人間の死因の一番は「自殺」に・・・ 生のみが我等にあらず、死もまた我等なり 2019.11.19

2019-11-19 | Life / 死と隣合わせ / 高齢者

 生のみが我等(われら)にあらず、死もまた我等なり 清沢満之   

 今週のことば 中村薫
 2019.11.19 Tue 中日新聞朝刊

 仏教は生老病死の四苦を説く。その中で生は私たちの記憶にはない。実は国家・民族・時代・男女そして親も選べなかった。何一つ選べない状況の中で誕生したのである。死もまた死後の世界から帰った人がいないので我々には認識できない。労苦病苦は、現実の生活の中で感じ取ることができる。
 老と病は我々の生きる環境に左右される。田端正久・龍谷大客員教授は「今後老化を防ぐ研究が進み、臓器の交換が始まり、脳と機械の融合が進めば、老後が死語になる」(『南御堂』11月号・筆者要約)と言う。不老不死となり、年齢も150歳ほどになるとすれば、世界の状況が一変してしまう。そこでは人間の死因の一番は「自殺」になると指摘される。
 しかし、人間の本来の生き方は、長生きだけではないはずである。清沢満之は、生と死は切り離せない。だから死についても考えるべきだと言われる。
 (真宗大谷派養蓮寺前住職)

 ◎上記事は[中日新聞]からの書き写し(=来栖)
.............................
〈来栖の独白〉
>臓器の交換が始まり、
>老後が死語
 そうか、そうだなぁ。
>人間の死因の一番は「自殺」になる
 衝撃。カトリックでは自殺は禁止されているし、霊能者の中には「自殺した人は天国へ行けず、深い暗黒の中に永遠にいる」と説く人もいる。人間の文明(医学など)の発達の行く先は何なのか。
----------------------
豪の104歳科学者 オーストラリアでは安楽死が認められておらず、スイスで安楽死 2018/5/10 

  
--------------------
* スイスの安楽死~その瞬間への立ち会いを報告 ■死ぬための旅行、安楽死が合法の国 その条件と尽きない議論 
  

―――――――――――――――――――――――― 
◇ かのアウグストゥスでさえ願った「安楽死」 望みますか 2016.11.20
------------------
◇ 人類が初めて遭遇する「寝たきり100歳社会」の悪夢 後編〈医学の勝利が国家を亡ぼす 第5回〉 
◇ 人類が初めて遭遇する「寝たきり100歳社会」の悪夢 前編〈医学の勝利が国家を亡ぼす 第4回〉 
-----------------
佐藤愛子著『冥途のお客』『私の遺言』…自殺や殺人を犯した者は、死後、暗黒界(地獄)へ行く…

  
----------------
『冥界からの電話』死んだ女の子から電話がかかってくるという実話 佐藤愛子著 2018.12.5

  
---------------

コメント   この記事についてブログを書く
« 中国で麻薬密輸罪 桜木琢磨... | トップ | 中国は「ウイグル人絶滅計画... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。