチラホラしたのは、ね。


ミステリーだからさすがにネタバレしませんが
大人の鑑賞に堪えうる作品でした。
ただ、音楽の使い方がちょっとうるさかった。
コメント

「カメラを止めるな」

2018-08-27 23:57:43 | 映画
面白かったー!!
そういう仕掛けだったんですね。
普段は映画館で見かけないタイプのお客さんも来てて
混んでましたよ。

あれが好きな人は
「運命じゃない人」を観て欲しいなぁ。

ネタばれしない為には感想も書けないのだ。
あ、詳しくないけどゾンビって
動きがゆっくりなのが約束だと思ってんですが、違うのかー。
とは思った。
コメント