デモクラティックスクールまんじぇ まんじぇの仲間ブログ

何気ない日々の家庭から見えてくる(?)まんじぇ♪
保護者・生徒・ボランティアなど、まんじぇに関わる者たちで書いています

不器用

2015-05-29 22:55:42 | もーりー
こんばんは、もーりーです。

長男がまんじぇに通い始めてから、ちょうど一年が経過しようとしています。

随分と変わりました。

朝、ちゃんと起きてくるし、積極的にまんじぇに行きたい意志を表すようになったし。

そりゃね、子供の意志は最大限に尊重するけど、親としてはね、スクールなり学校なりに積極的に通いたいっていう感じになれば、正直、安心しますよ。

『学校に行きたくないんだよな…。』

それを感じ取った時の、どう対応したら良いか分からない不安感というのは、その立場になった親じゃないと分からないだろうけれど、一瞬戸惑うよね。



学校に何がなんでも行かせなきゃならないなんてのは、明らかに親の勘違いなんだけどね。子供は一切間違っていない。



でも、なかなか気づかないんだよね、勘違いに。


だからこそ、その勘違いに気づかせてくれた事に、頭ではなく、体感として気づかせてくれた事に、今は彼にとても感謝しています。



僕は根っこから女性好きなので、どうしても成長に応じて男らしくなっていく彼に優しく出来ないのですが、やっぱりこの一年で本当に逞しくなったねと褒めてあげたいです。


彼も明後日で9歳になります。


お互いにいつまでも不器用で、上手に好きという気持ちを伝え合えないけれど、時間の許す限り、彼と一緒に生きていきたいなと思います。


来月からは2年目に入ります。まんじぇのみなさま、今後ともどうぞよろしくお願いしますm(__)m


molly
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

葛藤と自然農

2015-05-26 19:37:58 | のば

のばです。

 

今日は、少し子育てから離れた話をしてみたいと思います。


日が長くなり、夏が近づいて来ているのを感じますね。

こんな季節になってくるといつも思うことがあります。

それは…

 

ヨガの教えに 「禁戒」・「勧戒」 というのがあるそうです。

禁戒とは、「しない方がいいこと」

勧戒とは、「進んでするといいこと」

という、道徳律のようなものです。

ヨガを経験された方はたいていご存じのようです。

(ちなみに私は経験ありません…。
 やってみたいと思うのですがチャンスがなくて(^^;)

内容は、当たり前のことですがとても大切なことがあるので
子どもたちにも実践するといいよと教えています。

禁戒の中に、”非暴力”というのがあります。

他人を傷つけぬこと、無駄な殺生をせぬこと ということです。

この、”非暴力”に徹すると
自分自身を傷つけられることがなくなるそうです。

これを知ってから、蚊も殺さないようにしています。


これからの季節、庭の草も元気に伸びます!

そう、この庭の手入れ、草取りをしながらいつも思うんです。

草取りをしているといろんな虫さんたちが顔を出します。

クモ、テントウムシ、ダンゴムシ、アリ…

私はこの虫さんたちの棲みかだったり餌だったりを
破壊しているのではないだろうかと。

これは”非暴力”に反するのでは?と
草を抜くたびに葛藤するのです。

でも結局、庭がキレイな方がいいので気になりながらも
根こそぎ草を引っこ抜いていました。


10日ほど前に、自然農をされている、
まんじぇの保護者さんの畑で自然農の体験をさせていただきました。

草を抜くのではなく刈る。

そして刈った草を畝にまいて利用する。

前々から自然農には興味があったのですが
何をどうやればいいかわからないし、
借りてる畑だし…
いろいろ考えてあきらめていました。

でも体験させていただいてこっちの方が楽しい!

そう感じたらやっぱりやってみたくなりました。

借りている畑の3分の1ほどで勝手に(^^;チャレンジ!

ありがたいことに、借りている畑は我が家のすぐお隣り。

畑に生えている草も庭の草も似たようなものが生えています。

管理されてきた畑にはあまり草もありません。

そこで思いついたのが庭の草を抜くのでは刈ること。

今までは庭を”てんつるてん”にしないときが済まなかったので
なんでこんな簡単なことに気が付かなかったんだろう?と
不思議です。

庭の草を刈ってみるとやっぱり虫さんがいろいろ出てきます。

が、まだ草は残っているし、今までよりは
虫さんたちにも痛々しくないように見えました♪

私たちと虫さんとの共存。

これで私の葛藤も解消されたのでした。

 

のば

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ともか、爆発!

2015-05-19 16:12:39 | のば

のばです。


ともかは私に似ています。

親子だから当たり前?かもしれませんが(笑)

そういうことではなくて、環境が。

私も、ともかのように兄と妹がいます。

ちょっと違うのは、私にはさらに10歳離れた弟もいること。

ちょうど今のともかくらいの時に弟が生まれたので
今のともかくらいまで、3人兄妹の真ん中でした。


「3兄弟の真ん中は変わり者が多い」

なんてことを私の前でも平気で言う父親でした。

兄弟が多いと、今は相談相手になって助かりますが
子どもの頃は我慢ばかりしてきた、
そんなふうに感じています。

だから、ともかには何か特別な思いが私の中にあるようです。

でもこの思い、私自身も正直よく分かっていません。

ただ、ともかにはやたら腹が立ってしまったり
ともかがやたらかわいそうに見えてしまったり。

過去の自分を投影しているのかもしれません。


そんなともかが先日、私たちにブチ切れました!

理由は…

今までの我慢の限界、とでもいったところでしょうか?

「なんで、お父さんとお母さんが勝手に決めるの?」

「ともちゃん、お母さんの言った通りにしとるのに
 なんでお母さんは怒るの?」

「どうして学校があるの?」

「どうして学校と縁が切れないの?」

 ・・・・・・

もっともっといっぱい言ってましたが
なんでこの話?みたいなことまで出てきたので
よく覚えてません…(^^;

ともかの思いにできるだけ沿うように配慮してきたつもりでしたが、
彼女の優しさに甘えて、こちらが思う以上に我慢させてきたのでしょう。

こんなふうに言ってくれたのは初めてでした。

腹が立つというよりすごくうれしかったです。

私もこんなふうに思っていたことを思い出しました。

でも子どもの私は言えませんでした。

それをともかは言ってくれた。

ともかにはちゃんと謝りました。

そして「教えてくれてありがとう」と伝えました。

言いたいことも言えて、すっきりしたのか
いつもの優しいともちゃんになっていました(^^)


寝るときに、

「お母さんが未熟なの、知っとるよ」

ともかが慰めてくれました(笑)

(普段から「ごめんね~、怒っちゃうのはお母さんが未熟だから~」
 と言っているからです(^^;)

ともかの魂の方がきっと大人だ…

今まで以上に信頼関係、築けたかな。。。

 

のば

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

少し成長?

2015-05-18 18:57:23 | はなな
がいやの母 はなな です。

先週金曜日、まんじぇのお友達の家にお泊まりすることに!

何人かがお泊まりする事になっていて、それを聞き、がいやも行きたい!となったようです。

保育園でもお泊まり会は無かったし、私の実家にも、小さい頃に一度位しか泊まった事はありません。

それも、長男と一緒だったので、ひとりでのお泊まりは初めて(^^;;

いつもまんじぇで会っている仲間だし、ちょっと夜更かしして、眠くなって寝るだろう…と思いました。

まんじぇから、その子の家までみんなで、バスと電車で行きました。

マナカを持って、子供だけで公共交通機関を使うのは初めて(^^)

他の子供達は慣れている子ばかりだったので、がいやは付いていけばいいだけ(^^)

無事辿り着いたようです。

到着してからも、楽しく遊び、夕飯も食べ、夜遅くまでお喋り(^^)

私は安心しきっていて、普段通り就寝。

朝携帯を見てびっくり!

がいやから朝3時台に3件、4時台に1件メールあり( ̄▽ ̄)

帰りたいから朝10時に迎えに来て欲しいというメールでした。

朝電話してみると、帰りたくなったと言うだけで、理由がよくわかりませんでした。

迎えに行くとちょうど朝食中。

みんなに話を聞くと、寝たんだけど急に起きてドアの方へ言ったり、ギャーギャー訳わからないことを言ったり泣いたりしていたとのこと。

お泊まりさせてもらったお友達のご両親にも、色々お気遣い頂きました。

がいやは普段から夜になると、不安になる子です。

そして、寝ぼけて喋ったり、起き上がったりする事がたまにあります。

本人に聞いたら、夜になって色々心配になり、怖くなっちゃった…とのこと。

目が覚めて我が家ではなかったため、びっくりしたのだと思います。

私も甘かったなぁ。。。と思いました。

でも、お泊まりは楽しかったようだし、いい経験になったと思います。

そして、今日の朝急に、マナカをポケットに入れ、帰り電車で帰ってこようかな!と言うではありませんか!

びっくりです。

お泊まりの日の朝、最寄り駅には行ったので、全く知らない訳ではありません。

駅まで来てくれれば、私が車で迎えに行けばいいなと思っていました。

でも、そこから我が家の近くまで来るバスがあるので、それに乗れば?と思いました。

駅からどのバスに乗れば我が家に帰って来れるかもその時説明済み。

じゃあ、駅からバスに乗って帰ってこれば?と提案してみると、やってみるとのこと。

どのバス停で降りるかも教えて、もしそのバス停を通り過ぎてしまっても、次のバス停で降りればいいこと、

終点まで行ったとしても、がいやの知っている場所なので歩いて帰ってこれること、

などを話しました。

電車は途中まで、お友達と一緒なので安心!

降りる駅もその子が教えてくれます。

駅に降りたら出口は2つあるけど、同じ所に出てくるだけだし、改札を通った後も出口は簡単。

バスも名鉄は一つのルートだけなので簡単(^^)

無事公共交通機関を使って帰ってこれました!

凄い凄い!

成長したなぁ。

自信がついたようです。

ただ、食事の後ひどくイライラし、ぐずってました。

今日は凄く疲れたみたいです。

神経使ったかな?



はなな
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

卒業しようかな

2015-05-16 00:37:30 | さつき

もうすぐまんじぇを卒業するであろう、さつきです。

小学校1年生から中学校3年生までまんじぇにいて、今年高校生になりました。だけどまだ、まんじぇは卒業していません。

何でかと言うと、気持ちがまだまんじぇに残っていて、高校に行くときに心半分まんじぇにおいて行っちゃうかんじだったからです。

高校はやっぱり、頑張って小4の勉強から中3の勉強までをほぼ半年で終わらせた甲斐があるぐらい、楽しいです。高校は高校で楽しいのだけど、まだ気持ちが乗らないかんじでした。でも、部活に入って(音楽部(バンド)ボーカル)、友達が沢山増えたら、だんだんと変わって来たんです。今では高校ってめっちゃ楽しい!!!!って、思ってます。だから、今度の運営会議の時にでもスピーチ?かなんかして、卒業すると思います。

まんじぇ、すぅっごぉく楽しかったです!!!!!!!!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加