中国政府の関与を拒絶=ダライ・ラマ後継でチベット人会議 2019/10/05

2019-10-07 | 国際/中国/アジア

中国政府の関与を拒絶=ダライ・ラマ後継でチベット人会議
  JIJI.COM 2019年10月05日19時55分
  【ダラムサラ(インド)時事】世界24カ国・地域の亡命チベット人の代表ら約340人を集めた特別会議が5日までの3日間、亡命政府のあるインド北部ダラムサラで開かれた。会議は、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世(84)の後継選びへの中国政府の関与を拒絶し、伝統的な「輪廻(りんね)転生制度」で後継を選ぶ権限をダライ・ラマのみに認めることなどを決議した。
  決議はこのほか、チベット人が存在する限り輪廻転生制度は続くべきだとした。今回の特別会議に続き、高僧を集めた会議が年内にもダラムサラで開催される見通し。亡命政府には、後継者選びの手続きを進めて先手を打ち、中国をけん制する意図があるとみられる。

 ◎上記事は[JIJI.COM]からの転載・引用です


ウイグル、チベット、モンゴル「御三家」は日中が戦火を交えれば直ちに武装蜂起する 
ウイグル民族の文化が地上から消される 元大学学長らに近づく死刑執行――中国共産党は何をもくろむ?

コメント   この記事についてブログを書く
« 目黒女児〈船戸結愛ちゃん〉... | トップ | 桑田真澄さんに「俺は400勝し... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。