Mind of Void

主にDM、MTG等について意見を書き綴ってゆきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ファースト・コンタクトのデッキ・第1号

2011-05-28 21:11:59 | Weblog
前の記事から一か月以上も更新をストップしてしまい、申し訳ございませんでした。
気がつけば新弾発売も間近に迫っておりますね。新しい効果を持つカードが沢山登場する他、カードデザインも一新されるみたいで、前編の覚醒編に匹敵する大改革が施されるという訳ですね。

その新弾から数枚がストロング7にて先行収録されているため、その中で特に気になったカードを今回のデッキの核として取り入れました。

プロキオンエンジン
4 x ダンディ・ナスオ
1 x 光牙忍ハヤブサマル
2 x 天真妖精オチャッピィ
4 x 暖氷妖精カオルン
4 x プロキオン・ドラグーン
4 x 回神パロロ
2 x 威牙忍ヤミノザンジ
2 x 口寄の化身(シャーマン・トーテム)
2 x 魔刻の斬将オルゼキア
1 x 威牙の幻ハンゾウ
4 x フェアリー・ライフ
4 x 未来設計図
3 x 超次元リバイヴ・ホール
3 x 超次元バイス・ホール
----------------------------------------------------------------------------------
2 x 時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン
1 x 時空の英雄アンタッチャブル/変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード
1 x 時空の踊り子マティーニ/舞姫の覚醒者ユリア・マティーナ
1 x 時空の探検家ジョン/冒険の覚醒者ジョンジョ・ジョン
1 x 時空の戦猫シンカイヤヌス/時空の戦猫ヤヌスグレンオー
1 x 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート
1 x 時空の支配者ディアボロスZ(ゼータ)/最凶の覚醒者デビル・ディアボロスZ(ゼータ)


今回の主役はこちらのカード。
プロキオン・ドラグーン
コスト4 パワー4000
クリーチャー 闇 ティラノ・ドレイク/エイリアン
エキスパンション:ストロング7
■自分のターン中、そのターンはじめて自分のマナゾーンにカードを置いた時、カードを1枚自分のマナゾーンから墓地に置いてもよい。そうした場合、その後、そのカードを自分の墓地からマナゾーンへ戻す。


一見何をしたいのか分からない能力を持っておりますが、マナゾーンのカードを破棄するという点で相性の良いカードは幾らか存在します。それがこの2枚。

暖氷妖精カオルン
コスト3 パワー2000
クリーチャー 自然 スノーフェアリー
エキスパンション:第28弾
■ターン中に自分のマナゾーンからカードが1枚でも離れていれば、そのターンの終わりに、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置いてもよい。


回神パロロ
コスト5 パワー5000
クリーチャー 闇/自然 ゴッド/グランド・デビル/ビーストフォーク
エキスパンション:第25弾
■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■カードを自分のマナゾーンから墓地に置かれる時、墓地に置くかわりに手札に加えてもよい。
■G・リンク《戦神アロロ》の右横。
■このクリーチャーがリンクしていてバトルに勝った時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置いてもよい。


カオルンはマナセットするだけでブーストすることが出来、パロロはマナセットを疑似的なソルハバキにすることができます。また、プロキオン含めこれらのクリーチャーは全てナスオと相性が良いこともポイントです。プロキオンの場合はマナセットしていないターンにナスオを出すことで実質0コストにでき、リバイヴホールと絡めるとマナから落としたクリーチャーを回収しつつジョンタッチャブルが可能になります。パロロ+プロキオン下ではオチャッピィが実質3コストで好きなカードを墓地から回収できるようになるなど、シナジーを重視した構成にしております。盤面を固めたらバイスホールからキルヤヌスやディアボロスを立ててアタッカーを追加し、フィニッシュへ持ち込みます。

今後も新弾のカードで面白そうなものを見つけたら記事にしてゆきたいと思いますので、ご覧頂ければ幸いです。
コメント (7)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする