〈来栖の独白 2019.4.13〉 【みあるじを】#164

2019-04-13 | 日録

〈来栖の独白 2019.4.13 Sat〉

 心沈んでならない。カトリック聖歌を弾き歌う。メロディーが心に寄り添ってくれる。このような恵みに感謝。

痛悔【みあるじを】#164

  (おりかえし)みあるじを 見まつるときの ちかければ 

1 主よはやく けがれしわれを きよめませ 

  みあるじを 見まつるときの ちかければ

2 やみのわざ 落ちゆくみちは 永遠(とわ)の死ぞ 

  みあるじを 見まつるときの ちかければ

3 つみを捨て ひかりの子たれ みさばきに

  みあるじを 見まつるときの ちかければ

 

        

 

〈来栖の独白〉追記

 友人に手紙を書いた。

---------------------------------------------------

2019.4.13 Sat

 先日は、可愛くステキな猫ちゃん絵葉書のお便り、ありがとうございました。

 お元気でお過ごしでしょうか。こちらは、痛いところもなく、幸いな日々です。

 私はすっかり怠け者になってしまい、公園の散歩だけ。ところが琵琶ちゃんという猫ちゃんが3月30日に餌をあげたのを最後に、いつもの場所、いつもの時間帯に姿を現さなくなり、心配しました。かつてなかったことです。もう諦めていましたら、信じられないことに、4月11日に、居ました。・・・さっぱりわかりません。痩せていましたから、病気だったのかしらとも、考えます。

 日が経つにつれ、猫のことは程々に、と自分に言い聞かせています。10日間程の喪失感で、疲れきりました。堀文子さんじゃないけど「群れない」…所詮孤独なのだから。 堀文子さんの「孤独観」にも、独善があります。ま、こんなことを考えるのも、私の孤独観が徹底していないということでしょう。

 プリンターの具合がよくないので、すみません、試し(の手紙)です。うまくプリントできれば、送れます。ごめん、です。

................

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 【平成の事件】植松聖被告と... | トップ | 86歳の“孤独の達人”五木寛之... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (vtrld250)
2019-04-14 09:53:17
琵琶ちゃん、生きてて良かったですね。
ゆうこさんに会いたかったのでしょうね♪
触れ合えて 幸せな時間が 延びました(^_^)
としちゃんへ (ゆうこ)
2019-04-14 10:57:25
 コメント、ありがとうございます。
>幸せな時間が 延びました(^_^)
 正に、そうなんですね。色々考えてもポジティブにはなりそうにないので、今のこの時を「喜んで」いこうと思います。ありがとう♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。