かごめかごめの真実とは

空海様が私に教えてくれた秘密の暗号

醍醐寺の基本設計は、イエス・キリストの墓と荒神社に向けて造営されている

2019-10-29 05:05:05 | かごめかごめの真実とは

2019年10月29日(火)

醍醐寺の門から西大門(仁王門)へはコンパスグラスで108度で進んで行きます。

帰るときは、288度で出ていきます。 この方向には、イエス・キリストの墓があります。

又、五重塔もイエス・キリストの墓に向けて建築されています。

そして・・、金堂の御本尊様は、荒神岳にある荒神社を見つめています。

地理院地図で、「荒神社」で検索すると、もう一カ所、奈良県桜井市大字笠にも笠山荒神社があります。

醍醐寺五重塔と二つの「荒神社」で、イエス・キリストの墓とイエスの公的陵墓の直角三角形が重なります。

見事な設計です!

この記事についてブログを書く
« 玉野市には大きなキツネさん... | トップ | ネオガイアのゼロ磁場水農法... »
最新の画像もっと見る

かごめかごめの真実とは」カテゴリの最新記事