もじもじ猫日記

好きなこといっぱいと、ありふれない日常

「食べる女」

2018-10-12 22:57:02 | 映画
久し振りに映画館へ。

出てくる食べ物がおいしそう
というかおいしいに違いない!というものばかり。

トン子の家に集まって食事をし酒を飲みお喋りする4人の女。
年齢、職業はバラバラ。
あけすけに語られる彼女たちの生活や内面に
笑ったりうなづいたり。

作家で古本屋も営むトン子の家がすごい好みで
細かく見てしまった。
様々なものを手元に引き寄せるのに器用に使われる布団叩き。

暗渠、井戸、見えない水。


世界規模の風来坊を母親に持つゆかりは料理上手の小学生、
友達のミドリの母親はパーツモデル。

料理をしなくていいと言われて結婚し
自分で作った料理を食べることも夫に食べさせることもしない女に
ふいに吹いた嵐。

「古着屋みたいな部屋だなぁ」と見ていたら古着屋に務めていたのは笑ったし
気風のいいママがいるバーの雰囲気は行きたくなった。
なにもかもが私の好みにぴったり。

でも
観て良かったのは、ひとりでもおいしく食べることの大切さと孤独
自分のための料理の楽しさ。
誰かに作る料理、作ってもらう料理の、違うけれど幸せな感じ。
そういうことに涙が出たんだろうな。

小泉さんはちゃんとおばさんでスクリーンに映っていた。
潔い。


もうさー、
観ようかと思ってたけどネットでの評判がなぁ
とか思っちゃった人は観てみて!
4回泣けないけどいい映画だから。
おっさんとおじいさんが一割位いたのは、エロいかも、と思ってたのか?
コメント

「検察側の罪人」

2018-09-24 23:40:49 | 映画
予告編などでみていた
最上が机を叩いて「検事でいる意味が無い!」と沖野を指さす場面
あの言葉を吐き出すまでの最上の行動を知ると
恐ろしいシーンだ。
”正義”の峰を転がり落ちながら
たどり着く谷底に己の”正義”があると信じる最上。

尊敬する先輩である最上に、そしてその背後の権力に
異を唱える沖野を支える”正義”

色々考える作品でした。


登場人物では
「諏訪部はあなたのポチになります」というセリフと深いお辞儀が印象深い松重豊。
そうそう、昔は悪役多かったですね。
設定としてはリアリティに欠けそうな闇の何でも屋を
本当にいるのではないか、と思わせた。

何より松倉役の酒向さん気味悪すぎ。
身体の動かし方とかも異質で、何か欠けているか過剰か
不均衡な人物の表現として巧み。

あと、クソやくざの音尾くんが怖くて
道産子は心の中で『音尾くんもすっかりいい役者になったな』と
身内目線がチラホラしたのは、ね。


ミステリーだからさすがにネタバレしませんが
大人の鑑賞に堪えうる作品でした。
ただ、音楽の使い方がちょっとうるさかった。
コメント

「カメラを止めるな」

2018-08-27 23:57:43 | 映画
面白かったー!!
そういう仕掛けだったんですね。
普段は映画館で見かけないタイプのお客さんも来てて
混んでましたよ。

あれが好きな人は
「運命じゃない人」を観て欲しいなぁ。

ネタばれしない為には感想も書けないのだ。
あ、詳しくないけどゾンビって
動きがゆっくりなのが約束だと思ってんですが、違うのかー。
とは思った。
コメント

「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス」

2018-07-27 22:40:42 | 映画
前作から18年。
キューバで活躍していたベテランミュージシャン達を
ライ・クーダーがプロデュースしたアルバムが世界的にヒットし
そこから派生した映画が前作だった。
すでに老境に入っていたミュージシャンたちの素晴らしい音楽への情熱、
踊りだしたくなるリズム
バンドに降り注ぐ喝采。
大好きな作品だった。

18年たち、
遅くにではあったが世界ツアーを成すほど人々を魅了したバンドメンバーは
年齢に抗えず欠けていった。
キューバという国での音楽の存在、
ミュージシャンとしての彼らの人生
それらを描いた今作は音楽映画ではなかった。

見ている自分が年を重ねたことによる感想の違いや
変わらない音楽の魅力。
踊ることが人生に組み込まれている人々。
いい映画でした。

いい感じにゆるい内容と涼しさで
時々寝てました、あはは。




コメント

「パンク侍、斬られて候」

2018-07-13 23:31:07 | 映画
2018.7.10

あら、町蔵斬られちゃった。
最初の感想がこれ。
でもそれが全ての禍の元となるのだ、
掛十之進お前がダメじゃん、主人公。

言葉は現代語だし腹ふり党ってなんだよ?
とか思っていたら
浅野忠信の振り切れ具合がさすがっすね、で
綾野剛、ムラジュン、渋川清彦は曲者バンザイ
豊川悦司、染谷将太、國村さんに至っては面白炸裂。
何気に近藤公園は好き。
じゃなくて、永瀬正敏に至ってはサルだしなー。

石井岳龍やりたい放題で大好きな世界観。
町田康の小説が挑戦しても読み通せないので(文章が肌に合わない)
どれくらい忠実なのかわからないけど
脚本がクドカンってとこでストライクに入るんだね。

立ち回りの綾野剛の色っぽさと染谷君の踊りっぷり
忘れちゃいけないオサムの活躍。
東出殿様の殿様感。

現代の世を映していそうなそんなこたぁ無さそうな
でも心がざわざわとしましたよ、劇場が明るくなってからね。

サルの大将デウスってね・・・。

コメント

「万引き家族」

2018-06-13 22:25:50 | 映画
2018.6.12
ネタばれしないと書けない。


リリーさん演じる父親は優しいのと犯罪しか取り柄が無い。
働くのも嫌いななまけものだし、優しさもその場しのぎが繋がっているだけ。
ゆりを連れてきてしまったのもそうだ。
祥太に「おとうさん」と呼ばせようとする心の奥の隙間には
本人も気がついていない。

クリーニング工場でパートをしている妻は
最初こそゆりを返して来いと言うが
外にまで聞こえた「産みたくて産んだわけじゃない」というゆりの母親の言葉に
自宅に連れ帰り育てることを選ぶ。

狭く汚く、散らかり放題の5人が寝る場所や布団すらロクにない家で
盗んできたカップ麺を食べながら笑い合う生活にゆりが加わり6人家族になる。

祖母は古い一軒家で狭苦しく6人で暮らしていることを楽しんでいるようだが
民生委員には一人暮らしを装っている。
その祖母にベタベタと甘える妻の妹の姿がいびつだ。
彼女は売春の無い風俗で働いていて、仕事中は心が遠くにあるようだ。

つましく暮らしている片隅の家族の話にみえて
そうではなさそうなことが少しずつこちらが感じ出しだした頃
破滅はやってくる。

登場人物の誰にも親というか、家庭で育った痕跡が見えない。
想像の家族ごっこだけど子供たち以外は本気で
こういうの家族っていうんじゃないの?と手さぐりで生活していた。
痛々しかった。

自宅に戻されたりん(ゆり)の両親もそうだろう。
マスコミに取り囲まれる場面にふさわしい洋服が無かったのか、わからなかったのか
二人とも礼服(喪服)を着ている。

「妹には(万引きを)やらせるなよ」と祥太に声をかけた駄菓子屋のおじいさん、
ああいう人がもっといた時代があったのか。
あったとしてそれはもう少し生きやすい時代だったのだろうか?

悲惨に描けばきりがないのに
家族が楽しそうだから、あまりにも普通に生活しているから
そこここで笑えるのが良かった。


妻の妹ということになっていた亜紀の実家(それだけではないのだが)
あの、そこそこ裕福で賢くかわいい子供のいる家庭が幸せではないことが感じ取れれば
血縁もお金も家族の幸せに絶対必要なものではないと思える。
そして、幸せは永遠に続くのではなく
時折舞い降りてきて、それを大切にポケットに入れて日々を過ごし
取り出してまた味わいながら生きてゆく糧になるもの。
そう私は思いました。



安藤サクラちゃんは本当に凄い。演じてない。
信代を生きていた。
松岡茉優もかなりだし、池松壮亮が少ないシーンで印象深い。
子供たちの演じていなさが今回も胸に刺さった。
樹木希林はいうまでもなく、リリーさんはダメ男がぴったり過ぎ。
風呂場の全裸がリアル中年でクスクスしてしまったよ。
コメント

「ちはやふるー結びー」

2018-05-05 23:44:41 | 映画
2018.5.1

むりくり〆ました感がいなめなかった。

太一のエピソードがメインで、
千早のかるた愛と大会のワクワクさが少なかった。
卒業でバラバラになってゆく儚さを描くのが結びということなのかもしれないが
新がかるた部を作ることや新入生の横恋慕などで薄まってる。
クイーンとの戦いも描かれていないし。

しかし
千早の単純さが思い切りすぎてひっぱられちゃうね。
進路にクイーンしか書くことないって、普通「は?」だけど
笑って見ちゃった。
すずちゃん頼りすぎです。

ストーリーを絞り込んで作ったものを観たかったな。
かるた、青春の分かれ道、周防名人と太一
どれでも面白いと思うんだけど。
期待しすぎでしたかね。

ところで
新田真剣佑くん
始まる前に流れていた予告のドライバー役と違い過ぎて
芝居が上手いという段階じゃないな、と思いました。





コメント

「娼年」

2018-04-24 23:23:02 | 映画
2018.4.23

原作をずっと前に読んだ時あんまり響かなかったけど
石田衣良作品は「IWGP」をはじめに
映像化されると魅力が出るものが多く
「美丘」なんて小説の3倍くらいドラマが面白かったので。

最初は
R-18だから、ふむ
松坂桃李のケツ見放題かぁ、照れる~。
しかし、続くラブシーンのワンパターン
(様々な女性ではあるが)
観光案内のように出される地名
面白作品なのかもしれないな、コレ。
いろんな意味でカタログみたいなのね、それも安い。
無駄にオシャレなのは石田衣良の小説がそうだから仕方ないし。

途中で『あれ?なんでこれ観にきたんだっけ?』って思ったわ。

ただ
松坂桃李はあなどれないな。
好き嫌いじゃなく、あなどれない。





コメント

「クソ野郎と美しき世界」2回目

2018-04-19 22:48:21 | 映画
2018.4.18

応援じゃなくて面白かったので2回目。

「ピアニストを撃つな!」
いやー、ゴロさんの耽美な部分をデフォルメしているのに
ぴったりはまるって何事?
シャワーのちゴージャスガウンって
普通バスローブやろ。
そりゃ、谷崎潤一郎言いたくなるわ。あはは。
前回も気になった
『いつものようにふれあい広場でモルモットを撫でてていた』
いつもふれあい広場に行くんですかー、
ここで笑ったの私だけなのか?
フジコちゃんを”ストリートガール”と見破った?!でんでんさんの
真顔の
『俺の股間に隠れてな』も笑うじゃん。

「慎吾ちゃんと歌喰いの巻き」
慎吾ちゃんが歌喰いをお家に泊めたところ
猫を拾うように でもなく
男女であることに意味があるように でもなく
歳の差に意味があるように でもない
不思議だけれどナチュラルなんだよね。
子守歌までの流れも。
寝ながらもぐもぐ子守歌を食べちゃうとこ可愛い。
警察署のポスター
”いじめは犯罪です”が気になり過ぎる。

「光へ、航る」
やっぱり太田監督は映画の文法に誠実。
草彅剛の本領発揮。
でもファンタジーなんだよね。
腕の移植なんてできないから。
地図の読めない元夫婦の漫才みたいだけれど悲しい会話。
そして二人とも案外バカ、ふふふ。
大門の嗅覚で子供を探し当て土手に立つ二人の後ろに
昼間の月があったのは
向田邦子の「大根の月」かなぁ、太田さん好きだから。向田邦子。

「新しい詩」
これは地球に彗星が激突する前のバカ騒ぎなのか
激突した地球と逸れた地球のパラレルワールドなのか。
もしくは、全ての物語が始まる前なのか?

深読みはしたいタイプなのですが
2回しか見ていないし
きゃー、カッコいい!視点のみも多々なのでやめておきます。
25万人突破のうち2回なのねー。

草彅チャンネル、忘れないように。
コメント

「クソ野郎と美しき世界」

2018-04-06 20:56:21 | 映画
初日にGOだ。

「ピアニストを撃つな!」
ゴージャス吾郎ちゃん。
マッド・ドッグ浅野君が赤い部屋で白い羽にまみれると
「殺し屋1」を思い出すよね、園監督が意識しているわけないが。
衣装と色彩が好みすぎてうきゃうきゃしたわ。

「慎吾ちゃんと歌喰いの巻」
リアルは鋭利に、ファンタジーがふわりと全てを包む。
歌喰いの中島セナちゃんすごくいい。
そして、
日比谷のショップ、カフェで提供されているベーグルとコピ・ルアック
その意味がわかる。

「光へ、航る」
太田光が一番映画の文法に忠実でした。
だから分かりやすくシリアス風味なのに
笑いがぶちこまれてて面白い。

「新しい詩」
もうわちゃわちゃしてて派手で
ちょいと趣味が悪くて最高!
こういうの大好き。


新井浩文がどんくさいおまわりって最高だし
マッド・ドッグ浅野忠信何気に活躍してて
ファッションもかっこいい。
えー、三木聡監督作品好きな人、いけると思うよ。
2週間しかやってないので。
コメント