もうこんな歳(どんな歳?)

30代半ばで化学物質過敏症を自覚。以来、過敏症の症状はありつつも、病院には行かず、普通に生活できています。

改善されていて良かったです

2022-08-07 10:56:12 | 化学物質に過敏な事
外で飲むコーヒーは昔から紙コップではないお店を選んでいます。

一人でランチする時のお気に入りのパン屋さん。

サイフォンでコーヒーを淹れてくれてて、パン1個とコーヒーで手頃な値段でお昼をしていたのですが、閉店したというお知らせ。

献血に行く前に食事をしないといけません。

レストランだと気軽に一人で入れないし、そんなにお腹が空いている訳でもないので、小腹を満たす程度の所がないかと考えながら歩いていました。

近くに某人気のカフェがあるのに気づきました。

そこは以前入った時、紙パックでコーヒーを提供されていて、コーヒーはあまり美味しいとも思わず、いつも混みあっているのであまり入らないのですが、空いていたら紙パックでもやむを得ないと思い行ってみました。

ランチの時間帯には少し早かったので、席は空いていました。

カフェラテとチーズケーキで小腹を満たす事にしました。

カフェラテはマグカップで提供されていました。

嬉しかったです。

味が紙パックと全然違います。

チーズケーキも美味しかったです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

以外とゆるくないゆるゆるエクササイズ

2022-08-06 11:48:11 | 美容・健康
ゆるゆるエクササイズは、膝を痛めたダンス大好きばばぁが、自分の体験(失敗をいっぱい含む)といろんな方の教えから自分に合った方法でやっとります。

メンバーさんは50代から80代。

40代の人もたまに来られるのですが、つまらないみたいで続かないようです(^^;)

私が元気になれるようにという事を想定したエクササイズですが、たまにメンバーさんのお悩みとかメンバーさんをこうしてあげたい(上から目線)というえらそうな視点からエクササイズを考える事があります。

と、想定以上の効果がすっとできたりして、驚く事があります。

たいがいは「無理しないで。力を抜いて。呼吸して(汗・汗)」という事が多いです。

人を見るとわかりますが、実際には自分もそうです(笑)

50代以上になると、人生半世紀以上頑張ってきたのだから、もう頑張らなくていいというのが私の思いです。


ヨガやピラティスやジムやその他の運動が好きな人は、自分の好きな事をするのが良いと思います。

私も出来る事ならジャズダンスに復帰して思いっきり踊りたいけれど、それはもう叶わないかもしれないと思っていますし。

でも、ゆるゆるとやってもヨガやピラティスや筋トレ同様、もしくはそれ以上の事が出来るようになると考えます。

メンバーさん見ててそう実感します。

自分もさらに、日々ゆるゆるといろんなエクササイズを考えて実践しています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

電気代

2022-08-06 11:25:23 | 環境・エコロジー・リサイクル
テレビで(テレビっ子)電気代が高くなって。。(困)

というインタビューを見る度に、我が家の電気代を心配していました。

エアコンが新しくなった事で、エアコンが使えるようになりました。

長時間エアコンの中にいますと身体が冷えすぎてしまうので、つけたりけしたりですが自分の中では長時間使っていると思います。

昨日、電気代の明細が入っているのを確認したとき、内心ドキドキしました。

数字を見て

思った程高くない☆

やはり、昔のエアコンに比べて今のエアコンは随分と節電タイプになっているようです。

それと、テレビを見る時間を決めた事も良かったのかなと思います。

わが家は例年よりも、電気代が安いという感覚です。

これからも、必要な電気は使い、無駄は減らし節電に努めようと思います。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

美容イベント

2022-08-05 12:40:50 | 化学物質に過敏な事
あるイベントに遭遇しました。

(何やろ?若い人がいっぱい)



(化粧品のイベントかぁ。ま、私には関係ないし様子見てスルーしよう)

と思っていたら、若いイケメンが誘う(笑)

「私は肌が弱いので」と断るも、「肌チェックだけでも受けてみてください」と。

どうやら若いしゃべりの上手なイケメンには弱いらしい(^^;)

「肌が弱いので、サンプルは受け取れません」と納得してもらって参加。



ブースの中に入ると、やはり化粧品の香料のニオイが少し辛い。

若い女性が担当でいろいろと話して肌チェックしてくれました。

その間にも、私は香料が苦手な事、香料だけでなく保存料や酸化防止剤にも反応する事、ブース内の香料にも反応している事、40代にいろんな化粧品を試してみて合う化粧品がほぼなかった事、自分で化粧水を作って失敗したので化粧品の保存料がいかに大切な事か理解している事などなど話しました。

結果、使っているのは石けん(アーゼロンそーぷ・宣伝御免)だけで、すっぴんで電車に乗るのも平気になった事などなど。

美容のプロが私の顔を見て、シワやシミはあるもののほうれい線はなく、肌力があるそうです(肌力ってよ~わかりませんが)。



「私はもうばばぁなので、良いけれど、若い人で私のような人でも使えるような化粧品の開発をお願いします」とも言ったような気がします。

サンプルは使えないのでという事で何度もお断りして、イベントを後にしました。

すごいにぎやかなイベントでした。

若いって、それだけでいいですね(^^)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

献血とレバー料理

2022-08-04 09:31:03 | 美容・健康
今日のネタは、いろんな話がごちゃ混ぜになってますので、よく噛んで(?)ご理解ください。

レバー料理の話その1

配偶者が定期的に通っている病院で、白血球が異常に少ないと言われました。

3年前の1/3とか。。。

それって、コロナ前って事?(^^;)

ちょうど、コロナのワクチンの副作用みたいな話をネットで聞きかじったばかり。

少し不安に感じます。

でも、断定はできません。

とにかく、野菜中心の食生活から血を増やす事を意識した食生活になりました。

その後大きな病院で再検査したら、少し数値が上がってきたとの事で様子を見る事になりました。

少し安堵しましたが、まだまだ油断は出来ません。

食生活で改善です。

手軽に血を増やすにはレバーかなと考え、週に一度はレバーをメニューに入れています。

私はレバーが苦手なのですが、配偶者と一緒に、自分にも薬になると思って少しずつ食べています。



先日は用事があり出かけました。

出かけた先に、献血ルームがあります。

時間に余裕もあるので、献血に行く事にしました。

先日、あるクリニックで血液の流れを調べてもらった所、末端の血流が悪いという結果が出ました。

それが献血にどう出るかも不安でしたが、献血出来ない時もありますので、あまり気にせずとにかく行くという事が大切と思いました。

このご時世、献血に行く人も少ないだろうと読んでいったのですが、沢山人がいて、かなり待つ事になりました。

予約して行ったらよかったと思ったのは後の祭りです。

待合でテレビ見て、雑誌見て、飲み物をしっかりと飲んで。

事前検査で血の濃度も十分あり、献血出来る事になりました。

腕に針さして、血液のパックを機械に置いて、自動的に血液が吸い取られますが(笑)、いつもは流れにくいのが、この度はとても順調です。

看護士さんが「終わりましたよ~~」と教えてくれたので、「私史上最速です(^^)レバー料理が効いたのかな?」というと、看護士さんは、レバー料理が苦手で作った事ないかも?と。

レバー料理のレシピ2つ程と作り方をざっと伝えてきました。

という事で、ここからは料理ブログ

レバーは臭いと思っている人がほとんどと思いますが、なんちゃら鶏(こだわった育て方をしている鶏)のレバーはあまり臭くありません。

新鮮な物(表面がピカピカして盛り上がってプルプルしているもの)を選びましょう。

で、一番しないといけないのは、臭み取り。

湯通しです。

私は熱湯を全体にかけるくらいです。

煮物】

生姜をたっぷり。
調味料は砂糖と醤油
普通の煮物よりも調味料多めにして濃い目の味に仕上げます。


【炒め物】
レバーに対抗できるくらいクセ強めの野菜と炒めるのがいいです。

ニラ、ピーマン、ししとう、クセはないけどもやしはとても合います。

調味料は焼肉のタレのみ(超簡単)


お試しください。


献血の話に戻ります(ややこし)

コロナの影響で、昨年、一昨年は1回しか献血出来ませんでしたが、今年は2回出来ました。

次は来年。

献血できるような健康体であるよう、自分の身体を大切にしたいと思います。

高額のお金は寄付出来ませんが、献血なら、自分にもできます。

誰かのお役に立てば幸いです。



という事で、指先の末端の血流と、献血の際の血流とは違う?

という事なんですかね?
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする