答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

「たちばな原酒」をのむ

2018年08月23日 | 食う(もしくは)呑む

 

九州からの贈与、「たちばな原酒」。

「百年の孤独」で有名な宮崎県黒木本店の混ぜもの、割り水、ブレンドなしの100%原酒の芋焼酎だ。

(じつは「百年の孤独」もいただいた。ありがとうございます。)

ラベルを見るとその度数は37度~37.9度。めっきり強い酒を呑むことがなくなったわたしゆえ、その度数にじゃっかん怯え、封を切らずにとって置いていた。

しかし・・・・

強い酒に酔い痴れたい夜もある。

とばかりに昨夜、意を決して開栓。

カンパーイ。

 

 

結局、水で割ってしまったヘタレなオジさん。

たいへん、旨うございました ^^;

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う

 

 

コメント