もじもじ猫日記

好きなこといっぱいと、ありふれない日常

昨日は久しぶりにサッカーを観た

2014-11-19 23:40:09 | サッカー とか
わーい、今ちゃん得点したぞ~!

アギーレジャパンの試合は
「ちゃんと見る気しねぇ」と思い続け
昨日は初観戦(テレビ)

前半は
「なんじゃこりゃ」となりつつ
今野が出てきた後半に真剣モード突入。
ヘディングで先制した時はご飯食べてたので箸を振り回したが
香川の得点は立ち上がったてガッツポーズ!

いや~、後半はサッカーの試合だったね。
面白かったね。
しかし
どうなるアジアカップ、だな。
賢さが裏目に出ちゃうのが日本代表だからね~。

コメント

旭・紅玉・ジョナゴールド・きたかみ etc

2014-11-19 23:24:55 | Weblog
リンゴの季節がやってきました。
しゃくしゃく
がりがり
毎日のように食べております。
旭は傷みやすいし酸っぱいので中々お目にかかれないので
見つけたら買っちゃうのね。
洋服買いに行く前に重くなったりする旭LOVE

今でも木のリンゴ箱を作っている工場をこないだTVで観ました。
あれを本箱用に欲しい
って
昭和すぎるか。
でも、ワインの箱は小さいのだよ。
おしゃれは少しでいいしな。

しかし、
アップルパイのリンゴは食べられないのじゃ。
くにゃっ、とした歯ごたえが耐えられない。
甘いのも嫌だ。

弘前のシードル作ってるリンゴ農家に行きたいぜ。
コメント

「まほろ駅前狂騒曲」

2014-11-15 12:37:51 | 映画
2014.11.12

なんだかシルバーさんの多い客層に驚く。
だって、まほろだよ?!
しかし、笑っていたのでセンスが合う人たちだったのね。

本筋としての行天が遺伝子上の子供と過ごすこと
おじいさん達のバスジャック
(このエピソードは、山田太一の「男たちの旅路」にあったような)
怪しい宗教団体で表される
帰属と依存と支配
警察も含めイメージで動かされる人々。

多田は、
行天のためにと預かった”はる”と暮らすことにより
失った子供への罪悪感を浮かび上がらせて苦しむ。
行天は
子供の頃の悪夢に絡め取られていて
自分が”はる”に何かしてしまわないかと怯える。

しかし、はるの無邪気さが
「ママに会いたい」と言って泣く素直さが
少しだけ何かを変えていく。


それにしても、
笑えるシーンが多くて面白かった。
バイオレンスを深く描ける大森監督のシリアスに傾きすぎない演出が
大変良かった。
ハードボイルドじゃないもの、まほろだもの。
人生はどシリアスな時もお腹空くものだ。

行天の全くつかめない人柄は、相変わらず笑えるし
物事をめんどくさくさせてしまう
多田の優しさと煮え切らなさが愛おしい。


この映画の情けない弁当屋の南朋さん
好きだわ~。

現代のヤクザ、高良くんのクールさに
『IWGPをいまやるとしたら、キングは高良くんがいいなぁ』
と思ったのは余談。


今回は小説からエピソードを抽出して、オリジナルのストーリーを作ったのね。

あと、ライターの火がでかいのって
もしや「探偵物語」リスペクト?
コメント

結局、マッチポンプってわけだ

2014-11-14 22:39:12 | 考え事好き
いつの間にか「解散総選挙」暴風が吹き荒れてんのな。
気象予報が当たらないと大騒ぎのマスコミってーのが
突然の嵐に踊ってんのな。
つか、
嵐を起こしてやるぜ、お前らビビったろ~。
へへへ。
なのかな?
こんなんじゃビビらないし踊らないけど。

♪頭の悪い政治家が 圧力をかけてくる

キヨシロー
頭の悪い烏合の衆は、
相変わらず シューシューシュー だよ~。

ダイガクニキドウタイガオトナゲナクオシカケテ
ソレヲホウソウスルTVガ
ナリタトウソウノガゾウヲダシテイル

成田闘争のニュースを流すなら
農家のおばさんをごぼう抜きにした機動隊も映さなくちゃ。
子供心に
「おばあさんにこんな手荒なことをする奴は、権力を守るためにいるんだな」
そう思ったもんな~。

そしてアナウンサーが「機動隊のかたが」などと言っていて笑った。
呼び捨てにしたら苦情でもくるんだろうか?

件のフィギュアについても、案の定バカな報道ばっかだし。
国会議員を選び直しか?という事態に、
原発の後処理などなどに知らんぷりって凄いわ。
ヒトじゃなくて一票としか、
いや、一票だとも思われてないのね。
知ってるけどアカラサマだわ。
♪高い税金払ってるぜ


足場を固める。だな。
コメント

バタバタとした日々のメモ

2014-11-10 00:05:22 | Weblog
観た映画
「るろうに剣心~伝説の最後編」
「夢は牛のお医者さん」

LIVE
10/7 くるり in ペニーレーン24
10/17 TBH×The Birthday
11/7 スガシカオ in ZEPP 札幌

三本ともスタンディングで大暴れ。


やっぱさー
「歳とれば渋くなるってもんでもないぜ」by HARRY
なんだねぇ。

あっ、ねむねむの波がきた。
寝るっ。
コメント

「ルパン三世」

2014-11-09 23:42:57 | 映画
2014.11.6

迷ったんだよなぁ、「舞妓はレディ」と。
でも、なんとなく選択。

下調べしてなかったんだけど北村龍平のクレジット見てわくわく度上がる。
「あずみ」の面白さは忘れられない。

もうさ、日本映画じゃないのね、画面もアクションも。
アジアのアクション映画スケール。
原作が漫画なんだから
ありえねー度高くて当たり前。
吹き替えとかさ、あはは。

ルパンの小栗くんは予想外にはまってたが
次元はもうちょっと顔がクールな人が良かった。
そして、綾野五右衛門には、もっと沢山
つまらないものを斬って欲しかった~。

カーアクションとハッカーのキャラが
香港映画要素100でした。
好きだ。

浅野君が案外と銭型のとっつあんに見えて
月日の流れを思う10代からファンのワタシ。

小栗君も案外なモノを背負わされる度高いのね。
Sの末っ子と上のお兄ちゃんと似ているな。

唯一
「そりゃないだろ~」と笑ったのは
地雷原を戦車が何台も走って来ていた終わりのほうだな。
地雷探知機使いながら走ってたシーンが台無し。
でも、リッュク・ベンソンもそんな感じか、あはは。
コメント

タオルを投げるのは大人の責任

2014-11-08 23:29:22 | サッカー とか
スポーツは根性論じゃないでしょ。

ハニュウ君を止めなかった大人に怒りを覚える。
「本人かやるといったら止められない」
そうじゃなくて
憎まれても止めるのが大人の仕事だ。

今季を棒に振るなどというレベルじゃなかった時にも
「自分が演技すると言った」ということに
縛られて苦しむのは二十歳足らずの少年だということに
あんなに沢山の大人がいても気が付けないとは。
情けない。

感動じゃなくて、心配で泣けたよ。
コメント

嘆願書じやなくてさ

2014-11-05 23:52:02 | 考え事好き
田舎町で尊属殺人事件を起こした少女に
町の人口より多い人たちの嘆願書が提出された。というニュースをやっていた。
罪を軽くではなく、
少女の裁判を非公開の家裁で行ってくれという内容。

あんたたち、知ってたんでしょ。
どんな仕打ちをされていたか。
度を越したしつけなんかじゃない虐待の様を。

守ってあげられなくても
誰か言ってあげて欲しかった。
逃げてもいいんだよ、って。
「親」というポジションにいるだけで役割を果たさず
守ってくれるという最低限のことも放棄した奴は
「親」じゃないから。
他人よりたちの悪いクラッシャーだから逃げていいんだよ。

高校生が家出したって
悪い男にひっかかるかもしれないし、
働く場所もないかもしれないけど、
生きては行けるし、
生きているかぎり状況は変えられる。
頭が良い子ならなおさらだ。

この世で一番憎いやつを殺して自分が前科者になるなんて
どう考えても納得できない。
私はそう思って、やらなかった。
周りの人も
状況は変えられなかったが、心を支えてくれた。
庇ってくれた人もいた。

あの女の子は、嘆願書の話を聞いてどう思うのだろう。
助けてほしかった。と話せる相手は今はいるのだろうか。
些細な事柄でも自分がどうしたいか、
それを考えることもできないだろうな、今も。
支配されちゃうから。

大きなモノを背負って生きていかねばならなくなった少女の
重荷を少しずつ引き受けなければ
見て見ぬふりをした人たちのの心の重荷も
一生消えないよ。
嘆願書では相殺されないからね。
コメント

いきなり吹雪かよ

2014-11-03 23:49:13 | Weblog
夜半に雪

天気予報では確かに言っていたが
5時半くらいに地下鉄で30分くらいのとこで地上に出たら
吹雪いてんじゃーん!!
ちょっと降りましたね
じゃなくて吹雪って!

目的地に行く気力体力がすっ飛びましたよ。

乱暴だな、冬。
コメント

ポケットに銀杏の葉

2014-11-02 22:56:53 | Weblog
北大の銀杏並木が金色に染まっているのを観てきた。
小雨まじり曇天、時折の強い風でも
銀杏は美しかった。

ごうっ と一瞬巻き上げた風が
頭にばらばらと葉っぱを振らせたら
高いところから落ちてくるからちょっと痛かった。
(物理でなんか習った気がする)

ごうごうと吹く風には相変わらず笑ってしまうワタクシ。
楽しかったよ。

本屋に寄って
デパートに寄って
帰宅してコートのポケットに手を入れたら
黄色い銀杏の葉っぱが一枚。
今日は拾っていないので
風のお土産か。


心と身体をぎゅうっと締め付けていたものを
振り捨てたとこだが
緊張はいきなりは消えないのだな。
リードのついてないワンコのように何処へでも行けるということは
行き先も帰り道も自分で決めないと
捕獲されて保健所送りになる危険もあるってことだから。

とにかく
わくわくがどきどきの晩秋だ。
楽しもう。
コメント