録画人間の末路 -

人は記録をしながらじゃないと生きていけない

このブログは

このブログは、PCでテレビ番組を快適に録画し、自由な形で好きなように活用するための実験結果報告をメインとしたものです。ですが、その自由を奪い、不自由を売りつけて無制限の利権を得ようとするものたちが、現在のテレビ界では勢力争いをしています。そういう連中とは断固戦い続けます。それが、ここのテーマです。
2011年7月24日まで続けることを目標にしていましたが、2011年いっぱいまで延期いたします。 ・・・の、予定でしたが、衛星放送の行く末が気になりますので、それまでは続けます。ああ、意志薄弱。



特殊なコンテンツ
・SpursEngine H.264エンコーダ 実験プログラムサポート&他ソフト紹介ページ
Lalfさんが作られている、SpursEngineで使えるエンコードソフトのリンク先の紹介などをしています。CUI版とAviUtlのプラグインの二種類があります。 また、それ以外に同じくLalfさんの作られたCodecSys Personal向け参照AVI、ravi2や、BOさんの開発されたLinux用HD PVRコントロールソフトのリンクもおいています。

※10/07/01 se_h264enc_auo ver 0.09、se_mpeg2enc_auo ver 0.05、Seche Technical Preview2 リリース

・スカパー!e2 各チャンネル解像度・ビットレート一覧表
独自の調査による、スカパー!e2とBSデジタル放送の解像度とビットレートの一覧表です。多少の間違いはご了承ください。

・意外とある、デジタル放送録画可能キャプチャーボード・ユニット
外部入力を用いて、デジタル放送のチューナーやレコーダーから出力される番組を、自由に扱える形式で録画可能なPC用のキャプチャーボードおよび外部ユニットの情報を集めたものです。

PT3ついに生産終了!

2016-02-24 23:23:52 | PV3/PV4/PT1/PT2
22日にすでに報告があったようですが、アースソフトのPC用チューナーボード、PT3の受注が終了、実質的に生産終了となるようです。

アースソフト「PT3」の取り扱いがついに終了。今なら間に合うアキバの在庫ショップを調べてみた

早くも転売屋が動いているという話ですが、今さらターゲットになるのかなぁ・・・。考えてみたらPT3ってものすごく長く売られていましたね。調べると発売はなんと2012年6月13日の深夜! 3年半以上もあまり値崩れせずに新品が売られ続けていたわけです。仮にPCパーツ単体という単位でもっともロングセラー製品の順位を付けたら、間違いなくPT3がトップですよ(単に長いだけならPX-W3PEもありますが)。個数だけでもトップクラスの争いをしてもおかしくありません。そろそろ終わっても仕方ないですね。

問題は、また同様のパーツが欲しくなったときは我々はどうすればいいのか、です。一番期待したいのは、PT1の次に見た目ほとんど変わらないPT2が出たように、PT3のマイナーチェンジ版のPT4が出ることですが・・・。さすがに今後は難しいかなぁ。簡単に壊れるパーツでもないですし、とりあえずギリギリまで使い続けるのが我々の取る道でしょうね。
コメント (43)

Win10其の後

2015-09-14 23:26:58 | PV3/PV4/PT1/PT2
大した話ではないですが。

Windows10にアップデートするとPT2やPT3が動作しなくなる話、一時しのぎ型ですがいくつか回避方法が語られつつあったので試そうとしたところ、なぜかWindows10が動作しなくなりました。PT2関係のドライバしか書き換えや入れ替えをしてないのですが、なぜか致命傷を与えてしまったらしく、自動修復もできなければSAFEモードでも立ち上がらず、復元もできません。ただコマンドプロンプトからアクセスはできるため、とりあえずどうしても確保しておきたいファイルの他HDDへのコピーはできるのでとりあえずそれだけやっておき、そのあと起動ディスクを初期化して一からOSを入れるしかなさそうです。回避方法を試したい人はバックアップをこまめにとった上で行ってください、当たり前ですが。こういう無茶ができるのもあと11か月なんですよね。どうやら10にアップデートできる無償サービスは、サービス終了後の一からのクリーンインストールには対応できそうにないですから。内部機器の入れ替えも少なくない確率でアップデート10の対象外となりそうなので、事実上今回のようなトラブル確認のための体験版とみなすべきな気がします。一年たってから中身を入れ替えたりすると結局Windows10を新規に購入しなければならないことまで考えると、Windows8の時のアップグレード版激安販売の方が結局安く済んだ、って人は少なくなさそうですね。わたしはWindows7機はそうなっても10に入れ替えますが、8.1機の方は8.1で使い続ける予定です。

そういえば「発売間近」と書いてからすでに一年もたっているBunbungameのPhoton2、A6版ではありますが直接問い合わせることによって買えた人が決して多くない人数ですがいるそうです。実はわたしも問い合わせてあるのですが、まったく返事がありません(^^;) A10版が欲しいって書いたせいでしょうか? ここまで来たら買えりゃなんでもいいという気分とやっぱA10版が買えるのを待つか、という気分で半々。物が日本にあるのならせめて実物を触るだけでもしてみたいものです。
コメント (13)

Windows10環境で急に録画ができなくなった

2015-09-10 15:41:33 | PV3/PV4/PT1/PT2
一昨日、8日分までは快適に使えていたWindows10pro 64bit版+PT2による録画環境ですが、9日になった途端急にBonDriverからPT2が読み出せなくなり、録画できなくなってしまいました。ちなみにデバイスマネージャーからPT2そのものはちゃんと認識されています。何かあったのかと4日分ほど前の状態にWindowsを「回復」させてみたのですがダメ。仕方なく電源を落としてしばらく放っておき、先ほど電源を入れてみたのですが症状変わらず。一応ドライバとSDKを入れ直してみたのですが変わらず。PT2が壊れたのか、あるいはWindows10の問題化と調べてみると似たような状況に陥っている人が少なからずいるようです。どうやらWindows10の問題の可能性が高い模様。じゃぁOSを元に戻そうかと見てみると、Windows10にしたのがちょうど一ヶ月前の8月9日、つまり元に戻せなくなっているという orz

最初の一ヶ月間はお試し期間で従来のWindows7/8/8.1ドライバでも問題無く動くけど、1月経過したらWindows10準拠ドライバでないと正常動作しなくなるとか? そんな妙な状態になっているのかも知れません。このWindows10PCは録画よりテレビ視聴用に使っているのでこの状態でも致命傷ではないですが、録画PCも同様の環境になったら困るなぁ。と、いうことで、録画PCはWindows10にせずにWindows7/8.1で使うことをおすすめします。現状では新ドライバ新SDKは出ていないようですが、なんとか更新されるのを待ちましょう。それまでは、もしWindows10にしてしまった録画PCがあるのなら7か8.1に戻しておくことをおすすめします。ひょっとしたらWindows10は我々にとって絶対使ってはいけないOSになるかも知れません。
コメント (20)

PT3ドライバ、ようやく公開

2012-06-15 22:00:35 | PV3/PV4/PT1/PT2
すでに発売されているにもかかわらずドライバの公開が遅れていたPT3。ようやくアースソフトサイトで公開されましたが、トップページにリンクがないようなので、URL貼っておきます。

http://earthsoft.jp/PT3/download.html

わたしはまだ買ってないので試すことは出来ませんが。
日曜日にでも、地元のパーツ屋で聞いてみようかな?
コメント (1)

PT3深夜販売

2012-06-13 23:59:30 | PV3/PV4/PT1/PT2
6月13日の深夜に、ついにPT3が販売されたもようです。

地デジチューナー「PT3」発売、初のPCI Express版
夜間販売に400人超

PT2は600人という話でしたからそれより少ないわけですが、それでもかなりの人数ですね。かならずしも目新しいものではないのですが、PT2X2のような見た目が似ているだけの類似品、ほぼ同等ながら一部で不具合(わたしの環境ではEDCBが使えない)が起こるなどして完全ではないPLEXSHOPの製品などがアースソフト製品への期待を高めた結果でしょうか。

PT2から2年と8ヶ月、未だにアースソフト製品だけがこれほど高い評価を得ていることを、他の所謂合法チューナーを発売しているPCパーツメーカーやレコーダーメーカーはどう思っているのでしょうか? 一度聞いてみたいものです。
コメント (13)

紅屋でPT3予約してたらしいけど

2012-06-02 19:35:16 | PV3/PV4/PT1/PT2
期待と不安が混じり合う新型チューナーボード、PT3
通販サイトの紅屋さんで今日、予約を開始するというのでアクセスしてみたんですが、あまりの重さにいつまでたってもつながらず。そして先ほどやっとつながったと思ったら。

お詫び

6月2日午後7時過ぎに予定しておりました「アースソフト社PT3」の予約受付は、余りにも多くの方からのアクセスのため、予約を開始するための準備さえもできなくなっております。

私の予測違いでご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。

衷心よりお詫び申し上げます。

状況が落ち着いてから、改めてご案内させていただきますので、しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。

紅屋ウェブ 店主:山本 伸一

平成24年6月2日午後7時40分

owabi


TOPページがこうなってました。

いったいどれだけアクセスあったんでしょうね。わたしもその一つなので人のことは言えないのですが、他の製品の販売に支障をきたすほどアクセスがあるようでは、人気商品を確保するのも痛し痒しなのかも知れません。

PT3は基本的にPT1/2と接続インターフェースくらいしか違わず、かつ諸事情によってソフト開発が若干危ぶまれる懸念もあるのですが、これほどとは・・・。さすがと言うべきか何というか。

追記:秋葉原の「三月兔」さんでは店頭で予約をしていたようです。
コメント (13)

PT3ページ公開

2012-04-01 00:10:18 | PV3/PV4/PT1/PT2
休む予定変更、PT3のページできてます。

PT3 目次


製品写真も公開されてますが、予想通りといいますか、予想以上といいますかのシンプルなもの。スロットがPCI-Express x1になり、地上とBSのアンテナ線が各一つずつで内部でx2化。発売は2012年6月で税別13200円。十分安いといえますね。

あとはエイプリルフールじゃないといいなぁと思うばかり

コメント (14)

ラジオライフ 4月号に書かれていた”PT3"とは

2012-02-27 23:07:40 | PV3/PV4/PT1/PT2
夕べは久々に右腕が痛くてちっとも上がらず、眠れませんでした。どうやらわたしの「何の役にも立たない7つの力」のひとつ、「季節の変わり目を感じると右腕が動かなくなる」が発動した模様。今日あたりから春めいて来ているはずなんですが、昼はともかく夜は寒く、まだ春と呼ぶにはちと早いようです。ちなみに腕は動くようにはなりましたがまだ痛みは残ってます。


で、この数日話題になっているのが、アースソフトの新型チューナーボード、PT3.先行で公開されたラジオライフの表紙に書いてあったため、憶測を呼んだようです。すでにご覧になった方も多いかと思いますが、当方も今日になってようやくラジオライフ4月号を入手できた(地方はつらいよ)ので、読んでみましょう。遅いなんて言わないでくださいね
表紙に大きく歌われているPT3ですが、紙面ではたったの半ページしか使われておらず、中身も半分憶測と読んでいいものです。

・アンテナ端子は2つで内分分配
・ロープロ対応でスリムPCでもOK!
・PCI Express x1接続になる

と書いてはありますが、本文をよく見ると「模様」とあり、絶対でないとすれば「わざわざ表紙に謳うほどのものかな?」と疑問に思ってしまうものでした。ただラジオライフ編集部ブログでは「仕様を教えて頂いた」と書いてありますし、座談会にショップ三月兎の関係者が参加しています。同店はPT2もいち早く売り出すなどアースソフトと関係が強く(月と地球の宇宙的友好?)、ある程度具体的な情報が流れてきてもおかしくはありません。
ただ、これだけだと少し物足りない気もします。上記の内容では、PLEXSHOPのPX-W3PEとあまり変わらないからです。特に最近はさすがのPCIバススロットも挿すものがなくなり、PCI-Expressの方に拡張ボードを挿すことが多くなっていますから、PCIの方がありがたいような気がするんですよねぇ。アースソフトですから余計なことは一切しないとは思いますが、もうひとつ何か欲しいものです。たとえば

・ロープロのPCI用、動作確認済みPCI-Expressゲタ付

のような。この記事には「試作基盤写真などを、今春公式サイトで公開予定です。」と、アースソフトから公式コメントも掲載されているので、こちらを楽しみに待ちましょう。当分、毎日アースソフトの巡回が必要になりそうです。

あとは・・・特に面白い記事はないかな? というところ。"裏グッズ"と書きながら東芝やロクラクの全録レコーダーを取り上げたり、ソニーのビデオカメラDEV-3が書いてあったりとあまり裏っぽくありませんし。

SONY デジタル録画双眼鏡 DEV-3
ソニー
ソニー


アキバチューナーのダブルチューナー版が出ると予告ありましたが、個人的に注目しているのはSKYRIUMの方ですね。B-CASカードが外から入れるのではなくて内蔵なのが難点ですが。外から挿入可能でかつ地上波/BS/110CSがダブルなら完璧に"買い"です。あとは噂のCASカードとかも紹介されてました。いいのかな~と思いつつ読み飛ばします、あっちとはあまりかかわりたくないので。

今回の突っ込みどころは、90ページからのMovavi Video Converterという有料ソフトを紹介するページ。92ページでおなじみのTMPGEnc Video Mastering Works5(TVMW)と比較してるんですが、TVMWのCUDA対応が×になってるんです、これはひどい。TVMWはフィルタはもちろんエンコードもCUDAに対応してまっせ! Intel Media SDK HardwareやSpurs Engineと比べて画質がよくないので誰も使ってないと思いますが。CUDAが有効になればCPU占有率もだいぶ違うと思いますし、やるのならちゃんとやって欲しかったものです。まぁソフトの宣伝でしょうから(ステマ?)比較ソフトの扱いが悪いのは仕方ないと思いますが。


ラジオライフの営業部のブログ見てて紹介されていた製品。HVE-701をせっかくなので紹介。
画像安定装置最後の砦、プロスペックの製品で、基本的にCAT PRO HDやHVR-BX1と同性質の、外部HD画像を取り込んで記録するものでしょう。公式サイトには取り込みフォーマットについて書かれていませんが、高精細(最高画質)の場合2TBで250時間、つまり1時間で約8GBと考えると、MPEG2な気がします。
HDMI入力に関して一切かかれていませんが、プロスペックのことだから・・・とは思います。ただ、例の不正競争防止法を考えると余計なことは一切書けないのが、同社のラインナップから考えて厳しいところですね。

コメント (22)

PT2再販決定? 

2010-11-20 22:45:00 | PV3/PV4/PT1/PT2
・数日前から一部店舗で予約の受付が始まっていた、アースソフトのPT2。ですが、再生産が決まったのかどこかから余剰在庫が出てきたのかで今後の展開が違うのであえて取り上げてきませんでしたが、IMPRESSで「再生産」との情報が掲載されていましたので、ウチでも書くことにします。

PT2が再生産、予約受付も開始

「再生産」であること、「来年にも入荷がある」ことなど、重要な情報が書かれています。ただ、11月20日の夜現在になってもアースソフト公式サイトにおいてPT2は「生産終了」扱いとなっており、事業者向け情報にも再生産に関しては何も書かれていません。なぜこの時期になって再生産なのか、今までのアースソフトのやり方から見ると異質の展開ですが、そもそもPT2以上の性能は誰も思いつかず、PV3から4のような機能の変わらないマイナーチェンジはすでにPT1→PT2でやってしまっているのでそれもなし。アースソフトもある程度収入を得なければなりませんから、PT2をおとなしく再生産しておくのが一番手っ取り早いという判断でしょうか。もちろん、その陰には期待はずれとしかいいようがないPT2X2があると思います。勝手にドライバとSDKを使われ、それゆえに限られた環境でしか動作しないPT2X2.もしちゃんと専用ドライバが用意されてそこそこの成功を収めていたとしたら、おそらくPT2の再生産は無かったと思われます。また、PX-W3PEも間もなく発売されると思われますが、こっちは予想外だったでしょう。ですが、万が一PX-W3PEもPT2X2同様期待はずれとなってしまった場合、その受け皿としてPT2が用意されているのは良いことと思います。

ただ、PT2の生産をする以上、アースソフトの規模から言って次回作が大きく遅れることになるでしょうね・・・。こういっちゃなんだけど、中途半端な新製品よりPT2の方がうれしいという人は多いかも。それに、新製品となりますとアースソフトへの期待が大きすぎることになりかねませんからね。PT2を超えるような製品がまずありえない以上、おそらく何を出しても今のネット界では叩かれるでしょうから、PT2が売られている間にひっそりと、わたしらの環境を下支えしてくれるような新製品を出すということも考えられます。わたしはささやかにそう期待しているのですが・・・。


・ちょっと用事がありまして電気量販店まで行ったのですが、結構込んでいました。テレビを買う人も結構いたようですが、盗み聞きしたところ店員さんとの相談項目は画質や性能の話はほとんどなく、値段とエコポイントのみです。やはりエコポイントが来月から半分! という文句は相当の駆け込み需要を呼んでいるようです。その店員さんの話。

「11月いっぱいの購入分まで現在のエコポイントが支給されますが、現在エコポイントの申請が集中しているらしく、10月に買った分を処理している最中なので、商品券などと交換できるのはしばらく先になるようです。エコポイント自体はしばらく続くようですが、すぐに終わってしまう可能性もありますよ。エコポイントも予算がありますので、それを使い切ってしまえばすぐに終わることもあると思います」

だそうです。まぁ急いで買ってもらおうという脅しだと思いますが、エコカー減税が予算使いきりで早めに終わりましたから、絶対ありえない話とも言い切れないところが怖いです。

そういえば、本来テレビの商戦ってのはボーナス後の年末年始にあるはずですよね。ところが、11月にピークを持ってきてしまったおかげで来月は反動で売れなくなることは確実。ってことは、高い新製品は出しても売れないってことです。かと言って11月じゃボーナスがまだ出ていないので、少々無理をして安いテレビを買うのが精一杯。テレビ業界は口には出さないでしょうけど、エコポイント半減は12月末まで待って欲しかったのではないでしょうか? 総務省や経済産業省はボーナスがあるから12月はサービスしなくても大丈夫、だから予算削減可と考えたのかも知れませんけど、どうなるんでしょ。
コメント (4)

PT2X2のドライバとして公開されたファイルはPT1のそれと一致

2010-07-16 10:05:40 | PV3/PV4/PT1/PT2
秋葉原の店頭でも本日から売られるDECULTURE PT2X2ですが、それを前にimpressで写真入りの記事が公開されています。

「PT2風」の地デジチューナーが16日(金)発売


ところが、この記事内に「パッケージに書かれたダウンロード元URLからファイルをダウンロード、解凍すると「PT1-Windows- Driver-200.exe」というファイルが現れる」というあやしい一文が。このファイルはご存じアースソフト製PT1のドライバセットアップファイル。仮にPT2X2がPT1のドライバで動く製品だとしても、それはそれ、これはこれ。まんま「自分とこのドライバです」として公開するのはマズイんでない? 一緒に掲載されている写真にドライバの入手先URLが貼ってあったのですが



torrent? わたしゃ使ったことないんですよ、この手のは~。ただ、torrent対応ソフトなしではこのURLにアクセスしても、.torrentファイルしか入手できません。やむなく定番(らしい)Bitcometをダウンロードしてセットアップ、あらためてtorrentからファイルを"実行"でダウンロードしたところ、全部自動でzipファイルを入手してくれたので楽でした。思ったより時間はかかりますが。

で、入手したPT2X2版のPT1-Windows-Driver-200.exeを、比較用にアースソフトサイトから落としてきたPT1-Windows-Driver-200.exe(同じ目的でアースソフトサイトにアクセスした人、多そうだなぁ。社長さん、ごめんなさい)をバイナリエディタに放り込んで比較させたら、「違いはありません」の比較結果があっさりと出ました。やはりそのまんま詰め込んだだけのファイルです。
もちろんImpressが言うように「誤更新、またはテスト用などの可能性も」ありますが、少なくともわざわざPT1ドライバで動くように調整して作ったことは間違いなさそうです。なにせ16日の時点で入手したファイルでこのありさまですから。
うーん、性能でパクるだけならばまだいいかな? くらいにわたしは思っていたのですが、他者が作ったファイルをそのまんま配布するようにするというのはちょっといただけないですね~。これを「デタラメなやり方だ」と非難するか「PT1のBonDriverが動くのならば安心して使える」と喜ぶかはもちろん受け手次第。
コメント (11)