4月27日夜、執行 「ぞっとする」最期 死刑囚の弁護士が調査要求 米アーカンソー州 2017/4/29

2017-04-29 | 死刑(国際)
ケネス・ウィリアムズ死刑囚 . . . 本文を読む
コメント

8日間で4人死刑執行 薬物使用期限迫り <米国アーカンソー州> 2017/4/27

2017-04-29 | 死刑(国際)
同州での死刑執行は2005年以来 . . . 本文を読む
コメント

ソウルの日本大使館前の慰安婦像横に、新たに朝鮮人徴用工の像を設置する計画--反日にかける執念 2017/4/29

2017-04-29 | 政治〈領土/防衛/安全保障/憲法/歴史認識〉
「同じ地球人と考えずに、どこか遠い異星の宇宙人だと考えたほうが、対応法を誤らない」 . . . 本文を読む
コメント

盲導犬拒否、55%が経験 「障害者差別解消法」の施行から四月で1年 2017/4/29

2017-04-29 | 社会
法律は盲導犬の受け入れ拒否を不当な差別として禁止しており、社会の理解が進んでいないことが浮き彫りとなった . . . 本文を読む
コメント

確定死刑囚〈矢野治〉の告白 事件を闇に葬ろうとした「警視庁」ジレンマ八百余日 『週刊新潮』2017/4/20号

2017-04-27 | 死刑/重刑/生命犯
矢野が犯行を告白する手紙を受け取っていたのは、警視庁目白署と渋谷署。手紙を受け、目白署は14年末に東京拘置所で形ばかりの事情聴取を行ったのみ。渋谷署に至っては確認にすら動かず、無視したのである。 . . . 本文を読む
コメント

<いのちの響き>ある知的障害者の更生 (上)自分を見つめ直し償い (下)自立こそ一番の恩返し

2017-04-27 | life / 死と隣合わせ / 高齢者
出所後、県内の市役所を訪ね、就労支援施設の紹介を頼んだ。しかし、逮捕歴があることを知りながら、受け入れようという施設はなかなかなかった . . . 本文を読む
コメント

<いのちの響き>知的障害者更生、帰住先が支え 広がらぬ受け入れ施設

2017-04-27 | life / 死と隣合わせ / 高齢者
帰る場所がなく生活苦に陥り、再び犯罪に手を染める人も少なくない . . . 本文を読む
コメント

<入れ墨>医療か、芸術か 増田太輝被告 医師法で初の正式公判―大阪地裁 2017/4/26

2017-04-26 | 社会
公判を開かない略式命令で罰金となるケースが多いが、増田被告は「タトゥーに医師免許が必要なのは納得できない」として正式な公判を求めた . . . 本文を読む
コメント

和歌山カレー事件から19年 林真須美死刑囚の長男が語った人生 札束で積み木遊び あだ名は「ポイズン」2017/4/26

2017-04-26 | 死刑/重刑/生命犯
万引一つでもすれば『死刑囚の息子だから』と後ろ指を指される」と道を踏み外さないように生きてきた . . . 本文を読む
コメント

ギロチンの復活よりも、EUを断頭台に送る決意を優先させた 2017/4/25

2017-04-26 | 国際
ルペン氏は、2012年の前回大統領選の公約にあった「死刑制度の復活」を今回あえてはずした . . . 本文を読む
コメント

千葉女児殺害事件“報道”に感じる、奈良女児殺害事件(小林薫死刑囚2013/2/21刑執行)との類似 2017/4/22

2017-04-23 | 社会/生命犯
今回の容疑者が仮に小児性愛者だったとしても、今マスコミに流布されているそのイメージがあまりにも安直なものである気がするのだ . . . 本文を読む
コメント

<米国アーカンソー州>駆け込み死刑執行2017/4/20 薬物期限迫り11日間で8人計画 注目される鎮静剤ミダゾラム

2017-04-22 | 死刑(国際)
死刑執行で使われる麻酔薬が実は効いていなかったら......この恐ろしいケースはアメリカで複数報告されている事実だ . . . 本文を読む
コメント

わが国の「平和ボケ」病は膏肓に入り、世界の現実を認識できなくなっている。ある民進党議員は、テロ等準備罪が成立したら本気で国外亡命を考えると訴えていた。2017/4/22

2017-04-22 | 政治〈領土/防衛/安全保障/憲法/歴史認識〉
国会議員の一番の責務は、国民の生命を守ることではなかったか . . . 本文を読む
コメント

テロ等準備罪 「実行準備行為があって初めて処罰の対象にする。内心を処罰することではない」安倍晋三首相

2017-04-21 | 政治〈領土/防衛/安全保障/憲法/歴史認識〉
すり替えるな「1984年」の内容 . . . 本文を読む
コメント

余命を諦めた「木嶋佳苗」の東京拘置所から愛をこめて(5)早期の死刑執行を要請 『週刊新潮』2017/4/20号

2017-04-21 | 死刑/重刑/生命犯
いつ霊界にゆくのか冥々としたものですが、この世にいる限り文筆による表現活動は続けていたい。決意の詳細を綴る機会を切に願い . . . 本文を読む
コメント