Mind of Void

主にDM、MTG等について意見を書き綴ってゆきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ファースト・コンタクトのデッキ 第5号

2011-09-10 21:39:40 | Weblog
前回の第4号から大分空いてしまいましたが、ようやく形になったので第5号公開です。


G・ペイン
2 x 未来設計図
4 x エマージェンシー・タイフーン
1 x スパイラル・ゲート
4 x 特攻人形ジェニー
4 x 霞み妖精ジャスミン
4 x エナジー・ライト
3 x 超次元エクストラ・ホール
2 x 天真妖精オチャッピィ
4 x 無敵悪魔カースペイン
4 x 超次元リバイヴ・ホール
3 x 超次元ミカド・ホール
3 x 超次元フェアリー・ホール
2 x 斬隠蒼頭龍バイケン
----------------------------------------------------------------------------------
1 x 時空の英雄アンタッチャブル/変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード
1 x 時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン
1 x 時空の戦猫シンカイヤヌス/時空の戦猫ヤヌスグレンオー
1 x タイタンの大地ジオ・ザ・マン/貪欲バリバリ・パックンガー
1 x 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート
1 x 時空の斬将オルゼキア/魔刻の覚醒者G(ギャラクティカ)・オルゼキア
1 x 時空の封殺ディアスZ(ゼータ)/殲滅の覚醒者ディアボロスZ(ゼータ)
1 x 超時空ストームG(ゲンジ)・XX(ダブルクロス)/超覚醒ラスト・ストームXX(ダブルクロス)


このデッキのキーカードはこちら。

無敵悪魔カースペイン
コスト4 パワー0000
クリーチャー 闇/自然 デーモン・コマンド/ジャイアント
エキスパンション:第24弾
■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■このクリーチャーのパワーは、自分の墓地にあるクリーチャー1体につき+2000される。
■このクリーチャーは相手プレイヤーを攻撃できない。


一見すると、「ホントに言ってんの!?」と思うかもしれません。が、このカースペインこそこのデッキの核なのです。
このカード自体は新弾ではありませんが、新弾に相性の良いカードが登場しているんですよね。今更説明する程でもないかもしれませんが、こちらです。

霞み妖精ジャスミン
コスト2 パワー1000
クリーチャー 自然 スノーフェアリー
エキスパンション:ファースト・コンタクト
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、このクリーチャーを破壊してもよい。そうした場合、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。



特攻人形ジェニー
コスト2 パワー1000
クリーチャー 闇 デスパペット
エキスパンション:ファースト・コンタクト
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、このクリーチャーを破壊してもよい。そうした場合、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。



新弾で登場した、自壊することで能力を発動する軽量クリーチャー達。その中でもトップクラスの使用率を誇るこの2枚、それぞれ4枚ずつ採用しております。
但し、これらを連打してただカースペインのパワーを上げてデカくする訳ではありません。ではどう使うか?
答えは超次元ゾーンにあります。

時空の斬将オルゼキア
コスト7 パワー6000
サイキック・クリーチャー 闇 デーモン・コマンド
エキスパンション:コロコロG付録
■W・ブレイカー
■覚醒-ターン中、自分のデーモン・コマンドが破壊されていれば、そのターンの終わりにこのクリーチャーをコストの大きいほうに裏返す。

-------------------------------------------------------------
魔刻の覚醒者G(ギャラクティカ)・オルゼキア
コスト14 パワー12000
サイキック・クリーチャー 闇 デーモン・コマンド
エキスパンション:コロコロG付録
■このクリーチャーが覚醒した時、相手の手札を2枚見ないで選び、捨てさせる。
■T・ブレイカー


そう、カースペインはこのGオルゼキアを覚醒させるために投入されております。
という訳で、早速デッキの動かし方をご紹介したいと思います。

①ジャスミン→カースペイン→リバイヴホールでジャスミンを回収、時空オルゼキア。カースペインのパワーは0になったので破壊され、ターン終了時にGオルゼキアへ覚醒。次のターンに超次元呪文でコスト6以上のPクリを出せばストームGに進化できます。

②特攻→ライト→カースペイン。以降は①と同じです。

理想は上記の2種類になります。①と②の違いは、前者の方が早くにGオルゼキアを覚醒させることができ、後者はハンデスとドローを挟むことにより安定した動きができます。手札や状況に応じて使い分けると良いでしょう。
また、②のライトをエクストラホール&アンタッチャブルにすると、5ターン目にGオルゼキアと一緒にアンタッチャブルも覚醒し、ストームGに進化することができます。

5マナ時にリバイヴホールでなく、ミカドホールやフェアリーホールを引いていた場合。これでも1ターン後になりますが、Gオルゼキアへ覚醒させることができます。ミカドなら次のターンにエクストラやオチャッピィで墓地のクリーチャーを除けばカースペインが自爆できますし、フェアホならジャスミンでマナに落ちたリバイヴをタイタンで回収することも可能です。また、荒業ではありますが先にディアスを立てておき、次のターンに時空オルゼキアを出して返霊で墓地のクリーチャーを無くせばカースペインを自爆させることができます。但し、その場合ストームGに進化するとタップ状態になるため返しのPガンヴィートであっさり対処されてしまいます。その場合のみ、進化させずに残しておくべきですね。


実はこのデッキ、以前から作成はしていたのですが動きが遅く、またナスオ殿堂によって墓地にクリーチャーを確保する手段が薄くなっていたのですが、新弾の自壊サイクルが非常に相性が良かったため、復活させて公開に至りました。
ジャスミンと特攻が凄く便利すぎてナスオの出番がなくなってしまいましたが、元々ナスオが墓地にクリーチャーを用意するためだけに入っていたので、それに加えてブーストかハンデス出来るこの2枚がナスオを上回るのはこのデッキにおいては当然なのかもしれませんね。
リアルではパーツが全然足りないので作成にはしばらくかかりそうですが、是非とも完成させて回したいですね。
初見でカースペインを出されたらまず驚くでしょうし、次のターンにいきなりGオルゼキアが飛んでくるのでインパクトはそこそこあるのではないかと思います。
コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする