Mind of Void

主にDM、MTG等について意見を書き綴ってゆきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

神羅パンゲアムーン

2009-09-29 21:57:08 | Weblog
今回のSRでも中々構築が難しいこのカード。私もデッキ構築に挑んでみました。
それがこのデッキ。
パンゲアでGO
4 x フェアリー・ライフ
2 x ディメンジョン・ゲート
3 x 式神イノセント
4 x 式神ブゥ
1 x 母なる紋章
2 x 母なる星域
2 x カブラ・カターブラ
3 x 結界するブロークン・ホーン
3 x 土隠の式神センプーン
4 x 鳴動するギガ・ホーン
2 x 護法僧リョクドウ
2 x ナチュラル・トラップ
2 x 護りの角フィオナ
4 x 統率するレオパルド・ホーン
2 x 神羅パンゲア・ムーン

パンゲアのデッキを組む際、ベースを何にしようとかパンゲアで何を出そうかとか色々考えました。最初は白青緑のナイト軸でパンゲア後にロレンツォ4体並べたらおもしろそうだと思いましたが、白を入れてしまうと神秘と創造の石碑という素晴らしく便利なカードがあるので都合上入れられなくなりました。他には黒赤緑でコアクラッシュやガジラを連打するというもの考えましたが、ありがちな構成になりそうだったのでこれも却下。結局このG0多めの緑単色に至りました。
G0を大量搭載することでパンゲアと同一ターン中に展開できますし、ギガホーンを4積みしてあるのでパンゲアで並べた後好きなだけG0を持ってくることもできます。また、ホーンビーストとワンダートリックにはそれぞれフィオナとリョクドウという頼もしいサポーターがいるので安定して究極進化できます。

さて、次は何を使ってデッキ構築するかな・・・
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ヘルラッシュの考察及びデッキ

2009-09-28 22:21:09 | Weblog
私が33弾でも特に面白そうだと思っているカードがこのヘルラッシュです。
能力は下記にて。

超電磁ヘルラッシュM(マックス)
■進化-自分の「サイバー」と種族にあるクリーチャーまたはオリジン1体の上に置く。■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)■ブレイク・ボーナス(このクリーチャーの攻撃が終わった時、このクリーチャーがまだバトルゾーンにあれば、その攻撃中にブレイクしたシールド1枚につき、次のブレイク・ボーナス能力を1回使ってもよい)ブレイク・ボーナス:自分の他のクリーチャーを1体破壊する。そうした場合、自分の山札の上から、クリーチャーが出るまでカードを表向きにする。そのクリーチャーをバトルゾーンに出してもよい。その後、表向きにしたそれ以外のカードをすべて山札に戻し、シャッフルする。

一見するとキリコに似ていますが、こいつがキリコと大きく違う点は
・cipではなく攻撃を通して場に残る必要がある
・他に生贄となるクリーチャーが必要
・出せるクリーチャーは進化でも可能
デメリットも多いですが、特に魅力的なのは3点目。これを利用して組んだデッキがこちら。

ヘルラッシュ・アーマー
4 x シークレット・クロックタワー
3 x フラッシュ・アーマー
1 x 魂と記憶の盾(エターナル・ガード)
4 x テンペスト・ベビー
4 x クラゲン
2 x ダイヤモンド・ソード
4 x 光器クシナダ
1 x サイバー・ブレイン
3 x 爆進エナジー・スパイラル
1 x 雷鳴の守護者ミスト・リエス
3 x 光牙忍ソニックマル
3 x 超電磁ヘルラッシュM(マックス)
3 x 蒼狼の始祖アマテラス
2 x 神羅サンダー・ムーン
2 x インビンシブル・フォートレス

コンセプトとしてはフラッシュアーマーで除去トリガーからヘルラッシュを守り、更にブレイクボーナスによって必要となる2体の生贄を1体で間に合わせ(しかも場に残るので損害なし)、サンダームーン&フォートレスで一気にゲームを決める、というものです。
ただ、いつも都合よくサンダームーンが捲れるわけではないのでこれを解消するためにテンペストベビーを投入。サイバーウィルスなので種になりますし、ブレイクボーナスと非常に相性が良いです。また、軽いのでヘルラッシュの次のターンにベビー&フラッシュアーマーなんて動きも可能です。


