録画人間の末路 -

人は記録をしながらじゃないと生きていけない

このブログは

このブログは、PCでテレビ番組を快適に録画し、自由な形で好きなように活用するための実験結果報告をメインとしたものです。ですが、その自由を奪い、不自由を売りつけて無制限の利権を得ようとするものたちが、現在のテレビ界では勢力争いをしています。そういう連中とは断固戦い続けます。それが、ここのテーマです。
2011年7月24日まで続けることを目標にしていましたが、2011年いっぱいまで延期いたします。 ・・・の、予定でしたが、衛星放送の行く末が気になりますので、それまでは続けます。ああ、意志薄弱。



特殊なコンテンツ
・SpursEngine H.264エンコーダ 実験プログラムサポート&他ソフト紹介ページ
Lalfさんが作られている、SpursEngineで使えるエンコードソフトのリンク先の紹介などをしています。CUI版とAviUtlのプラグインの二種類があります。 また、それ以外に同じくLalfさんの作られたCodecSys Personal向け参照AVI、ravi2や、BOさんの開発されたLinux用HD PVRコントロールソフトのリンクもおいています。

※10/07/01 se_h264enc_auo ver 0.09、se_mpeg2enc_auo ver 0.05、Seche Technical Preview2 リリース

・スカパー!e2 各チャンネル解像度・ビットレート一覧表
独自の調査による、スカパー!e2とBSデジタル放送の解像度とビットレートの一覧表です。多少の間違いはご了承ください。

・意外とある、デジタル放送録画可能キャプチャーボード・ユニット
外部入力を用いて、デジタル放送のチューナーやレコーダーから出力される番組を、自由に扱える形式で録画可能なPC用のキャプチャーボードおよび外部ユニットの情報を集めたものです。

Amazonコイン終了、新サービスAmazonポイントへ

2024-02-27 10:36:15 | Weblog
今朝、Amazonからメールが来まして、Amazonアプリストア経由でダウンロードできるアプリゲームで課金できるサービス、Amazonコインが本年5月27日までで終了する、と書いてありました。
AmazonはGoogleの経営するPlayストア以外でほぼ唯一Android機向けのアプリダウンロード元として機能しているアプリストアを経営しており、その特徴は課金をAmazon経由で出来ることでした。また事前にAmazonコインを買ってからそれを課金の元に使うことで直接買うより安く課金ができたんです。例えば本日ですと10000円分課金が出来るコインが9200円で、50000円分なら45000円で出来る、くらいですね。AmazonアプリストアもWindows11のAndroidエミュレータ環境に使われたりしてそこそこ存在感はあったはず、です。わたしも課金するゲームはAmazon版を遊んでますね。若干特典のあるものもありますし。
ただ、開始当初からAmazonのストアでの評価は常に底辺・・・。とはいえAmazonコイン自体の制度が悪いわけではなく、言いがかりなんですけどね。Amazonコインはアプリストア専用の事前払いシステムですし、購入時の説明にもそう書いてあるんですが、「Amazonの買い物全部に使えると思って買ったのに違った!金返せ!!」と自分の勘違いによる苦情を評価に書く人が後を絶たなかったんです。評価欄じゃなくて直接連絡を取ればいいのに。なんで途中からAmazonもストアの方にAmazonコインを掲載するのをやめ、Amazonストアアプリからしか買えないようにしてしまいました。そのころからサービスが悪くなったのかなぁ。それ以前は割引率も高く、"コインバック"と言って課金した分の10%、特定のゲームがキャンペーン中だと20%もAmazonコインが直接補充されてすぐ使える、わたしが見たさ最大割引だと50000円分Amazonコインを35000円で買えたのでそれを20%バックで課金すれば62400円分ゲーム内ガチャアイテムが買えてなおかつ少し余る、というメチャクチャなことさえありました。ただ、いつの間にかコインバック制度はなくなり、割引率も低くなり、Playストアのポイントとの差が少なくなってしまいました。ゲーム以外の配信雑誌の支払いなどをPlayストア経由で行っていれば、むしろ〇〇Payなどを利用して実質二重ポイントが得られる分Playストアの方が得感が強かったりさえしてました。わたしがAmazon版でゲームを遊ぶのも、一番大きな理由はPlayストア版だとPC用エミュレータで動作しないけどAmazon版なら動作するものがあるのが一番大きかったりしますし。課金はPC経由で失敗したことがありますのでスマホやタブレット経由に切り替えますが。そのゲーム、最近は露骨に高レアの排出率を絞ってきたので課金する気が失せてきていたりしますが・・・。以前はコラボの時だけは排出率上げた形跡があったのに昨年あたりから100連どころか200連してもコラボキャラ一体も出ないのが当たり前くらいに絞ってきてるしなぁ。それはおいといて。

そんな紆余曲折を得てAmazonコインが終了、使わなかった分は返金となるようですが、Amazonの場合時期によって価格が違うのでどうすんだろ。記録に基づいてやるのかな? まだだいぶ手元にコインは残っているのですが、どうなるか見ようと思うので具体的な返金制度が発表されるまで使わないでおこうと思ってます。コイン終了後は、メールによると既存の「Amazonポイントプログラム」と同じ「Amazonポイント」と同じになるとのことです。ってことは単なるポイント制に移行、ってことでしょうか。ポイントは事前購入しなくてもアプリ内で直接"獲得"って書いてあったので。なんだかんだ割引制度の恩恵を受けていたわたしとしてはちょっと不安があります。まぁこのまま無課金に移行してもいいですけどね。期待しないで続報を待っていましょうか。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お釣りと景気

2024-02-23 14:44:10 | Weblog
日経平均株価の価格がバブル景気時を超え、過去最高値という記事が出ています。


ニュースでは一般の人が「投資をしているので株が上がって利益が出た」などと語る様子が街頭インタビューで映されていますが、まぁ100人1000人とインタビューすれば数人くらいこう答えてくれる人も出るでしょうし、そういう人を選って放送しているのだと思います。わたしも投資はやっているのですが、日本の株を単独で持っているやつは直近でも全然上がってません。額面上利益が出ているものでもそれは父親が買ったやつを相続したものであくまで父が買った時点から計算すれば利益が出ているだけのものです。ちなみにその株はそれはわたしが相続して相続税を払った直後あたりで落とし穴に落ちたように猛烈に株価を落とし、最近やっとマシになってきた、程度には上がってきましたがまだ相続時点の価格には遠い株価でしかありません。単独持ちは後で買ったやつも含めてこの調子で、わたしがかろうじて投資で利益が出ているのは全部外国株中心のファンドで、それで日本の株のマイナスをなんとか取り戻しているからです。なので全く日経平均株価の最高値なんて実感がありません。

そもそも世間の景気もそんなものじゃないでしょうか。ウチの商売の話ですが、父がよく言っていた話の中に「ウチの場合世間の景気がよくなると釣銭に不足する。みんな大雑把に一万円札で払ってお釣りを持っていくから。逆に景気が悪くなると小銭を寄せ集めてお金を工面して払うようになるから釣銭が減らなくなる」というのがありました。銀行の両替手数料は上がるばかりでウチみたいな弱小店だと利益をごっそり持っていかれかねないので手数料ゼロの範囲で両替できるよう銀行を数件数日にわたって回る必要があり、一時は釣銭の確保にものすごく苦労していたのですが、ここ数か月はもっとも減りの激しい100円玉すら銀行に両替に行かず、たまにわたしが個人的な買い物でできた100円玉5枚500円玉1枚を千円札と交換する程度、銀行で両替するのは五千円札確保くらいでやりくり出来てしまっています。わたしは外での買い物なんて月に5~6回しかしないのでそれだけ釣銭が出ること自体2か月に一度くらいなんですが、それで十分ということは、それだけお客さんが小銭の寄せ集めで支払う場合が増えたということです。もう一つの理由としてお客さんの数がまた減った、というのもありますが、どちらを見ても「日経平均株価過去最高値」の国の景気とは思えないやり取りが続いています。
それは日経平均株価が国内の景気というものを全く反映していない、ただの虚構の数字にすぎないものになり下がった、ということを示しています。それさえあげておけば見かけだけでも景気が良くなったように感じさせることができ、増税の理由が出来る。そのために円安への誘導をしたり、日経平均株価の指標となる企業に年金の資金でピンポイントに投資を行って意図的に上げているとかそういうこともしてるでしょうね。最近はインボイス制度によって大企業の負担を上げることなく中小企業の負担を大きくして弱いところをどんどん潰すことで景気の中央値を上げるなど、見せかけの景気対策だけはどんどんやってますから日経平均株価最高値もその一環なんだと思います。

同じ株価だったバブル期のころは全く違っていて、それこそ日本中が狂っていて、異常でしたからね。当時の個人的な思い出といいますと、ちょっとした用で東京は銀座に遅くまで居たときにこんなことがありました。今はどうか知らないんですが当時の銀座は条例でタクシー乗り場以外でのタクシーの乗車が禁じられていた(という話を人から聞いた)んだそうです。そしてみんな夜遅くまで、終電逃して飲んで遊ぶのが当たり前、銀座のタクシー乗り場は大行列でタクシー待ち。というのも会社からタクシーチケット大量に配布されていて業務と関係なくても実質タクシー乗り放題(と、一緒にいた人から聞いた)だったからで。しかし、夜の銀座、終電終わっても街はかなり量の自動車が行き来し、その半分はタクシーじゃないか?くらいのすごい数が目の前を往来してましたが全部乗車中ばかり。深夜終電後なのに2~3時間待ちも珍しい話ではなかったそうです。記憶は曖昧ですが、多分携帯電話は限られた人しか持っておらず、それでタクシーを電話して呼ぶ行為は普及していなかった時代だったかも知れません。そして行列の待つタクシー乗り場へ向かおうと姿を現した待望の赤ランプを灯した空車のタクシー。その姿を見かけた列に並んでいた先頭からほど遠い人がいっぱいの紙袋を両手を上げていきなり車道へ飛び出し、タクシーの前に立ちふさがったのです。タクシーはもちろん他の車も慌てて急ブレーキ、街にキキキーのやクラクションの音が鳴り響きました。見ていたわたしは生きた心地がしませんでした。事故が起きなかったのが奇跡なくらいです。そしてその飛び出した人物は乗せろ乗せろ、自分を先に乗せろと交渉していたはずですが、飛び出していったシーンがあまりに強烈で、どうなったか覚えていません。それが周りの人、特に並んでいた人から呆れられることはあっても大して咎められない、つまり出来るものなら自分も同じことがやりたいとみんな思っていた、そんな恐ろしい時代でした。


一転して現代、と言ってももう10年くらい前の話の話ですが、お釣り絡みで書いておきたかった話があります。一応実際の中身とは細部が少しですが変えて話しますね。
わたしがお釣りの工面に苦労していたころ、来るようになったお客さんがいました。来てくれるのは嬉しいんですが、全部の取引を一点ごとの集計にして、一口ごとに一万円札一枚で払う、というやり方をさせる人だったので困ってました。150円と80円と600円の支払いがあったら全部個別で三口扱い、一口ごとに一万円ですからお釣りをそれぞれ9850円、9920円、9400円寄越すように求めてきたんです。正直勘弁して欲しい要求で「せめて全部まとめて一万円札一枚にしてもらえませんか?」と頼みましたが「お客が要求してるんだから言うこと聞け」の一点張り。当時は父が存命であり、「しょうがない、お客の言うことを聞いてやれ」と言われ、心で泣きながらお釣りを渡していました。ここまでだったら、あるいはまだ少々迷惑な要求をするお客さんで済まされたのかも知れません。ひょっとしたらわたしみたいに個人商店の経営者であり、お釣りを確保したいから小銭を作るようにしているのかも、と言う思いもありました。でも、違いました。その人は終わって一時間くらいしたらこんな電話をかけてきたんです。

「五千円札が足りない。そっちがお釣りを渡さなかったんだ。金を返せ」

慌てました。さすがにまだ当日で、お金の出入りが正しかったかどうかの計算は閉店してからするので合っているかどうかその日の分は確かめていません。とりあえず
「もしそうなら申し訳ありません。ただ、わたしどもが払っていないだけかどうか確かめないといけませんのでお時間をいただくことになりますが」
と言いますと
「こっちは急いでいるんだ。今から行くからさっさと金を返せ」
とこう来ます。とにかく調べないとダメだ、まずは本日のお金の出入り状態を調べてから、とこっちも引かないと
「だったら警察に訴えて、逮捕してもらってやる!」
と電話を切られました。とにかく慌てて金を数えなおし、問題ないことを確認しました。さぁ警察に訴えようが文句をつけて怒鳴りつけてこようが来い!と待ち構えていたんですが全く音沙汰無し。
半月くらいしたらその人、その時のことなどまるでなかったように来店し、またしても金の支払いは一口ごとで全部一口一万円札払い、お釣りをたくさん持っていかれました。そしてやっぱり一時間後
「五千円札が足りない、返せ」
と電話が。もうウンザリ。ああ、こういう詐欺をやってるんだな、と。今度は引きません。支払った、いや払ってない、の押し問答が続き、また「警察に訴える!」と電話切。それが数か月間、延々と繰り返されます。必ずお釣りを山ほど持って行って、必ず一時間すると「五千円札が足りない」電話と押し問答。持っていかれたお釣りの補充に銀行回ってなんとか手数料なしの範囲で集めるのは何日もかかって大変だし、もうあの人が来たら断ろう、とわたしは父に訴えたのですが、父は「それでも客だ」と許可してくれません。
ならばこういう詐欺が無駄だ、とわからせるしかありません。いちいちお釣りを写真に撮ろうとも考えたのですが、それを「疑っているのか、写真なんて勝手に撮るな」と言われたら後で揉めたときにこちらにとってのマイナス要素になりえてしまいます、もちろん疑ってるんですが。そこで一口ごとにいちいち領収書を発行し、お釣りに関してこと細かく書き込みして
「領収書を出します。これはあなたも間違いなく支払ってお釣りを受け取って取引を終えた、という証明書です。発行した以上、領収書をあなたが受け取らなくてもお互いに取引に対して責任を持つことになります」
と仰々しく宣言してお釣り一枚一枚とともに手渡し、「これで間違いないですね」と念を押すことにしました。領収書を出したことで相互に特別な責任が生じるかどうかは言った本人も疑問ですが、相手をけん制することは出来ます。領収書代で利益削られますけど、同じことが繰り返されるよりマシです。これでもまだ一時間後に「五千円札が足りない」電話はあったんですが「領収書出しましたよね? その時あなた確認したじゃないですか。もしそれで間違っているならあなたにも確認ミスの責任がありますよ」とシレっと回答。もちろん怒りの声を上げられましたが受け付けず。それが2~3回あったのち、その人来なくなりました。わたしの態度が不快を与えたのでしょうか、一人お客さんを失ったのは残念です。でも、なんかバブルのころと比べると人のやることもセコくなったと思いますのです。


こういう人が来る場合でもない限り、お釣りには少々苦労する、程度の経営でなければ見せかけの数字だけ良くなっても世の中の景気は悪いままが続くのだと思います。ウチなんか現政府の製作では切り捨ててしまいたい対象だと思うんですが、生きていくためにそれでもしがみついていきたいものです。その割にまた今年も経産省の調査書、届いて書かされているんですが。建前上はランダムに送付しているはずなのになんで毎年経産省か総務省の調査書、どっちかは必ず来るんでしょうか。しかも書いて送り返さないと法律では罰則あると送付受け取りの代理店の人に言われました。まだ罰せられた人や企業責任者はいない、とも言われましたが、ちゃんと書かないとわたしがその第一号になるぞ、第一号だと名前出てさらされるぞ、と脅されているようにしか聞こえなかったですね、はい。まさかのそのために毎年調査書送ってくるんじゃ・・・。さすがに無いでしょうが、どっかの人みたいに全部「不明」で責任も罰則も税金も免除という立場になりたいです。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

戻ってきました

2024-01-02 11:03:51 | Weblog
昨日の地震から一晩、警報も注意報も開けたようなので家に戻ってきました。あちらの家の子供が怖がったりぐずったりしていたので居づらかった、ってのもありましたし。まぁあれだけのことがあった直後、大して知らない人間が家にいたら不安になるのは当然でしょうけど。
家は特に問題なく無事でした。ちょっとだけ火事場泥棒を恐れていたんです。
なので蔵は厳重に閉じて鍵と金庫と通帳とハンコは持ち出したので財産を取られる心配はないんですが、玄関を壊される可能性はゼロじゃなかったんでそこは心配でしたが何もなし。家の中もDVDパッケージの破損以外は少々積んであった本が崩れた程度で機械類は問題なし。パソコンも大丈夫でした。以前強い地震があった時、録画作業中のPCのHDDが壊れた、という被害にあったことがありまして。今回も正月はいろいろ特集番組があるということで当然フル稼働中。それを放り出してきたのでそれも少し心配だったのですが、今のところ故障らしきものはありません。HDDは先日ひどい目にあったばかりだったので心配してましたが、あれは前倒しだったのかも知れません。怪獣コレクションも倒れていたのは一番不安定なラドンだけでした。

強いて被害を言うなら、蔵の一部のひびが大きくなっていたくらいです。


とはいえ、元々ひびは入り始めていて、昨年の段階で業者さんを呼んでいて作業は今年になって・・・という段取りは付けていたので余計な出費が出るほどではないんですけどね。このひびから崩れたとしても、蔵全体から見れば皮が剥げたようなもので本体はビクともしません。昔の日本の蔵っておそろしく丈夫なんですよ。ビル解体用の器具を使っても取り壊しは苦労するので、壊すこともできず再活用もできず土地の邪魔になってる蔵が近所のあちこちにあります。我が家は活用しているだけいい方なんです。

追記:細かい被害として、店の表玄関の鍵が開かなくなっていたのと、壁とタンクの間に挟んでおいておいた灯油ポンプが壊れていた、ってのがありました。ポンプは買いなおし、鍵はペンチで無理やり開けました。ふるーい鍵なので大雑把な対応で大丈夫でした。

と、いうわけで同等クラスの余震でも来ない限り、通常に戻ります。

あ、忘れてました。改めて新年あけましておめでとうございます。今年もどうかよろしくお願いいたします。
コメント (12)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

明けましたらとんだことに

2024-01-01 17:45:04 | Weblog
一月一日、普段なら明けましておめでとうございます、とのんきに挨拶するところですが、正直それどころではありません。

先ほどの地震、わたしの地区でも直撃しました。もう何が起きたやら。
年始の挨拶をすませて家に戻り、ちょっと二階の部屋にこもっていました。そしてちょうど下のリビングに降りてきたタイミングで揺れだしました。正直最初は何が起こっているかわからず、「お、揺れてるのか」程度だったんですが、もう踏ん張っていることすらキツイほど揺れだし・・・。ストーブの火を止めねば! と思っても近寄ることすらできず。なんとかストーブがひっくり返る前に揺れが弱まって止めることができたのですが、携帯電話もテレビも「命を守る行動をしてください」一色。とりあえずマンションに住んでいる親戚に連絡を取り、店の金庫と通帳にハンコ、どうしても守りたい財産を持ち出して母を連れて避難しております。
正直さすがに怖かったです。興奮していてまったく寒さを感じていません。ノートパソコンとモバイルーターも持ってきてこのブログ記事を書いているのですが、手が震えて書きづらくてしょうがない、という状況で少しは理解していただけるでしょうか。
ざっと家を確認したところ、わたしのDVDコレクションの棚が崩れていくつかのパッケージが壊れ、もともとひびが入っていて即席の修理をした蔵の壁が壊れた程度で、思ったほどではなく一安心。外も多くの店が閉まっていますが、単に一月一日だから閉まっているという感じで、コンビニなんかはどこも普通にやっていますので、揺れは大きかったものの、今のところそこまで被害は出ていないようです。このあと海や川が氾濫する可能性はありますが、少なくとも命は大丈夫だと思います。ほかの方々も無事でいますように。
コメント (5)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2023年も終わりです

2023-12-30 14:03:17 | Weblog
いよいよ2023年もあとわずかで終わりです。仕事そのものは大晦日もやってるわたしですが、ブログの2023年は今日締めさせていただきます。

PC関連は特にいいものが全くなく、Intelはただのマイナーチェンジ、AMDはモバイルばかり、とわたしとしては面白みのない年でした。モバイルだけを見ればCPUにAI処理向け回路が搭載される、という新しい傾向が見られ始めましたのでデスクトップ用ハイクラス向けにも同様の技術が使われることを期待します。もちろん使い道がゲームのフレームレート稼ぎばかりじゃ意味ありませんが。買ったのはHDDとグラボだけですね。初めて買ったIntel製GPU搭載のグラボはエンコード性能は良かったのですがPT3との相性が非常に悪く、次も買いたいとは思えないものだったのが残念。次世代のCPUに同等のエンコーダーが搭載されるのを期待します。AMDはとうとうAPUが出ませんでした。何度も「マザーボードの動作リストに掲載されている」「アップデートされたBIOSで対応している」と噂が飛び交って、そのたびに今日発表されるか、明日発表されるかと期待しては裏切られ。最近はゲーム用技術のAMD Fluid Motion Framesを流用してAMDが消してしまったFluid Motion Videoが再現できるんじゃないか、という期待も出てきているのでそろそろZen4世代のAPUが欲しいんですがねぇ。

一方モバイルを見れば革新的、というよりようやく期待に応える製品が市場投入された年でした。長年にわたって、おもちゃに毛が生えた程度の必要性低限度よりも大きく劣る製品しか用意してもらえなかった8インチクラスのAndroidタブレットでまともな性能を持った製品が複数登場したのです。2023年は8インチタブレットの年、と言ってもいいくらいです。なかでもわたしも購入したALLDOCUBEのiPLAY50 mini PROはSOC全体を通してもミドルクラス程度の性能を持つHelioG99を使い、それまでの8インチとは次元の違う基本性能でAmazonでも入荷しては即売り切れが続くほど日本では人気が出ました。わたしも一日中持ち歩いていてAndroid端末で何かをする、の大半はこの8,4インチタブを使用しています。ちなみに昨年に画面解像度だけ合格点だったので飛びついたUAUUのT30、最初に買ったのが初期不良品で交換してもらえて二台目ですが、こっちもそこそこ使ってます。世代落ちのSOC、3GBしかないメモリ、2.4GHzでしか使えないWiFiとiPLAY50 mini PROに慣れた身だともたつきが目立つ低性能(それでもそれ以前のものよりはるかにマシ)ですが、サイズと十分な解像度だけで実用性があるので、メインタブの充電中に主に電子書籍閲覧用として使っています。正直もう一台8インチタブが欲しいと思ってます。次は基本性能だけじゃなくて多機能が欲しいな。SOCはやっぱりHelio G99クラスでセンサー類が一通りそろってて大容量バッテリーのタフネスモデルが欲しいとか贅沢なこと言ってしまいます。
同じく今年買ったバッテリー容量10800mAhを誇るタフネススマホ、DooGeeのV30T。当然愛用してますが、8インチタブとスマートウォッチのおかげで時々存在を忘れます、一度持たずに外出してしまったくらい。それくらい忘れていてもバッテリーがいつの間にかピンチ! なんてことになっている可能性は低いし、四六時中スマートウォッチとつないでいても消費電力は気にする必要がない、は、いいですね。安心して存在を忘れられるってことです。もうすっかり馴染んでいて大容量バッテリーから元に戻れないですね。唯一欠点を言うとしたらOSがAndroid12止まりという点です。ストレージ容量とカメラ最大画素数アップ以外あまり変わらない上位モデルのV30 PROが出てまして、これはAndroid13なのでV30Tもせめて13にアップデートして欲しいんですが、そういうことを期待するメーカーじゃないからなぁ、Doogee。いつになるか分かりませんが、買い替えの時が来るとしたら、次は20000mAHのやつにしようかとも考えてます。

映画はやはり「ゴジラ -1.0」。わたしとしても大変面白かったですし、ヒットは嬉しいです。嬉しいんですが、どうにも喜べない褒められ方を最近されているように感じてなりません。いわく「海外で大ヒット」「〇〇国でも上映決定」「アメリカでなんとか賞受賞、ノミネート」・・・海外のことばかり。褒めるポイントも「海外でヒット」のセリフとともにナショナリズムを煽るばかりで、海外で認められたからいい作品と言わんばかり。「世界よ、これが日本のゴジラだ」なんてのもありましたが、いやいや待て。十年にもわたって全然ゴジラしてない怪獣ものをゴジラと称する映像作品を作り続けてきたのは日本の方なんで、やっとゴジラしたゴジラが日本でも久々に出てきただけ。「ゴジラ キング オブ モンスターズ」を見た後は、日本映画の星・怪獣映画の魂すらアメリカにとられた、ってわたし本気で思いましたもん。そうなりきらなかったところは賞賛すべきだとは思いますが。
もっともそれもマシな方で、最悪なのは何の関係もない「ポリコレ」とか言い出して思想批判の比較材料として「ゴジラ -1.0」を引き合いに出す人まで現れ始める始末。こういうの見るとわたし萎えるんです。おかげで「ゴジラ -1.0」の興奮が冷めちゃいました。来年は映像をモノクロ化した「ゴジラ -1.0/c」をやるとのことですが・・・。うーん。わたしの感覚がおかしいんでしょうけど、モノクロ映像ってキレイだと立体感がなくて非常にペラペラで不自然な映像に見えちゃうんですよ。いくら陰影を工夫してもCG臭さもより引き立つだろうなぁ・・・って不安の方が先に出てきます。そうでなくて、あえて傷を足して画面をボロボロにし時々動きを早回しのチャカポコにして音にノイズを入れて記録映画みたいに仕上げ、カット編集もそれっぽくするため全部やり直す、てなことをやってくれればすごいって思うでしょうが、まずやらないだろうなぁ。それでも見に行くでしょうが、冷めていることもあって多分感想は書かない。

悲報もありました。歌手の水木一郎氏・俳優の団時朗氏・同じく俳優で主にスーツアクターとして活躍した薩摩剣八郎氏・映画監督のバート・I・ゴードン氏と言った大好きな作品たちに深くかかわってくれた人たちが亡くなっています。時がたつので仕方のないことですが、作品がある限り亡くなっても消えることはありません。これからも活躍してくれることでしょう。

まぁわたしの方は・・・。今年は商売大赤字で来年どうしようか、いや来年はむしろ今年みたいな赤字は避けられそうですが再来年はどうしよう、と本気で考えるレベルです。先日も書きましたが周りの商店が次々と閉店し、今や文房具を買いに行くことすら困難になってしまいました。まだ少し余裕のある来年一年、手探り状態でもがいてみるつもりです。

まぁいろいろありましたが年始になれば気分はリセット、来年もどうか
よろしくお願いします。

マガジンの都合なんだろうけど、今年の最終号につけるパーツはヘドラよりデストロイアのボディにして欲しかったぞ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年の漢字は「税」なのは政権憎し?

2023-12-12 22:57:11 | Weblog
毎年これが発表されると「今年もボチボチ終わりか」と思うのが"今年の漢字"なのはわたしだけではないはず。思惑裏事情ビンビンな流行語大賞よりよほど人々の声を感じます。


個人的にはちょっと意外。というのも我々が税の重さを感じるのはこれからで、今年はあくまで増税の話がガンガン出たに過ぎないからです。もちろんインボイス制度のようなすでに弊害が出ている税制もありますが、現段階ではまだ税はとられておらず、手続きが増えたりこれ絡みで取引が打ち切られたりという部分の方が大きい。悪制度だとは思いますが「税」は感じません。なんで、「税」は現状の政権憎しの矛先が向けられた、組織票みたいなものって気がしますね。本当に「税」の年になるのは来年だと思います。
ちなみにわたしの事前の予想は「高」でした。猛烈な物価高に猛暑≒気温の高さ、これが今年の象徴だったと思うのです。あと金(ゴールド)も高くなりましたし。個人的には「減」ですけどね。今年は店の資金がかなり減りましたしウチの周りで当店を含めて小さな商店街を形成していたようなお店のほとんどが物価高と人の流れの少なさについていけず、商売をやめてしまいました。町が「減」り、仲間が「減」ったんです。ちょっと離れたところに昔、自治体の出資による第三セクターで経営されていたショッピング街もどんどん経営している店がなくなってシャッターばかり、ともはやゴーストタウン状態で限界を迎えています。そうした複数の店でお客を呼ぶ体制に頼れなくなりつつある、わたしの店、本気で来年どうしよう、と頭を抱えている現状・・・まぁそれはいいや。これ以上はわたしの頭の中だけにしまっておきましょう。なので「税」に投票できた人はまだマシな生活ができている人たちなんだろうな、と思ってしまいます。
コメント (11)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

インターネットから離れた友人

2023-12-10 11:42:11 | Weblog
もう2年も前に書いた記事に登場した友人。名を「A」としておきましょう。その友人Aはネットはもちろん携帯電話も持たず、基本的にあちらから連絡を取ってくれない限り近況不明になる人でした。しかし、同居することになった親戚が家にネットを引いたらしい。それを聞いたわたしと別の友人Yのおせっかい組は喜んで飛んで行ってWiFiを設定しておさがり端末を渡し、「まぁとりあえず使ってみろ」と使える環境を作ってきたわけです。WiFiの届く範囲なら友人Aと直接連絡が取れるようになり、それなりに便利に使っていた・・・はずでした。
あれから2年。そのおさがり端末がいい加減限界を迎えて壊れたそうです。わたしが渡した時点でくたびれかけていて、かつ2年前の段階で充電してもすぐに使い切ってしまう(2時間しか持たないとか書いてますがあくまで友人Aの自己申告なだけに詳細不明)端末だけに、よくもまぁ今まで持ったものだ、と思います。もちろん何度も「新しい端末買おうぜ!安いので十分よ」と誘ったのですが、友人Aは「金がもったいない、面倒」の二言で却下し続けていました。そして端末が壊れた友人Aの「インターネットは解約した」という話が別の友人から飛び込んできました。ネットを引いた親戚が独立して家を出て行ったため、「お金を自分で払うのは嫌、金がもったいない」から解約したんだとか。使ったことがなくて何が良いかわからないからインターネットを使わない、という友人「Z」もいますのでそれはまだわかるのですが、仮にも数年使い続けてある程度中身を体感し、それでも「金がもったいない」レベルと判断するとは・・・。わたしなんかインターネット無しの生活に戻れ、と言われても無理なレベルに数年で染まったんですけどねぇ。せめて格安SIMで最低限の環境にできないか、と説いてもそれすら拒否。ここまで言われるとへタに説得しようとすると怒り出しかねませんので断念。実際先に書いたネットを持たない友人Zに怒鳴られたことありますし。その割に友人Zはネットで蔓延している陰謀論に染まっている人なんですが・・・会社のPCかガラホでネットのチラ見くらいしてるのかも。
じゃぁそこまでして節約した金で何をするのか、そこまで生活に困っているのかと言いますと、別にそこまで困っているわけではなく、単にパチンコと競馬に使う金が優先というあまりよろしいとは思えない使い方になっているようです。なお「ネットの競馬予想なんかただの雑音、競馬場にいる予想屋の話しかアテにならない。ゲームは勝っても金にならない」からいらないんだとか。そもそもおさがり端末があれから2年も持った、という事実から察するに調子が悪くなりだしてからネットにはあまり触れなくなっていたということなのかも知れません。

個人的には、ネット環境は電気水道の次くらいにあって当然、ないと生活に支障をきたすものにとっくの昔になっていると思っていますし、それに近い認識で社会は動いているようにも感じています。でも、まだそう思わない人も少なからず存在するんですよ。気のせいかわたしの周りには結構居るような。しかもここまで来てネット環境を持とうとしない人は、わたしの知る限りでは相当意固地になっている人ばかりです。ここまでくると行政レベルでなんとかしないと社会が回らないんじゃないか、とさえ思うんですが、最後の一点「金」の問題で拒否されるとどうしようもないですから、もう取り残すしかないんでしょうか。
コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Amazonのブラックフライデーの価格が思ったより安くないのでがっかり

2023-11-24 13:26:07 | Weblog
先日書いたように、動画ファイルの保存に使っていたHDDの一台がグチャグチャに。二か月前までは普通に動いていたのに、突如発生した不良セクタによって超低速に。その状態から少しでもファイルを救出しようとふんばった結果、がん細胞のごとく不良セクタが増殖していまやへたにアクセスするとエラーが発生してPCが強制シャットダウンさせられるほどのひどい状態になってしまいました。まぁバラエティとか特集モノのやつは入れてないHDDでしたし、入っていたものでも今後お金を出しても絶対に視聴できないやつ(お〇松〇んの第1話とか瀬〇の〇嫁の第17話や仮〇ラ〇ダ〇デ〇ケ〇ドの最終回CM予告付きの地上波放送版とか)は救出できましたから最悪の最悪にはならなかったんですけどね。残りは機会さえあればどうにかなるでしょう。絶対消せないやつはもっと何重にもバックアップとることにしましょう。

で、そろそろファイルの救出はあきらめて、新しいHDDを買ってまたあらたなバックアップ先を作ろうと思ったわけなんです。購入はどこでもいいんですが、Amazonが11月24日からブラックフライデーを予告していました。だからそこまで待ってから選ぼう・・・と思ったのですよ。で、今日になってみてみたら内蔵HDDの大容量モデルでブラックフライデーの対象になっているものがない。それどころか去年13980円で買ったSeagateの8TBが17580円になってます。ブラックフライデーどころかやたら高い・・・。でもまぁ、この一年の間に物価の上昇や円安が急速に進みましたから仕方ないとしましょう。
さらに見ると先月あまりの安さに衝動買いしたM.2.SSDの2TB9950円が15490円に・・・。これも先月が安すぎた、としましょう。しかし、同じく先月に予約注文して今月の頭にやっと届いたIntelA310搭載のASROCKのグラボ。特に書いてないんですがIntel外部GPUのエンコードを試したくて買ったんですが、これが15738円だったのが現在20714円に! 一か月もたたないのに値上げ幅大きすぎない? 一応各種特典を使うことで値引き可、みたいになってますがそうでなきゃちょっとお高いものを買うことになってしまいます。
もともとブラックフライデーのブラックとは黒字のことですから赤字覚悟の出血大サービスバーゲン、ではないわけなので対象商品以外では一緒に買うことを期待してむしろ値上げが行われているのかも知れません。個人的にお買い得に感じたのはRADEON RX550くらいかなぁ。玄人志向1スロロープロのやつが10880円なのでFluid Motion Videoのアダプタのために端っこに差しておく、には最適。出力にDVIがあるのは貴重。

 
あと対象じゃないけどやはり1スロロープロでmaxsunのは表示価格が10433円で、さらにクーポンありで安い。が、ひょっとしてロープロ専用? そっちの装着写真しか載ってない。一応メーカーの公式サイトではフルサイズの金具がついた写真掲載してるから大丈夫・・・かな? ディスプレイ出力にDVIがなくHDMIとDSPなので良さそうだけどちょっと怖いので、買ってみるか。

 

なのでブラックフライデーといっても要注意!なことは肝に銘じておきましょうね。HDDは少し落ち着いてから探そう。
追記:maxsunのRX550届きました。ちゃんとフルサイズのブラケットが装着してあり、ハーフは付属していただけでした。ちなみにASROCKのA310はハーフが標準でフルは付属オプション、逆にしてくれ。
ただ、このRX550、商品の箱に蓋が勝手に開かないように透明テープを巻いただけの梱包でむき出しのまま直接ラベル貼って送られてきました。ちょっと梱包手抜きじゃね? A310でも一応袋には入れてあったのに。グラボなんで壊れはしませんでしたが、HDDは絶対今買うべきじゃないです。忙しいんだろうけど梱包の手抜きされて壊れ対策されてなかったらたまったもんじゃない。
コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

予想大外れ 再び金(GOLD)値上がり

2023-10-16 10:55:59 | Weblog
前に「金(GOLD)値下がり」って書いて、しばらく上がったり下がったりが続きながら下がっていくだろう、って予想してましたけど、大外れ、間違ってました。また金は上昇の傾向に移動しています。それもここ最近少し下がった分を取り戻して余りあるくらいに。

この傾向に突入したのはわたしの勝手な想像(もはやアテにならない・・・)ですが、先週から戦闘が激しくなったイスラエル情勢が影響しているのかと。経済や世界情勢が安定すると投資家は金にしておいた資金を成長部門への投資に回すので金は下がりますが、不安定になることが予想されると確実な資産である金に資金が回り、金が上がる。局地的に見るとそういう傾向はしばしばあるため、金に資金が回ったのかなと。ウクライナ情勢を見ると安定しているとはとても言えない世界情勢ですが、当初の予想以上に事態が長引いているので「悪い意味で安定」とみなされたようで金から資金が出ていく流れが出来つつあった印象だったのですが、また変わってしまいました。
もう今後どうなるか全く見当がつかない状態です。わたしの経営する中古店としてみれば金の値上がりは損をしない可能性が高いのでいいことなんですが、経営者としての視点だともうちょっと安定して欲しいものです。それは世界情勢は安定と不安定が適度にあって均衡を保つのがいい、ということでもありますのであまりよろしい発想ではないのですが、まぁしょうがない。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

いよいよ! 金(GOLD)値下がり始まった!

2023-10-03 14:21:57 | Weblog
何度もテレビで取り上げられるほど近年ものすごい値上がりを続けてきた地金・ゴールド・金の価格。もちろん過去最高の値段を更新し続けていたからニュースになったのでありますが、ついに先週から値下がりが始まりました。一時的なものですぐに元に戻る、と言う気もしていたのですが、今週に入っても値下がりが続いているので、どうやら本格的に下方に移行し始めたようです。と、言ってもさすがにこのまま一直線に下落、ということはないと思います。三歩下がって二歩進む、なステップを繰り返しながら一定の水準に至るまで徐々に下がり続けていくように見えますね。いやー、本気で怖い。この数か月、妙な景気の変動で出費ばかり急速に増えていた我が中古店。それでもなんとかなるだろうと考えられていたのは金が高くてこれを売却すれば一定の利益が得られるから、という手段があったからです。それがこのまま値下がりが続くと、もちろん絶対売れますけど利益はその分ダウン、ってことになり、他の出費の穴を埋めきれないことになりそう。商売の危機です。
ただ、その分大手チェーン買取専門店の打撃も大きいでしょうし、近所から撤退するところも出てきそうですからそれでパイが増えてしのげるかも・・・という期待もしてます。ちなみに相変わらずそれらチェーン店のチラシは「金の価格過去最高!〇〇円になりました」をデカデカとうたってます。もちろんその価格でその店が買い取ることは絶対にないですし、その文字の下にものすごく小さく「9月時点の価格です」とも書いてあるんですがね。これ、ほぼ詐欺に近い誇大広告だと思うんですが、いいのかなぁ。
世の中なんでも値上がりの中、金だけが下がるってのもちょっとあり得ないので、世界的に見れば少し物価の値下がりが始まるかと思います。ならば今の物価高に苦しむのももう少しの辛抱・・・と言いたいところですが、日本政府ですから輸出産業を救うためにさらに円安へ移行を勧め、世界的物価安を円安で吸収して物価高を維持する、という舵取りをしそうな気がします。それが通用しないほど経済が安定する世の中になればいいんですけどね。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする