嗚呼~!しらき

眠らない街、東京日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

修羅鬼インフォメーション

2005年10月30日 12時46分54秒 | Weblog
突然ですが、告知をさせていただきます。
私の先輩芸人である『サンドウィッチマン』さんが再び『エンタの神様』に登場!!

11月5日(土)夜10時から『エンタの神様』日本テレビ系列で全国ネット放送

ぜひお見逃しなく!!

コメント (3)

I'm a hungry spider

2005年10月29日 17時59分46秒 | Weblog
今日、久しぶりに家で槇原敬之の『Hungry Spider』を歌っていた。そう、あの話題になった曲である。
ご存じない方の為に曲の内容を一言で説明すると蜘蛛の歌である。

私がノリノリでひとりサビの部分を歌っているとなぜか視線を感じた。いやな予感がしつつもその方向を見るとそこには一匹の蜘蛛が…。
彼は私をじっと見つめていた。まるでお腹が空いていると言いたいかのように。

私は蜘蛛の巣を張られる前に急いで捕まえ、そして歌を歌うのをやめたのであった。

コメント

実験台 レーザー編

2005年10月28日 13時16分16秒 | Weblog
先日、母のいきつけの病院に新たに美容部門が設けられた。レーザーでシミとりをやってくれるようになったらしい。

久しぶりにビューティーモルモット1号、いや、父の出動の時がきたのである。

母はすぐに父を病院に送り込んだ。前回の小麦粉パックではとれなかった頑固で大きなシミをレーザーでとってもらうことにしたのである。

どうやってシミをとるかというと、レーザーを使って肌に火傷をさせる。火傷をした部分は水脹れのような状態になり皮が剥ける。そしてまた新しい肌が再生されるので結果的にはシミがなくなるというのである。
恐いものなしの父は母に抵抗することなく素直に手術を受け無事にシミとりに成功して帰ってきた。

父のシミとり成功を確認した母は早速レーザーシミとりをやってもらったのであった。そう、念入りに…。

手術は無事成功するはずだった。

しかし!!念入りにやってもらったことが命とりになるとは誰も予想していなかった。
母のシミはまだ薄めのシミだった為にレーザーが肌にとって強力すぎたのである。シミは薄くなったがレーザーをあてた部分が少し陥没してしまった。

『実験台を使って大丈夫でも自分で失敗しては意味がない。』


母は今回の件で父を実験台に使うことをやめたのであった。


追伸:シミがなくなりきれいな肌を取り戻した父は最近化粧水を使うようになった。私や母に散々「洗顔フォームとか使わんで水で洗えばいいったい!」と美容に関して否定的だった人がである。肌が変われば人も変わるもんだと改めて思う今日この頃であります。

コメント (2)

さなぎのおじさん

2005年10月26日 19時01分00秒 | Weblog
お祭りっていいものだ。みんなウキウキしていてそれが祭り全体に楽しい空気をかもしだしている。
私はたくさんの出店をみるとテンションがあがる。出店のためにお祭りに行っているようなもんである。

そんな私が先日は久しぶりにお祭りに行ってきた。
フランクフルト、クジ屋、りんご飴などの出店がたくさん並ぶ中、私は一件のわたがし屋に目がとまった。ぱっと見おじさんが普通にわたがしを作っているように見えたこの光景。
実は、おじさんは腕から頭のてっぺんまでわたがしに覆われていた。それなのに肝心の割り箸にはわたがしがほとんどくっついておらずおじさんは苦戦していた。

とても風の強い日だった。
あちこちに白いものが飛んでいると思ったら、おじさんから逃げ出したわたがしが空気中を浮遊しているのである。
この写真では見えにくいがおじさんはわたがしの薄いまくに包まれていた。
『さなぎのおじさん』
私は彼をそう呼ぼうと決めた。

『注文後、すぐに大きなわたがしを作ります。』

外にはそんな貼り紙がしてあったが、こんな風に作ってる姿を見てるととても食べる気がおきない。
さなぎのおじさんがべたべたと触ってできあがるわたがし達。
今までわたがし屋に何度も行ったことはあるがこんなにわたがし作りがへたくそな人は初めてである。


私はわたがし屋の前をひやかすだけひやかして家へと帰ったのであった。
コメント (2)

本日のお買い得品

2005年10月22日 21時41分41秒 | Weblog
今日、家の近所にあるドラッグストアにいったらこれがセール品だった。

「一平君」

新製品?私は山積みに置かれたラーメンの中に一平君はいないか探した。しかし、いくら探してもそこには一平ちゃんの姿しかなかった。

『お一人様3個まで!一平君 74円』

誰だよ!おいっ!一平君って誰なのか私に教えてくれよ~!

ぜひとも会いたい、一平君
コメント (2)

余計なお世話

2005年10月19日 04時45分25秒 | Weblog
最近、初めてでるライブが多いのだがその中で困ることがある。
それは私の『人見知りが激しいこと』である。毎回初対面の人に話かけることができない。
それが明らかに芸暦の長い先輩芸人の方だと特に話ができないのである。

先日出演したライブに、初めて会う大先輩の芸人さんと一緒になった。

「人見知りとかせずに話をして顔を覚えてもらおう。」

自分なりに尻を叩いて、あいさつまでは当然するのだが会話までもっていけない。このままじゃいけないと私は話し掛ける話題を探していた。

「なにかないかな…。」

必死に話題を探す私の目に一筋の光、いや、Tシャツのタグがみえた。
なんと、先輩の着ているTシャツが裏返しになっているではないか!私は話すきっかけができたとばかりにすぐに話し掛けた。

「あのー、Tシャツ裏返しになっていますよ。」

すると先輩は言いにくそうにこういった。

「これ、自分でわざと着ているんだよね。」

私が指摘したことで自分なりにやったおしゃれに対して完全に自信をなくしているように見えた。

「やばい!」

私はすぐに誉めまくった。

「えっ!すごい!自分で考えてわざと着ているっておしゃれですよー。」

しかし、今となっては何を言っても後の祭りである。

私は『失礼な奴』として先輩に顔を覚えられたのであった。

コメント (4)

秋のオススメ

2005年10月17日 15時10分07秒 | Weblog
秋になると飲みたくなるもの。それは『ミルクティー』。
なぜかわからないがミルクティーは秋の飲み物って感じがする。
私はミルクティーは家で作ったものが一番好きだ。作り方はいたって簡単!

1.まずはたっぷりの牛乳を温めます。2.あらかじめお湯に浸けて茶葉がでやすいようにしておいたティーバックを温まった牛乳に入れ2、3分たったら出来上がり。3.お好みで砂糖やハチミツをいれてお召し上がりください。
ちなみに砂糖をたっぷりいれて甘くするのが修羅鬼流です。
ちょっと余裕がある人はひと手間かけて、1の時に泡立て器で混ぜながら牛乳を温めると『ティーカプチーノ』の出来上がり。一味違う口当たりをお楽しみください。

これは夜寝る前なんかに飲むんですが、ほっとしてぐっすり眠れます。リラックス効果はかなりあるのでイライラして落ち着かないときは温かいミルクティーを飲んでみてはいかがですか。

追伸:私は今だに夜眠れなくて困ったことはありませんが、朝起きれなくて困っております。寝起きがよくなる方法をご存知の方がいましたらぜひ
修羅鬼の『おそく起きた朝は』係りまで
コメント (3)

正しい掃除の仕方

2005年10月16日 01時20分41秒 | Weblog
自分が当たり前にやっていることが相手を驚かせてしまったり、相手が当たり前にやっていることが自分にとって驚かされたりすることってよくある。

今日の話はそんな驚かされたお話。

私のバイト先のお店は開店前に清掃業者の方が5、6人来て、お店の掃除をしている。
その清掃業者は4、50代くらいのパートのおばちゃん達でほとんどを占めた会社で、おばちゃん達の掃除が終わると掃除がちゃんとできているかのチェックをする。そして、チェックしてできていないところはきれいになるまでやってもらってからおばちゃん達は家に帰れるのだ。そのチェックは私のようなバイトや従業員がするのだが、今日のチェックは私がしていた。
私が細かくチェックをしていたところ、トイレの便器の中にとれていない汚れを見つけた。私はおばちゃんに失礼のないようにやんわりと教えた。

「トイレの便器の中に汚れみたいのがあったんですけど、もしかしたら擦ってもとれない汚れ(キズ)かもしれないんで見てもらってもいいですか。」

「あらっ!ごめんなさい。」

とおばちゃんはいいながら便座に両手をつけてしゃがみ、便器の中を覗き込んだ。

「どこら辺かしら?」

便器を覗きながら言うおばちゃんに少々引きつつも、水が溜まって少しみえにくい汚れの部分(常に水が溜まった底に近い部分。)を指さして教えた。

「ここなんですけど、もともととれない汚れとかだったら全然問題ないんで(指摘して)すいません。」

「あっ!ほんとだ。ごめんなさい。あたしあんまり目がよくないから気付かなくてごめんなさい。」

「…。」

「だから彼女は便器すれすれに顔を近付けていたのか…。」

私は少し胸が痛くなって彼女をフォローしようとした。

「でもこの汚れ見えにくいですよね~。とれない汚れにも見えたので違ったら申し訳ないと思ってたんですよ。」

フォローする私におばちゃんはこう言った。

「いや、これはキズとかじゃなくてね…。」

そういいながらおばちゃんはなんと便器の中に手を突っ込みこういった。

「手でこうやればほら、簡単にとれるでしょ。」

彼女はまるでテレビショッピングでの商品紹介のようにお手本を見せる感じで、そのう〇こを直接手で擦り落した。

「!!!」

私はあまりの衝撃に一瞬、身動きができなかった。だって身内だったらまだしも、誰のものなのかわからないものを素手で触るってまさに『すごい』の一言である。彼女は少しも汚いとは思っていないようにみえた。

「でも、掃除の後はちゃんと石鹸でしっかり手を洗うんだろうなぁ。」

私はそう思いながら彼女を見ていた。ところが、彼女は石鹸どころか便器の水に浸けた片手だけを軽くパパッと水に濡らしただけであった。

「すごい!まるで何事もなかったかのような手の洗い方だ。」

ここまでくるといき過ぎである。

「掃除のチェックはできても彼女の手のチェックまではできなかった…。」

私は心のモヤモヤも洗い流せないまま彼女を見送るのであった。

コメント (3)

渋い子供

2005年10月14日 13時54分04秒 | Weblog
昨日の深夜、ある有名バレエダンサーが7日間子供たちにバレエを教えるというドキュメント番組をやっていた。

私はドキュメント番組が好きなので気付いたらそのテレビに釘づけだったのだが、番組の終わりあたりでそのレッスンを受けた子供たちが一人一人自分の夢をカメラに向かって発表していた。

「バレエダンサーになりたいです。」

レッスンを受けた子供のほとんどがそう答える中にひとり、ひときわ目立つ子供がいた。
丸刈り頭で素朴な感じのその少年は笑顔でこう言った。

「開墾農家になりたいです。」

渋い!渋すぎる!その子供は見たところまだ小学校一年生くらいである。どこで開墾農家ということばを覚えたのだろうか。自分が小学生の頃はそんな言葉を知りもしなかった。私が無知なだけなのか?

『最近の子供は…。』といい話を聞かない現代。日本の将来の不安を嘆かれてはいるが、私はその少年をみて日本もまだ捨てたもんじゃないと少し安心するのであった。

コメント (2)

芸能人との相性

2005年10月13日 10時05分54秒 | Weblog
昨日マン喫に行った際いろんなサイトを見ていたら、名前と生年月日を入力するだけで自分と相性がいい芸能人をだしてくれるという相性占いがあった。
早速、やってみた。


1位 植木等


「おいっ!芸能人と付き合えるとは思ってないけどどうせ夢みたいな占いなんだからせめて最後まで夢をみさせろーー!」

こんなにたくさん芸能人がいるというのに一番相性がいいのが植木等ってどういうことだよ!
結果の内容はこうだ。

『とっても寂しがりやのあなたにはリード力抜群の植木等さんとの相性が抜群です。ただ、寂しいからってすがりつくのは駄目。自由を愛する植木等さんは息苦しくなって逃げ出してしまいます。』

「結局、等にまで逃げられるのかよ!」

私は静かにそのサイトを閉じるのであった。
コメント (4)