そして、本日(正確には昨日の23:59)作成したもう1つのヘルラッシュデッキがこちら。
地獄の突撃と門
4 x エマージェンシー・タイフーン
4 x テンペスト・ベビー
1 x 魂と記憶の盾(エターナル・ガード)
4 x 黙示聖獣カラドリウス
1 x サイバー・ブレイン
4 x 光器クシナダ
2 x 光牙忍ソニックマル
2 x インフェルノ・サイン
4 x 蒼神龍ヴェール・バビロニア
3 x 超電磁ヘルラッシュM(マックス)
2 x 貴星虫ヤタイズナ
2 x デーモン・ハンド
3 x 威牙の幻ハンゾウ
2 x 覚醒の精霊ダイヤモンド・エイヴン
2 x 神羅ヘルゲート・ムーン

こちらはサンダームーンでなくヘルゲートムーンを採用しております。
1つ目の方はフラッシュアーマーによってヘルラッシュの生贄を帳消しにする形ですが、こちらはヘルゲートによって生贄を帳消しにします。そしてフィニッシュ手段はソニックマルや大量展開後のダイヤモンドエイヴンです。
こちらもテンペストベビーを採用しておりますが、バビロニアを立てている時にベビーを出すと酷い目に合います^^;まぁ、バビロニアの置換能力を使わなければ良い話ですが。

実際にもどちらかを組む予定ですが、どちらにしても全然パーツが足りないので完成するのはしばらく後になりそうです^^;
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

9/27デュエルロードinおもちゃの平野

2009-09-27 22:03:30 | Weblog
昨日は公式のレジェンドツアーがありましたが、今日は公認大会に参加しました。
身内で何名か来ないかなぁと思っていましたが、全員大会開始時間前には集まってました。どうやら皆さん一晩寝るだけで体力が回復するようですね。
私は若干眠気を引きずりながらの出場でした^^;

参加者は30名ほど。トーナメント表はほぼいっぱいに使っていましたね。
店長も「トーナメント表がこんなに埋まったのは久しぶりだよ」と仰っていました。

使用デッキ:『Defilers of Damnation
4 x 停滞の影タイム・トリッパー
4 x 解体人形ジェニー
1 x 百発人形マグナム
4 x 封魔妖スーパー・クズトレイン
2 x 龍神ヘヴィ
2 x ヤミノサザン
1 x 冥府の覇者ガジラビュート
2 x 凶刻の刃狼ガル・ヴォルフ
2 x 魔刻の斬将オルゼキア
3 x 威牙の幻ハンゾウ
2 x 死神明王XENOM(ゼノム)
2 x ゴースト・タッチ
2 x リバース・チャージャー
2 x ファンタズム・クラッチ
4 x デーモン・ハンド
3 x ローズ・キャッスル

昨日レジェンドツアーで使用したものを若干改造し、ゴーストタッチを投入したものです。

1回戦:黒緑バロム
1本目 飛行男でビートされるも、トレイン立てれば問題なし。以降出てくるクリーチャーは全て処理し、XENOMで2回殴り勝利。
2本目 4ターンジェニースタート。しかし相手は特に展開しないのでこれまたトレイン立ててからの除去連打、XENOMでフィニッシュ。

2回戦:黒赤ドラゴン
1本目 コッコが出てくるが、返しにローズで対処。その後はジェニーやガルヴォルフでハンドを削る。適当に並んだところでビートして勝利。
2本目 これまたコッコの返しにローズ。相手6ターン目にNEX→スピアを出し、スピア自爆→インフィニティと来るがタッチで落とす。NEXが攻撃してくるも、ヘヴィで対処。ライザーが吹っ飛んでくるがトップはスピア。返しにXENOMでライザーをうちとり、スピアをローズ→サーチされたドラゴンをタッチで落とし、XENOMで2回殴り勝利。

3回戦:白青黒緑ドルゲ@白猫君
1本目 キリノ2体並んでいる状況でメモリーを打たれ、ドルゲだろうと思ってハンデスするとバイケンご登場。ビートされて敗北。
2本目 ライフ→キリノと来るが、こちらもジェニー→ヘヴィ。その後はトレイン、ガルヴォルフ、オルゼキア等でコントロールを取ってゆきビートして勝利。
3本目 途中までは2本目と同じだが、早い段階でXENOMを出して勝負に出る。
トリガーは出なかったため上手く宝剣を落とし、対抗策を失わせたところで2回目の攻撃で詰みに持ち込む。隣にトレインもいたため、トップで2体を対処されることなく勝利。

準決勝:白赤ドラゴン
1本目 コッコ→コッコと来るも、ドラゴンがいないらしくジェニー→トレインからの除去連打でコントロールしてゆき、XENOMで2回殴り勝利。
2本目 序盤コッコが出てこない以外は1本目同様。ただ、スピア自爆も併せてNEXが合計3回出てきたのはびっくり。

決勝:白青黒緑ドルゲ
本日のドルゲ使用者は計3名いたが、内2名と勝負することになるとは。
1本目 展開を止められず、並べられるもトレインを立てておきトリガーデモハン×2で耐え、アタッカーを全て捌ききったところでデッキアウト勝ち。
2本目 今度は序盤の展開を食い止めることができ、ハンゾウ→XENOMで決めにいく。トリガーを踏まなかったのでそのままフィニッシュに持ち込むことができた。

結果:優勝
イントゥザワイルド2枚目ゲットしました。
XENOMを使ってみての感想としては、昨日の公式大会や本日の公認大会でも結果を残せているので十分強力なフィニッシャーだと断言できますね。
今までの黒単だとフィニッシャーがWブレイカーしかいなかったため、シールドを全て割るのに単騎での攻撃回数が3回必要でしたがXENOMは2回で済むのが強みですね。

そして借りていたXENOMはトレードで入手したHEAVENを流して交換成立となりました。これで傷ついても文句言われないですね(笑)
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

レジェンドツアー北海道大会

2009-09-26 20:21:36 | Weblog
オータムチャレンジ、ではなく今年のはこういう呼び名でしたね。
今回は朝7時15~30分頃に到着。前列には意外と人が並んでいたので内心回れて2周かなぁと思っておりました。
待ち時間はフリーなりポケモンなりを楽しみ、気づくともうすぐ開始時間。

さて、早速レポの方を。
1周目は10:20より開始でした。

1周目:青黒赤緑ロマノフサイン
チェンジザワールド2とボルシャックNEX1が入った形です。今大会のルールに則った唯一のデッキです。
1本目 vs白青黒緑ヒャックメー
ロマノフ立ててからの呪紋でほぼ詰み。NEXも加えて余分に勝ち数を稼げました。
2本目 vs除去ドラゴン
ダークルピア立ててヘヴィで複数除去したりグレゴリアスが疑似スレイヤーになったりするデッキ。途中ヘヴィ2連打で攻め手を失いましたが、3枚目のサインによってロマノフを立て、NEXも交えて勝利。

この時点で4ポイントだったので抜けてルナーズベルグを頂きました。
すぐさま参加券配布場所まで行き、2周目に挑戦。
開始時間は12:20でした。

2周目:XENOM型黒単
身内からXENOMを貸してもらい、2投入することが出来たので早速使用することに。
1本目 vs赤黒ヘヴィデスメタル
ローズ→ジェニー→クズトレインと回り、適当に除去を投げつつXENOMを出し、殴りきって勝利。
2本目 vs5色ヘヴィデスメタル
トリッパー→ジェニーでミラクルを抜き、互いにヘヴィを回したところで展開が途絶えたが、ハンゾウ→進化XENOMでごり押し。宝剣を打たれるも、相手のシールドは無かったためガルヴォルフでシノビ指定、ハンゾウを抜き勝利。
3本目 vs5色ゴッド
ジェニー→ジェニー→ガルヴォルフと回り、ロマノフ何かも出てくるがヘヴィで対処。トレインやマグナムも来たため余裕を持ってXENOM。そのまま殴りきって勝利。

2枚目のルナーズを入手。参加人数が少なかったおかげで3周目もいけました。
3周目は14:20より。並んでいると「参加券配布終了」の紙が貼られ、これがラストチャンスとなりました。

3周目:準黒単タッチ白
いわゆるイエスザマル。春では使わなかったので、活躍の場をやろうということで使用。
1本目 vs赤緑ドラゴン
コッコが出てこなかったので安全にオールイエス→ザマルと繋ぎ、次もコダマンマ→イエス装備でビート開始。結局出てきたドラゴンはバルガザルムスだけでしたが炎獄スマッシュで対処、ナチュトラでザマルを対処されるものの、盤面にコダマンマ3体がいたのでガジラも併せて殴りきる。
2本目 vs黒赤緑ゴッド
ゴッドとは言っても出てきたのはアンダーワールドだけでした。
1ターン目ポレゴンをされるものの、コダマンマ→ザマルと繋ぎ、マナを見る限り動きが鈍そうだったのでビート開始。結局なにも踏まずに勝利。
3本目 vs青黒赤緑ロマノフサイン
1周目で使ったデッキを身内に貸しており、スタッフに申し出たのですが結局対戦することに。
オールイエス→ガチャック→ブレイガーと繋ぎ、ザマルも加えてごり押し。ロマノフが2回ほど出てくるも、ガチャックで除去。シールド4枚目でサインを踏むも、ザマルでシールドを無くしたのでロマノフストライクで壊滅させられるもデスマーチで勝利。

これで3枚目ゲット。
戦績は8戦8勝0敗と絶好調でしたね。
入手したルナーズベルグは全部保管する予定です。もしかすると1枚流すかもしれないですが。
また、私は勝負していないですが青単や赤単、赤緑といった速攻系統が多く使用されていましたね。キングやギャラクシー、5色、キリコなんかも見受けられました。

大会終了後はスマブラやってました。GCとwiiで。
wiiは実家にあるのでともかくとして、GCは久しぶりに触ったので勝てないかなぁと思っていましたが、意外と白熱しましたね。しかし集まった7名中2名はお疲れのようで倒れこんでいましたが(笑)

大会に参加された皆さん、お疲れ様でした。
またどこかでお会いする機会がありましたら宜しくお願いします。
コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

オータムチャレンジ北海道大会

2009-09-25 22:47:06 | Weblog
いよいよ明日になります。試合前までにXENOMがもう1枚入手できれば黒単を使用しますが、入手ができなかった場合については別なデッキでルナーズベルグを取ってきたいと思います。
明日の大会に参加される方々、もしお会いすることができたら宜しくお願いします。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夏期休暇終了

2009-09-22 21:27:38 | Weblog
明日で夏休みが終了します。そして本日札幌に戻って参りました。
早速支度しておもちゃの平野に遊びに行くと皆ポケモンのHGとSS^^;
持っていなかったのでSSを購入しました。プレイ時間は1時間少々ですが、SSで捕まえたポケモンをプラチナに移動し、Lv50まで上げて送り返したところです。

DMはもう今週末にオータムチャレンジがあるので、木曜日に入荷する33弾でデッキ構築をしたいところですね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

M10ドラフト

2009-09-13 20:28:43 | Weblog
ここ3日間はこれで楽しんでますね。
その中でも特に印象的だったのが本日のドラフト。何気に英語版のパックを使用。
参加者8名、全員身内。内1名ドラフトに不慣れな人も。

さてさて開封タイム。自分のパックからはリリアナ、青黒ランドfoil&ゴブリンの酋長、ガラクと普通に買いたかった中身でしたね(笑)
昨日は外れ提供組だったのに、今回は賞品提供組に^^;特に青黒ランドfoilは何としても手に入れたかったですね。

因みに組んだデッキは↓

Creatures:11
2 ラノワールのエルフ
1 変幻のハイドラ
1 エルフの幻想家
1 命取りの出家蜘蛛
2 ケンタウルスの狩猟者
1 覚醒のドルイド
2 エメラルドのオリックス
1 大蜘蛛

Other Spells:12
1 巨大化
1 暴風
1 不屈の自然
2 帰化
1 ワームの歯
1 樫変化
2 絡め取る蔦
1 野生語りのガラク
2 夜の群れの雄叫び

Lands:17
17 森

青も入れようかと検討しましたが、思案やドレイクが取れなかったので思い切って緑単色構築に。一応、夜の群れの雄叫びで土地の数だけ狼出せるようになりますしね。
ファーストピックがリリアナなのにこんなデッキになるとは思ってもいませんでした^^;


1回戦:白緑@弟
1本目 セラの天使やガーゴイルトークンと言った飛行クリーチャーを並べられるも、X=4の暴風で対処しオリックスと樫変化付ケンタウルスでごり押しして勝利。
2本目 覚醒のドルイドが強い強い。棍棒のトロールが出てくるまでは森がアタッカーと化し、以降はトロールをがっちり受け止めるブロッカーに。ワームの歯でちまちまとライフゲインしてゆき、これまたオリックスでクロックを刻み続けて勝利。

2回戦:青黒
1本目 黒が濃いめの構築なので夢魔がデカい。ガラクが殴り殺されそうになるのでトークンを出すだけ出してご退場。夢魔は絡め取る蔦で処理し、夜の群れの雄叫びで8体狼を出してごり押し。
2本目 3ターン目ケンタウルス→4ターン目ガラク→5ターン目夜の群れの雄叫びで5体→6ターン目ガラクのオーバーラン。

この時点でストレートの2勝を挙げている友人とのマッチアップが決定。
何としても勝ちたい最終戦。

3回戦:白青
1本目 ケンタウルスが精神の制御されたり覚醒のドルイドが信仰の壁ブロック&栄光の突撃で撃退されたりするものの、連続で夜の群れの雄叫びをキャストしごり押し。
2本目 今度はガラクを立てて夜の群れの雄叫び2連続。計13体のトークンをガラクのオーバーランで全強化し、ブロックされても50点入るというオーバーキルっぷり。

結果:1位
青黒ランドfoilを逃すことなくドラフトを終了することが出来ました。
しかしガラクは持ってかれているので多少損ではありますが、十分楽しめたと考えれば良しですね。

・・・とは言ってもfoilはもはやトレード材料なので、どなたか希望される方がいらっしゃいましたら通常版2枚とトレードお願いします^^;
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

死神明王XENOM

2009-09-06 22:09:34 | Weblog
使ってみましたが、ブレイクボーナスが決まったときはかなり強いですね。
また、ブレイク中に対処されたとしてもTブレイカー持ちなので後々ガジラやヴォルフで削ってフィニッシュ、ということもあり得ますし。
種としてはハンドとシールドを削れるヴォルフ、場持ちの良い除去内蔵のハンゾウあたりが有力ですね。特にヴォルフは6マナなのでXENOMに繋がるのがポイント高いです。

と言うわけでスカルムーン型を改造した、XENOM型黒単。
Monarch of Despair
3 x マインド・リセット
3 x ローズ・キャッスル
4 x 停滞の影タイム・トリッパー
2 x 百発人形マグナム
3 x ファンタズム・クラッチ
3 x 解体人形ジェニー
2 x リバース・チャージャー
4 x 封魔妖スーパー・クズトレイン
2 x 龍神ヘヴィ
1 x 冥府の覇者ガジラビュート
4 x デーモン・ハンド
2 x 凶刻の刃狼ガル・ヴォルフ
2 x 魔刻の斬将オルゼキア
3 x 威牙の幻ハンゾウ
2 x 死神明王XENOM(ゼノム)

