みんなが知るべき情報/今日の物語

脱原発、反戦、平和憲法、世界情勢、健康情報、スポーツなど!たまご中心の食事で若返り、老化防止、免疫力、筋肉強化。

原発を輸出し、その核廃棄物を日本に集め!!プルトニウムを作り!!また世界に売る【核の帝国日本】

2013-06-04 17:40:44 | 脱原発
原発を輸出し、その核廃棄物を日本に集め!!プルトニウムを作り!!また世界に売る【核の帝国日本】

古賀茂明 原発を売り歩く「死の商人」より

安倍政権は原発輸出に何故こだわるのか。

それは、原発輸出を日本の原発維持と

もんじゅを含めた核燃料サイクル推進の

切り札にしたいからだ。

原発を建設した途上国には使用済み核燃料がたまる。

核のゴミを 一手に集め

日本で再処理をして新たな核燃料として各国に戻す。

日本の国民から見れば、とんでもない暴挙だが。

これは昨年から経産省官僚と自民党議員らが

描いてきた青写真に沿って進められている。


原発導入国には

核爆弾を製造したいと考えている国も多い。

原発輸出で原発事故と

核拡散の種をばらまくということは、

まさに「死の商人」そのものだ。

安倍総理が再生可能エネルギーやスマートシティなどを

売り歩く「夢の商人」になるというのは「夢物語」なのだろうか。







古賀茂明「日本再生に挑む」 官々愕々 より
………………………………………………………

■原発を売り歩く「死の商人」

安倍総理のゴールデンウィークの外遊は
様々な話題を提供したが、
その最後を飾るトル コでの「原発受注」が
実は最大のハイライトだったと言ってよいだろう。

原発推進を至上命題とする安倍政権にとって、
福島第一原発事故後、地に落ちた
日本の原発に対する信頼を一気に挽回するとともに、
最大のライバル韓国に勝ったという意味で 大きな成果だった。

これに対して、脱原発派からは、さまざまな批判がなされている。
いずれももっともなことばかりだ。

福島第一原発の事故処理も終わらず、
事故原因さえ不明なまま総理がトップセールスで
原発を売り込むことは倫理的に許されない。

安倍総理が「世界一の安全基準を満たす日本 の原発」と言ったが、
まだ新しい安全基準は完全には出来上がっておらず、

しかも今提示さ れている基準の内容は
欧米に比べて極めて遅れていて不完全だ。

原発の安全に関する欠陥の話をすると
100ページあっても足りない。
よく「世界一」などと言えたものだ。


批判はまだある。
最近の途上国での発電所建設案件では、
長期の運転保証を求められ る。

原発運転のノウハウも人材もない状態で原発を動かすから、
当然、事故の危険性が高 い。事故が起きた時、
現地人のミスだと言っても責任は日本企業に及ぶ。

政府の融資や保険に大きな損失が出るし、
メーカーや参加した電力会社の破綻も視野に入る。

総理のトップセールス特有のリスクもある。
総理案件だということで、無理な契約内容 を飲んでしまったり、
撤退が必要な時にその決断が遅れて大損をするということが起きる。

イランイラク紛争の時に
石化プロジェクトで1300億円の損失を被ったのが好例だ。

では、安倍政権は原発輸出に何故こだわるのか。

それは、原発輸出を日本の原発維持と
もんじゅを含めた核燃料サイクル推進の切り札にしたいからだ。

原発を建設した途上国には使用済み核燃料がたまる。

原発導入国には、核爆弾を製造し たいと考えている国も多い。

軍事転用を禁じる原子力協定が永遠に守られるとは限らな い。

中東近辺では、インド、パキスタン、
イスラエルが核を保有し、イランも開発を行って いる。

他の国が核開発をしたいと考えても不思議ではない。
各国とも使用済み核燃料を再処理して
核爆弾の原料となるプルトニウムを抽出したいと言い出すだろう。


日本の原発企業の力を借りて、
自国の原発企業の輸出を振興したい米国にとって、
この問題は頭痛の種だ。

そこで登場するのが、「正義の味方」日本である。

途上国の核のゴミを 一手に集め、
日本で再処理をして新たな核燃料として各国に戻す。

日本の国民から見れば、とんでもない暴挙だが、安倍政権は、
これを「世界貢献」であると考えている。

核不拡散のために日本が貢献するしかないという理屈だ。

これは昨年から経産省官僚と自民党議員らが
描いてきた青写真に沿って進められている。

日本がこうした「世界貢献」を果たすためには、
日本として核燃料サイクルを
大規模に展開しなければならない。

当然、瀕死状態の高速増殖炉「もんじゅ」も
建設続行というこ とになる。

もんじゅは、1万点の点検漏れを理由に
運転停止命令ということになったが、
逆に言えば、点検が終われば運転が許されるというようにもとれる。

原発輸出で原発事故と
核拡散の種をばらまくということは、
まさに「死の商人」そのも のだ。

安倍総理が再生可能エネルギーやスマートシティなどを
売り歩く「夢の商人」になるというのは「夢物語」なのだろうか。


古賀茂明「日本再生に挑む」 官々愕々
『週刊現代』2013年6月1日号より 
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/35857


核の帝国 日本


画像、支離滅裂ですが、何か?ブログさんより
blogs.yahoo.co.jp/honjyofag

悪魔の核兵器工場‥‥六ケ所村 核燃料再処理工場 使用前検査準備整う


プルトニウム/生産見合わせしか道はない【六ヶ所村再処理、核兵器工場】使い道がない!!


『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
«  <ワシントンに裏をかかれた... | トップ |  原発・重要設備周辺に大量が... »
最近の画像もっと見る

脱原発」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事