Mind of Void

主にDM、MTG等について意見を書き綴ってゆきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2/27の近況

2010-02-27 21:55:30 | Weblog
先週に引き続き今日・明日とエボリューションマスターのエリア代表決定戦が開催されていますね。
今日の大会は既に終了していますが、明日参加される方々は最後の代表戦と言うことで是非頑張って頂きたいと思います。

さて、ここ最近はポケモンばかりプレイしておりますので、久しぶりにポケモンネタでも書いてみようと思います。
現在プレイしているROMはSSで、重装甲パーティーなるものを作成しております。所謂趣味パなんですけどね^^;
現時点で5匹決まっており、最後の1匹として両刀メタグロスでも入れてみようかなぁと思い、厳選を始めました。
一般的な物理型では炎技を入れることはほぼ不可能ですが、特殊よりの両刀にする予定なのでめざパ炎を入れることが出来ます。これにより、ハッサムやドータクン、ジバコイルと言った潰すのに時間の掛かる鋼タイプを素早く狩ることが出来ます。
しかし性別不明なので片親はメタモン固定となり、また進化させないとめざパを覚えないためタマムシでめざパのタイプ判別も出来ないので個体値厳選は至難を極めますね^^;
今後も地道に孵化作業を進めてゆきたいと思います。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Mロマノフ&スカルムーン

2010-02-15 23:31:03 | Weblog
スカルムーンをメインに据えたデッキを本日、作成しました。

Emperor of Ruin
4 x ダンディ・ナスオ
4 x 薫風妖精コートニー
4 x 青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ)
1 x カブラ・カターブラ
1 x 母なる紋章
2 x 母なる星域
4 x 邪魂創世
3 x 百発人形マグナム
2 x 龍神ヘヴィ
4 x 邪神M(マッド)・ロマノフ
3 x デーモン・ハンド
3 x 腐敗無頼トリプルマウス
3 x 地獄スクラッパー
2 x 神羅スカル・ムーン


今まで黒単や青黒でスカルムーンを組んできましたが、種を用意する手間と召喚後に能力を存分に活かせていないことから出来栄えは決して良いものではありませんでした。
そこで、今回はスカルムーンである意義を見出すべくデッキに仕上げてみました。
因みに、34弾のカードを使用した5つ目のデッキという訳ではありません^^;

まず、種を用意する手間を如何に省けるか。
これはMロマノフ+コートニー+星域で実現することが可能で、コートニーがいればMロマノフで星域を唱えることができるようになるので、Mロマノフから直接スカルムーンへ進化が可能です。
因みに星域ではなく紋章だった場合でも自然指定でマナからスカルムーンを引っ張り出すことが可能ですので、何ら問題はありません。

次に、召喚後に能力を活かせるか。
スカルムーンは8マナかかるため、普通にブーストしてから召喚するとそのターン中では能力を起動することができません。また、事前に相手クリーチャーを破壊し過ぎると身代わり対象がいなくなってしまうので普通に除去されてしまいます。
これについては、マグナムを立てておくことでコスト踏み倒しが2回行われていることを利用することができます。
結果、Mロマノフで攻撃すると即座にスカルムーンへ進化でき、ほぼcipと同等のタイミングで2体除去が可能となります。

これだけ奇襲力が高ければ、私が今まで作成したものよりも個性を生かせていると思います。
キーカードが多い故にデッキ構成自体まだまだ検討中なので練り込む必要がありますが、独特のギミックが面白いデッキですので、是非一度回して頂ければ幸いです。
コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする