嗚呼~!しらき

眠らない街、東京日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

白木家特製の・・・

2006年06月30日 07時58分05秒 | Weblog
先日、餃子を作った。
写真はその餃子なのだが、普通と違うのはにらがたっぷりなので具が緑色である。
私は焼くのが苦手なのでパリパリに焼くのに自信があるという、先輩の伊達さんと作家の水野くんの頼れる二人に交互に焼いてもらった。
しかし、焼き上がりに失敗するとうまく焼けないのは餃子が悪いと苦情を言われた・・・。

全く勝手な二人である。

そして私はうちの実家ではおなじみのメニュー「餃子の味噌汁」を作った。

うちの実家は餃子を作った日の翌朝には、残り物の餃子を味噌汁にいれて餃子の味噌汁を作ってくれる。
私はこれが大好きなのだがみんなには「なんで餃子を入れたんだ、俺は普通の味噌汁が食べたいんだ!」というような余計なことをしてくれた的苦情を散々言われた。

しかし何だかんだいいながらも食べた後には「しらき、ありがとね」とみんなが言ってくれた。
私はうれしくなって「じゃあまた餃子を作りますよ~」というと無視された。

みんな正直だ・・・。


☆★☆ライブ情報☆★☆

6月30日(金)
「はったりライブ」
開場:6時 開演:6時30分
場所:ミニホール新宿Fu-
チケット:前売り1300円 当日1500円
※受付で「しらきちはるを見に来た」と言えば当日でもなんと前売り価格でご入場いただけます。

みなさまのお越しをお待ちしておりま~す(^O^)/
コメント (3)

芽がでたよ!

2006年06月29日 00時53分53秒 | Weblog
私は今ハバネロを育てている。

植物とはいえ、なんせ暴君…。ちゃんと素直に芽がでてくれるのか私は心配をしていた。
種を蒔き、1時間くらいは芽がでるのをじっと待ってみた。しかし、芽はでなかった。
私はただ待つだけでは退屈なので、次は瞬きをせずに何秒間目を開けたままでいられるかというゲームに挑戦しながら待つことにした。しかし、いつまでたっても芽はでなかった。
やはり、暴君…。すぐには芽をだしてはくれない。

それから私は何日も何日も芽がでるように植木鉢の前で踊り狂った。気分のいい日はものまねをしてみせたりした。
そしてあまりにも変化がないので、半ば芽がでないのかとあきらめかけていた。
そんなとき。
気付いたらハバネロはひょっこりとたくさんの芽をだしていたのである。

「お母さん、やったよ~!」

私はうれしくて、近所中を奇声を発しながら走り回った。
私もがんばろう。

このハバネロのように、私も早く芽をだそう。


☆★☆ライブ情報☆★☆

6月30日(金)
「はったりライブ」
開場:6時 開演:6時30分
場所:ミニホール新宿Fu-
チケット:前売り1300円 当日1500円
※受付で「しらきちはるを見に来た」と言えば当日でもなんと前売り価格でご入場いただけます。

みなさまのお越しをお待ちしておりま~す(^O^)/
コメント (3)

サイン帳

2006年06月28日 08時24分45秒 | Weblog
これは最近私が気に入っているアイス「雪印 練乳ミルクバー」。
ミルクアイスの中に練乳が入っていて、こりゃまた濃厚でおいしい!!
気になる方はぜひお召し上がりください。

さて、今日は昨日に引き続き小学生の頃の私が書いたサイン帳をご紹介します。

私が訳のわからないサイン帳を書いていたことが発覚したのは高校の頃。

友人がアルバムの整理をしていたら、小学校の卒業の時に私から書いてもらったサイン帳がでてきて、改めて読んだらひどかったと苦情を言ってきた。

そんなはずはないと思いながらも見せてもらうと・・・。

趣味:お菓子作り、子作り(←まだ何も知らない子供だったので許してやってください。)
その他、「これからも仲良くしてね」というような言葉は一切なく、ただ変な絵がかいてあった。
なぜか、めがねをかけたバレリーナの絵。そして、そのバレリーナの舌は長くのびていて、その舌の先にはカタツムリがのっている。
そして、一言。

「カタツムリはおいしいよ~!」

なんじゃそりゃ・・・。ちなみに私はエスカルゴは好きではない。
なんでそんなことを書いたのか全く理解できない。

でも子供の頃ってそんなもんですよね。誰しも同じような経験があると思います。

みなさんもたまにはサイン帳を読み返してみてはいかがでしょうか?
きっと楽しい発見がでてくるでしょう。


☆★☆ライブ情報☆★☆

6月30日(金)
「はったりライブ」
開場:6時 開演:6時30分
場所:ミニホール新宿Fu-
チケット:前売り1300円 当日1500円
※受付で「しらきちはるを見に来た」と言えば当日でもなんと前売り価格でご入場いただけます。

みなさまのお越しをお待ちしておりま~す(^O^)/
コメント (5)

ジャスミン茶

2006年06月27日 02時24分11秒 | Weblog
私はジャスミン茶を飲むとあの日のことを思い出す。

それは私が小学生の頃の夏。父がジャスミン茶にはまっていたこともあり、家にはお湯のポットと冷たいジャスミン茶の入ったポットが常に置いてあった。

ある日、私がお腹を空かせて学校から帰ってくると、家に誰もいなかった。
私は仕方なくカップヌードルを食べることにしたのだが、待っても、待っても、ラーメンは出来上がらなかった・・・。
そうです。冷たいジャスミン茶を入れてるから出来上がるわけがなかったのである。

結局、私はほのかにジャスミンが香る味のないカップヌードルを食べたのであった。

まぁ、そんな誰にでもあるかわいい間違い。
しかし、小学生の頃の私にとっては思い出に残る出来事だったようだ。
なぜなら、小学校の卒業文集の作文にまで「ジャスミン味のカップヌードルの話」を書いてあったからだ。
あの頃の私に一言いいたい。

「小学校関係ね~~~!!」

しかも、文章の最後の締めくくりにはこう書いてあった。

「私が6年間の間に思い出す出来事はこれだけです。」

あの頃の私にもう一言だけいいたい。

「それ以外ないのかよ~~~!!ただのさびしい奴じゃね~か!!」


そんなあの頃の私に言いたいことはたくさんあるが、次回は友人に書いたサイン帳の話をしたいと思います。それでは、みなさんさようなら~!!

コメント (5)

母に捧げるラストバラード

2006年06月26日 23時09分26秒 | Weblog
本日は武田鉄矢さん主演の舞台「母に捧げるラストバラード」を観にいった。

感想は・・・じつに、じ、つ、に、良かったです!!
こういう舞台を「笑いあり、涙あり」っていうんだろうな~。

私は舞台をみて一度も泣いたことがないのですが、今回初めて泣いちゃいました。
まさか、まさか、私が鉄矢に泣かされるとは・・・。
全く予期せぬ出来事である。

武田鉄矢さんの演技のすばらしさ、トークのすばらしさを実感した1日でした。


あれっ?今日もオチがない日記になってるって・・・・・・こら~、な~んですか~!!

コメント (1)

オススメヘアーサロン

2006年06月23日 08時20分53秒 | Weblog
今日は先日街でみつけた気になる床屋さんをご紹介します。

その名もヘアーサロン『こけし』

この名前はいいのか?なんだかこけしカットにされそうである。
普段こけしに似てると言われる私が行ったら、間違いなくこけしにされこけにされるだろう。
そして髪を刈るのではなく彫られるに違いない。
どうせ彫るなら異常に発達した頬骨を思う存分削り落として頂きたい。この頬骨のせいで私は中学時代「ヤンおばさん」というあだ名がついた。
「ヤンおばさん」とは「魯迅」の作品「故郷」にでてくる頬骨が発達しているおばさんのことである。
ヤンおばさん・・・。私の青春を返してほしい。
おっと、話がかなり脱線してしまった・・・。
そんないろんなことを考えてしまう、ヘアーサロン『こけし』。

こけしカットをするならぜひこちらへお越しください。・・・なんじゃそりゃ。
コメント (3)

夏のオススメ料理

2006年06月21日 20時05分02秒 | Weblog
最近、私は毎日のようにスパゲティを食べている。
理由はひとつ。ご飯だと炊き上がるまでに時間がかかるが、スパゲティは7分くらいで茹で上がるからだ。
そんな理由で食べだしたスパゲティ。
毎日だと飽きるように思われるが、私はどうやらスパゲティに関しては作る才能があるらしい。次々と新メニューが浮かぶのだ。もちろん残り物の食材で。

今日は最近食べておいしかったメニューを紹介します。
これは「ネバネバスパゲティ」
どうです?まずそうでしょう?こんな見た目の悪さとは逆にあっさりしておいしーへるしー!!
これから夏に向けて食欲ないときにもオススメです。

☆作り方☆
1.スパゲティは茹でておきます。(茹で上がったらバターと絡めておきましょう。麺がくっつかないために。)
2.納豆、めかぶ、梅肉(市販の練り梅チューブだと便利)を混ぜ合わせます。
※納豆などについている付属のタレも入れましょう。
3.スパゲティと混ぜ合わせ千切りにしたきゅうりを盛り付けできあがり。

どうです?簡単でしょ!これにあればオクラをいれてもおいしいですよ~。

さっぱりして体にもいい「ネバネバスパゲティ」
みなさんもぜひ試してみてくださ~い(^^)v
コメント (4)

英語って難しい

2006年06月20日 08時13分35秒 | Weblog
先日、街で外国人男性に話しかけられた。
その外国人の話によるとどこかに行きたいようだった。
なので私は「どこかに行きたいんですか?」と英語で聞くことにした。
しかし、いざ外国人を前にするとテンパってしまい私は片言の英語を発した。
「GO、AWAY・・・。 」
するとその外国人は苦笑いをしながらどこかに行ってしまったのである。

不思議に思いながら、家に帰って辞書で調べると・・・。

「あっちへ行け!!」

という意味だった・・・。

恐ろしい女だ。

自分が怖くなったそんなある日の出来事であった。

コメント (5)

日本代表

2006年06月19日 16時28分17秒 | Weblog
日本対クロアチア戦を観ながら髪の毛を染めていたら・・・。
案の定、染めすぎた。
あたくし染めすぎの染太郎でございます。いつもより余計に染まっておりま~す。おめでとうございま~す。
いやいや、失礼しました。
これだと眉毛が黒いのが目立ち、垢抜けに失敗した人みたい、いや、完全に垢抜けに失敗した人だ。

これからは垢抜け失敗した人代表として世界と戦って行きたいと思います。
がんばれ!!日本!!

★☆★ライブ情報★☆★

6月20日(火)

「雑音フェティッシュ」
開場19時 開演19時30分
場所 なかの芸能小劇場
チケット前売り800円 当日1000円
出演者
・げんしじん
・BBゴロー
・レム色
・飛石連休
・5番6番
・瞬間メタル
・大西ライオン
・風藤松原
・サンドウィッチマン
・U字工事
・やまもとまさみ
・じゅんご
(順不同/敬称略)


フレッシュコーナー
・いけないパラダイス(前回優勝 優勝回数4回)
・ジェニーゴーゴー(優勝回数2回)
・湯川☆セイントセイヤ
・キャラメルマシーン
・しらきちはる

みなさまのお越しをお待ちしておりま~す!!
コメント (4)

ミジンコおばさん PART1

2006年06月18日 22時45分32秒 | Weblog
先日、コマ劇場に行ったときのお話。
久々のコマ劇で、私はルンルン気分であった。座席の確認をして席に着こうとしたら隣の席にミジンコのような体系のおばさんが座っていた。(以降ミジンコおばさんと呼ばせていただく。)
ミジンコおばさんは体からカビのような異臭を放ち存在をアピールしていた。

嫌な予感はしつつも私が席につき持っていたカップドリンクを目の前のドリンクホルダーに置こうとしたら、ミジンコおばさんが「奥さん」と声をかけてきた。
「奥さん??こんなに若作りをしている私に向かって奥さんだと?」
私はミジンコおばさんの胸ぐらをつかみブンブンと振り回しそうになったが、気持ちを抑えミジンコおばさんをみた。するとミジンコおばさんは私の目の前のドリンクホルダーを指差しこういった。
「ここは私の番号のとこだからあなたはそっちに置いて。」
そういって私の右隣のサラリーマンの目の前にあるドリンクホルダーを指差した。

この劇場内は階段のように席が連なっていて、扇形のように座席が設置されている。後ろの席にいくにつれ座席が増えている状態なので、前の座席番号の真後ろが同じ番号ではないのだ。(説明が下手ですいません)
どうやらミジンコおばさんは前の列の座席番号と同じところにドリンクを置けというのだ。
だからといって隣のサラリーマンの両ひざ小僧の間に挟まれたドリンクホルダーに飲み物を置く勇気は私には持ち合わせていない。
「なんなんだこの人は・・・。」
納得いかない怒りで動揺している私にミジンコはこういった。
「座席足りないみたいだから、ひとり置けなくなるみたいね~。」
遠まわしに私に置くなとミジンコは言っているのか?
それからミジンコは隣に座っていた中年夫婦にこういった。
「ここに飲み物置いていいですよ~。」
常識人と思われる中年夫婦はミジンコの目の前に飲み物を置くのは気がひけるらしくこういった。
「二人でこっちに置くので大丈夫ですよ。」
問題解決するように思われたがミジンコは断固として私に飲み物を置かせてくれなかった。

それからミジンコは隣の夫婦が気に入ったらしくサンドウィッチをすすめていた。
「これ、二人で食べてください。」
「いいえ、いいえ。大丈夫です。」
「私、さっき食べたばかりでお腹いっぱいだから。」
「いや~、ほんとうに大丈夫です!!」
このやり取りを4、5回やっていた。明らかに夫婦は嫌がっていた。

結局、夫婦は断り通した。
やっと静かになったと思って隣のミジンコをみると、たった今夫婦に断られたばかりのサンドウィッチを食べている。
さっき食べたばかりでお腹がいっぱいっていってたじゃん!!
矛盾だらけのミジンコ・・・。

ミジンコ話はまだ終わらない・・・。





コメント