心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「落下の王国/The Fall」

2009-02-20 | 映画「ら・わ」行
1915年、ハリウッド。撮影中の事故で重傷を負い病院のベッドに横たわるスタントマン、ロイ
(リー・ペイス)。身体が動かず自暴自棄となっていた。同じ病院に入院中のアレクサンドリア
(カティンカ・ウンタルー)は、家族を手伝ってオレンジを収穫中に樹から落下して腕を骨折した
5歳の少女。じっとしていられず敷地内を歩き回っていて、ロイの病室へと辿り着く。ロイは
アレクサンドリアを呼び寄せると思いつきの冒険譚を語って聞かせる。ロイの語るめくるめく物語に
すっかり引き込まれていくアレクサンドリアだったが・・。



予告編でのあまりの美しい風景と映像に、早く見たい、でも
ファンタジーっぽいよね~・・苦手かな~・・と思いつつ見ましたが
これは大丈夫でした。ファンタジーの世界がこの映画の世界というよりも、
ロイが語って聞かせる物語がファンタジーだったわけで、その点で
大丈夫だったのかも。

で、期待以上の美しい風景と映像と、その構図にクラクラしそうでした。
ほんとに綺麗! こんな場所がまだ地球上にあるんだよね~・・と
感動・感激しました。
それにその撮り方が素晴らしい!
構図は計算し尽くされてたし、まるで動く写真を見てるようでした。
モーションピクチャー・・これぞまさしく“映画”ですね。

この映画の時代には、今よりももっと必要とされ、もっと体を張って
頑張っていただろうスタントマン、ロイが語る物語とその世界に入り込む
アレクサンドリアの現実の物語がまた良くてね~。
それに、現実の話にも出てきて、ロイによって語られる物語にも
出てくる美しい女性エヴリン。彼女もほんっとに綺麗でした。

でも、この映画、ただ単に美しい映像と人物というわけではなくて、
アレクサンドリアは愛嬌のある女の子で、前歯もちょうど抜けてる時期で、
彼女がリアルな世界に引き戻してくれる重要な役割だったです。
この現実の世界と空想の世界のリンクの仕方が巧いんですよね~。

ロイの感情がいまいち深く伝わらないような気もしましたが、
ロイが語る空想の物語が現実とリンクしてるので、空想の物語の
次の展開は全く読めず、その点面白かったし、アレクサンドリアが
アメリカで暮らしてる背景とか、今の暮らしぶりなんかも想像
できるような構成になってところも良かったです。

冒頭のモノクロの映像がラストに上手く繋がっていたし、
初期の映画を支えたスタントマンたちへのオマージュもあって、
映画への愛も感じられました。

傷ついた男を救う少女アレクサンドリアが、愛嬌のある女神のようでした。
流れるクラシック音楽もピッタリでした。

個人的お気に入り度4/5

ザ・フォール/落下の王国 特別版 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ

このアイテムの詳細を見る

コメント (14)   トラックバック (41)   この記事についてブログを書く
« 「たみおのしあわせ」 | トップ | 「紅い鞄~チベット、秘境モ... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
びゅーちふる (ちゃぴちゃぴ)
2009-02-20 21:27:48
予告とネットでの簡単な情報では、どんな映画か予想も付かなくって…。
いやぁ~美しい映画でしたねぇ。
圧倒されました。
構図がいいんでしょうね。
あと、コスチューム使いがいいし。
ロイとアレクサンドラの現実とのリンクも、意外にもぴったりでした。
とにかく、自分があの物語にひきこまれていくのが、よくわかりましたわぁ。
CGよりも、圧倒的なロケには参ったぁ。
ちゃぴちゃぴさんへ♪ (メル)
2009-02-21 09:51:19
そうそう、私もちゃぴちゃぴさんと同様の
情報のみ入れてから見たんですが、どんな内容なんだろう?ってあまり想像がつかなかったんですよね~。
でも、この雰囲気・・私が苦手とするファンタジーか??とちょっと不安もあったんですが(^_^;)
いやほんと美しい映画でしたね~!!!
私もこの美しさに圧倒されました。
圧巻!!!

>構図がいいんでしょうね。
あと、コスチューム使いがいいし。

でしたね。
あの物語のパートの、どのショットをとっても
ベストショット、と思えるあの構図。
素晴しかったです。
それとコスチュームですよね~。
日本人の方がやってらっしゃるとのことで
余計に嬉しかったです♪

それとちゃぴちゃぴさんが書いてくださってるように、現実とあの物語のリンクがよく考えられてるなぁって、ぴったりだなぁって私も思いました。

ほんと、CGよりも圧倒的なロケ!
こんな素晴しい場所が地球上にあって、それを
こんな風に見せてくれるなんて。映画っていいなぁって思いました♪
こんにちは~! (latifa)
2009-02-21 11:49:21
メルさん~こんにちは☆
メルさんちは写真が一杯あって、見ていて楽しいな~。色々思い出せるし、やっぱり画像はるのって、手間がかかるけど、良いわぁ~♪

最近インド人の監督さんとか、インドの人たちが色々なジャンルでぐんぐん活躍してるよね。
ミリオネアなんとかドックっていう映画も、凄く見てみたいと思っています。(またまたタイトルが思い出せない・・)

ところで、たみお・・・。
私も見たのよ・・・。メルさんは優しい言葉で感想書いていらっしゃるけど、私は結構がっかりしちゃった・・・。ここんところ、たみおもつまんなかったし、グーグーだって猫であるも駄目だったし、見る映画を立て続けに外してるの。
うれしいい!! (sakurai)
2009-02-21 20:06:11
メルさんに気に入ってもらってうれしいです。
去年見た映画のうちで、唯一満点をつけた映画でした。
いやーーーーー、素晴らしい。
ほんとに!これぞ映画。シャシンですよね。
これを撮って、シャシンにして見せたい!!!!!という監督のこだわりと言うか、熱意と言うか、思い入れと言うか、それがここまで伝わってきて、伝えようとしている映画には、なかなか出会えませんが、これには、その思いがたっぷりと詰まってました。
いやーー、今思い出しても背筋に何かが走りますわ。
話の内容も結構面白かったのですが、私はやっぱり監督の思いがギュッと詰まってて、それが伝わって来る映画が好きですわ。
この監督の前の作品は、それほどぐっと来るものがなくて、そんなに期待持っていかなかったのですが、お見それしました・・・・でしたわ。

あの少女がいいポイントでしたね。
あの子が成長しないうちに、あの子の出る場面は集中して撮ったという話とか、本当にロイは病気なんだと思い込んでたとか。いい味出してました。
こんにちは♪ (ミチ)
2009-02-21 21:04:07
上から4番目の階段の映像!
あれを見た時に思わず声を上げそうになりました。
私の好きな版画家エッシャーの絵に出てくるような眩暈を起こしそうな不思議な映像だったからです。

いつもならこういうファンタジーは苦手なんですけど、これはまったく大丈夫だったの。
あの青年が映画のスタントマンという設定もとてもよくて、ラストのスタントマンたちへのオマージュシーンも涙が溢れて止まらなかったわ。
Unknown (keyakiya)
2009-02-21 22:54:10
haha--
はまりましたね。

王国とタイトルを付けたところに、
すばらしい美学を感じました。
落下の恐怖から快感へ、そして陶酔へと、
濃厚かつ透明な映像で魅せてくれました。
闇の美しさにはもうメロメロです。
このデジタルな時代に対抗するかのような、
徹底したアナログ感覚には興奮しましたよ。

実は、ボクも落ちる夢や空を飛ぶ夢を時々みます。
ゆっくり、ゆっくり、静かに。
これは夢なんだから、たっぷり楽しませておくれ。
と願う瞬間に眼が覚めます。

latifaさんへ♪ (メル)
2009-02-22 09:55:06
latifaさん、こんにちは~♪

画像ね~、以前は貼ってなかったんですが
少しでもあると映画のことを思い出すときに
便利かな、と(^^ゞ
ブログ始めた主な理由は、見た映画を思い出せないので少しでも思い出せるようにしておこう、記憶に残しておきたい、というものでしたから(^◇^;)

そうそう、インド人の世界的活躍ぶりは
近年めざましいですが、インド映画も頑張ってますよね~。
踊るマハラジャを見た時は(もう何年も(10年以上経ったかな?!(^_^;))前ですが)インド映画ってすごいわ~と感激して、しばらく見たりもしてたんですが、最近とんとご無沙汰(^_^;)
でも、そのlatifaさんが書いてくださってる映画、私もすんなり題名が出てきませんが(汗)
是非とも見たい映画です♪

たみおのしあわせ・・ですが、私も
思ってたほどは楽しめなかったですよね~(^^ゞ
でも、素敵なオダギリジョーが見れたので良いかな、と(笑)
ラストは”なんじゃらほい??”でしたしね~(^_^;)
バスに乗ったところまでは、そうか・・と思ったんですが、その後がなにやら訳がわからん・・という感じで(^^ゞ
グーグー・・は未見なんです。
大島弓子は好きなので(これまた漫画ですが(^_^;))もうそれこそ何十年も前に見た「綿の国星」(だったかな?やっぱり彼女の漫画原作でアニメだったと記憶してますが、すでに不確か(^_^;))はかなり好きだったんですが・・
キョンキョン好きの主人が多分新作オチになったら借りるのでは・・と思います(笑)
sakuraiさんへ♪ (メル)
2009-02-22 10:48:06
sakuraiさん、満点でしたもんね(^^)v
ほんとに良くできた、映画らしい映画だったなぁ~って思いました。
動く芸術写真という感じで、これぞ映画の
語源のような映画♪
そうそう、sakuraiさんが書いてくださってるように、これを切り取って(撮って)どうぞ写真にしてください、という構図と美しさとを兼ね備えた映像の数々でしたよね~。
監督さんの思いがストレートに感じられる作品でもありました。

>いやーー、今思い出しても背筋に何かが走りますわ。

そうですよね~。これ”綺麗”とか”美しい”とか、そういう言葉では言い表せない凄さがありましたもんね~!
新たな場面になる度に、ひぇ~~すごい~~~!!!とぞくっとしました。

そうか、前作は、ここまではぐっと来るものが
感じられなかったんですね。
でも、前作も興味湧いてきちゃった^^

そう!あの少女。
ポイント高かったです~!
美少女・・というには離れてましたが(^_^;)
あの愛嬌のある可愛らしい顔が、もう映画の中で輝いてましたわ^^
最初はそうも思ってなかったんですが(^^ゞ
ラストに行けば行くほど、彼女じゃなくっちゃいけなかった・・と思えたくらいでした。
こういう映画には有名どころを使わないって言うのは必要なことかも・・とも感じました。
そうかそうか、彼女はロイは本当に病気なんだって思ってたんですね~。
だからこその、あの演技だったんでしょうね~。
ほんっと、彼女の存在は良かった♪
ミチさんへ♪ (メル)
2009-02-22 10:56:07
そうそう!!!私もあの階段の映像はぞくっ~~としました~!
似てますね~、エッシャーの絵に。
ミチさん、お好きなんですね~♪
私もそんなにたくさん知ってるわけではありませんが(^^ゞ好きです、エッシャーの版画(絵)。
あそこから人が湧いて(?)出てきたときなんて、そりゃもう、うわぁ~!!!でしたから。

そういう映像たくさんありましたが、ほんとにこの映画は構図と美しさで魅せてくれましたよね~。

私も同じく、ファンタジーって今ひとつ
苦手なジャンルなんですが、これはOKでした。
ファンタジーの部分が現実ではなくて、物語の世界だったから大丈夫だったのかな?!^^

そうそう、青年の設定も少女の存在も
この映画をより良いものにしてましたよね。

ラストの映像は私もぐっと来ちゃいました。
あ~こんな風に命がけで映画を撮っていたんだ世なぁ~・・と。
スタントマンの世界と彼らへのオマージュが
感じられる、冒頭のモノクロ映像とリンクした
素晴しいラストだったなぁって思いました。
keyakiyaさんへ♪ (メル)
2009-02-22 15:53:28
確かにこれ原題だと「The Fall」だけですが
邦題だと”王国”が付いたので、なにやら荘厳な、この映画に似合った雰囲気になってますよね~。

そうそう、それにCGなど使わず、長期間のロケで、こういう場所を探し出し、こういう構図にし、こういう衣装で・・と何もかも考え尽くされた映像は本当に見るものの心を打ちますよね~。

そうですか~、落ちる夢や飛ぶ夢ですか~。
良いですね~♪
私も以前は時々見てました。特に飛ぶ夢^^
普通に歩いてるんだけど、トンって地面を蹴ると
ふわっと空中に浮き上がり、そのまま飛べるんですよ~。
もうここ10年くらいそういう夢を見てませんが
また見たいものです^^

コメントを投稿

映画「ら・わ」行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

41 トラックバック

落下の王国 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『君にささげる、 世界にたったひとつの作り話。』  コチラの「落下の王国」は、「ザ・セル」のターセム監督が、13の世界遺産、24カ国以上にロケーションを行い、構想期間26年、撮影期間4年の歳月を費やし、完成させた9/6公開のアーティスティックなアドベンチャー...
落下の王国ーThe Fallー (晴れたらいいね~)
ちらっとあらすじを読んだのと画像があったのをちらっと観たがなかなか想像できない映画だったのよ。とにかくCGを避け、撮影期間4年、24カ国のロケーション、世界遺産13という映像はかなり美しい。そのもののもつロケーションに、圧倒感は存在する。さすがに、厳島神...
「落下の王国」感想  (ポコアポコヤ 映画倉庫)
映像はとても美しく、モノクロのシーンも独特の雰囲気があって、なかなか良かったです。 元々ファンタジーものが、それほど好みって訳じゃな...
落下の王国/リー・ペイス、カティンカ・ウンタルー (カノンな日々)
シャンテシネで見た予告編に一目惚れした映画です。絵本のような映像の美しさと現実と幻想が入り交じるような寓話の世界観が魅力的。てっきりシャンテシネでの単館上映かと思ってたらTOHOシネマズで上映されてラッキーでした。 出演はその他に、ジャスティン・ワデル、...
落下の王国 -The Fall- (日々緩々。)
『落下の王国 -The Fall- 』を観て来ました~。 あらすじ(goo映画より)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 1915年...
『落下の王国』 (めでぃあみっくす)
映像の魔術師ターセム監督。その名を再び痛感した、いやこの監督以上に美しい映像を撮れる人はいないのではないか?と思えた映画でした。個人的には物語に感涙することはなく、ひたすら美しい映像に魅せられていましたが、別にそれだけでも十分映画館で見る価値はあると思...
3錠のモルヒネと一筋の光と (宇宙のめいぐると)
「落下の王国」
落下の王国 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★★★ 絢爛豪華な映像は文句なしに素晴らしい!
【落下の王国】 (日々のつぶやき)
監督:ターセム・シン 出演:リー・ペイス、カンティカ・アンタルー、ジャスティン・ワデル 「1915年、木から落ちて腕を骨折した五歳の少女アレクサンドリアは入院患者たちに可愛がられていた。 ある日映画の撮影中の事故で下半身不随になり入院していたスタントマ
落下の王国 (迷宮映画館)
久々に、これぞ映画!!というものを見たような気がした。凄い。
落下の王国 (迷宮映画館)
久々に、これぞ映画!!というものを見たような気がした。凄い。
[もう一つの、映画『落下の王国』評] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆ネット上での友人、おってプライベートでも友人のMUTIさんが、私個人に『落下の王国』評を送ってくれたので、ここに転載する。  ちなみに、私は、[映画『落下の王国』を観た(大傑作!!)](クリック!)として書き残しているので、併せて読んで欲しい。    ...
映画 【落下の王国】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「落下の王国」 『ザ・セル』のターセム監督が構想26年、撮影期間4年で製作したアーティスティックな巨編。 おはなし:左腕を骨折して入院中の5歳の少女アレクサンドリア(カティンカ・ウンタール)は、脚を骨折してベッドに横たわる青年ロイ(リー・ペイス...
落下の王国*原題 The Fall (銅版画制作の日々)
 君にささげる、世界にたったひとつの作り話。 10月8日、京都シネラリーべにて鑑賞。レディスディーということでか?それとも朝1回上映でなのか?このシアターがこんなに満員になるとは驚き!マニアな人には、やはり人気作品なのかもしれないね。観客の大半が女性だ...
The Fall 「落下の王国」 (表参道 high&low)
4年間かけて18カ国で撮影されたおとぎ話がThe Fall(落下の王国)。 世界遺産の前で石岡瑛子のドレスで撮った映像を集めただけの映画でした。地味なロケーションに、奇抜で派手な衣装は目立ちすぎ。 世界遺産のDVD見ている方が落ち着くし、象が泳ぐシーンもアニマル...
落下の天国 (   Art- Mill  )
落下の王国  HP http://www.rakka-movie.com/ 世界遺産を舞台に石岡瑛子さんの衣装デザインが栄える。こんな美しいシーンをたっぷり観れるなんて余りにも幸せ過ぎる。万華鏡のごと
落下の王国 (シャーロットの涙)
その王国に魅せられて。 落ちていきたい、、、どこまでも;
落下の王国 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト英題:The Fall。 ターセム監督、リー・ペイス、カティンカ・ウンタール、ジャスティン・ワデル。冒頭、Once upon a time in Los Angelesと来る。ロスと言えば、ハリウッドで、自己言及型の映画としては「インランド・エンパイア」を髣髴させ、この映画も基本映...
The Fall (レンタルで映画)
 DVDにて「The Fall」という映画を観ました。これは「ザ・セル」の監督さ
落下の王国 (Memoirs_of_dai)
演技とリアルの狭間のカティンカ 【Story】 左腕を骨折して入院中の5歳の少女アレクサンドリア(カティンカ・ウンタルー)は、脚を骨折して...
「落下の王国」 (或る日の出来事)
落ちる。絶望と悲しみの中で。銃撃を受けて転落する。爆発して粉々に散って落ちる。何もかも剥ぎ取られて恥辱の淵に落ちる。矢を受け地に伏...
落下の王国 (5125年映画の旅)
腕を骨折して入院していた少女アレキサンドリアは、病院で知り合ったスタントマン・ロイから即興もファンタジー物語を聞かされる。しかしロイは、そのお話をいつもいいところで中断してしまう。ロイはアレキサンドリアに、続きが聞きたかったらおつかいをしてきて欲し...
「落下の王国」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画予告編で観た映像の数々が印象的だったので、本日レイトショーで観て来ました。もっとシリアスな内容を想像していました。何と言うか…。ものすごい高級素材をふんだんに 使ったジャンクフード。でも不味くはない…。何ともアンバランスな味わいでした。...
落下の王国 (だらだら無気力ブログ)
失恋で自暴自棄になったスタントマンの青年と骨折で入院中の少女の 交流と彼が少女に語るおとぎ話を映像で描いたファンタジー。家族を手伝ってオレンジを収穫中に左腕を骨折して入院中のた5歳の 少女アレクサンドリアは、病院内を探検中に撮影中に脚を骨折する重症を 負...
【映画】落下の王国 (新!やさぐれ日記)
▼動機 ポスターがきれいだった ▼感想 なんだかしっくりこなかった ▼満足度 ★★★☆☆☆☆ あんまり ▼あらすじ 左腕を骨折して入院中の5歳の少女アレクサンドリア(カティンカ・ウンタール)は、脚を骨折してベッドに横たわる青年ロイ(リー・ペイス)と出会...
落下の王国 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
構想26年、撮影期間4年!__映像の魔術師ターセムが、魂を込めて作り上げた生きる力を喚起させるファンタスティック&リリカルな心の旅。 傷ついた青年と純真無垢な少女、それは、落ちて始る物語。 物語:1915年のアメリカ、オレンジの木から落ちて怪我をし、入...
『落下の王国』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
1915年のアメリカ、オレンジの木から落ちて怪我をし、入院中の5歳の少女、アレクサンドリア。人懐こい少女は、あどけない笑顔で病院中の人々に可愛がられていた。ある日、足の怪我でベッドから起きられない青年と知り合う。病室に入ってきた利発そうな少女に、青年は自分...
映画[ 落下の王国 ]落ちて想像した映像美 (アロハ坊主の日がな一日)
映画[ 落下の王国 ]を渋谷CQNで鑑賞。 構想26年、撮影期間4年。 [ ザ・セル ]を手がけたインド出身のターセム監督が、 今回CGによる特殊効果をほぼ封印し、 リアルな映像美にとことんこだわったアンチ・ハリウッドな作品。 映像美もよかですが、個人的...
「落下の王国」 (てんびんthe LIFE)
「落下の王国」試写会 スペースFS汐留で鑑賞 前作「ザ・セル」が印象的だったターセム監督の新作。 前作はSFモードの中にも斬新な映像が組み込まれていて奇妙な世界でもきらいではありませんでした。 そして今回は落下をモチーフにファンタジーな世界を作り出し...
色彩の叙事詩~『落下の王国』 (真紅のthinkingdays)
 THE FALL  昔々のロサンゼルス。スタントマンのロイ(リー・ペイス)は映画撮影時の事故で 入院中。恋人も主演俳優に奪われ、失意のど...
落下の王国■虚と実の間で・・・・ (映画と出会う・世界が変わる)
この映画は孤独な少女が主人公という意味ではここでも紹介した「ベティの小さな秘密」と共通しており、またその孤独な心が空想の物語を生み出すという点では「パンズ・ラビリンス」とも共通している。ただし、「パンズ・ラビリンス」が少女が置かれた状況が極めて絶望的で...
ザ・フォール/落下の王国 (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
不思議な魅力の映画! ザ・フォール/落下の王国 特別版 [DVD]posted with amazlet at 09.02.27ワーナー・ホーム・ビデオ (2009-02-11)売り上げランキング: 450...
ザ・フォール/落下の王国 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE FALL公開:2008/09/06製作国・年度:インド/イギリス/アメリカ、2006年上映時間:118分レンタル開始日:監督:ターセム出演: リー・ペイス             ロイ・ウォーカー/黒山賊 カティンカ・ウンタルー       アレクサンドリア ジ...
*『落下の王国』* ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2006年、アメリカ映画、ターセム監督、石岡瑛子衣装。13の世界遺産を含む世界24カ国を回り、撮影だけで4年をかけた作品。
落下の王国 (虎猫の気まぐれシネマ日記)
あらすじ: 左腕を骨折して入院中の5歳の少女アレクサンドリア(カティンカ・ウンタール)は、脚を骨折してベッドに横たわる青年ロイ(リー・ペイス)と出会う。彼は彼女にアレキサンダー大王の物語を聞かせ、翌日も病室に来るようささやく。再びアレクサンドリアがロイの...
126●落下の王国 (レザボアCATs)
想像力の持つ、美しさばかりでなく、残酷性、破壊性。本来そこにある無限の可能性って、なんて怖いのだろう。足元の危うい暗さ。『パンズ・ラビリンス』が気に入った人には、是非これも見て欲しい作品。
落下の王国 The Fall (映画通信みるみる)
なんと美しい映像! CG使わずに、世界遺産など24か国以上の世界ロケ。 衣装デザインは、アカデミー賞受賞、北京五輪開会式を担当した石岡瑛子...
幸せの王国 (Akira's VOICE)
「ザ・フォール/落下の王国」 「幸せの1ページ」 
【映画】落下の王国-The Fall…なんか良い映画だったので何時になく真面目な記事に。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/}{/kaeru_rain/} さて、ゴールデン・ウィークも残りは明日1日{/ase/} 本当にどこにもレジャーに出かけなかった我が家。娘は不満そうです{/face_ase2/} 明日もどこにも行く予定は無いんだけどね{/face_nika/}…来週か再来週にはちょびっと遠出でもしましょう...
『落下の王国』 2008-No69 (映画館で観ましょ♪)
世界遺産13ヶ所、24ヶ国以上でロケという贅沢な映画。 とにかく美しい。 水に映りこむこの感じ...上も下も透明で澄ん...
映画評「落下の王国」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2006年インド=イギリス=アメリカ映画 監督ターセム・シン ネタバレあり