JF2KRHのアマチュア無線移動運用とコンテスト参加記録

アマチュア無線の移動運用やコンテスト参加記録を中心に、また無線以外のこともいろいろと書いていきたいと思います。

2018 第60回 ALL JAコンテスト  静岡県御殿場市移動     2018-04-28

2018-04-30 19:03:30 | ALL JA コンテスト

ALL JAコンテストは毎年、2エリアを飛び出し遠征参加していますが
お正月明けからの体調不良と4月に勤務地が変わりお疲れモードなため、今年は地元県内での参戦です。
いつもの伊豆に行こうかとも思いましたが変化を求めて御殿場市の富士山五合目、太郎坊へ。

 

富士宮口や須走口よりも標高がだいぶ低いこともあり駐車スペースには雪は残っていませんでした。

 

 

移動距離が短いのでとても楽! しかも今回は50MHzまでなのでアンテナ設営も短くすみました。
3.5と7MHzはダイポール、21MHzと28MHzは2エレのHB9CV、50MHzは5エレ八木。


コンテスト開始時は50MHzでスタートダッシュ!とても良いペースで呼ばれました。
ここは西方面は全く駄目なのでマルチは東方面だけ。が、これは想定内です。
深夜帯は3.5MHzで頑張りますが、さすがに10Wでは辛いものがあります。

翌日は大票田の7MHzで局数&マルチをゲット!と思っていましたがコンディションがあがってきません。
また21MHzで沖縄が聞こえた以外はハイバンドは全く開けず。(TT)
特に7MHzの不調は厳しく、朝ダメでも昼間には変わってくるだろうと高を括っていましたが
近場の1エリア、2エリアがほとんど聞こえてきません。
標高が高いことが悪いのか?ただ単にバンドコンディションが悪いのか?
マルチは4、5、6、7エリアはそこそこ取れましたが静岡・東京・神奈川以外の近場はゲットできず、
こんなことは、なかなか経験がありません。

午後、JR2GMT局とQSO。すぐ上の駐車場で運用しているとのことでQSO後に早速アイボール。名刺交換させていただきました。

 

当初は二日目、暗くなる前に撤収の予定でしたが全体的にマルチがあまりに取れていないのでハイパントは諦め、3.5と7MHzで粘ることにしました。
日が落ち暗くなり始めた頃、ようやく7MHzのコンディションが変わり
愛知・三重・埼玉など取れていないマルチが次々に埋まりなんとか帳尻を合わせて終了しました。


PS:一日目、駐車場には数台しか車両がいませんでしたが二日目の午前中、広場でイベントがあったようで
   駐車場は満車になってしまいました。自分の車両以外の駐車スペースは浸食していないものの
   大きなアンテナをあげていると肩身は狭いものです。

コメント (6)

2017 第59回 ALL JAコンテスト   岡山県備前市笹尾山移動    2017-04-29

2017-05-03 19:21:32 | ALL JA コンテスト

日生で、お腹を満たし、目的の移動地へ向かいます。
今回の移動地は岡山県備前市の笹尾山。

向かう途中、雨がポツリポツリと落ちはじめ目的地に着いた時には雷雨。
雷の音と稲光でビビりましたがおかげさまで1、2時間で雨が止みました。

早速、アンテナを設営しますが敷地的に広くないので
今回は、3.5と7MHzのダイポール、50MHzの八木、そして21MHzの2エレHB9CV。
(HB9CVはエレメントの長さを変えれば28MHzもOK) 

 

 コンテスト開始まで時間があるので最初は50MHzの八木の代わりに
144Mの10エレ、430MHzの15エレ八木を設置し、しばらくV・UHFで運用。

 

 

夕方、144Mと430MHzの八木にかえ50MHzの5エレ八木を設置。

 

夜になりあたりは真っ暗。人影も全く無くて、気味の悪いくらい静かでした。
コンテスト開始時、21MHzが弱く開けていたのでマルチ優先で
何局かQSOしましたがしばらくしてフェードアウト。
その後、しばらくは50MHz。深夜になりローバンドへ移りますが
長い距離を走行してきたことと体調が今一つということもあり
いつもより早めに眠りにつきました。

朝になり21、50MHzは残念ながら開けていなかったので
しばらく7MHzでCQを連呼!いつものことですが10Wでは空振りの連続です。
それでも地道に7MHzで局数を重ね、ようやく15時すぎから21MHzが
少しですが開けました。

今回、目標は4エリアの電話部門のレコード280局でしたが
400局を超えたのでコンテスト終了を待たず早目に撤収しました。
QSO頂いた各局、ありがとうございました。

 

コメント (4)

2016 第58回 ALL JAコンテスト      2016-04-23

2016-04-27 19:48:12 | ALL JA コンテスト

ALL JAコンテストの前日、職場の歓送迎会が入ってしまい金曜日の夜から
出掛けることができないので今回は県内で参加しようかと思いましたが
9エリアで福井県なら片道3時間半で行けるから朝7時頃から出掛けてもなんとか
移動地は確保ができるだろうと考え直しました。

数日前に移動地の最有力候補「国見岳」のアクセスを福井市役所へ連絡確認すると、
なんとアクセス道のオープンは25日からでそれまでは登り口がゲート閉鎖しているとのこと。
続いて小浜市「エンゼルライン」の管理事務所へ連絡をすると、夜にゲート閉鎖するため
追い出しをするので夜は留まることができないとのことで
出掛ける前から有力候補を二つ失ってしまいました。

今回は50MHzまでなので、標高にこだわらず7MHzをメインにできればと思い
候補地を美浜町の岳山、駄目なら若狭町の林道でやることとし土曜日の朝、
静岡を出発しました。

まず向かったのは三方郡美浜町の岳山。現地にはお昼前に到着、
おかげさまで広い駐車スペースには先客はいないものの、
一番上の「みろく会館」には人が結構居ました。僧侶も居たりしてなにか宗教行事のようです。
ネットでは普段は誰も居ないことが多いとありましたが黙って駐車場で
アンテナをあげるのも後からクレームになるのも嫌なので会館に足を運び
アマチュア無線の運用をしたい旨を伝えると車の往来が困らないよう
設営していただければ大丈夫と、快く了解をもらえました。

みろく会館へ続く桜並木

広い駐車スペース。(標高的には一段下がります。)


広いスペースは一段低く50MHzは厳しそうなので、みろく会館の桜並木より
手前のスペースで設営することにしました。
隣に鉄塔(送信タワー)があるのでノイズレベルが不安ですが
ワイヤーも充分に張れるスペースも有り、会館への車の通行の妨げも心配は
しなくても良さそうです。

 

 今回のアンテナは、3.5と7MHzはダイポール、21MHzは3エレ八木、
28MHzは2エレのHB9CV、50MHzは5エレ八木。

 

コンテストが始まり、50MHzからスタートしますがバンド内が非常に静かです。
3~5エリアの移動局にお声掛けし、その後CQを出しますが空振り状態。
コンテスト開始後、1時間30分でなんと13局!これだけスタートダッシュができない
ALL JAコンテストは初めてです。さすがに50MHzを諦め、この時間帯、
唯一賑やかな3.5MHzにQSY。がローバンドで10W、SSBでは苦戦を強いられます。
深夜2時過ぎに仮眠をとるまでに80局の超スローペース。
翌朝、7MHzに出るもののコンディションがとても不安定で波に乗れません。
午前9時頃から再び50MHzに戻り10局ほどQSOし、その後21や28MHzに移りますが
閑古鳥が鳴いています。お昼過ぎまでグダグダ状態でした。

午後、7MHzのコンディションが安定し始めバンド内が混雑していましたが
たまたま空きチャンネルを発見、CQを出し始めます。
今まで苦戦して来たのが嘘のように次から次に呼んでいただき
午後の数時間で局数もマルチも上積みができ、目標の9エリア電話マルチバンドの
コンテストレコード大幅に更新!!!
午後9時の終了まで頑張りたいところですが月曜日は仕事を休めないので
泣く泣く午後5時を過ぎたところで撤収。
それでも最終的には満足できる結果に終わりました。
QSO頂いた各局、本当にありがとうございました。

コメント (8)

2015 第57回 ALL JAコンテスト      2015-04-25

2015-04-29 08:16:36 | ALL JA コンテスト

JARLの4大コンテストは地元の静岡県を飛び出して他のエリアから参加していますが
残すは4エリアと0エリアだけとなりました。

今回の移動は0エリア、長野県塩尻市、高ボッチ高原です。
金曜日の深夜に自宅を出発、高速道路を使わず国道52号を北上し
その後、国道20号を走行し諏訪湖を目指しました。
諏訪湖を通り過ぎ塩尻市に入ったところで右折し高ボッチスカイラインへ。
事前に塩尻市役所に除雪が完了し通行可能であることを確認して
あったため安心して登っていくことができました。


ある程度登ったところで急に視界が広がり高ボッチ牧場に到着です。
明け方に到着しましたが、あたりは既に明るくなっていました。
駐車場には誰もいない状態でワイヤーアンテナを張るにも充分すぎる広さがあります。
しばらくの間は様子を見ていましたが登ってくる車は更に奥へ向かっていくため
この駐車場が満杯になることはなさそうなので、外はまだ寒かったのですが
さっそくアンテナを設置します。

 

 

今回のアンテナは昨年度のALL JA コンテストと同じものになりますが
詳細は下記の通り。

3.5MHz ダイポールアンテナ
7MHz ダイポールアンテナ
21MHz 3エレメント八木アンテナ
28MHz 2エレメントHB9CV
50MHz 5エレメント八木アンテナ

駐車場の隅には除雪した雪がところどころ残っています。


設置後、いつものように仮眠をとりますが、なかなか寝れません。
結果的には2時間程度寝ただけでコンテスト開始までは起きていました。

午後9時にコンテスト開始。
普段通りに50MHzからCQを出し始めます。
首都圏や名古屋圏から遠いのか?いつものスタートダッシュができません。
特に1エリアの信号が弱くこのバンドで局数を稼ぐことはできそうもありません。

しばらくして7MHzに移りましたが夜の時間帯にしては
思いのほか開けていて思った以上にQSOができます。
今回の主軸は7MHzかなと思いつつ深夜から早朝まで
7MHzと3.5MHzで交互に声を出します。
いつものことながら3.5MHzは10Wでは苦戦します。
マルチを拾うためには、根気よく何度も何度も呼ぶしかありません。

コンテスト2日目の朝、21、28MHzに期待をしますが
21MHzで沖縄ができたくらいで6・8エリアのオープンがありません。
やはり主軸は7MHzということで、しばらくは7MHzで頑張ります。
混信に悩まされながらCQを出しますが、やはりコンディションがいいのか
いつもより呼んできてくれます。
時々21~50MHzにも顔を出しすこしづつ局数とマルチを重ねます。
夕方から21MHzでスキャッターのような入感があり
近距離から中距離が聞こえますが信号が弱く、呼んでも呼んでも
応答が無いか、コールがとってもらえず交信が成立しません。
思うようにQSOができずストレスが溜まります。
聞こえている局が全てQSOできればマルチがだいぶ増えるのですが、、、、(TT)。

夜に入り再び7MHzと3.5MHzで交互に声を出し局数とマルチを重ねます。
コンテスト終了近くでは、新しい局を見つけられず、CQを出しても空振りで
終了時間30分前に終戦しました。

今回は7MHzのコンディションにだいぶ助けられました。
これからパソコン入力するので正確な点数はわかりませんが目標の0エリアの
電話マルチバンドのコンテストレコードは多分、更新することができたと思います。
コンテスト中にQSOいただいた各局、本当にありがとうございました。 

 

PS :  6m AND DOWNコンテストは昨年に引き続き8エリアから、
フィールドデーコンテストは、4エリアから参戦したいと思います。

 

 

 

 

 

コメント (3)

2014 第56回 ALL JAコンテスト      2014-04-26

2014-04-29 18:18:17 | ALL JA コンテスト
昨年からJARLの4大コンテストは地元の静岡県を飛び出して参加しています。
今回も県外で参加しましたが県外といっても県境の神奈川県足柄下郡湯河原町。
移動地は星ケ山公園で公園から林道?を上って一番上の駐車スペースで
やろうと思いましたがダイポールアンテナを張るスペースがなく断念、
下側の広い駐車場でやることにしました。





今回のアンテナは下記の通り。
3.5MHz ダイポールアンテナ
7MHz ダイポールアンテナ
21MHz 3エレメント八木アンテナ
28MHz 2エレメントHB9CV
50MHz 5エレメント八木アンテナ



お約束の50MからCQでランニング!
良い感じのペースです。スタートダッシュに成功しましたが
予想通り西側のマルチは全然駄目でした。
深夜帯はロ-バンド(3.5M)で声を出しますが、
こちらはさすがに10W、なかなかCQを出しても呼びに回っても苦戦です。
午前4時には、強烈な睡魔に勝てず約1時間ほど寝てしまいました。

目を覚ましてから、7MHzを中心に声を出しましたが再び睡魔に襲われ
午前7時半に再び仮眠。(痛!)

その後、21MHzと7MHzを中心にしばらくの間、がんばります。
お昼近くになり28MHzで声を出したところ、SWRが非常に高く、
アンテナチューナーで調整しようにもエラーになってしまいます。
(設置直後はそんなには悪くなかったのですが、、、、)
仕方がないのでアンテナを一度下しエレメントの長さを調整。
なかなかSWRが低くなりませんがなんとか送信は、できそうになりました。
時間もないので諦めて、この状態でオンエア。
RSが59の局には何とかQSOできましたが信号が弱い局は全く駄目!!
結果的に静岡、埼玉、茨城は聞こえていましたが交信できず、貴重なマルチを落としました。

なんとかコンテスト終了までがんばりましたが
2度の仮眠と各バンドでのマルチの取りこぼしが多かったことが
悔いが残りました。
コンテスト中にたくさんの局と交信していただき
各局、本当にありがとうございました。

















コメント (3)