Mind of Void

主にDM、MTG等について意見を書き綴ってゆきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

デクロワゾー軸コンボデッキ

2009-10-13 20:31:53 | Weblog
デクロワゾーは思い入れのあるカードで、どうしても使いたくなったので作成しました。
このカードには一度に場と手札へ干渉できる能力がありますが、味方を巻き込む事も活かせないかと考えた結果アルバトロスと組むのがベストだろうという結論に辿り着きました。
これをコンセプトとし、それらとシナジーの濃いカードで固めたのがこのデッキです。
Terminator Opens Casket
2 x キリモミ・ヤマアラシ
2 x シビレアシダケ
4 x 無頼封魔アニマベルギス
4 x ダンディ・ナスオ
1 x 母なる紋章
4 x 青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ)
3 x 龍神ヘヴィ
2 x インフェルノ・サイン
3 x 封魔妖スーパー・クズトレイン
2 x デーモン・ハンド
3 x 霊翼の宝アルバトロス
3 x 根絶のデクロワゾー
1 x 口寄の化身(シャーマン・トーテム)
3 x 地獄スクラッパー
3 x ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン

アルバトロスで吊る2体はアニマベルギス、そしてベルギスでボルメテを対象に取れば一撃で4~5枚持っていくので、SA化したベルギスで殴れば勝ちとなります。
そのための下準備が色々と必要ですが、適度にブーストとドローを繰り返してゆけばパーツは集まってきますし、除去が濃いのでそう簡単に殴りきられることはないでしょう。
また、デクロワゾーのハンデス能力によってオロチやハヤブサマルも落とすことができるので、シノビによる妨害は殆ど受けないと考えて良いでしょう。

実際に作成して回したところ、青銅を全然引けなかったりドローが不安定だったりしたのでアシダケとヘヴィを追加しました。前者はブーストの補強、後者はクズトレインやアルバトロスとのシナジーにも優れるのでデッキを円滑に回したりコンボ起動のスイッチになることができます。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ダイヤモンドクラックのデッキ

2009-10-08 23:01:01 | Weblog
本日公開しました。それがこちら

4 x 薫風妖精コートニー
4 x 悪魔の契約
4 x 暖氷妖精カオルン
4 x 天真妖精オチャッピィ
1 x 母なる紋章
3 x 優雪妖精バケット・バケコ
3 x バブル・トラップ
3 x 魅了妖精チャミリア
2 x 斬雪妖精バケット・バケット
3 x ダイヤモンド・クラック
3 x ダイヤモンド・カスケード
3 x デーモン・ハンド
2 x ダイヤモンド・フォール
1 x 魔天降臨

ダイヤモンドクラックの能力に着目し、悪魔の契約と絡ませたのがこのデッキ。
カオルンと併せてエンド時に3ブースト出来るようになるので契約は実質墓地肥し兼ドローと、デメリットがほぼ無くなります。
十分に墓地を肥やしたらダイヤモンドカスケードでマナ補充し、ダイヤモンドフォールでフィニッシュに持ち込みます。詳しい解説はvaultさんの方に纏めてあるのでそちらをご覧頂けると幸いです。

実際に動かしてみると、中々契約を引かなかったりクラックを引かなかったりで思うように回らないことも多々ありますが、パーツが揃ってしまえば凄まじい展開力を発揮します。私が最近組んでいるデッキはこういうのが多いですね^^;
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ゼンディカー発売後のデッキ調整

2009-10-07 22:39:19 | Weblog
今回はDMでなくMTGネタになります。

長らく使っていたローウィンのカードがスタンダード落ちになり、それに代わってゼンディカーのカードを投入した黒単をご紹介します。

Creatures:0

Other Spells:36
4 強迫
3 見栄え損ない
4 破滅の刃
4 血の署名
2 魂の消耗
4 蔓延
4 堕落の触手
2 精神ヘドロ
2 リリアナ・ヴェス
3 ソリン・マルコフ
4 ヴィスの吸収

Lands:24
24 沼

Side Board:15
4 死の印
3 真髄の針
1 魂の消耗
4 湿地での被災
1 精神ヘドロ
2 消えないこだま

ハンデスや除去で妨害し、ソリンでライフを削るという比較的単純なコンセプトのデッキです。過去の形もソリンが亜神だっただけでコンセプトは何ら変わらないものでしたけれど。
ローウィンがスタン落ちしたことにより、戦慄が使えなくなったため大貂皮鹿がより一層厳しくなりました^^;どうしても、となればマラキールの門番を検討してみます。

とは言っても対戦する相手も見つからないので形だけのデッキですが・・・
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする