Mind of Void

主にDM、MTG等について意見を書き綴ってゆきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【MTG】GP神戸2014

2014-08-26 22:31:46 | Weblog
GP神戸に参加してきました。
いずれも使用デッキは黒単。

・GP1日目(金)
夕方まで受け付けを行っているラストチャンストライアルに参加。
飛行機が遅れて間に合うか心配でしたが何とか無事間に合いました。
が、白青カウブレードに当りマッチ運もあって負け。
その後8構に参加。赤白バーンに負け。
負けたままでは悔しいのでもう1度8構築へ参加。赤白バーンに勝ち、ヴァラクートに勝ち、最後IDでプレイマットだけもらう。
この日はこれくらいで終わり。身内3人で飯食べに行ってホテルへ。


・GP2日目(土)
1BYE明けからの参加。
R2 タルモツイン ○××
R3 グリクシスコントロール ×○×
R4 けちコン ×○×
R5 白青t黒トロン ×○×


このまま続けても意味がないと判断し、ドロップ。
本戦は出来れば最後まで続けたかったけど、サイドイベントで挽回することに。
リバウンドモダンというイベントがあり、参加費2000円のところ本戦参加者は1000円で参加できるとのことで登録。
ついでに、日曜日のスーパーサンデーシリーズ(以下SSS)モダンも受付を行っており、こちらも登録。
因みにリバウンドモダンで1or2位になるとモダンイベントデッキやモダンマスターズのパックに加え、SSSモダンの参加費3000円がキャッシュバックされるというおまけつき。これは頑張るしかない。

R1 純正双子 ○○
R2 黒緑 ○×○
以前、晴れる屋の神決定戦でマッチアップしたことのある方。

R3 ドラン殻 ○○
R4 ハサミ親和 ○○

結果は2位で、商品とSSSモダンの参加費キャッシュバックを受け取りました。
その後はまた身内3人で飯へ行き、食事後にホテルへ。


・GP3日目(日)
SSSモダンへ参加。このSSSモダン、1位になるとゼンディカーのフェッチランド5種類1枚ずつとM15のボックス、加えてM15のコンプリートセットまでもらえるという中々に商品が豪華なイベントです。また、上位4位に入ると決勝ドラフトに参加できます。

2日目の反省を活かし、メインの殺戮の契約を増量。また、サイドに倦怠の宝珠を復活させました。
リストは以下の通り。

クリーチャー:12
4:《ゲラルフの伝書使/Geralf's Messenger》
4:《ファイレクシアの抹消者/Phyrexian Obliterator》
4:《復讐の亜神/Demigod of Revenge》

呪文:23
2:《殺戮の契約/Slaughter Pact》
2:《四肢切断/Dismember》
1:《暗黒破/Darkblast》
2:《疑念の影/Shadow of Doubt》
4:《夜の犠牲/Victim of Night》
3:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
4:《思考囲い/Thoughtseize》
2:《鞭打ち悶え/Lashwrithe》
3:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》

土地:25
25:《沼/Swamp》

サイドボード:15
4:《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》
1:《暗黒破/Darkblast》
2:《悲哀まみれ/Drown in Sorrow》
2:《サディストの聖餐/Sadistic Sacrament》
1:《滅び/Damnation》
2:《真髄の針/Pithing Needle》
2:《倦怠の宝珠/Torpor Orb》
1:《殴打頭蓋/Batterskull》


R1 赤緑トロン ×○○
R2 赤緑トロン ○×○
R3 純正双子 ○○
R4 白黒トークン ×○○
R5 純正双子 ○○
R6 ドラン殻 ○×○
R6終了時点で全勝は自分のみ。
R7 黒単 ○○(ボブ、群れネズミ、マラキールの門番、深淵の迫害者といったカードが入っていました)
R8 ID(ナヤビッグZOOというオリジナルのデッキ。因みにフリープレイして○×○)

最後IDは相手から持ちかけられました。決勝ドラフトへの参加を優先するための判断だったと思います。
因みにその場合私が1位確定となり、商品も1位と2位以下では随分変わってしまうのでそれでもいいですか?と確認しての了承でした。
という訳で7-0-1の1位。豪華賞品を手に、決勝ドラフトへ。
競技ドラフトといってジャッジが時間を計り、その間にピックを済ませて次の人に枚数がわかるように広げて回すという方式でした。
最初は40秒の時間がありますが、1枚減るごとに5秒ずつ時間が短くなり、最後の4枚くらいになると5秒しか時間が無かったです。
デッキは赤緑でしたが、ちょっと重め。もう少し軽めのカードを抑えておき、土地も1枚多めの構成にすべきだったと思いました。

R1 黒緑 ××
G1、G2共に4ターン目ニッサ決められたらそりゃ勝てませんよ・・・。

という訳で決勝ドラフトは1没。でも初めての競技ドラフトで楽しめました。
次は悔いの残らないようなピックをしたいですね。
あと今回GPのサイドイベントではありますが1位になることができ、とてもいい思い出になりました。
モダンというフォーマットは国内のGPシーズンが過ぎると人口が少なくなってしまいますが、GPを通してますますこのフォーマットが面白いものだと感じたのでこれからもモダンをメインにトーナメントに参加したいと思います。
今までこのGPに向けて半年以上かけて調整してきたので、まずは一区切りついたといったところでしょうか。
次のモダンの大きなイベントは、10月の神決定戦(1位が神に挑める)なので、またそれに向けて調整を続けてゆきたいと思います。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【MTG】8/2本厚木ホビステGPT

2014-08-07 22:56:32 | Weblog
先週末のGPTに参加してきました。
使用デッキは黒単。結局生命散らしのゾンビと減衰のマトリックスは抜けました。
参加者27名の5ラウンド。3-1-1ラインでトップ8。

R1 RGトロン ××
G1、G2とも最速とはいかないがトロン揃ってカーンでgg。

R2 ナヤポッド ○○
抹消者が非常に強く、ピン除去も刺さる。相性は有利なマッチ。

R3 白緑呪禁オーラ ○×○
G1は除去札の連発で勝ち。
G2はこちらダブマリ+白力戦2枚からのコーの精霊の踊り手に7枚くらいエンチャント貼られてワンパンチ。
G3もこちらダブマリ+白力戦2枚貼られたが悲哀まみれでうまく返すことができて勝ち。

R4 青単トロン ○×○
G1は亜神とゲラルフで押し切って勝ち。
G2は白金の天使処理できずにグダって負け。
G3は亜神で押し切って勝ち。

R5 ID

R1で負けていたけど6位だったのでIDできる順位だった。
その後順位発表で7位、SEへ。

SE
R6 赤黒バーン ○××
G1は相手がマナフラ気味でリリアナが刺さり勝ち。
G2はライフギリギリのところで虚空の杯X=1で置いたがトップで引かれたのは裂け目の稲妻。
G3はこちらマナスクリューしてしまい、殴打頭蓋までたどりつかず負け。


その後はコロナさん宅でM15ドラフト。
この環境のリミテッドはほとんどやったことが無かったけれども楽しめました。
2回やって1回目は黒緑、2回目は赤緑。どっちも強めのデッキになったけど赤緑の方は密林の酋長2枚あったのでこっちの方が強かったです。使ってわかるけどリミテッドならサイクル中最強クラスですねこれ。


その後、黒単を調整。メインは変わらず、サイドを見直しました。

2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
3:《悲哀まみれ/Drown in Sorrow》
2:《サディストの聖餐/Sadistic Sacrament》
2:《虚空の杯/Chalice of the Void》
2:《真髄の針/Pithing Needle》
2:《倦怠の宝珠/Torpor Orb》
2:《殴打頭蓋/Batterskull》

涙の雨のスペースを外科的摘出と真髄の針へ変更しました。
元々涙の雨自体がトロン相手にしか入れない枠で、1枚引いただけではあまり効果的では無かったため1枚でより効果が高く、加えて他のマッチアップでも使える枠にしたかったためこの形になりました。
外科的と針はいずれもカーンを止めるためにあります。カーンを搭載しないタイプのトロンもあるため、その場合はハンデスで何が最も脅威となるかを確認してから使用すれば問題ないです。
外科的は申し訳程度の墓地対策にもなり、コンボデッキ全般に強いです。サディストの聖餐と役割は被りますが、使い勝手が全く異なるため共存しても問題ないと思いました。デッキ的に未練ある魂もかなり嫌なカードなので、それを抜き去ることも可能です。
針は前回記載した減衰のマトリックス枠です。1種類しか止められないものの、カーンも止められるのは針ならではの強みです。
他には親和相手にも電結の荒廃者や頭蓋囲いなどが脅威となるため、それらを止めるために使うことも可能です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする