沖縄の街角(旧名:北京の街角)

沖縄と天津でIT関係の会社を経営しながら、仕事を通して考えたことを発信する。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本国紀に見た近代史のIF

2018-12-31 15:30:30 | 読書


発売前からなぜか異常に人気があった百田尚樹氏の力作、「日本国紀」を読んだ。
通史という物語として読むと、各所に著者の意見が入っていて大変面白かった。
現代史の部分は上島嘉郎氏の本で前知識はあったが、それでも読んでいて暗澹とさせられた。
左巻きの日本人が、今でも日本国を貶めている現実を再認識させられ、民主主義の限界を感じた。

それでも、巻末の「未来へ」の項を読んで、我々の年代では克服は無理かもしれないが、今の若年層がWGIPの洗脳から抜け出して、
偉大な日本国を再建してくれるだろうと期待するに至った。

著作者が解説する近代史のIFに係わる人物と、「かもしれない」内容について、ついでに下記しておこう。

1)小村寿太郎
ポーツマス講和会議の2か月後、アメリカ鉄道王のエドワードハリマンと桂太郎首相が、満鉄を日米共同で経営する覚書に同意した。
これを、外遊から帰国した小村寿太郎が、大反対し結局覚書は破棄された。
日米共同経営にしていれば、アメリカのセオドア ルーズベルト大統領は、日本敵対路線を採っていなかったかもしれない。

2)幣原喜重郎
1921年のワシントン会議で、アメリカの甘言(日英同盟を破棄して、日英米仏四カ国条約を結ぼう)を信じて、20年も続いた日英同盟を破棄してしまった。
日英同盟を存続させていれば、ブロック経済で孤立して、大東亜戦争に突入することもなかったかもしれない。

1927年3月に南京事件と呼ばれる中華民国の軍人と民衆による、外国領事館と居留民に対する、襲撃事件が発生した。
これに対し、イギリスとアメリカは直ちに南京砲撃をしたが、幣原喜重郎は中華民国への協調路線を採り、何の反撃もしなかった。
これにより、中国民衆は日本軍は弱腰と判断し、以後日本人に対するテロが激増した。
相次ぐテロにもかかわらず、協調路線のため、日本政府はもとより日本警察も動かなかった。
これが、以後日本居留民が、関東軍に治安を頼る原因になった。そして日本政府は、関東軍をコントロールできなくなってゆく。

3)犬養毅・鳩山一郎 (当時野党)
1930年海軍軍縮会議で、各国の補助艦の保有トン数が決定され、日本の保有トン数はアメリカの7割になった。
この時、野党の二人は統帥権干犯との理由で、トン数削減に同意した政府を攻撃した。本来は、天皇の編制大権を政府が輔弼しただけだが、
天皇の編制権の独立を侵害したと言いがかりをつけて、政府を攻撃した。現代のモリカケにも似ている構造。
この結果、軍部が「天皇の統帥権」を言い訳に、政治に口を出してくる足がかりを作った。

上記はいずれも、現代から過去をみて判断した結果論にすぎないが、小村寿太郎が反対してなかったら、アメリカと敵対することはなかったのでは。。。
幣原喜重郎が日英同盟を破棄していなければ、真珠湾攻撃をしていなかったのでは。。。
幣原喜重郎が毅然と日本国民を保護して反撃していたら、上海事変が起こらなかったのでは。。。
もっとも最後の犬養毅や鳩山一郎などは、野党のブーメランが現代だけではないことがわかって面白い。
野党の存在感を見せるために、詭弁を弄して政府に反対し、それが軍部のメンツを立てる事になったが、
2.26で軍人テロで殺されたり重傷を負わされたりしたのだから。
コメント

8月24-25日 化学物質管理ミーティング2017

2017-09-02 21:46:28 | 事業
8月24-25日の二日間、パシフィコ横浜で、化学物質管理ミーティング2017が開催され、弊社もブースを構えてi.Bou-GHS_MLを出展しました。

イベントが開催されたパシフィコ横浜


このイベントは2015年から年1回のペースで開催されており、弊社は2015年から3年間続けてi.Bou-GHS_MLを出展しました。
今年の入場者数は8067名、出展社数は49社でした。

弊社のブースには、訪問者が途切れることが有りませんでした。


弊社のブースを訪れた今年の訪問者は、昨年や一昨年と異なり、はっきりとした目的を持ってくる人がほとんどでした。
質問を用意してくる人もおられ、一人一人のブース滞在時間が非常に長かったのも印象的でした。
弊社のi.Bou-GHS_MLの認知度が高まったと感じました。

例年同様に出展各社に30分間の講演が割り当てられていました。
弊社は昨年、一昨年と同様、弊社代理店で且つラベルプリンタのメーカーである日本エレクトロニクス工業と共同出展しました。そして、私の講演では「SDS作成とGHSラベル発行の連携」について講演しました。

私の講演風景です。


講演のポイント

SDS作成とラベル発行の現状
1)タイ、ベトナム、韓国、インドネシア等の特殊言語の国がGHS準拠のSDSやラベルを要求している。
2)ユーザーの事情として、SDS作成の部門とGHSラベル発行の部門が異なる。
3)市販のSDS作成ソフトはラベル作成は考慮していない。
4)SDS作成ソフトに資本を投下しても、ラベル作成に反映されていないので、ラベル発行部門が苦戦している。
5)GHS+各国法規にSDS・ラベルが対応できずコンプライアンスを満たせない。

i.Bou-GHS_MLとFlpsFA_Proの連携のメリット
a) SDSとラベル作成に長時間を取られる高級人材を、従来の仕事に振り向けることができる。
b) SDSとラベルを最新の法規に従って作成できるので、コンプライアンスを果たせる。
c) ラベル発行マスタデータベースへのラベル情報インポートを素人レベルの人材でも安心してできる。
d) 外注で韓国語、ベトナム語、タイ語等のSDSを作成した場合、ラベル要素を取り出す作業は非常に困難で検証もできない。2つのソフトを導入することで、問題が一挙に解決する。
e) i.Bou-GHS_MLなら対象国家の追加が1ヵ国単位で可能ゆえ、非常に経済的である。

実際、SDSとラベルの連携に興味を持ってブースに来られた人たちが多かったです。中には、高額なSDS作成システムを入れたけど、ラベルに全く対応できないという事で、駆け込み寺的に弊社ブースに来られ解決策について相談される人もいました。
競争相手のE社やC社も今年はラベル出力もできると説明していましたが、全く実用に耐える代物ではなく、弊社のi.Bou-GHS_MLとFlpsFA_Proの連携とは、比較にならないレベルでした。

i.Bou-GHS_MLは、競争相手のソフトと比べ、圧倒的な安さにもかかわらず、作成できるSDSの質も高く、日本から輸出の多い12か国のSDS作成が可能で、おまけにFlpsFA_Proと連携することで非常に高品質のラベルが簡単に作成できるというメリットが、今回アクティブな訪問者が多かった原因だったと思います。

ちなみに、競争相手のブースの状況(ひま?)



尚、今回のイベントでユーザーの皆さんから頂いた意見を取り入れて、法律の変更やGHS分類の変更で成分データがアップデートされた時、関係する製品のSDSを自動で更新する機能を開発中です。今年末までにはリリースできる予定です。

乞うご期待!

コメント

農夫と蛇

2017-06-11 17:41:49 | コーヒータイム
農夫と蛇」(イソップ物語)



ある冬の寒い日、農夫が雪の上に死にかけている蛇を見つけました。そこでそれを懐に入れると暖めながら家に帰りました。
農夫は家に帰り着くとすぐ、その蛇を暖炉の前に置きました。息を吹き返した蛇は農夫の子供に噛み付き、死に至らしめました。すぐさま農夫は斧で蛇を二つに切り裂きました。

教訓:『邪悪なものからは恩返しは期待できません』。

今の日本と中国の関係を見ていると、このイソップ物語の教訓をつくづく感じます。

日本は、周恩来に要求されて始めたODA形式の戦争賠償によりインフラ整備を行い、日本企業が我先に中国に進出して不用意に工業技術を与えて、文化大革命で疲弊した中国共産党を生き返らせてしまった。
更に、天安門事件の後 民主党政権が強引に天皇に中国を訪問していただき、その結果経済制裁を世界に先駆けてやめてしまい、結局共産党が率いる中国を世界第二の経済大国にしてしまった。

その結果、現在の中国は、日本に感謝するどころか、アメリカと太平洋を二分しようという傲慢な態度をとり、尖閣をはじめ沖縄まで自分のものにしようと、日本に対しあらゆる形の戦いを仕掛けてくる存在になった。
南シナ海では、全海域を自分の物にすべく、人工島を勝手に作り、詭弁を弄し戦力を誇示して東南アジア諸国を籠絡しようとしている。
更に一帯一路と呼ぶ戦略で西アジア、中東、ヨーロッパにまで覇権を広げようとしている。

結局、この邪悪な共産党を、今のような強大な勢力にしてしまった原因は、明らかに日本にある。
文化大革命の時、天安門事件の時、もし日本があのような行動をとらなかったら、共産党は消滅していたかもしれない。
中国の人民にとって、日本のあのような行動はありがたかったのか、迷惑だったのか?
実際のところ、一般の中国人は、日本に一つも感謝していない。せっかく共産党を消滅させることができたのに、勝手に共産党を助けて巨大モンスターにしてしまったのは日本のせいだと恨んでいる中国人はたくさんいる。

戦後の日本人は、「正義とは何か」が分からなくなってしまったのだろうか。
欧米の人たちは、一神教の宗教を信仰しているので、絶対正義の感覚が自然に備わっている。
戦前の日本人は、武士道と神道により「正義」の感覚を磨いていた。
しかし、戦後の日本人には、これらの精神の支えがなく、拝金が最強の宗教になってしまった。

どうすれば今の閉塞状態を打破できるのか?
まずは、正義を叫ぶと、直ぐに軍国主義の復活と騒ぐ輩を排除することから始めるべきか。
コメント

時計修理

2017-05-11 12:11:16 | 沖縄の生活
僕が愛用している時計 Van Cleef & Arpels のリューズが取れてしまった!

大変だ!! バンクリの専門店に出したら非常に高額の修理代を請求されるので、安くて安心できる修理屋がないかネットで探した。

時計修理工房 (http://www.w- repair.jp/)というのがあった。

概算の修理代を聞くと1万2千円ぐらいと返事が有った。しかし正確な修理代は、故障した時計を郵送して、故障内容をチェックしてから見積もりが来て、それでOKなら修理開始、納得できないなら返送というシステムらしい。なかなか合理的なシステムだ!

高額な時計なので、郵送することを躊躇したが、ホームページを見る限りしっかりした会社のようだ。

そこで、郵送方法を確認するためにメールを入れた。そしたら、専用のパッケージを送料修理工房負担で送るので、それに時計を入れて送り返すようにと言われた。但し、送り返すときの送料はユーザー負担。まあ、これは当然か。

暫くすると、郵便で小箱が届いた。中にスポンジなどの緩衝材と一緒に、ビスケットが1個入っていた。そして説明書には、「このビスケットが割れているなら、郵送途上のハンドリングが悪い証拠なので、送付方法の変更を検討する。割れてないなら、ティータイムに食べてください。」と書いてあった。

このビスケットを見て、この会社は信用できると判断したので、時計を入れて即発送した。

パッケージが時計修理工房に到着すると、すぐにメールが来て「時計が届いた。検査に2週間ほどかかる。検査後見積を出す。」と連絡が有った。

そして13日後に見積が来た。
故障の状態:時計の巻真が破損しており、リューズが取れているので、修正を行い、リューズを取り付けし直す。
但し書き:リューズの劣化により、防水性能が低下している。修正にはリューズ交換が必要だが、外装部品なので、メーカーで交換が必要な為、防水性能を高める修理はできない。
見積金額:4千円+返送料金+消費税

金額は概算見積の三分の一だったので、直ぐに「この条件で修理をお願いします」と返信した。

現在、修理中ですが、今迄のやり取りから考えて、きっとしっかりと修理して戻ってくると思います。

コメント

ルーズベルト大統領の罪

2017-02-20 14:08:20 | 読書
国際政治学者の藤井厳喜が語る、戦後知られざるアメリカの歴史について、フーバー元大統領が集めた事実を基に死後50年後にアメリカで出版された書籍を基に、語ります。この内容が、無料で聴講できますので、私のブログで紹介します。私にとって非常に面白い興味ある内容でした。
次のURLをクリックしてみてください。

http://you.prideandhistory.jp/fuji_webinar_american_crime_replay/?cap=hs_fuwf_1702200600

コメント