現時点で迷っているのはリセットかタッチか。
リセットのまま5回対戦してみて役に立った試合は1回きり。これならタッチの方が強いような気がしてきたので、今後対戦回数を重ねて有用な方を選んでゆきたいと思います。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

MTG店主催大会レポ

2009-09-05 22:26:18 | Weblog
MTGの大会レポを記事にするのは初めてかもしれないですね。
参加人数は7人。フォーマットはスタンダード。そして優勝賞品は「清浄の名誉/Honor of the Pure」のプロモ。
使用デッキは以前紹介した黒単を少し弄ったもの。レシピは下記にて。

Creatures:5
4 復讐の亜神
1 戦慄

Other spells:31
4 強迫
4 破滅の刃
4 血の署名
1 不敬の命令
1 思考の粉砕
4 蔓延
4 堕落の触手
2 消えないこだま
3 堕落
4 ヴィスの吸収

Lands:24
24 沼

Side Board:15
4 死の印
4 思考囲い
3 真髄の針
2 首つり罠
1 思考の粉砕
1 戦慄

メインに戦慄を入れ、堕落も増量。サイドもとりあえず組んだものを用意。
首つり罠は一応ながらのプロ黒持ち対策。

1回戦:白赤緑ビッグマナ
1本目 先手を貰い、2ターン目血の署名スタート。ガラクを立てられるも、亜神で砕きペースを握って勝利。
2本目 サイドから思考囲い4と戦慄イン、破滅の刃4と不敬の命令アウト。
後攻1ターン目思考囲いで手札を覗くと緑マナを産める土地が無く、肥沃な大地が見えたため抜いておく。それが効いたのか暫く事故っていたようで亜神と堕落、ヴィシュの吸収で勝利。

2回戦:白青黒ビート
1本目 タフネス2以下のクリーチャーが多いので蔓延がよく刺さる。触手も併せてコントロールして行き、思考の粉砕で手札を枯らした後で消えないこだま。その後は亜神でフィニッシュ。
2本目 サイドから思考囲い4と戦慄イン、破滅の刃4と不敬の命令アウト。1回戦と同じサイドチェンジ。
相手が亜神とこだまを警戒したのか、大祖始の遺産を1ターン目に貼ってくる。こちらは思考囲い2連打でウィニーを抜き、出てきたウィニーは除去で対処。動きが鈍くなったところで亜神と堕落で攻めにかかり、勝利。

この時点で2勝しているのが2人だけだったため、即座にマッチング決定。

3回戦:白単ビート
1本目 幽体の行列や台所のいやがらせ屋といった、単体除去では間に合わない奴らに手こずり、清浄の名誉2枚貼られた上にアジャニ起動で敗北。
2本目 サイドから死の印4と戦慄イン、不敬の命令・思考の粉砕・消えないこだま2・強迫1アウト。
先手を貰い、相手の動きが思わしくないようで単体除去連打で動きが止まり、最初に殴ったクリーチャーがこちらの亜神という事態に。
その後、危害のあり方2枚で亜神が消え、両者ともハンドが尽きたところでトップ勝負に。気付くと目の前には清浄の名誉3枚と警備隊長、幽体の行列で出てきたトークン3体の計6体が。ひとまず警備隊長を除去し、堕落でトークン1体を落とす。残り4体で攻撃してきたところで風立ての高地2枚起動、2/1兵士と台所の嫌がらせ屋が。ここで触手を引き当て、10マナあったので触手をキッチン、6マナで蔓延×2。この後のトップ勝負はこちらが亜神を引き当てたため何とか勝てた。
3本目 死の印が非常に強かった。かなり一方的な試合展開で、戦慄2体並べて堕落打てる余裕があった。

結果は5-1で1位。有り難く清浄の名誉を頂戴しました。
そして今回の大会で感じたことは、不敬の命令が全くと言っていいほど機能しなかったことですね^^;
そのスペースを削ってリリアナを投入。状況に応じてハンデスとサーチが使い分けられるので非常に便利ですね。
明日もスタンダードで構築戦が出来ればいいなと思っております。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする